菅首相が任命拒否で日本学術会議の千人計画関与否定もブーメランで大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

日本学術会議の千人計画の問題で中国の軍事研究に
日本学術会議が関わっているのではないかという事で
その情報が拡散されましたが日本学術会議側は迷惑な話で
そういった事業や計画などはありませんと明確に
否定していましたね。

ただ今回その日本学術会議側の主張がまったくの嘘であったことが
分かりましたね。

実は日本学術会議のメンバーが千人計画に関わっていたことが
明確に判明しました。

千人計画に関わっていた人物は福田敏夫という人物です。
この福田教授は2012年に学術会議の会員であることが
判明しました。

この福田敏夫さんは2012年に外国人専門家千人計画の
第一陣の一人として選ばれて北京理工大学に入社しています。

2012年と言えば日本学術会議のメンバーでもある時ですね。

学術会議のメンバーの時に千人計画の1人として
中国に協力していることが分かったという事ですね。

これってかなりやばいですよね。

しかも中国では名誉ある称号とかも受賞されているようですからね。

福田教授はロボット研究で中国に協力したようですね。
ここ数年で中国はロボット研究レベルが急速に発展して
ロボット世界大会とかでも中国は順位が飛躍的に上がったようです。

ロボットなんて軍事研究に物凄く応用できるジャンルですからね。

もう情報が出れば出るほど学術会議の闇が判明してきまっすよね。
まぁもしかすると菅首相もここまでやばい組織だという事は
もしかするとわかっていて仕掛けてきたのかもしれないですね。

この辺に関しても虎ノ門でKAZUYAさんが解説していましたね。

菅首相が任命拒否で日本学術会議の千人計画関与否定もブーメランで大爆笑

まぁ確かに菅首相ならやりかねないですね。
官房長官の時はここまで攻めるタイプだとは思いませんでしたが
総理補佐官に柿崎明二さんを起用したりするぐらい大胆なことを
する人だというのがわかってきたのでそれを考えると今回の
6人を外したのはかなり戦略的だったのかもしれないですね。

まぁあくまで任命拒否ではなくて99人を任命しただけで
任命拒否はメディアが必死にほざいているだけですからね。

一部任命も全員任命も法律上はなんの問題もないわけですからね。

なんなら今欠員が出ているわけだから10人ぐらい候補をだせば
そこから欠員が出ている6人を任命することは可能でしょうからね。

問題はその6人じゃないとダメだと駄々をこねている学術会議側に
あるという事を分かっていないんですよね。

そもそも任命拒否で説明責任をしろっていうならばまずは
お前らが推薦理由を出せよって話ですよね。

面接で履歴書に名前だけで通ると思っている日本学術会議側に
問題があることになぜ彼らは気付かないんでしょうね。

そもそも軍事研究を禁止しながら千人計画に加担していることが判明したりしていますがそもそも考え方が古すぎますよね。

軍事研究を禁止って言ってもその定義が不明ですよね。
北海道大学何て船舶の燃費を低減する研究をしようとしただけで
それは軍事研究に応用できると北海道大学の総長室に押しかけて
研究を辞退させたわけですからね。

こっちの方がよっぽど学問の自由を侵害していますよね。

この辺の問題点に関しては虎ノ門でもKAZUYAさんが解説していましたね。

まさにその通りですよね。
それにしても学術会議のメンバーにも千人計画に所属していた
人がいたのはわかりましたが実は日本学術会議の
連携会員にも千人計画に加わっている人が判明したようですね。

千人計画というのは基本的に軍事研究をするための機関と言っても
過言ではないわけですからね。

ヤバいですね。

土井正男さんという人でこの土井教授は千人計画の開始当初から
関わっていたようですね。

さらには現役の連携会員にはファーウェイの顧問をやっている
新井滋久さんという人もいるようですね。

この人は主に電子デバイスの研究をしているようです。

もしかすると日本では軍事研究になるからとやりたい研究が出来ないから軍事研究に応用できる技術に関しては中国に行って研究しようという事で千人計画とかに加担しているのかもしれないですね。

おかしな話ですね。
日本が軍事研究禁止だから中国でやるってそもそも日本学術会議が
政治利用されすぎて学問の自由を侵害されていることが一番の問題なのかもしれないですね。

本当にブーメランですよね。

ただこの軍事研究に関しては虎ノ門でも藤井厳喜さんが
面白い話をしていましたね。

確かに科学の最先端の研究をしようとしたら
全て軍事的に使える技術になってしまうとまさのいわれてみると
その通りですよね。

そもそも日本の学界とかには学問の自由があると思っている方が
おかしいとすでに学問の自由がない事を暴露していましたね。

朝鮮問題の専門家が学校をやめてやっと言いたいことが言えるようになったともう学問の自由っていったい何なんでしょうね。

学会は学問の不自由だらけの世界だったんですね。
全ては学術会議による政治介入がそうさせてしまったんでしょうね。

ひどい話ですよね。

そういえばサイバー攻撃とかそういった世界とかでもネットの研究をしようとしたらそれも軍事研究になるからスパイどかそういう研究も
出来ないようですね。

だからサイバーセキュリティーの分野では日本は世界的に
かなり劣っているようですね。

中国からしたらハッキングし放題の国なのかもしれないですね。
そういう意味では日本も中国のファーウェイとかの排除や
学術会議そのものの在り方についても河野太郎大臣にしっかり
対応してもらいたいですね。

まずは軍事研究に学術会議のメンバーが関わっていることが
判明したわけだから日本も軍事研究に関わる研究に対して
学問の自由を認めてもらうか廃止にして民営化するか
どちらかしか選択肢はないでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました