ボルトン回顧録に菅官房長官が完全論破で大爆笑の記者会見実況

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

アメリカの大統領補佐官を解任されたボルトンさんの回顧録が
話題になっていますね。

まぁいわゆる暴露本ですね。

在日アメリカ軍の駐留経費の日本側の負担を大幅に増やして
年間80億ドルを要求するトランプ大統領の意向を日本側に説明と発言していましたが
菅官房長官は否定していましたね。

まぁ一方韓国は米朝首脳会談に割り込もうと必死だったと
なんか凄い韓国らしいですね。

凄いのけ者扱いされていましたからね。

ユネスコの世界遺産取り消しについても質問していましたね。
軍艦島が世界遺産化と思ったら明治日本の産業革命遺産という事で
その中に軍艦島も入っているという事ですね。

過去に2件世界遺産が取り消された例があるようですね。
1つは世界遺産の場所に交通の便をよくするために橋を建設したから
取り消しされたようですね。

もう一つは動物のようですね。
ユニコーンのモデルとなったアラビアオリックスという動物の保護区が
世界遺産になったけど世界遺産の保護区の範囲を縮小して抹消されたようですね。

だからクレームとかで世界遺産が抹消された例はないようですね。

それにしても菅官房長官の回顧録を出す予定かという質問に
そんな誘惑にはかられません苦笑いしながら答えていましたね。

ボルトン回顧録に菅官房長官が完全論破で大爆笑の記者会見実況

それにしても韓国は面白いですね。
実は韓国の方も世界遺産に登録しようと3.1の独立運動を世界遺産にしようと
頑張っているようですがその登録推進の財団から鳩山由紀夫さんが国際部門で平和賞を
受賞したようですね。

なんか笑いますね。
当時の民主党からも相手にされなくなってとうとう韓国の方で
積極的に活動しているようですね。

こんな人が日本の首相だったと思うと恥ずかしいですね。

ちなみにボルトンさんの回顧録は政府の検証を待たずに出版したので
出版差し止めを要求したようですが間に合わなかったようですね。

ただ訴訟は続いているようで契約違反としてアメリカの政府が
訴えているようですね。

恐らくこの本が売れてもボルトンさんは印税ももらえないようです。
まぁここまでお金持ちだと印税目的ではないでしょうけどね。

ちなみにこの本のタイトルはThe Room Where It Happenedというタイトルのようで
アクセスが集中して購入できないと言われていましたがキンドルでも売られていたので
英語が読める人は是非説明欄にリンク張っておきますので購入してもて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました