小室圭の借金額とニューヨーク警備費用がヤバイ眞子さま一時金を辞退で小室佳代に寄付で大爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

小室圭と眞子さまが年内にご結婚する方向で調整が進められていることが報じられましたね。前々から10月の30歳の誕生日までにという強い気持ちがあることは週刊誌でも数々掲載されてきましたが現実のものとなりそうです。

この報道は読売新聞が9月1日の朝刊の一面で報道しました。いつもはNHKとかがこういうニュースを最初に報道しますが読売新聞がすっぱ抜きましたね。

しかも国民の祝福を受けず納采の儀などの儀式もせずに結婚するようです。まぁ納采の儀に関しては誰が使者になるのだという話もありましたが結局は駆け落ち婚のような形になってしまいましたね。

小室圭さんは司法試験を受け試験結果が出るのは12月だと言われていますが就職は内定しているということでこれは試験結果によっては取り消されるでしょう。

NY州の弁護士事務所に務めるとなると1年目の収入は1800万円ぐらいになると見られているようです。

ただ小室圭さんと言えばこれまで三菱UFJ銀行や奥野総合法律事務所に勤務しましたがそこでの仕事の評判はすごく悪かったようです。

ニューヨークはいくらでも弁護士がいるし上司のパートナー弁護士の言うことは絶対で最初の1、2年目は奴隷のように働かされるようです。

顧客に対してはタイムチャージで請求するので長時間労働は当たり前で年に2000時間はマストで目標は3000時間のようです。

当然弁護士になるとそれ以外にも勉強や業務があるし最初の数年はほとんど自分時間がもてないようです。

日本と違ってアメリカは使えなかったら即クビにされます。弁護士なんてくさるほどいますからね。

眞子さまと住むとなると恐らく100㎡ぐらいの高級マンションに住むでしょう。そうなると家賃だけで100万円以上はします。

日本にいた頃は自宅マンション前にポリボックスも用意され月間で600万円の警備費用が使われました。

ただニューヨークになると当然物価や人件費も違うので2倍ぐらいの警備費用は必要になってくるでしょう。

そうなると年間で1億5千万円ぐらいの警備費用は必要になってきます。一時金辞退とかそういうどころの問題ではありません。

小室佳代さんは元婚約者に対して解決金を払う意向を明言されました。だから400万円に上乗せして返済するのでしょう。

さらに国際基督教大学にしても授業料は自身の貯金と融資型の奨学金と給付型の奨学金の療法を利用して納付していたと明かしています。

給付型の奨学金は年額の3分の1で小室圭さんは少なくても約320万円を利子付きで返済しなければいけないわけです。

さらにそれだけではありません。フォーダム大学の留学中の生活費を奥野総合法律事務所から借りている状態です。

これが3年間で360万円かかっています。しかも1年目は授業料が全額免除で2年目は一部が免除で3年目は優秀生徒にも選ばれていなかったし授業料も全額負担になっているはずです。

そうなると授業料も500万円以上は払わなければいけません。そうなると奥野総合法律事務所から学費分も補填されていたのでしょう。

こういったお金だけでも1700万円以上は返済しなければいけないお金があるわけです。それだけにもし眞子さまと結婚するなら一時金の1億3000万円は絶対条件だと言われていました。


ただ眞子さまが一時金を辞退という意向を示しているようですね。まぁ眞子さま的にはネットを見る限り一時金を辞退すればなんとか結婚を受け止めて貰えるという甘い考えがあったのでしょう。

一時金というのはそもそも元皇族として恥ずかしくない生活を保ってほしいという意味も含まれています。

そもそも一時金は皇室経済法第6条で決められているもので約1億3700万円の支払いになりますが眞子さまはこれを辞退と表明しています。ただ一時金は法律で定められたものです。

つまり辞退ができません。それに国としても元皇族として品位保持のためにあてられたお金でいらないといっても借金まみれの小室圭と結婚して十分な暮らしが出来ていないとなれば日本の恥じにもなるわけです。

まぁ金銭トラブルや問題だらけの小室圭と結婚すること事態が日本の恥になるわけですが生活も元皇族がホームレス同然の生活となると国の恥になります。

ちなみに元婚約者との金銭トラブルに関しては実は時効が10年だから最初にお金を借りてから10年は経過しているのです。

個人間のお金の貸し借りの時効は10年で強制的にお金を取り立てることができなくなるわけです。ただこの時効というのはお金をこの日までに返すと決めた日から10年だから小室佳代さんの場合は借りたではなくもらったとなっています。

だからそもそも返済についての合意がないわけです。まぁ小室佳代さんと元婚約者との間での金銭トラブルだから小室圭さんは関係ないという人もいますがこのお金は小室圭さんの学費のためのお金なのです。

しかも小室圭さんと小室佳代さんと元婚約者との間でもこのお金についての話し合いがあったわけです。

まぁそれにしてもこの4年間は何だったのでしょう。まだ就職先も決まったということですがあくまで試験が合格したらという前提だから正式な採用ではないのです。

つまり実質無職と結婚を決めたということだからそれなら4年前に強引に結婚していたほうがまだ日本だし無駄な税金も少しは抑えられたわけですね。

日本で結婚していたら警備費用もニューヨーク程かからないし国民の声など最初から聞くつもりなどなかったのでしょう。秋篠宮様が心配されていたのは眞子さまと自分の家族のことだけだったのでしょう。

ちなみに眞子さまがニューヨークで小室圭と新婚生活するかということですが実はやはり小室佳代と角田国光さんのほうにも新しい情報が入ってきました。

横浜市にある小室さんの自宅マンションですがポストにハラれていた小室と角田という2世帯の表札が最近になって取り外されたようです。

恐らく小室佳代さんと角田国光さんも同じタイミングで渡米するのではないでしょうかまぁ職場の洋菓子店とはトラブルは解決せずですが労災請求したままほったらかしで渡米ってことになりますかね。

洋菓子店の社長に話を聞こうとすると小室佳代さんの弁護士に黙っていてくれと口止めされているようです。

眞子さまと小室圭の年内結婚報道が出て各テレビ局が続々と報道しましたね。モーニングショーでも触れたようですが玉川徹さんは国民のかなりの人が反対しているからと言って辞めてしまうことが眞子さまにとって幸せなのかこれで辞めたとして小室圭以上に好きになる男性が現れるのかとコメントしていました。

さすがアホですね。僕はこういう風になる可能性もあるだろうなとずっと考えていましたとコメントしていました。二人がどうなったら一番幸せかということは二人が一義的に決めるべきだと思うとコメントしました。

他の報道局もそうですが基本的に結婚を祝福する方向でのコメントでしたね。国民の祝福を無視しての結婚なのに本来はメディアがこういった国民の意見をもっと報道すべきですね。

コロナの報道では国民の一部のコメントを広げて煽り報道しているのに眞子さまと小室圭の結婚問題に関してはなんとか結婚させようという報道ばかりです。

まぁある意味国民と逆の意見で報道することで国民を煽りたいのかもしれません。まぁ報道も結婚に反対の意見を出したらいろいろ圧力があるんですかね。

秋篠宮様としたらロイヤル忖度をしまくって小室佳代さんから脅されていたのですかね。そもそも小室佳代さんの代理人弁護士も眞子さま側が雇っていると言われていますよね。

ちなみに漫画家の小林よしのりさんが自身のYouTubeアカウントを停止処置されたことを発表していましたね。

新型コロナウィルスで過剰な自粛やワクチン接種に反対する動画をアップしていてワシの影響力が強すぎて真実が拡散されるのを恐れたのが原因でしょうと自己分析されていました。

このチャンネルにアクセスするとコミュニティーガイドラインに違反したためアカウントを停止しましたと表示されます。

ただ本当に影響力が強いと皇室のようにメディアを操ることが出来ますからね。メディアを操ることが出来ない小林よしのりさんは影響力がないと思われます。

金銭トラブル以外にも親族連続自殺や遺族年金不正受給や元暴力団との交際や遺産の取り立て交渉やいじめ問題にクレジットカード不正利用や洋菓子店では休業補償や明らかにおかしい労災請求などいくらでも疑惑があります。

やはりメディアを黙らせる影響力があるのでしょう。小室圭がOKならもうどんな相手でもありなのでしょう。皇室はどんどん落ちぶれて崩壊するかもしれないですね。

加藤官房長官も眞子さまの結婚問題について質問があり見守りたいというコメントでしたね。下手に批判するコメントをすると選挙前に批判が起きかねないと思ったのでしょう。

そういう意味では眞子さまと小室圭の策略だったのかもしれないです。この選挙前に年内結婚しますと報道させることで政府も黙らせることが出来るし思惑通りなのでしょう。

これまでもいろいろ行事があってややこしい時にどさくさに紛れて報道してきましたからね。最悪の場合は政府が介入して止めるべきだと思っていましたが政府が一番口出しにくいタイミングを狙っての報道でしょう。

眞子さまと小室圭の結婚に強烈に反対の議員も下手したらこの時期に公認取り消しになったり選挙に影響を及ぼす可能性があるから黙るしかないのでしょう。

天皇制度について一度しっかりと議論しなければいけないですね。また小室圭のような怪しい人間が現れたりした時に警備費用のあり方とか話し合わなければいけないでしょう。

黒田さんの時はお母様までは警備されませんでしたからね。もし仮に今後駆け落ち婚のような形で国民の喜ばれない結婚で儀式などを行わない結婚をする場合は海外に行かれても警備も頼まないし海外から請求されても支払わないとかそういった取り決めをしなければいけないでしょう。

created by Rinker
¥1,430(2021/09/22 06:19:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました