河野太郎大臣の英語力が凄い一部日本語に大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

河野太郎防衛大臣がイージスアショアの配備計画撤回で
日本外国特派員協会の記者会見を開いていましたね。

日本語で答えてそれを通訳が訳すのかと思ったら
外国の記者ばかりなので全部英語で答えていましたね。

ちょっとびっくりしました。
凄く流暢でしたね。

けっこうゆっくり目にハッキリと話す英語だったから
凄く聞きやすかったです。

それにしても面白かったのが
攻撃能力や反撃能力といった言葉って英語では表現できないんですかね。

そのまま日本語で言ってて爆笑しました。

そういえば韓国の人も何しゃべってるかわからないけどなぜか
約束だけは日本と同じなんですよね。

そんな感じなんですかね。

ちなみにこのイージスアショアの断念を先に伝えていたのは
菅官房長官と安倍首相の2人だけだったようですね。

日米同盟の窓口にも事前に知らせずに突然の発表だったようですね。
もちろん事前に行っても受け入れるわけないですからね。

まぁ今回の判断はコストと期間とかを考えれば仕方がないかもしれないですね

河野大臣の英語は初めて聞きましたが凄い聞きやすかったですね。

それにしてもイージスアショアの代わりとなるミサイル防衛には
どうすればいいのかも考えないといけないですね。

河野太郎大臣の英語力が凄い一部日本語に大爆笑

導入だけで4500億円もかかるし年間維持費も70億ぐらいかかりますからね。

そもそもレーダーが使い物にならないことが分かったし
この判断は正しいでしょうね。

こういう対応をアメリカに対して出来るという点においては
むしろ頼もしいですね。

アメリカの期限をうかがっていたらこんな大胆な撤回はできませんからね。

それにしても面白いのが蓮舫議員が辺野古も見直せってツイートしていましたね。

辺野古に移設で日米合意を結んで明記したのは鳩山元首相なんですけどね。

結局辺野古移設の代替え案何てないからそのまま辺野古で日米合意して
雷神しましたからね。

自分がいた民主党の党首が決めたのに何を言ってるんですかね。
こういう事を平気で言えるところが面白いですね。

本当に日に日にブーメランの腕が上達していますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました