東京福祉大の学長で逮捕歴のある中島恒雄が学術会議と関連団体で大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

東京福祉大学がわいせつ行為で実刑判決を受けた中島恒雄さんを総長にしたようですね。

当時部下5人へのわいせつ行為で実刑判決を受けて総長を辞めていたのですが
この東京福祉大学の創始者でもあり再びこの11月に復帰したようですね。

この中島氏は2008年に世間を騒がせた責任を感じ役職は退任する意向を示していました。
そして警視庁に逮捕され実刑判決を受けて総長を辞任しました。

どういった罪かというと土産物を渡すと総長室に呼び出して無理やり抱き着いたり
胸を触ったりしたとして2008年に懲役2年の実刑判決を受けたようです。

まぁ一人なら証拠不十分とかで立件されなかったかもしれないですが
5人から訴えられていますから常習犯ですよね。

大学側も中島氏を運営に関わらせないようにしていたようですが
刑期満了を10年過ぎたからと言って総長というパワハラが出来る立場で
復職するっていうのも闇が深いですね。

ちなみに中島恒雄は茶屋四郎次郎記念学術学会の創設者でもあるようですが
この名前の学術学会というのが引っ掛かりますよね。

どうも日本学術会議協力学術研究団体のようです。
つまり学術会議からお金が入っているんでしょうね。

やはり学術会議は廃止した方がいいですね。

そもそも東京福祉大学は去年の6月に留学生1600人が所在不明となる事件が発生し
文科省からも再発防止のために新規受け入れを当面中止としていて
留学生の在籍管理が不適切な大学には受け入れを認めない新制度も
導入を発表していましたね。

この大学は近年になって留学生の受け入れを急拡大していて
2016年から2018年に約12000人の留学生を受け入れていて様です。

そのうちの10%以上が所在不明になるという事でそのうち7割は
研究生という事で大学に籍を置いている間は日本で働けるから
そもそも大学が目的ではなかったのかもしれないですね。

まぁ大学の研究機関とかで技術を盗む目的で来る人もいるようで
この辺に関しては虎ノ門でも話していましたね。

東京福祉大の学長で逮捕歴のある中島恒雄が学術会議と関連団体で大爆笑

なるほどようやく日本も海外からの受け入れの問題性を感じ始めたようですね。

それにしても東京福祉大学は問題がありすぎますね。

留学生の所在も管理できないし総長にはわいせつ行為で逮捕された人を復職させたり
問題が多すぎますね。

文科省はこれ許しちゃうんですかね。

それにしても日本もファイブアイズに加盟の方向で動いているようですが中国共産党の要注意人物とか
そういった情報も提供してもらえるし是非加盟したいですね。

こういったおかしな大学も日本には多いみたいだし北海道なんかも
日本語レベルが低い留学生をテストの成績が悪くても受け入れたりしている大学も
あるようですからね。

日本人は若い世代がどんどん減少しているから留学生に頼る学校は増えてくるでしょうね。

そんな中で本当に大学に入学して勉強しに来ることが目的なのか
しっかりと管理していかないといけないですね。

ただ日本も海外の人が自衛隊施設とかの周辺に土地を購入したりする行為に
危機感を感じているようで不適切な土地買収に中止勧告や命令が出せるように
していくという動きを見せているようですね。

オーストラリアなんかも5%が中国人で土地もかなり買収されているようで
かなり危機感を感じているようですね。

まぁ日本もしっかりとこの辺の対応は対応してもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました