都構想否決に橋下徹が密約爆弾発言に敗因を暴露で大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

大阪都構想の住民投票が行われましたね。

それにしてもほぼ拮抗していましたね。

NHKの速報ではずっと90%までは賛成の方が多かったのに
賛成が多い状態で反対確実の速報が出ましたね。

まぁ率直に言って共産党や自民党に賛成したというよりも
年代別に見たら50代までは賛成が多数で60代からは反対多数という事で
60代以上のお年寄りの票が強いという事ですね。

選挙に行く人もお年寄りが多いですからね。

そして新聞を読む人もお年寄りが多いですからね。
そう考えると毎日新聞の誤報は大きいですね。

毎日新聞は新聞の一面でコストが218億円あがると
誤報を報じましたからね。

4分市と4特別区で算出方法が違いますからね。

新聞やメディアがこんな初歩的なことわからないわけないですからね。

賛成と反対はほぼ同数だっただけにメディアの
偏向報道が原因でしょうね。

虚偽資産を書いてしまった職員の話では
メディアの過熱した執拗な取材に対して担当の職員が
圧力を感じ毎日新聞がこうやったら出せると誘導までしたとして
そういう中で虚偽の書類を作ってしまったようです。
まぁ

住民投票間近になって明らかに反対を押すような
報道の仕方をしていましたからね。

これをうけて松井市長は任期満了後引退を発表していましたね。

大阪維新は強かったですが今回の住民投票で勢いが
変わってくるかもしれないですね。

若い世代がもう少し投票に言っていたら
賛成だったのでしょうがやはり高齢化社会ってやつですね。

流石に三度目はないでしょうね。

もとはと言えば二重行政をやめようと言い出したのは
自民党だったのに二重行政で行こうと反対をしているわけですからね。

大阪自民はわからないですね。

まぁ維新としたらコロナ対策も頑張っているし
次の選挙で議席を落とすとは思えないですが勢い的には
失った感じなので議席を伸ばすのは難しいでしょうね。

それにしてももとはと言えば毎日新聞の記者の誤報から
始まりましたね。

これが誤報を報じられた時の記者会見のようです。

都構想否決に橋下徹が密約爆弾発言に敗因を暴露で大爆笑

かなりやばいですね。

終盤に差し掛かったところで新聞の一面ですからね。
まぁ発行部数は少ないにしても今回の1万票差ぐらいの
影響力がある報道だったでしょうね。

いまだに訂正もしていませんからね。

しかもその毎日新聞の記事を受けてNHKや関テレや
テレビ朝日もこの218億円こすとがあがるというほうどうを
していましたからね。

しかもNHKと関テレは見出しに特別区と書いて
誤報に誤りを追加した報道をしていましたからね。

ただ前回橋下徹さんが都構想で廃案になった時も
負けてから別に維新の勢いが落ちたわけではなくて
維新の議席はそのころよりも増えていますからね。

ちなみにこの誤報はマスコミ数社から単純に今の4つの政令市に
分けた場合のコストはいくらかかるかとの問い合わせだったので
それにこたえた形で正式な特別区のための試算ではないという事ですね。

通常の問い合わせ業務だから松井市長にも答えていないようです。
誘導質問ですね。

毎日新聞は今頃ゲラゲラ笑っているんでしょうね。
大阪市民をだますなんてちょろいもんだぜと思ってるでしょうね。

朝日新聞はちょっと毎日新聞に嫉妬していそうですね。

それにしても今回の敗因については虎ノ門で
竹田恒泰さんが話していましたね。

なるほど確かに敗因は大阪市の廃止というキャッチコピーが
いけなかったんでしょうね。

このキャッチコピーがもう少しポジティブなキャッチコピーなら
また結果は変わっていたのかもしれないですね。

ただ前回と今回は両方とも僅差だったという事で
やはり普通に仕事をしている人からしたら大阪市から区に変えたり
業務が一時的に増えるからいやだなという短期的に仕事が増えることで
嫌がる人もいるだろうし今回は年齢別に大きく結果が分かれましたね。

50代までは賛成が多くて60代以降は反対が多いという結果でしたからね。
いかにお年寄りの票が大切かという事ですね。

選挙に行く人はお年寄りの方が圧倒的に多いですからね。

そのお年寄りの票をたくさん持っている国会議員としても
電子投票には反対なんでしょうね。

ただもしかするとこれぐらいの差なら橋下徹さんなら
変わっていたのかもしれないですね。

この辺に関しては虎ノ門でも話していましたね。

確かに橋下徹さんなら結果は変わっていたのかもしれないですね。

今日もグットラックに出演してコメントしていましたが
分かりやすいたとえとして今愛知県は大村知事と河村市長がバチバチで
上手くいってないですよねといってその状況よりも僕が大阪府知事の時は
もっとバチバチだったんですよと。

そこで都構想をやってかなりその時も僅差でしたが
今回と前回の大きな違いは若い世代が意外と反対が多かったことですね。

これは若い世代からしてみれば今は松井市長と吉村知事がうまく連携しているから
二重行政でもないしこのままでいいよねという前回との違いがありますね。

二重行政が解消されているときに都構想をやるといってもあまり若い世代には
響かないんでしょうね。

ただ橋下徹さんは深夜の番組で公明党が賛成したのは衆議院の椅子を
維新が公明党に譲る代わりに賛成してもらったと暴露していましたね。

そんな密約があったんですね。

ただ今回もやはりメディアの報道がひどかったですね。
毎日新聞が終盤にきてあの一面記事ですからね。

かなり意図的な感じでしたよね。
誘導質問していたようですからね。

意図的に間違えさせてそれを一面記事にして
テレビで報道するという新聞とテレビはお年寄りをだます格好のアイテムですからね。

今回はメディアの戦略にアッパレという感じですね。

まぁこういう事が出来ちゃうってことでメディアとか新聞とか
そういう誤報に関してもしっかりと取り締まれるように
頑張ってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました