アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

雅子さま服装で神対応:天皇陛下の意味深発言と華麗な歓迎!悠仁さま英国王室を意識?

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

雅子さま服装で神対応:天皇陛下の意味深発言

天皇皇后両陛下がイギリスに到着されましたね。国賓としてイギリスを訪問するのは26年ぶりのようです。なんかイギリスはよく言ってるイメージですが天皇皇后両陛下がイギリスに行くのは26年ぶりだったんですね。

意外ですね。ただイギリスには言っているけども国賓としては26年ぶりということですね。上皇ご夫妻も天皇皇后だった時には3回言っています。

でもイギリスだけを訪問したのは1回だけでそれが国賓だったわけですね。上皇ご夫妻がヨーロッパを訪問する時は何か国かまとめて訪問することが多かったようですね。

平成19年には9日間で5ヶ国も訪問していました。飛行機トラブルなんてあったら取り止めとかありそうで大変だったでしょうね。

前回はエリザベス女王の国葬で行かれたので色を抑えたグレートーンの服装にマスク姿で行かれたわけですね。でも今回は明るい水色で素敵でしたね。

天皇陛下も同じ水色のネクタイでリンクコーデされていました。凄く笑顔でしたね。ちなみに興味深いコメントをしている人がいてイギリスの伝統的な陶磁器でジャスパーウェアというのがあるようです。

雅子さまはそれをイメージした服装だったのではというコメントですね。そこで調べてみると確かにジャスパーウェアをイメージしている感じがしました。

ジャスパーウェアはカラフルな色彩の地に、白いレリーフ装飾が施されているのが特徴のようです。しかも耐久性もあるようで古代ギリシャや古代ローマ美術の形状や装飾をモティーフとしていて1774年に完成させた技法のようです。

18世紀のイギリスの陶磁器産業の発展を象徴するもので歴史的価値が高く評価され地るようです。そして王室や貴族をはじめ、多くの人々に愛され続けているようです。

これらの要素が組み合わさり、ジャスパーウェアはその美しさと技術的な優れた点から、今でも高く評価され続けています。雅子さまの帽子が特にジャスパーウェアの陶磁器の色と似ていました。

いろんな色の陶磁器があるけども検索したら雅子さまの着ていた衣装の色に似ている水色の陶磁器がたくさん出てきました。

ちなみに日本からいぎりすまでは14時間の飛行時間だったようですね。政府専用機で行って現地時間の午後6時前に到着したようです。

まだ周囲は昼間のように明るかったようです。空港から両陛下は「国王のベントレー」と呼ばれる、国王から国賓の時に使われる特別な車で、宿泊先のホテルに向かわれたようです。恐らくクラリッジズホテルでしょうね。

しかも一直線でホテルに行くのではなくて国賓の歓迎式典が行われるホースガーズ広場や、馬車列が走るザ・マルと呼ばれる大通りやバッキンガム宮殿の周辺も通られたようです。

そういえば歓迎の国旗がたくさん並んでいましたからね。これはイギリス側の配慮でこういうルートを通られたんでしょうね。

いきなりここを歓迎式典で馬車で行きますというよりも事前にどのぐらいの距離を走るのかとかなんとなく把握しておきたいというのもあるだろうし国旗とかで歓迎している様子を見てほしいとかいろいろおもてなしをしてくれているのがわかりますね。

日本では両陛下もなかなか景色を楽しみながらというのはないですからね。警備を強化して余計な道を通らないし観光スポットなんて逆に避けて通りますからね。

そういう意味ではメイン行事前にその景色を見てもらおうということでさすが紳士の国ですね。お二人にとっても懐かしいイギリスですからね。

Xとかではレッドカーペットがなかったことやスナク首相が出迎えていないから歓迎されていないとか悪意ある投稿もありますがここまでの素晴らしい配慮はまさに見えないレッドカーペットというか華麗で格式高い歓迎の道をドライブって感じで最高の対応だと思いますけどね。

確かにイギリスは大統領選挙でスナク首相は対応できないようですがこれ以上にないイギリス側の対応ですね。

まぁでもこの記事の写真では秋篠宮ご夫妻がお見送りをしている写真が使われていてイギリス現地の写真があるのに敢えてその写真を使っていたのがちょっと疑問でした。

ちなみにテレ朝でも報じていましたが天皇陛下が皇太子時代に行かれた時にはチャールズ国王と日本の伝統芸能の阿波踊りも一緒に踊られたようです。

なかなかレアですね。なんか飛び入り参加されたようで二人でスーツ姿で阿波踊りを踊っていたようですね。ちなみに2002年のニュージーランドとオーストラリアを訪問した際には今後は二人そろって外国訪問をより頻繁に行うことが出来たらと思っておりますと天皇陛下が述べているようです。

なんか意味深ですね。それから雅子さまに人格否定発言があって適応障害ですからね。

イギリス訪問の見どころ:特別上演と晩餐会

ちなみに女性自身でも天皇皇后両陛下のイギリス国賓訪問について記事になっていましたね。22日に出発して当日に到着して25日に馬車のパレードがあるようです。

そしてチャールズ3世国王夫妻が主催する晩餐会が行われるわけですね。イギリスでは両陛下の為にロンドンで大人気の舞台となりのトトロのショート版を上演する計画もあるようですね。

そういえば演劇はイギリスが本場だからウエンツ瑛士さんも演劇留学したりしていましたからね。そのイギリスでも演劇賞6部門受賞した作品がとなりのトトロということで無期限のロングラン上演されているわけですね。

まさに日本とイギリスの友好にふさわしいですね。ただキャサリン妃との対面がどうなるかですね。雅子さまの体調面もあるしキャサリン妃の体調面もあるし事前に予定を組むことは難しいでしょうね。

雅子さまと同じで調子のいい人悪い日があるようです。6月上旬時点では、両陛下の訪英に関係する公式行事には欠席するということだったようです。

まぁ癌でしばらく休むと公表してからなんとか英国王室でも重要な行事には出てきましたが事前に出席を公表することは難しいんでしょうね。

その事は雅子さまが一番理解されているだろうし対面されるといいんですけどね。キャサリン妃も病状を公表しなかった時期には一部からバッシングを受けていたわけですね。

まぁ癌だとわからずに写真を加工しているとかいろいろ言われていましたからね。雅子さまも公務を行うことが出来ずに適応障害の時にはイギリス王室も同情的だったわけですね。

2008年にもイギリスのタイムズが雅子さまの闘病生活についてアメリカの名門ハーバード大学で学びながら、制約の多い皇室の生活で精神的に押しつぶされてしまったと同情的な記事を書いているようです。

悠仁さまが生まれて2年後だからまだ2人目産めとかそんな環境だったんですかね。イギリス国民は意外にも多くの国民が雅子さまの闘病生活について知っていて理解を示しているようですね。

まぁ日本国民もイギリス王室のことを知っていますからね。イギリス王室は2011年にキャサリン妃とウィリアム皇太子が結婚した後に男子優先から長子優先に変わったようです。

まぁタイミングとしたらプレッシャーもかかりにくいしいいタイミングですね。メディアを通じて、長子優先への改正をほのめかしたのが、エリザベス女王だったようです。

これはエリザベス女王がキャサリン妃の出産にまつわるプレッシャーに苦しむことがないように法律を改正するべきだと考えたからのようです。

素晴らしいですね。日本で言うと上皇さまが言及したということでしょうね。エリザベス女王は口には出しませんでしたが、男子出産のプレッシャーを受けていた雅子さまに同情を寄せていたといわれているようです。

実は日本に対してのメッセージでもあったんですね。ちなみにチャットGPTにイギリスでは政治発言とかどうなのか聞いてみました。

イギリス王室に関しても一般的には政治的発言や関与を避ける伝統があるようですね。ただ日本ほど絶対ダメという感じじゃなくて、王族が社会的な問題に関して意見を述べたり、活動を行ったりすることがあるようです。

チャールズ国王も環境問題や建築、農業などに関して長年意見を述べてきたようです。。彼のこうした活動は批判を受けることもありますが、個人的な信念に基づくものであり、政治的な政策に直接関与するものではありません。また、ウィリアム王子やハリー王子も、メンタルヘルス問題や軍人の支援活動などに積極的に取り組んでいます。

このように、イギリス王室も政治的な中立性を保ちながら、社会的な問題に関与することが許容される場合があります。ただし、政治そのものに関して直接的な発言や行動を取ることは避けられています。

気候変動問題や生物多様性の保護とか伝統的建築の推進や都市計画とか農業にも言及されてきたようですね。なんかそれを考えると悠仁さまが国際昆虫会議でエントリーされているのが生物多様性のジャンルなんですよね。

まぁまさかそこまで考えているかなというのはありますがイギリス王室を意識して考えたりとかそういうのもありえますね。

今回は公式には雅子さまとキャサリン妃も予定されていませんがもしかしたら非公式な対面の場を用意する可能性もあるようですね。

現在予定されている天皇陛下一人の日程に関してももしかしたらそこに雅子さまが出席されるかもしれないし非公式出会うならそのタイミングでキャサリン妃という可能性もあるしどうなりますかね。

今回はチャールズ国王も癌を発表されていますからね。まぁキャサリン妃としたら国民の前に出てくる場面はあったけども雅子さまと面会されたりしたら凄い話題になるかもしれませんね。

ただお見舞いが叶わなくても激励のメッセージも伝える機会はあるし晩餐会にはウィリアムズ皇太子も出席されますからね。

そこでメッセージ以外にも国際親善では贈り物を交換するのが決まりになっているようですね。もしかしたら輪島塗とか復興に関連するものかもしれませんね。

ちなみに1975年にエリザベス女王が来日したときには、三重県で養殖真珠の加工の様子などを視察してその際に日本政府が贈ったのが真珠だったようです。

それをイギリスで4連のネックレスにデザインされ、女王が長年愛用されてきたようです。そういえば雅子さまも真珠のネックレスとか愛用されていますね。

ちなみにエリザベス女王が愛用した真珠のネックレスはキャサリン妃が受け継いでエリザベス女王の国葬で着用されたようです。

真珠の石言葉は健康・富・長寿。貝の中で守られて育つから、持ち主を守護する力が強いといわれているようですね。だから贈り物ももしかしたら健康に関するものかもしれませんね。

まぁ真珠は一度プレゼントしたし今回の雅子さまの衣装がジャスパーウェアの陶磁器を意識した感じだったのでやはり日本の復興も踏まえて輪島塗とかそういうものかもしれませんね。

それにしても馬アレルギーと宮内庁が嘘の報道をさせたわけですが是非馬車のパレードは成功させてほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/24 18:51:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました