防衛白書令和3年表紙イラストに隣国が台湾のある記述を有本香が暴露メディアが報道できない真実

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

日本政府が令和3年度版の防衛白書を発表しましたね。これに隣国が非難声明を挙げているようですね。

北朝鮮は日本政府が発表した防衛白書に北朝鮮の核ミサイル開発をあげて日本の安全に対する重大かつ差し迫った脅威と明記しているようです。

まぁ最近でこそあまりミサイル実験とかは行われていないですが日本上空を通過とかもありましたからね。

どうも北朝鮮は日本の集団的自衛権の行使や安全保障関連法の採択や自衛隊の防衛費増加や軍事演習などを挙げて平和と安全を破壊する脅威は他でもない日本だと指摘したようですね。

面白い国ですね。ちなみに韓国は竹島の領有権を主張したことに対して在韓日本大使館の関係者を呼んで抗議したようです。

まぁただ文在寅大統領の訪日には影響しないようですね。日韓首脳会談をしたくてたまらないようですね。

日本政府としても竹島の領有権主張が明記された防衛白書を発表するのは2005年依頼17年ぶりのことのようです。

逆にそのことのほうがビックリですね。まぁサンフランシスコ平和条約において竹島は明確に日本の領土として扱われているから国際法上も日本の領土なんですよね。

韓国もUNCTADによって先進国として認められたわけだから先進国の最低条件として国際法は守ってもらわなければいけないですからね。

まぁ文在寅大統領も日本に来日してこの件で文句言わないと帰国できなくなりましたね。まぁ言及したところで相手にしないし首脳会談事態をなくすことも出来ますからね。

ただ今回の防衛白書で一番大きかったのは台湾の事のようですね。この辺に対しても中国は怒っているようですがその一番変わった部分に関して虎ノ門で有本香さんが解説していましたね。


なるほど今までは台湾が中国の領土のように明記していたのがその明記をなくしたわけですね。これにメディアは気がついていないのかあまりこの件には触れていないですね。

まぁ防衛白書にはこの他にも台湾情勢を巡って日本の安全保障に重要だと初めて明記したことで中国政府が断固として反対すると反発していましたね。

中国の報道官も台湾は中国の領土で中国は必ず統一すると改めて主張したようです。さらに尖閣諸島周辺で了解侵入する行為で日本政府が国際法違反と指摘したことに関しては正当で合法と強調したようです。

ちなみにこないだアメリカのアナリストが凄い発表をしていましたね。衛星画像に特化した人工知能を開発する企業の発表として中国の漁船数百隻が南沙諸島の海域にいかりを下ろし人間の汚物を懐中に垂れ流していると指摘したようです。

ここの領域も領土問題で中国やベトナムとかフィリピンが領有権を主張しているようです。ちなみに中国には国際法上の法的根拠がなく国際法に違反するという判断がくだされたようです。

いろんなところで悪さしているんですね。この影響でサンゴやマグロとかにも悪影響が起きるとして環境問題になていりょうですね。グレタさん出番ですよ。

それと沖縄の活動家の皆さんも中国が尖閣諸島周辺で毎日領海侵入していますが同じように被害が起きているかもしれないし起きる可能性もあるから文句言ったほうがいいですよ。

ちなみに今回の防衛白書は表紙もガラッと変わったようですね。この辺についても虎ノ門で有本香さんが話していましたね。

なるほど確かに表紙のデザインはいいですね。騎士防衛大臣のやる気と意気込みが伝わってきますね。

武士が乗馬している姿を表紙にしていていいですね。まぁ日章旗をどーんと表紙にしちゃってもいいと思いますけどね。

ただこの表紙にも韓国は難癖をつけてきたようですね。何でも文句を言ってくる国なんですね。日本の防衛白書なんだから何を書こうが勝手ですよね。

まぁ韓国についてはこれまでも防衛白書でレーダー照射問題やGSOMIA破棄といった韓国の否定的な動きを記述してきましたが一応日韓・日米韓の連携という表現は明記されているようです。

まぁ韓国とは問題が多いですね裁判でも慰安婦問題や徴用工の問題とか日本企業に賠償命令とかで差し押さえの話もあるし解決済みの問題でまた韓国が蒸し返してきていますからね。

まぁ慰安婦問題は韓国が内ゲバで自滅していってますが今後の大統領選とかでまた反日姿勢を打ち出してくるでしょうからどうなるかわからないですね。

もう日本としても専守防衛というのは時代遅れなんでしょうね。相手が侵略してきても守るしか出来ませんからね。

まぁアメリカとかに助けを求めるとかしか出来ない中で中国とかもどんどん軍事予算を増やしていってアメリカの軍事力にも迫ろうとしているぐらいですからね。

ちなみに産業遺産情報センター長でも知られる加藤康子(こうこ)さんは岸信夫防衛大臣と幼馴染だったようですね。この辺についても虎ノ門で加藤康子さんが話していましたね。

なるほど同級生だったんですね。実は調べてみたらもっと意外なことが分かって加藤官房長官の元婚約者だったようです。

加藤康子さんと加藤官房長官はお見合いで婚約しましたが婚約中に大ケンカして婚約破棄したようです。

さらにその後加藤官房長官と結婚したのが加藤康子さんの妹さんの加藤周子さんだったようです。

加藤官房長官は実は旧姓は室崎で結婚後に婿入りしたようです。実は加藤康子さんは政治家一族のようですね。

なんか政治家って色んな所でつながっているんですね。加藤康子さんの母親と安倍首相の母親も大親友で安倍首相が総理になったから今度は加藤官房長官を総理へと言う話とかもしているんでしょうね。

岸信夫防衛大臣も養子だから安倍首相の弟だけども名前が違いますからね。それにしても日本は専守防衛でなかなか他の国からはなめられていますが二階さんのような親中派や親韓派の議員は減らしていかなければいけないですね

中国は日本の議員や世界各国で議員を買収しまくって侵略してきますからね。日本のおかげでここまで発展してきたのに中韓は恩を仇で返す国だし常識の通じない国には日本もそれに対する備えをしなければいけないですね。

今度の選挙で親韓派の河村建夫議員のいる選挙区から林芳正議員が鞍替えで出馬するので自民党の公認はもらえないだろうけどもなんとか河村議員を破ってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました