小室圭NY司法試験不合格で小室眞子の報道で司会番組降板が判明で大爆笑【小室佳代・元婚約者】

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

小室圭と小室眞子さんの結婚会見が終わり週刊誌にけんかを売ってしまったからどこも祝福ゼロの報道になりましたね。

ちなみにこの会見を元婚約者もリアルタイムでは視聴できなかったようですが後から視聴して感想を述べていました。

大人っぽくなったなという印象と一国民として祝福申し上げたいと思いますということで、ただ会見をみて違和感を抱いた点があるようです。

400万円の金銭トラブルについて小室文書の通りという説明だけだった点です。公表した文書でも書いたようにこれまでも折に触れて私と私の母からお礼を申し上げており今も感謝しておりますという小室圭のコメントです。

元婚約者はこの10年ほど小室圭や小室佳代さんから何かお礼のようなことを言われたことがないようです。婚約解消になった後も同じマンションの別の部屋に住み続けていたようです。

二人は別れてからも時々顔を合わせていたようですが挨拶程度のやり取りしかなかったようです。婚約内定会見があってからもそのことについての報告はなかったようです。

ちなみにそれから元婚約者は携帯番号や固定番号は変えていないようです。それはもしかしたら小室圭や小室佳代さんから連絡があるのではないかと思っていたそうです。

でも二人からはお金を渡したことへのお礼どころか何の連絡もなかったようです。それなのに勝手に折に触れて感謝申し上げたというデマを公表したわけです。

さらに会見で小室圭さんは元婚約者との交渉について解決に向けて前向きな返事を頂いていますとして渡しができる限り対応したいと思いますとして、解決金を受け取っていただきたいという気持ちは変わっていませんと発言しました。

元婚約者は金銭交渉の相手はあくまでも小室佳代さんだと思っていましたが小室圭さんが直接交渉の申し出がありそれを受けようと思い10月26日までに小室圭に会うことを提案したようです。

でも小室圭のスケジュールや警備の問題で良い返事がなかったようです。つまりホワイトニングやお肌のお手入れをする日程は作れても元婚約者とあう都合は付けられなかったようです。

それで最終的に会見前の会場のホテルの別室で会う形でもいいという提案までしたようですがそれでもハッキリとした返答がなく交渉はいまでも予定がたっていないようです。

だから前向きな返事をもらっているという会見でのデマにはびっくりしたようです。小室家は小室文書でも全然元婚約者に対して感謝の言葉なんて全く無くてむしろ犯人扱いのような文章でしたよね。

宮内庁長官もお支えする立場として大変申し訳無いと言ってましたが謝る相手が違うでしょう。小室眞子さんに謝るんじゃなくて本当に複雑性PTSDで苦しんでいる人達や元婚約者に謝ってもらいたいです。まぁあの敵意むき出しの会見について国民についても謝ってもらいたいですね。

小室眞子さんは天皇陛下や皇后陛下に対しても一言も御礼の言葉がありませんでしたからね。国民に対しても国民という言葉を使わずに多くの方々って言い方でせめてご心配おかけしてとかそういう言葉があっても良かったのではないでしょうか。

なんで国民は陛下に配慮しないのに国民が配慮しないといけないのでしょう。ちなみにメディアがなぜアレだけ小室眞子さんに忖度して報道するのかについては以前にもこんな事件があったんです。

2008年10月に小林豊アナウンサーがTBSで放送していた2時っチャオ!という番組内で皇室を扱った放送をしたのですがそこで紀子さまの誕生日特集番組がありました。


その中で眞子さまがジャニーズのファンでコンサートにもと書かれたフリップに言及して眞子さまはコンサートに言ったことがあるとか誰のファンかも分かっているのですがと発言しました。

これが思わぬ火種となって放送から2週間後の9月26日に眞子さまがジャニーズコンサートの行かれた旨の放送がありましたがそのような事実はありませんのでと異例の放送があったようです。

ちなみに同じ時期に週刊新潮にも同じような記事が掲載されたようですが今後は事実確認をしてから掲載するようにと宮内庁から要請があったようです。

この報道直後に小林豊アナウンサーは司会を降板して翌年3月には番組も終了しました。今回の小室佳代さんの金銭トラブルについてもそのような事実はありませんだけで根拠は示しませんでしたよね。

このジャニーズコンサートに関してはいつ行ったのかとかそういうことが週刊誌にも書かれているわけですよね。週刊新潮も流石に皇室のことに関して捏造記事は書かないだろうしキチンと証拠もあったでしょう。

ちなみにジャニーズコンサートに関しては佳子さまのほうが大ファンのようです。嵐のコンサートに行った話は有名でテレビでも紹介されたことがあるようですがこの県は宮内庁も抗議文が掲載されていないので本当なのでしょう。

だからもしかすると小林豊アナウンサーが佳子さまと間違えたのか佳子さまと眞子さまが一緒にコンサートに行って眞子さまがそういうイメージを持たれたくないということで抗議文が出たのかもしれません。

まぁ違いますよと訂正報道すればいいだけだと思いますが皇室の場合は間違えると司会が降板させられるという前例があるから司会も怖くて文句を言えないのでしょう。

小室眞子さんが事実ではありませんと言ってしまえばそれが全てになります。悠仁さまが生まれてからは秋篠宮家が天下無敵になって秋篠宮家のいうことは絶対みたいな空気が皇室では出来上がっているのかもしれません。

ただ流石にあの小室眞子さんの結婚会見で皇室の立場を利用して小室圭をフォーダム大学に行かせた話とか金銭トラブルに関わった話とかを聞いて秋篠宮家意外の宮家が集まって話し合ったかもしれないですね。

公の場所で憲法違反を発表してしまったわけです。有耶無耶に出来ない状態でどう落とし前をつければいいかとかいろいろと話し合っていそうですね。

まぁ皇室の話題に関しては間違えると司会降板させられる恐怖味あるかもしれませんがヤバイ組織から狙われる危険もありますからね。

以前国会でも秋篠宮様が座らなければいけない場面でなかなか座らなくて進行が進まないからお座りにならないと座れないじゃないかと野次を飛ばした中井議員が一時話題になりましたがその後に極右団体のK会長から小指が送られてきたそうですね。

元々は広島県警にいた人物のようですが小指を切って血の抗議文を送り届けたようです。まぁ怒らせるような報道をしたらロイヤル忖度みたいに警備がつかないから誰も守ってくれないし自分の身の安全のための発言なのかもしれないですね。

ちなみにドイツの国際放送局のDW局が小室圭と小室眞子さんの結婚について意外なことを報道していましたね。日本政府が小室眞子さんの経済的な面倒を見てもらうために小室圭のサンドラー法律事務所に有利な契約を約束していると報じられました。

ドイツのメディアが日本からサンドラー法律事務所に仕事を紹介しているということですね。凄まじいロイヤルアワーですね。

ちなみにサンドラー法律事務所の例の小室圭のプロフィールですがまた変更になっていてJFKの賞を受賞からフォーダム大学でのJFKの賞を受賞になっていましたがさらに変更になりここの箇所がゴッソリ削られていました。

このJFKの賞について財団に確認するとこの名前を商標登録しているということでこの賞を勝手に名乗った賞を作ってしまうと著作権の違反になってしまうということでそこに気付いてサンドラー法律事務所が慌てて削除したんですかね。

最初はあくまでもフォーダム大学でのJFK賞としていたけどもJFK賞そのものが著作権に守られていてフォーダム大学とそのような提携関係はないと言われてしまったから削除したんでしょうね。

さすがに法律事務所がプロフィールで嘘を書いて著作権違反で訴えられたらマヌケすぎますからね。いくら日本政府から仕事がもらえるからと言って変なやつ引き受けてしまったという感じかもしれないですね。

小室圭が就職活動のときもしっかりと自己PRの蘭にプリンセス眞子のボーイフレンドと書かれてあったと弁護士ンさんが証言されていましたよね。

皇室利用はこれだけではなくてフォーダム大学に行くときも眞子さまの意向で進学したと発言したし実際にフォーダム大学もプリンセス眞子のフィアンセという文を公式サイトに掲載して削除はしましたが結婚の計画という文は残したままでした。

さらに小室圭さんを立派な弁護士に育てると専属スタッフも付きっきりでアテンドすると報じられていたしなぜか小室圭が入学と同時に初めて導入されたマーティン奨学金全額免除ということで唯一人選ばれましたよね。

フォーダム大学としてはなんとしても合格させて宣伝材料として日本企業からの寄付金とかそういうのが目当てのようですね。

講義室の授業だけではなくてマンツーマンの個別授業もあるということでまぁ本当に勉強していたのだとすると30歳にまでなってずっと学生で勉強ばっかりしてある意味すごいなと思いますが結局は不合格でしたね。

そもそも本来はフォーダム大学に入学資格すらないはずなんですよね。まずLLMコースは他国で法律教育を終了した外国人向けのコースです。

ただ小室圭は法律教育を学んでいませんよね。小室圭さんは一橋大学の国際企業戦略研究科だから法律を学んでいないですよね。

でもなぜか小室圭がフォーダム大学に行ってる間にこの一橋大学の国際企業戦略研究科というコースがビジネスロー専攻と名前が変更されているのです。

要するに法律を学んでいるよとアピールしたかったのでしょう。さらに元々LLMコースを卒業してもニューヨーク州の司法試験を受ける要件が満たさないからJDコースに編入するわけです。

JDコースを受けていることを前提にLLMコースに行くのだから逆はおかしいですよね。まぁ学習院大学の教授がフォーダム大学に行く推薦状を出したとかサラッと報道されていましたがロイヤル忖度がヤバイですね。

まぁしかも法律学んでない人が全学年でただ一人の奨学金免除はさすがにやりすぎですね。LLMコースも卒業するときには全体の上位15%で卒業という称号も与えられていましたが全学年でただ一人の奨学金全額免除なのに上位15%というかなり落ちこぼれてしまったわけです。

上位0.1%に最初いたのに専属のスタッフがつきっきりで教えたにもかかわらず上位15%まで急降下していったわけです。しかも上位15%のはずなのにNY司法試験不合格ってどうしようもないやつですね。

本当に入学するとき優秀だったのかって言いたくなりますよね。ちなみに雅子さまは世界トップクラスのハーバード大学の経営学部で上位5%~10%に与えられるマグナクムラウデという称号を得ています。

小室圭は格下の大学での上位15%というある意味不名誉な称号ですからね。まぁ日本では皇室を怒らせると降板させられたりとかいろいろあるから忖度してくれるかもしれませんがアメリカでは司法試験の合格までは忖度してくれなかったようです。

まぁ不合格だし小室圭もアメリカに無事いけるのかどうかもわからないですが、小室眞子と小室佳代も一緒にアメリカに行けるのでしょうか。あなたはどんな結末を迎えると思いますか。

created by Rinker
¥1,430(2021/12/01 09:47:46時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました