ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

電通の社員が下請けに圧力をかけていたことを認めたようですね。

まぁパワハラってやつですね。
電通の管理職だった社員が新型コロナウィルスの対策で
家賃支援給付金事業の入札を巡って下請けの会社に対して
競合の博報堂に協力しないように圧力をかけたとされているようです。

なんか凄い話ですね。
まだ子会社ならわかりますがさすがにこういった発言は問題ですね。

こういった問題について公正取引委員会が調査に入ったようですね。
そして電通に対して独占禁止法の違反につながる恐れがあるという事で
注意したと発表しましたね。

まぁ注意なので違反はなかったという見解のようです。
競合者の取引を妨害する効果がなかったと判断したようです。

なんか電通には甘い処分って感じですね。
やはり電通は政府から一般社団法人を介して再委託を受けていた問題もあるし
政府の天下り先にもなっているからこっちの方が問題だと思いますけどね。

まぁ博報堂にも天下りとかはあるみたいですけどね。

天下り先が政府の案件を取り合いしているだけって感じですね。

まぁこの問題を報じたのが朝日新聞というのもちょっと笑ってしまいましたけどね。
これには虎ノ門でも上念司さんがド正論で完全論破していましたね。


確かにその通りですね。
朝日新聞は押し紙で販売店に強引に購入させているわけですからね。

これもパワハラですよね。

自分のとこは棚に上げて電通に対してパワハラを報じているわけですからね。

ただ朝日新聞は押し紙がないと言っているようですね。

しかも訴えられたらお金で解決していたんですね。

そういえば佐賀新聞で元販売店が過剰な新聞の仕入れを強制された
押し紙問題で1審では佐賀新聞に約1070万円の支払いを命じていましたが
12月15日の控訴審で和解していたようですね。

もう裁判で勝てないからお金で解決したってことですかね。
もしかすると1審の1070万円という支払い命令よりも
高額なお金を出して和解を申し出たんですかね。

この判決はすべての新聞社にとって脅威の判決ですからね。

これが最終的に押し紙という判決になれば朝日新聞や他の新聞も
訴えられたら押し紙になってしまいますからね。

押し紙という判決を出さないために和解に持ち込んだんでしょうね。

販売店ももっとどんどん訴訟すればいいんですけどね。

まぁ押し紙もそうだけど朝日新聞は部数も激減して
赤字になってかなりきびしいようですね

そういえば電通は今年は赤字の予想を出していましたが
やはりコロナで外出自粛しているから広告を出す企業も
減っているのかもしれないですね。

それにしても公正取引委員会もちゃんとしっかり調査してもらいたいですね。
既得権益の打破という事ですがまだまだ既得権はたくさんありそうですね。

携帯事業者の次はNHKにも手を出してくれるのか
菅政権には既得権益をどんどんぶち壊してもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました