加藤官房長官がアイヌ協会の大川勝理事長の会談と小野寺まさるは実態を暴露で大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

北海道アイヌ協会の大川勝理事長が菅首相と加藤官房長官と
面会したようですね。

アイヌ政策を引き続き頑張ってほしいという
意見交換だったようですが実はこのアイヌにも
実は学術会議が関わっているようですね

アイヌが先住民族だという政府見解にはいまも
複数の学者から異論や意義の声が上がっているようです。

来年度予算は60憶円を見込んでいるようですが
5年前までは13億円だったようですね。

実質はウポポイの維持費に10億円以上が使われるとかで
なかなかよくわからないですね。

このアイヌ関連事業を後押ししたのが日本学術会議だったようです。

実際にこのウポポイとかに展示してあるもので
アイフォンケースとかもあるようですね。

アイヌの人が作ったかなんかでアイヌとは全く関係のないものですよね。

伝統でもなんでもないものが展示されたりしているようですが
こういう差別問題とかはお金が取れることをあちら側の人は
一番よく知っていますからね

まぁ菅首相もまさかこんな形で学術会議に
利用されるとは思っていなかったのかも知れないですが
あえて気付いたから今回学術会議のメンバーを一部
任命拒否したのかもしれないですね。

ただもうウポポイも開業してしまいましたからね。
現在ウポポイでは電気を大量に使うプロジェクトマッピングを
よなよな大音量で上映してその製作費には10億円がかかっているようですね。

逆にアイヌの人を馬鹿にしていると思われても仕方がないと思いますが
どうなんでしょうね。

北海道アイヌ協会の大川勝理事長との面会については
加藤官房長官も記者会見で語っていましたね。

加藤官房長官がアイヌ協会の大川勝理事長の会談と小野寺まさるは実態を暴露で大爆笑

学術会議は全然これまでアイヌとかには興味がなかったのに
急に2010年ごろからか興味を持ち出してここから日本を
分断させようとたくらんで学術会議のメンバーが入り込んできたようですね。

なんか恐ろしいですね。
昭和40年代から過激派がアイヌを独立させようと
たくらんでいたようですがそのころからアイヌを使えば
日本を分断できると考えていたようです。

まぁそこにアイヌは政府からお金が結構とれるぞという
匂いを嗅ぎつけてまぁ絡んできたようですね。

まぁそのころは推薦したメンバーを全員任命できていたから
アイヌ関係に力を入れるために学術会議のメンバーや
連携会員にアイヌ関係の人をいれて政府に提言してきたんでしょうね。

見事それに菅首相が騙されたといった感じなのかもしれないですね。

まぁ今となっては沖縄の人がアイヌ人になったり
もう金儲けのための道具になっているようですけどね。

逆にアイヌの人たちを追い出していく考えなのかもしれないですね。

実際にアイヌ民族が急増した地域を追及したら
ほぼ全員がアイヌとは無関係の人だったようですね。

もう完全に既得権益ですよね。
この辺に関しては菅首相はどこまで把握しているんでしょうかね。

まぁいろいろとこういったウポポイの展示とかで
コーヒー豆やTシャツとか展示されていたりさすがにこれはおかしいだろという事でSNSでも話題になったので菅首相の耳にも入っていると思いますがどうなんでしょうね。

このアイヌの実態については虎ノ門で小野寺まさるさんが
語っていましたね、

なるほど金の成る木だというのと日本を分断できるという
考えを持った人たちが集まってできたようですね。

日本文化人類学会というところに学術会議のメンバーが
入り込んでるという事なんですかね。

まぁこのやばい団体について篠原常一郎さんが
動画をアップしたら削除されたようですね。

よほど都合が悪かったようですね。

まぁウポポイの妨害マニュアルかなんかで
アイヌに詳しい人が来たら私は詳しいことは
分からないのでと逃げろといった感じなんでしょうね。

基本方針として取材や質問に応じないという
なんかふざけていますよね。

博物館で質問職員は質問されても無視しろという
マニュアルですからね。

ちなみににアイヌの政策を決めている人たちについても
虎ノ門で話していましたね。

なるほどかなり汚染されていますね。

ただ実際にアイヌ民族の人の証言だと
アイヌの歴史について学校とかで話してくれという
依頼があったりするようですが😿交じりに
暗い歴史を伝えてくれという依頼とかを押し付けてくるようでスン目。

なんだかんだで税金200憶円が使われているようですね。

東京オリンピックでも民族の踊りを踊る予定だったようですが
その踊りも振付の人が勝手にアレンジしてどうみても
盆踊りのような振付でさすがにこんな振付では恥ずかしくて
参加を見合わせたようですね。

それにしてもウポポイは国立博物館なのに
専門家を呼べと言われたら不在であると回答するように
マニュアルもあるようでおかしな博物館ですね。

専門家がいないのに管理維持費はバカ高いし
愛知とリエンナーレの時のメンバーも入り込んでいるようですね。

普通の博物館って所蔵物の写真集とか図鑑とかが置かれているのに
このウポポイには熊の置物やアイフォンケースやコーヒー豆とか
ただそれはアイヌの人から借りていてリース料を払っているから
館内は撮影禁止らしいですね。

予算はどんどん増えていってるようですが
2016年には13億円だったのが来年は60億円になっているようですね。

菅首相にはちょっとここにもメスを入れてもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました