アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

悠仁さまと無能な宮内庁に唯一信頼回復案!紀子さま東京大学へ愛子さまと決定的な違い

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

悠仁さまの大学選び:無能な宮内庁

日刊ゲンダイで悠仁さまの学校選びについて記事になっていましたね。東大への推薦入学を目指す上でトンボ論文が悠仁さまに大きな武器になるのは確かだが宮内庁のミスが足を引っ張るかもということですね。

もう大学選びに関しても推薦の申し込みとかは終わっているから学校側も悠仁さまがどこの大学を狙っているのかは把握しているんでしょうね。

ちなみに東大理系教授は自分い関係ないので昨年発表した赤坂御用地のトンボ相の論文は10年以上かけた力作で推薦合格には研究の実績が求められるが、そのハードルをはるかに超える出来と太鼓判を押していますね。

この論文は悠仁さまが1人でやったものではなくて3人の共同論文だからそれをどう判断するかの問題は残っているということですね。

悠仁さまは筆頭執筆者だけど3番目に名を連ねる清拓哉氏はトンボ分野の第一人者だということですね。個別指導塾経営者も推薦で東大を目指す生徒からは公平ではないとの声も出ているということですね。

まぁ皇族だし学習院とかだったら公平でなくてもいいんだけども東京大学だとさすがに怒りますよね。ただ宮内庁OBはトンボに関し、悠仁さまの実力は国内トップクラスと反論しているようです。

やはりここでも宮内庁OBは名乗れないようですね。ちなみに悠仁さまを含めた研究グループは8月に京都で開かれる世界最高権威の「国際昆虫学会議」でポスター発表することが決まっているということですね。

そのテーマが皇居のトンボ相で今度は5人のメンバーで構成されていて今回は筆頭筆者が清拓哉氏なのか悠仁さまは2番目に名前が記されているわけですね。

トンボに詳しいならトンボに関することを発言すればいいのにトンボが好きですしかしゃべったことがないですからね。

ただこの宮内庁OBが恐れるのはコピペ問題が蒸し返されないかということだということですね。3年前に悠仁さまの作文が北九州作文コンクールで佳作に選ばれたけども作文から他の文献と酷似した部分が2カ所、見つかったということですね。

ちなみにこの宮内庁OBは引用を明記すれば問題なかったが、悠仁さまはルールをご存じなかった。将来の天皇を傷つけないようにフォローするのは宮内庁の役目。チェックツールを使えば簡単に防げたとコメントしていますね。

この宮内庁OBが一番分かっていないんですけどね。自分で酷似する文献と書いているんですけどね。全く一緒なら引用忘れだけども酷似していたらそれは引用ではなく盗作になるんですけどね。

それにそれは宮内庁の役割ではないと思いますけどね。宮内庁には防げない問題だし宮内庁が関われるとしたら謝るべきところは謝りましょうということなんですけどね。

悪いことをしたら謝ればいいのに謝らなかったわけですね。別に中学生なんだからコピペして真似たところで謝罪したらそこまで国民も怒らないのにそれを実績に提携校進学制度で高校に行きたいからご指摘に感謝と宮内庁が発表したわけですね。

中学生なんだから素直に謝罪すればいいのに謝罪しなかったわけですね。そういった前科があるので今回のトンボ論文に関しても何かやらかすと思っていたら明らかにおかしなトンボの写真がいくらでも見つかったわけですね。

そして不正を暴くスペシャリストのエリザベスビクさんにも見つかってしまったわけですね。そこまでして東京大学や筑波大学に進学して悠仁さまは本当に幸せなのかというのが一番の問題なんですけどね。

ご自分の努力で進学するなら頭の悪い大学でも応援できるけども実力にあわない大学に進学させたらごまかすためにまた箔付けとかしなければいけないですからね。

もう幼稚園から悠仁さまを隠す学生生活は始まっていますがリアルを出してあげないと一番つらいのは悠仁さまだと思いますけどね。

現実的に考えてDNA検査で秋篠宮家が廃嫡というのは誰が支持してとか秋篠宮家が望まない限り難しい問題ですがそうなると愛子さまが天皇陛下になった時に悠仁さまは皇室を支える立場になるわけですからね。

今のうちに軌道修正して障害を持っていてもいいし頭が悪くてもいいけどもリアルな姿を出していかないと皇室にとってはマイナスでしかないですからね。

専門家を雇って共同論文を発表してその実績で推薦で東京大学なんて行ったら東京大学にとっても凄い悪い前例にしかならないと思いますけどね。

金でいけるんだってイメージにしかならないですからね。

国際昆虫学会議の舞台裏:信頼回復はコレだけ

女性セブンに紀子さまの焦りということで記事になっていましたね。8月に国際昆虫学会議がありそこに悠仁さまがエントリーされていたわけですが報道で知った職員も多いようです。

また批判の声が上がらなければいいが。紀子さまは国民の目を気にされていないのかと危惧している者もいるということですね。

ただこれに関しては国際昆虫会議のトップが玉川大学の教授だからどちらかというと秋篠宮さまのコネって感じですからね。

秋篠宮さまは東大にはこだわっていなさそうだけども箔付けはしたいんでしょうね。秋篠宮さまも無駄に名誉博士号を持っていますからね。

箔付けに関しては兄の天皇陛下に負けないために名誉博士号をお金で買ったのかって感じがしますよね。英語がろくにできないのに英語で論文なんて無理ですからね。

悠仁さまは10年以上前から皇居や赤坂御用地でトンボの観察を続けていらっしゃいますと急に皇居も加わりましたね。

皇居で最初に調査をしたのはいつでしょうね。なぜ上皇さまのハゼの研究で皇居に向かわれることについては報じて悠仁さまの皇居でのトンボの研究は報じてあげないのでしょうね。

誕生日とかに国際昆虫会議の出場を目指していますとかもうどうどうとむき出しにして報じた方がまだいいと思いますけどね。

昨年秋にも明治安田生命と国立科学博物館が主催した企画展で悠仁さまは研究者の一人として名前が記載されていたわけですがこれも特に自分から発表ではなくて見つかったって感じですからね。

論文も筆頭筆者なのに自分で花にも発表したことがないですからね。次の国際昆虫会議に関しては皇居内のトンボの生態について、共同で研究した成果を『ポスター』を掲示する形で発表するそうです。

ポスターを掲示する形なら発表会はないってことですね。国際昆虫学会議の組織委員長を今回務めているのは玉川大学の小野正人教授で今年4月に悠仁さまが秋篠宮さまと玉川大学を視察された際の、ご案内役と暴露されていますね。

もうヤフーニュースで報じられているから筑附の生徒も見ているだろうし保護者LINEでもいろいろ言われていそうですね。保護者LINEの中には東大を目指す生徒の母親とかもいるでしょうからね。

皇室の方々はライフワークともいうべき研究テーマを持ち、一生続けられることも多く悠仁さまがすでにライフワークを見つけられたのは喜ばしいことだが、残念ながら称賛の声ばかりではないということですね。

まぁ大学の推薦入学のためではないか、という見方があるということですね。そもそもライフワークと言っても天皇陛下は水で秋篠宮さまはニワトリとかナマズとかですかね。

それで上皇さまはハゼというイメージですがそれ以外にも魚類の研究をされているわけですね。淡水魚と海水魚の分類学的研究や魚類の遺伝的多様性や進化についての研究も行っていてDNA分析などの先端的な技術を用いて、魚類の遺伝的関係も解明しているようです。

DNA分析っていうのがなにか想像しちゃいますね。でも悠仁さまに関してはトンボを研究したところで何か役に立つのかって感じですよね。

ただ自分が極めたいだけって感じでその先に何があるから研究したいとかそういうのが見えてこないですよね。上皇さまは食用に出来ると思ってブルギルを輸入してそれがいつの間にか大繁殖して在来種の魚がブルギルに食べられたりしているわけですね。

だからブルギルを食用に出来ないかとかそういう研究を続けてほしいと願っていたり何かしら目的があるわけですが悠仁さまのトンボの研究の先には何があるんでしょうね。

ちなみに秋篠宮さまはいろんな種類のニワトリを掛け合わせて食用に出来ないかって感じがしますけどね。

まぁ悠仁さまに関しては研究の目的がよくわからないし一般人は立ち入ることができない皇居や赤坂御用地でトンボを採集し、一流の研究者たちの協力を得て論文を発表したわけですね。

そして国際的な会議で研究を発表することは一般の高校生には不可能だということですね。まぁ普通に考えると推薦のために悠仁さまの評価を高めるためと思いますよね。

そして悠仁さまの評価を高めるためと思われる報道では6月10日に来日したルクセンブルクのギヨーム皇太子が秋篠宮ご一家と夕食をともにしたが悠仁さまも食事会に出席したわけですね。

そして秋篠御宮ご一家が、食事会中も通訳をはさまずに英語で話されたと報じたわけですね。まぁこういう報道で通訳なしって、わざわざ言う事自体、怪しいとなるわけですね。

通訳なしと報じるよりも英語で話しているシーンを5秒程度動画で紹介すればそれだけで信じてくれるのに秋篠宮家の場合は言葉だけですからね。

しかも紀子さまの英語のスピーチでは発音が間違えて真逆の意味になるような発言をしていましたからね。恐らく紀子さまが一番英語がましでしょうからね。

まぁこうした批判も覚悟のうえで紀子さまが悠仁さまを持ち上げる行為は愛子さまの存在感も影響しているのではないかということですね。

愛子さまの写真がインスタグラムに投稿されるといいねもたくさんついて1日で一気にフォロアーが増えたわけですね。まぁ映像がなくて写真だけでもタケノコの写真とかそれだけで伝わってきますからね。

写真でも縁起とかだったら何かわかりますからね。秋篠宮家の写真撮影だけ仲がいい振りと天皇ご一家の自然な笑顔はすぐに国民に見破られますよね。

宮内庁が両陛下の活動を中心にというのは秋篠宮家の写真が投稿されたら人気の格差が明らかになるのを恐れてというのもあるわけですね。

まぁ紀子さまは論文発表や大学入学によって、悠仁さまの優秀さを示して将来の天皇として愛子さまよりふさわしい存在だということをアピールしたいわけですね。

どう考えても逆効果なんですけどね。東京大学なんて行ったら敵が増えるだけでまた大炎上ですからね。紀子さまが孤立感を深めているのは情報発信に対する秋篠宮さまの消極的な姿勢ということでやはり紀子さまとしたら悠仁さまをインスタグラムでアピールしたいんですかね。

まぁその割には卓球の写真とかバドミントンの写真とかないし嘘でもいいからアピールした方がいいんだけどもこれもアピールをしているけども登校しているバドミントンのラケットを持った写真が精いっぱいなんですかね。

秋篠宮さまは情報発信の重要性を強調するけども自分はSNSについては、『恐らく私はやらないと思います』と、記者会見で語っていますからね。

反論だけするけどアピールはあまりしないって感じで紀子さまは積極的に悠仁さまをアピールしたいのかもしれませんね。でもインスタグラムとかを使えないからゲリラ広報に訴えざるをえないということで箔付けですね。

こないだも紀子さまが式典で着物を着ているときに紀子さまが記者の方に来て加賀友禅の着物を着ていることを伝えに来たようですね。

これを記事にしてねというアピールでしょうね。自分から記者にアピールしてこれ記事にしてねって感じでもうここまで来ると記者もあきれてしまっているでしょうね。

石川県の被災にあった地区で作られている着物でもうここまでくると被災者に寄り添っているんじゃなくて完全にパフォーマンスでしかないですからね。

まぁでもこれは悠仁さまの為ではなくて自分の為でしょうね。自分のイメージをあげるため利用している感じですね。結核療養に関する視察をされた際にも記者たちを誘ってよろしければご一緒にと、誘われたようですが紀子さまのセリフではないですからね。

結核の総裁をしているかもしれないけども自分の施設じゃないんだから誰が誰を案内するんだって感じですね。そもそも国民が天皇に求めているのは学力ではないですからね。

それを無理矢理東大なんて行かせたら余計に国民から批判が行くだけだし悠仁さまが英語で通訳なしで話せるなら記者が撮影している場面でルクセンブルクのギヨーム皇太子と英語で話し笑顔で会話している場面が流れたら信じてくれると思いますけどね。

ギヨーム皇太子は日本語を話せないだろうし音声がなくても英語で話して相手が笑顔になってるなとかそれだけで英語で通訳なしが伝わるんですけどね。

愛子さまが午餐会でケニアの大臣と話をしている映像も音声はないですが英語が通じているのがわかるし後からスワヒリ語も話していたんだとか言われて確かに最初の挨拶は口の動きからしてスワヒリ語を使っているなとか分かるんですけどね。

バドミントンにしても英語にしてもトンボにしても少し映像で流せばそれだけで多くの国民を納得させられると思いますがバドミントンはラケットを持ってい登校している写真だけですからね。

英語で通訳なしも文字情報だけですからね。トンボも論文だけで悠仁さまの口からトンボに詳しい情報は出てこないし優秀設定も第三者からの情報ばかりですからね。

天皇は国民の総意に基づくとあるので強引に天皇なんてなったらもう皇室はいらないとなるでしょうからね。それこそ皇位継承を愛子さまに譲りますって言えば一気に秋篠宮家の信頼は回復するんですけどね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/19 18:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました