鳩山元首相がNHKオバマ回顧録に誤訳も訂正なしで高市早苗が放送法4条違反の電波停止条件暴露で大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

オバマ回顧録でどうもNHKが誤訳したとかでなんか鳩山元首相が怒っていますね。

NHKが17日の午前10時放送した内容によるとこの日発売されたオバマだ前大統領の
回顧録を紹介していたようですがその内容で鳩山元首相について一部書かれていたようで
そのことについてNHKで報道されたようですね。

オバマ回顧録

そこでオバマ前大統領は当時の鳩山元首相に対して硬直化して瞑想して日本政治の象徴だと
記すなど当時の日本政治に厳しい評価をしていたようですね。

そして鳩山元首相はわずか3年間の間に4人目として誕生し
私が就任してから二人目の日本の首相だったと紹介しこの10年間は
短期間で首相も入れ替わり彼も7ヶ月後にいなくなったと書かれているようですね。

まぁ鳩山元首相の批判ではなくて日本の首相が頻繁に交代することについて
言及していたのであって鳩山元首相を批判しているわけではないだろうという
事で批判の声が上がっているようですね。

まぁ批判しているのは一部の野党議員なんでしょうけどね。

NHKは朝日新聞の取材に対してネット上に様々な意見があることは
招致しているとし今後も正確でわかりやすい表現に努めますという
返答をしたようですね。

ちなみに時事通信は鳩山元首相が感じは良いが厄介な同僚だったと
報じているようでこちらも批判していますよね。

ちなみに鳩山元首相はこの時事通信の記事については
不器用だが陽気なという意味だと反発していましたね。

まぁ鳩山由紀夫さんは韓国で土下座しないで日本に対して
土下座してもらいたいですね。

ちなみにTBSは鳩山元首相を痛烈批判と報道していましたけどね。

まぁもし間違った報道ならNHKは訂正放送をしなければいけませんが
普通に考えて素晴らしい首相だったというわけはないし悪夢の民主党政権と言われていたのだから
当然アメリカからもあまりいいイメージはなかったんでしょうね。

それにしてもNHKは天下り先としても使われたりしていて確かに無能な社員は多いようですけどね。
この辺に関しては虎ノ門でも放していましたね。

鳩山元首相がNHKオバマ回顧録に誤訳も訂正なしで高市早苗が放送法4条違反の電波停止条件暴露で大爆笑

なるほどNHKから関連会社に天下りできた社員は高いお金だけ貰ってデスクで新聞を読んでいるだけなんですね。

しかも仕事をしないで飲み会だけ参加したり関連会社とかいろいろ調べてもらいたいですね。
NHKの子会社とか使わずに他の企業に外注した方が費用が安いのに高いお金で仕事をしない
子会社に発注するんでしょうね。

しかも子会社を以前統一したことがあってその統一するときも給料が高い方に合わせて
人も削減しないでもう無駄が多すぎますよね。

まぁちなみにNHKがもし誤報で鳩山元首相の批判報道をしていたとするなら
指摘されて気付いてからちゃんと訂正する報道を2日以内にしないといけないようですね。

まぁ一応今回は指摘されたわけだけどももし間違っているなら訂正報道をしなければいけないですね。
これはTBSにも言えるんでしょうけどね。

ただ安倍首相とかからしたらこんなの叩かれてるうちに入らないでしょって
思ってそうですけどね。

これがNHKやメディアの正常運転ですよと思っていそうですね。

この辺は高市早苗さんが虎ノ門で話していましたね。

なるほど人権侵害とかはNHKと民放が一緒にやっているBPOで
事実と異なる報道については放送法に訂正放送という条文があるようですね。

だから指摘されている状態だからもし訂正放送をしなければ
鳩山元首相が瞑想して日本政治の象徴だったという翻訳が正しいという認識だったと
NHKが正式に認めたという事になるんでしょうね。

ただNHKは鳩山元首相の事に限らずたくさん事実と異なる
報道はしていますけどね。

野党もこういう時はわめきますがいくらでもNHKは誤った報道をしているんだから
もっといつもこんな感じで追及すればいいと思うんですけどね。

でもNHKには文句を言うのに痛烈批判と報道したTBSには怒らないんですかね。
いつもお仲間だから見なかったことにしてあげているんですかね。

まぁNHKにしてもテレビ朝日にしてもTBSにしても放送法4条に
明らかに違反していることがありますよね。

もっと総務省にはガンガン注意してもらって電波取り上げてもらってもいいと思うんですけどね。
ただこの辺に関しては虎ノ門でも有本香さんが高市早苗さんに質問していましたが
現状を暴露していましたね。

なるほど放送法4条に違反していてもなかなか何度も指摘して
それでも直さなければという事でまだ一度も放送法4条で
そういう命令を出したことはないようですね。

まぁ確かに電波を取り上げるって最終手段だしなかなかこの辺は難しいんでしょうね。
民放に関してはスポンサーがあるからクレームはスポンサーにいれれば
CM降板とかでまだダメージは与えられますがNHKは総務省にしっかりと
指導してもらうしかないですからね。

テレビを設置している家庭は届け出を義務化とか無茶苦茶なことを提案したり
ガツンと叱ってもらいたいものですね。

そしてNHKの子会社の問題や給料が高すぎる問題とか受信料が義務化とかも
おかしな話ですからね。

義務化するにしてもB-CASカードとかで管理したら集金人もいらなくなって
経費が削減出来て受信料も安くできるはずですからね。

今は受信料収入の10%以上が受信料徴収業務の営業費用にあてられているようで
海外を見ても日本は異常なようですね。

総務省には頑張ってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました