アメリカ郵便投票の問題点とバイデン勝利演説もトランプ大統領がミラクル浮上で大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

アメリカの大統領選ではほぼバイデンさんが勝利という事で
勝利宣言もしてましたね。

ただちょっとここにきて郵便投票に不正があったのではという動きも
出てきているようですね。

実は篠原常一郎さんが動画で解説していましたが中国で印刷された偽投票用紙が
カナダ経由で大量にトラックで各地に運ばれていたという内容の動画を
アップしていましたね。

まぁこれは真実かどうかはわかりませんがただ郵便投票に関しては
トランプさんは不正が怒りやすいから郵便投票はしたくないと
ずっと訴えていましたからね、。

例えば引っ越しした人の家に投票用紙が言ったりもうなくなっている人の家に
投票用紙が言ったり老人ホームとかで痴呆症の票を買収して購入して
組織票として投票する恐れとかいくらでも不正が出来てしまうという事ですね。

実際に以前実際にあった例として年齢的に死んでいるはずの人が投票していたり
そういった事例とかもあったようですね。

ただペンシルベニア州の集配センターで1700枚の郵便投票用紙が
発見されたことも明らかになっているようです。

その他の場所でも次々と郵便投票の養子が発見されているようです。
なんかおかしな話ですよね。

なんでこんな次々に発見されるんでしょうね。
実はこれには仕掛けがあったようです。

恐らくこの郵便投票の用紙は投棄されたものだったんでしょうが
本物の投票用紙にはGPSが埋め込まれているようです。

だから捨てられても発見できるようですね。

それにしてもGPSがインクの中に埋め込まれているって
凄いですね。

そんな最先端の技術が使われているんですね。

どうもGPSというかブロックチェーンの技術が使われた
投票用紙のようで追跡が可能なようですね。

つい最近特許を取得した技術のようです。

これはどうもフェイクではなく本当のようなので
もしかするとミラクルが起きる可能性も出てきますね。

だって偽の投票用紙があるとすればそれも見抜くことが出来るでしょうからね。
ただそれをチェックするのはかなり時間がかかりそうですね。

郵便投票がかなり時間がかかっているようですがそういういろんな情報も
重なって結論を出せないとかそういった状況なのかもしれないですね。

トランプさんもその辺を見越して不正があったという発言をしていたのかもしれないです。
この件に関しては虎ノ門でも話していましたね。

アメリカ郵便投票の問題点とバイデン勝利演説もトランプ大統領がミラクル浮上で大爆笑

まぁ今回不正はあった可能性は高いですが問題はその証拠を見抜けるかですね。
郵便投票にブロックチェーンの技術が使われているという事で実際に
未配達の投票用紙がたくさん発見されていますからね。

この表が誰の評価ですよね。
この表のほとんどがトランプさんとかだったら怪しいですよね。

普通なら郵便投票はバイデンさんの方が票は多いと言われているから
その中でこの未配達の投票用紙がトランプさんの票ばかりだとしたら
完全に不正という証拠になりますよね。

ただ未配達の分は中身を見ずに投票所にもっていってるとしたら
なかなか証拠になるのか難しいところですね。

ただ投票率が途中から急に伸びが悪くなったのも
今回の不正投票と何らかの関係があるのかもしれないですね。

一度結果を出してしまうとなかなか覆すのは難しいけども
どうなっていくんでしょうね。

ほぼバイデンさんの勝利で結果としては決まっているのでしょうが
裁判ではこじれそうですね。

たださすがに裁判でバイデンさんが負けてトランプさんがまた大統領に
なる可能性はかなり低そうですけどね。

この辺で虎ノ門ではバイデンさんになった時の対応を
藤井厳喜さんが話していましたね。

なるほどバイデンさんは中国寄りな人だからバイデンさんが
大統領になって中国に対してどういう対応をするかですね。

その中で台湾への対応がまずはキーポイントになってきそうですね。

まぁトランプさんの方が安倍さんからの引継ぎはやりやすいと思うけども
バイデンさんだとどう対応していくかですね。

菅首相の外交という意味ではまだベトナムとインドネシアに訪問したぐらいですからね。
ただベトナムでは菅首相は人気者だったようですね。

英雄的な扱いを受けたようです。

ベトナムの50%は農業関係の職についているようで
同じ農家出身の菅さんが日本で首相まで上り詰めたストーリーは
英雄扱いされているようです。

まぁベトナムも中国と貿易相手としては2番手であまり強く言えないようだけども
それが日本と貿易関係を強くして中国を減らしたいという考えもあったのかもしれないですね。

それにしてもバイデンさんが大統領になった場合の対処法を
虎ノ門でもケントギルバートさんが話していましたね。

なるほどですね。

確かにバイデンさんがなりそうな方向ですが
アメリカ主導になるのではなくて積極的にこちら側から
アメリカに働きかけていく姿勢も大事だし台湾との対応で
アメリカが間違った方向に行こうとしたときにキチンと対応できるのかも
今後の問題になってきそうですね。

それにしても郵便投票の不正問題はどうなるんでしょうね。
本当に40万通もの不正投票が見つかってそれがだれの指示かとかも
証拠が見つかったらとんでもない事態ですよね。

さすがに大統領選挙で不正があってトランプさんが逆転勝利なんてことになったら
前代未聞ですからね。

不正の証拠が見つかったにしても郵便投票だけ数えなおすと選挙結果が
覆るのかどうかも一つの争点になってくるのかもしれないですね。

まぁブロックチェーンの技術が埋め込まれているという事で
もし不正投票の用紙が発見出来たらミラクルは起きるのかもしれないですね。

いろんな意味で今回の選挙はとんでもない大統領選挙になるかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました