アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

愛子さまブラジル熱烈オファー眞子さん勲章の謎!雅子さま過保護?悪意ある印象操作

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

愛子さま初の海外公務:眞子さん勲章がおかしい

愛子さまの初の海外公務は来年にと週刊現代に書かれていましたね。佳子さまがギリシャへ海外訪問されましたが愛子さまの初の海外公務がどこになるかということですね。

そこで浮上したのがブラジルですね。ブラジルは来年に日本とブラジルが国交を樹立してから130周年の節目の年で先方からは熱烈なオファーがあるだろうということですね。

さらに皇太子時代の天皇陛下や秋篠宮さまや黒田清子さんも初めての海外公務はブラジルだったようですね。ブラジルは地球の裏側ですが戦前に日本人が多く移り住んで日系人コミュニティーとの繋がりも強いわけですね。

そして皇室や天皇に対する尊敬の念も深いわけですね。上皇ご夫妻も3回ブラジルに行ったことがあるようです。そういえば眞子さんもブラジルに訪問して結婚直前に勲章を貰っていましたね。

そこで調べてみると面白いことがわかりました。それは勲章ですね。上皇さまと眞子さんはブラジルから勲章を貰っていますがそれぞれ種類が違うようですね。

上皇さまは南十字星国家勲章で眞子さんはリオブランコ勲章です。上皇さまの勲章は1822年に初めて制定された歴史ある勲章でブラジルの国家勲章として、外国の元首や王とか位が高い人物に対する最高の栄誉とされているようです。

それに対して眞子さんが受賞した勲章は外交関係の促進と強化た文化交流の推進した個人や団体に贈られる勲章のようです。

これには5つの階級があって眞子さんが受賞したリオブランコ勲章の大十字型章は最も位が高い勲章のようです。1963年に設立されてこの名前はブラジルの外交官で歴史家のバロン・ド・リオ・ブランコに由来するようです。

ただ不思議なのはこの勲章を受章されていない皇族もいるわけですね。天皇陛下は最低でも3回は公式訪問されていますがウィキペディアには記載されていないのでよくわからいませんが勲章を受章されていません。

さすがに勲章は貰っていたら掲載されていると思いますが天皇陛下は勲章を貰っていないようです。最近だと平成20年と平成30年にブラジルへ訪問されています。

平成20年の時に初めてブラジルに行ったのが26年前と言ってます。だから22歳ぐらいの時にブラジルに行ったのでしょうね。

しかも天皇陛下は日本ブラジル交流年の日本側名誉総裁を2008年にしています。そしてその年にブラジルを訪問したのに勲章が貰えないわけですね。

そして上皇ご夫妻は3回ブラジルへ行ってるから美智子さまも3回ブラジルに言ってるわけですが勲章はもらっていません。黒田清子さんもブラジルへ行きましたが勲章を貰っていません。

秋篠宮さまもブラジルへ訪問されていますが勲章を貰っていませんん。つまり眞子さんの勲章が結婚直前で遅かったのもあるしいろいろ勲章だけ見てもなにか外務省の働きかけとかあるのかなと思っちゃいますね。

ちなみに眞子さんが貰ったリオ・ブランコ勲章は駐ブラジル日本大使や外務大臣とか安倍晋三さんとかが受賞しているようですね。

眞子さんはパラグアイの勲章を貰いましたがその時に秋篠宮さまも一緒にパラグアイから勲章を貰いましたよね。秋篠宮さまがパラグアイに行ったのは2006年です。

ちょっと15年ぐらいしてからいきなり勲章というのもよくわからないですね。なんか箔付けが好きなのかなと思っちゃいますよね。

まぁブラジルは天皇陛下も平成20年と30年と行かれているから次行くとしたら2028年が10年後単位でとなるし地球の裏側で飛行時間が30時間ですからね。

雅子さまも大変だろうし行くとしたら愛子さまの可能性が高いわけですね。ちなみにここで初の海外御訪問となれば両陛下はもちろん年齢が近い佳子さまからも手ほどきを受けられるかもしれないということですね。

なんかこの辺は炎上を煽っているようにしか思えませんけどね。さらに雅楽演奏会の時は2人そろって鑑賞されて愛子さまがお辞儀すべき方向が分からずに戸惑っていたら佳子さまがさりげなくリードする場面があったと書いています。

むしろ愛子さまが先頭で入ってきてリードされているように思ったので再度その時の動画を確認してみました。そしたらどう考えても愛子さまが先に入ってきてお辞儀も佳子さまが愛子さまの真似をしていました。

どうやったらこんなデマ記事が書けるんでしょうね。まぁだからギリシャなどの経験を生かして先輩皇族としてアドバイスをされるだろうということですね。

もうここまでくると佳子さまに批判が行くように誘導する記事にも見えてきますね。ただ愛子さまの初の海外公式訪問はどこになるのか楽しみですね。

雅子さま過保護シフト?倒れ込み事件の真相

週刊女性に宮内庁が続ける雅子さまへの過保護シフトと記事になってましたね。天皇皇后両陛下は22日から国賓としてイギリスへ公式訪問されますけども事前に記者会見するのは天皇陛下だけですのようですね。

最近は雅子さまもお出ましが増えて体調も安定してるようですが大切な英国訪問前にご負担をかけたくないということで雅子さんは記者会見に出席しないようですね。

雅子さまの体調を気遣う動きは園遊会でも見られたようです。宴会に出席された美術家の横尾忠則さんは信子さまとお話をされる際に具合が悪くなって倒れたようですがこの事実を宮内庁は雅子さまには伝えなかったようです。

これは雅子さまに精神的な負担をかけたくないから報告をしなかったのだろうということですね。まぁここではちょっと嫌味に雅子さまは横尾忠則さんと話をする時だけ他の招待客より長く話していたという点を挙げていますね。

横尾さんだけえこひいきしていたような思わせの記事で雅子さまが小さいバッグから猫の写真を取り出して猫の話題をしたということですね。

まぁこれは横尾忠則さんが難聴だから話すよりも写真で会話ということで気を使ったわけですね。当然話が聞こえにくいから会話時間も長くなりますからね。

ただ信子さまと話をしているときに突然倒れ込んだということですが横尾さんの話ではひどい難聴だから自分の声が聞こえなくなることがあり信子さまと話をしているときにそういう症状が出たようです。

それで信子さまに失礼だと思い身を引いたと横尾さんがコメントしています。そのコメントを紹介しながらその後、宮内庁の方が救急センターに案内してくれて翌日には宮内庁を通して信子さまから体調は大丈夫ですかとお声掛けがあったということですね。

でも横尾さんは自分から身を引いたとコメントしていますからね。倒れたという表現がよくわからないですね。これだけしばらくしてから記事になるぐらいだから園遊会の時もメディアが見て大丈夫だなっていう感じだったと思いますけどね。

それを大げさに記事にしている感じですね。まぁこの対応に宮内庁が過保護だと名古屋大学の河西准教授が指摘してこれは宮内庁と雅子さまの関係性にも問題があるということですね。

しっかりいい関係が築かれていたら横尾さんの件もお伝えすることが出来ただろうということですね。しっかりした関係が出来ていれば伝えても雅子さまの心労に繋がることもなかっただろうということですね。

雅子さまとの宮内庁の関係は20年ほど前から弱まっている可能性があるということで、愛子さまを出産される前に初めての懐妊で流産したけどもこれも安定期に入る前に報道されたわけですね。

宮内庁が情報をメディアに漏らしたわけですね。まぁ宮内庁が雅子さまを気遣い過ぎで今後何かしらの機械で本来伝える必要があることが伝わらない可能性もあるということですね。

横尾さんも当日は少し休まれて回復して奥様と一緒にお帰りになったということで病院に行くほどのことでもなかったということですね。

ちなみにこないだサンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃんで平安時代のことについて特集していましたがその頃はけっこう占いとかも信じたりしていたようですね。

それとその時代の天皇陛下は人の死を見てはいけないというきまりがあったようです。それでたとえ妻でも病気になって死が近付くと最後を見届けることが出来なかったようですね。

まぁそういう伝統もあったけどもそういう今にはそぐわない伝統はどんどんアップデートされてきたわけですね。でも男系男子という短い伝統は何としても守ろうとするわけですね。

よくわからないですね。まぁ今の政権で無理矢理皇室典範を改正するより次の政権で安倍派閥がだいぶ減った状態で皇室典範を早急に改正してほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/19 18:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました