日本学術会議に橋下徹と甘利明が衝撃暴露で立憲民主党の今井雅人を完全論破で大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

橋下徹さんが司会の日曜報道で自民党の甘利明さんと
立憲民主党の今井雅人議員が出演していましたね。

甘利議員と言えば自身のブログで中国の千人計画が
学術会議にも関わっているとしてブログにも掲載していて
その記事が凄く拡散されていましたよね。

それで今回も学術会議の話題ではその話には触れていましたね。

そこでも甘利議員が今井雅人議員を完全論破していましたね。
やはり1対1だと立憲民主党はここまで弱いんですね。

任命責任はあるのに選ぶ権限はないなんてありえないと
今井議員を論破していましたね。

今井議員はとにかく説明しろの一点張りでそれしか
言えなかったですからね。

学術会議の在り方について変えていくべきかの議論についても
とにかく説明責任だと人の話を全く聞いていませんからね。

だだこねる子供のようでした。

学術会議のメンバーが中国の千人計画に関わっているかは
分からないが少なくとも十数人の研究者が関わっているという
情報は甘利議員の方にも入ってきているようですね。

だから学術会議は軍事協力禁止というならそういった日本の
全ての研究者に向けても中国の千人計画に協力しないという
声明を出すべきだと完全論破していましたね。

そして実際に日本人研究者が中国に協力しているという
事も判明しましたね。

中国に在住している中国の北京理工大学の
福田教授が関わっているようでロボット研究など中国に
協力しているようですね。

こういったロボットも軍事的に利用される危険もあるわけだし
こういった事が正式に2018年1月26日に発表されているのに
日本のバカな学者たちはそういう事が行われていることを研究不足で
知らないんですかね。

まぁ学術会議に拒否されたメンバーとかでも
松宮教授なんかは政府に暴言というか完全に恫喝した
発言も確認されていますからね。

虎ノ門でも詳しく話していましたね。

日本学術会議に橋下徹と甘利明が衝撃暴露で立憲民主党の今井雅人を完全論破で大爆笑

かなりやばいですね、
完全にヤバい人たちですね。

政府に対して政治利用するなと言っているけどもそもそも
一番政治利用しているのは日本学術会議側だと
思うんですけどね。

まぁ福田教授は北京理工大学で千人特別教授ということで
完全に千人計画の一人だという事だと思うんですけどね。

日本の学者が中国の千人計画に加担していることは判明したわけだから
このことに関しては声明を発表してもらいたいですね。

ロボット分野何て無茶苦茶軍事利用出来ますからね。

しかも今の日本学術会議の連携会員にはファーウェイの顧問が
いることが判明しましたからね。

荒井滋久さんという人で連携会員8年のベテランのようですね。

もう完全に学術会議も政治利用されていますよね。
任命拒否を政治利用というけども完全にブーメランですよね。

これだけたくさんの矛盾が出てきているのに学術会議は
自分たちの説明責任は果たさずに一方的に批判するだけですからね。

まさに立憲民主党と何も変わらない機関ですね。

こんな無能な機関は廃止にすればいいんですよね。
そして民営化としてやればいいだけなんですよね。

この辺に関しては虎ノ門でも上念司さんが話していましたね。

なるほど韓国ですら民営化されていたんですね。
そして政府の機関としてやっているのは中国だけだったようですね。

しかも政府の機関として設立したのも中国と同じで
1949年に設立されたようです。

中国に協力しているのがわかったわけだし軍事目的として
十分に利用されるロボット研究にも日本人が中国に
協力しているわけだから軍事研究に反対の声明を上げるなら
ここにも協力するなという声明を上げてもらいたいですね。

それにしても17年前にすでに民営化するように提案されていたようですね。

この任命拒否に関して文句を言う人はよく1983年の話を持ち出すけども
そこから法解釈も変わって17年前にすでに10年以内に民営化しましょうという話までされているわけだからこれを機に民営化すれば
いいと思いますけどね。

なんか事務局員にもかなりお金を払っているみたいだし
一度学術会議そのものに関して河野太郎さんもメスを入れるという事で
頑張ってもらいたいですね。

まぁこの辺に関しては虎ノ門でも話していましたね。

なんかいろいろなお金の流れがあるんですね。

それにしても任命拒否で文句ばかり言う意見もありますが
何も言わずに受け入れた人もいたんですね。

宇野さんは政府の任命拒否を受け入れるという事でやはり
暴れている人たちはただの活動家だという事がわかりましたね。

まぁグットラックでも橋下徹さんが時事YouTuberの
たかまつななさんを完全論破していましたね。

たかまつななさんが感情論で語るのに対して橋下徹さんが
法律論で完全論破するといった感じでしたね。

たままつななさんは反論くらって言い返せなくて
涙目になってましたね。

単なるクレーマーって感じでしたね。

そして最終的には説明責任をもっとやってほしいよねっていう
ところで二人とも落ち着きましたね。

最初は任命拒否は違法だとかわめいていたのに
任命拒否は合法と認めちゃってましたからね。

それにしても流石ですね。
あれだけ活動家れレベルのクレーマーを完全論破するんですからね。

しかも105名のリストを99人に書き換えて提出した件に関しても
違法だという意見がありますがそれもいろんなものに
首相はハンコを押さないといけないので政府がまとめて99人に書き換えて提出するのも何の問題もないと論破していましたね。

やはり知事の経験もあるからいろんなものにハンコを押していましたからね。

いちいちそんなもの見ないですよね。

要は政府の方でどういう理由で落とすとかその定義づけが出来ていないのが問題という事になりましたね。

そこが出来ていたらすぐ説明できますからね。

まぁその定義づけが出来ていなかったのを1ヶ月もたっていない時の
菅首相になぜ決まってなかったんだといってしまうのもどうかと思いますけどね。

これを機に民営化しましょうってだけで解決する話だと思いますけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました