足立康史が玉木雄一郎を完全論破し国会でド正論で大爆笑の面白国会実況

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

足立康史議員が13日の国会で武田大臣が答弁できずに中断したことの真相を
暴露していましたね。

玉木雄一郎さんがツイッターで
検察官の定年延長について武田大臣が答弁できずに中断した残りの34分間と森まさこ法務大臣が出席して追加で1時間の質疑が行われます。とつぶやいたことに対して
足立康史さんがツイートで

”武田大臣が答弁できずに中断したのは、立国社共産が法務副大臣、法務大臣政務官に通告せず、更に、法務省政府参考人の登録を認めなかったから。酷いね。結局、立国社共産は、真実を解明したいのではなく、大臣のミスを誘引して、罵倒して、印象操作したいだけ。本当に残念だ。”

とコメントしていましたね。

それに今日も国会で武田大臣が答弁できず中断した件でその内閣委員会には
政務官や副大臣が呼ばれていなかったことも暴露していましたね。

それも再度中断した答弁に対して立憲民主党が時間を割り振ったらしいですが
維新の会は質疑時間が4分で維新よりも議席が少ない共産党は16分も割り振ったようです。

直近では支持率でも立憲民主党は維新の会に抜かれているんだから
国民としては足立康史議員の質疑時間の方が優先してもらいたいと思っていると思うんですけどね。

まぁそれにしてもメディアも野党の印象操作に丸々乗っかっていますからね。

ちなみに#検察庁法改正に抗議しますってツイートで枝野代表は
1日で500万ものツイートがとか言って後藤議員は400万を超えるといい
今井正人議員は1千万ツイートで東京の人口と同じと言ってましたからね。

足立康史が玉木雄一郎を完全論破し国会でド正論で大爆笑の面白国会実況

黒岩議員に至っては1千万人の人が不安でツイートしているといってましたが

東京大学大学院の鳥海不二夫准教授が実際に意見をもって投稿された
ツイートは56万件だったようですね。

その56万件のアカウントのうち1万2千件が投稿の転載を大量に繰り返して200万件ぐらいを
発信していたようですね。

こういう印象操作をテレビでもやったらだめですよね。

黒川検事の定年延長が問題なら1月の段階でもっと国会で議論するべきでしたね。
1月の段階では桜を見る会しかやっていませんでしたからね。

今になって定年延長を抗議するのはおかしいと思いますけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました