アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【愛子さま大絶賛の裏で秋篠宮ご夫妻はガラガラ映像で爆笑】愛子天皇ついに言及:ボランティア課で両陛下と被災地に海外公務へ!佳子さまは被せ公務で美智子さまは便乗

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

愛子さまボランティア課で海外公務に期待

愛子さまが青少年ボランティア課に配属が決定しましたね。4月1日から日本赤十字社に就職ということで配属先がどこになるかと言われていましたが青少年ボランティア課ですね。

愛子さまは成年皇族の記者会見でも私の親しい友人にも、東日本大震災で被災した福島県の復興支援にボランティアとして携わっている友人がいることも語っていましたね。

そして愛子さま自身も災害ボランティアなどのボランティアにも関心を持っておりますと語っていましたからね。まさに愛子さまにピッタリの職場ですね。

まぁこないだも記事で紹介されていましたが活動の一つに1円募金があるわけですね。子どもたちが自分たちのお小遣いの中から出せる金額で奉仕をしようという思いから始まった海外支援事業もあるわけですね。

だから海外公務でもこういったことに絡めてというのもあるかもしれませんね。募金の使い道も、実際に募金をした子どもたちが主体的に決めることができる点が特徴だということですね。

集めた募金がどのように使われているのか、子どもたちが現地を視察するスタディーツアーも行っていて日赤職員も同行するわけですね。

だから日本で募金した人が海外に行ってどのように使われているかとかそういうのもあるかもしれませんね。愛子さまは英語が堪能だし活躍が期待できそうですね。

それと全国でさまざまな活動を行う赤十字ボランティアの活動もあって能登半島地震発生後のボランティア活動もその一つでしょうからね。

両陛下とご一緒に被害や避難の状況についてご進講も受けられていましたが両陛下と一緒に被災地を訪問というのも見てみたいですけどね。

ちなみにチャットGPTに聞いてみるとボランティア活動の企画や運営ですね。青少年が参加しやすいボランティア活動を企画し、実施するための準備や運営を行うということですね。

まぁ実際にのボランティアよりも企画書作ることも大変のようですからね。災害とかでもいろいろ善意のボランティアがきますがバラバラに来たりするとまとめるのが大変でしょうからね。

事前に県や市と企画書とかで調整とかあるんでしょうね。後は 教育プログラムの開発でこれは1円募金とかも入るかもしれませんね。

青少年がボランティア活動を通じて学び、成長できるような教育プログラムやワークショップを開発するわけですね。

それとボランティアの募集と管理でこういったのも相手の個人情報とかそういったのも管理しないといけないだろうし誰がどこで何を担当とか現場に行く前にいろいろ作業が大変なんでしょうね。

ボランティアのスキルや興味に合わせて活動を紹介し、適切な配置をするわけですね。まぁ被災者の相談相手もボランティアになるでしょうしね。

力仕事とかいろいろ振り分けがあるんでしょうね。それとコミュニケーションと協力関係の構築でこれは学校や大学に地域社会などと連携し、ボランティア活動への参加を促進するわけですね。

他にもNPOや団体と協力して、より広範囲での影響を目指すということでまぁボランティアと言ったら現地で作業している人だけのイメージですがいろいろあるんですね。

そして最後は活動の評価とフィードバックで実施したボランティア活動の効果を評価して今後に生かしていくんでしょうね。

愛子さま絶賛で雅子さまも自信:秋篠宮ご夫妻ガラガラ目の前素通り事件

伊勢新聞に愛子さまのことが書かれていましたね。明和町竹川のいつきのみや歴史博物館といつきのみや歴史体験館を視察されたわけですね。

天皇に代わって伊勢神宮に仕えた未婚の皇族女性「斎王」の制度全般や伊勢での斎王の暮らしなどを展示や映像を使って説明を受けられたようです。

伊勢物語絵巻では愛子さまが斎王は恋愛をしてはいけなかったのですかと質問されて天野課長が神に仕える存在だから恋愛は許されなかったと答えたようですね。

そして中世を代表する歌人・式子内親王(しょくし)の和歌三首が文学関係資料展示の中にあったのには、「卒論で扱いました。歌の内容が非常に美しい」という考えを示したようです。

天野課長は歌をパッと見て分かるものではないから、すべてよくご存じという前提で発言なされたのではないか。式子内親王の歌をしっかり研究されたと感じたと話したようです。

かなりレベルの高い話をされているんでしょうね。貝殻を合わせる神経衰弱のような遊びの貝覆い体験では「コツは何かありますか」と声をかけられた小学校五年生の中村さんは「すごく丁寧で心にずっと、死んでも忘れない思い出になって良かった。優しくて、何ごとでも興味を持つような、いい人だなと思った」と感想を話したようです。

小学校5年生に死んでも忘れないとか凄いいい思い出になって喜んでいるのが伝わってきますね。愛子さま人気は凄かったですよね。

たまたま通りかかった人が大和八木駅で人だかりが多いと思って撮影した映像もXでアップされていましたが改札の外でかなり多くの人が愛子さまを待っていました。

駅の外まで広がっていてこれだけ多くの人が愛子さまを一目見ようと集まったんですね。平日だったしそこまではいないかなと思っていましたが物凄い人でしたね。

橿原神宮前駅とかでも凄い人だかりだったし、面白いのが2日目は愛子さまは奈良県に行ってるのに初日に行かれた伊勢神宮も凄い混雑していたようです。

まぁ愛子さまが参拝して玉串を捧げる時だけ光が差し込む奇跡が起きたので天照大神も出てきているのではと思って参拝にきたんですかね。

愛子さま効果であることは間違いないですね。愛子さまが来た翌日にこれだけの人がくるとはとXでも投稿されていましたね。

愛子さまは駅前とかではお手振りとか可愛らしさとかもありますが参拝されているときにはカッコいいとも感じてしまいましたね。

グレーのロングドレスも似合っていましたね。けっこう地面すれすれで普通だったらずっと下見ながら歩きそうですがどうどうと歩いていて素晴らしかったですね。

皇居の廊下とかでも歩くときの練習をされたのかもしれませんね。愛子さま一人が来るだけでこれだけ人が集まったので物凄い経済効果をもたらしたかもしれませんね。

ちなみにXでは愛子さまに駅弁をお持ちしたと投稿している人もいました。あら竹駅弁の元祖特撰牛肉弁当とモー太郎弁当をお持ちしたようです。

2日ともお持ちしたような感じで書いていますがここは調べてみると明治からのお店で老舗のようだし多分間違いないです。

愛子さまにはこの2つを選んでもらったのか2日とも別々のを食べたのかわかりませんが、普通は駅弁ではなくてホテルとかでしっかりしたものを出されたりしそうですが市販の弁当も食べられたんでしょうね。

まぁ変に気を使わせないようにそうされたのかもしれませんね。ちなみに秋篠宮ご夫妻は頻繁に謝礼公務で行かれているからなのか駅前とかでも誰も待ち構えたりしている感じがないですからね。

そもそも秋篠宮さまを駅前で撮影しようという人が少ないからXでも写真が少ないですが駅前をガラガラの状態で入ってくる秋篠宮ご夫妻の写真とかもあります。

他にも秋篠宮ご夫妻が大分に来た時に目の前を通りかかった時の様子を動画をアップしている人がいました。大分空港なのか分かりませんが警備の人が凄かったようです。

ただ椅子に座って数人が座っていて警備が多いなぁとだけ感じていたようですがそこに秋篠宮ご夫妻が入ってきたわけですね。

でも周りの人は秋篠宮ご夫妻に気付いている人が少ない感じでした。まぁ秋篠宮ご夫妻にあってもありがたみを感じられないし逆になんか嫌な感じになるかもしれませんね。

ただ愛子さまの参拝に関しては伊勢神宮でも朝は土砂降りだったのに愛子さまが来る直前に晴れ間が見えてまた少しぱらついた雨が降ったりしたようですが玉串を捧げる瞬間だけ光が差し込みましたからね。

女性自身でも書かれていましたが伊勢神宮には午後3時ごろに到着されて成年になられた報告と就職や学習院を卒業されたことを報告されたわけですね。

宿泊を伴う単独での地方訪問は愛子さまにとっても初めてのことだということですね。でも特に緊張されている感じもなくて終始充実した表情が見受けられたということですね。

学習院大学を卒業されて初めてとなるお出ましはいきなりのハードスケジュールだということですね。

皇族方にとっては長距離移動が必要な地方訪問は負担が大きいようですね。しかも宿泊が伴うとなればなおさらだということですね。

雅子さまも宿泊公務はかなり調整が必要で体調の波を事前に整えなければいけないわけですね。そういった様子を愛子さまも感じていただろうということですね。

ただ愛子さまはJRとかでも駅前で知事に挨拶をされるときにも笑みを絶やされることなく余裕さえ感じられたということですね。

こういったハードスケジュールをこなされたのは自信にも繋がったでしょうということですね。愛子さまの人気も凄いですが両陛下も被災地で物凄い人でしたが平日でしたが2800人ほどが両陛下を一目見ようと集まったようですね。

両陛下も何とかその思いに答えようとマイクロバスの座る位置を前後にされたり沿道からの見えやすさを考慮されたわけですね。

被災地への訪問も分刻みのスケジュールでかなり忙しかったようですからね。そして両陛下はイギリスへ行かれる方向で調整されていることも発表されました。

4年前にエリザベス女王から招待を受けていましたがコロナで延期になっていたわけですね。6月22日に日本を出発する予定のようです。

そして滞在は1週間ぐらいを予定しているようです。バッキンガム宮殿や宮中晩さん会や両陛下が学ばれたオックスフォード大学も予定されているようですね。

それで天皇陛下が留学時代に学ばれていたテムズ川の水運に関する施設への訪問も検討されているようです。雅子さまにとってもイギリスへ国賓としての親善訪問は悲願ではないかということですね。

ただ国内でも宿泊は1日が限界とされているので1週間ともなるとかなり負担は大きいでしょうね。だから調整がかなり必要になるわけですね。

雅子さまは完璧主義ということで園遊会でも1000人ぐらいの情報を全て覚えたりとかストイックなところがありますからね。

そういったプレッシャーもあるだろうということですね。でも今の雅子さまには愛子さまという心強い味方がいるということですね。

愛子さまが日本赤十字を選ばれたのも皇室とのご活動と両立が可能であるという側面もあるわけですね。だから雅子さまが体調を整えるために公務やお出ましへの出席が難しくなった場合にには愛子さまが代わられることもあるのではということですね。

愛子天皇ついに言及:佳子さま被せ公務と美智子さまは便乗

ちなみに天皇ご一家の公務に合わせて邪魔してくるのが秋篠宮家ですが27日は佳子さまがブラジルやカリブ諸国の若手議員や外交官と面会されていたようですね。

まぁさすがに相手もポルトガル語とかだから通訳なしとかはなかったですね。このようなプログラムは2015年から始まって当初は秋篠宮ご夫妻が面会されて佳子さまによる面会は2022年度に続いて2回目のようです。

だからそのタイミングを敢えてこの日に被せてきたわけですね。でも愛子さまの話題が強烈すぎて全く話題になっていなかったですね。

そもそも佳子さまが懇談されたようですが内容については全く言及されていなかったですからね。なんか話してましたよってだけの話題ですね。

悠仁さまのトンボが好きですと同じレベルですね。国際親善したよというアピールをしたかったのかもしれませんがこういうアピールはマイナス効果しかないですからね。

まぁブラジルと言えば今年愛子さまが訪問するのではないかとつげのり子さんが解説していましたね。皇族の初めての海外訪問はブラジルが多いということで愛子さまもブラジルではと予想していましたね。

そういったこともあってブラジルを奪いたいというのもあるかもしれないしもし愛子さまになっても佳子さまの思いを愛子さまがとか無理矢理つなげようと考えているのでしょうね。

まぁこの辺を上手く利用しようとしているのが上皇ご夫妻ですね。愛子さまが学習院大学を卒業されたことを上皇ご夫妻がお喜びでいらっしゃる様子だったと側近が明らかにしたと26日に報じられましたね。

20日に卒業でわざわざこの伊勢神宮訪問のタイミングでお喜びの様子って完全に美智子さまがこの記事を書かせたなというのが分かりやすいですね。

まぁでも愛子さまをほめておけばいいかって感じで秋篠宮家よりは賢いですね。これまでは美智子さまも邪魔してきたけどもこれからは利用するって感じかもしれませんね。

ただ我慢できずに天皇ご一家が公務の時に被せてくるように美術館訪問とかそういう報道もこれからまた復活していきそうですけどね。

まぁでも女性天皇や女系天皇は7割8割の支持が常にあったけども関心がないという人も多かったわけですね。でも今回の愛子さまの参拝で人気が本物であることが分かりましたね。

ちなみに神戸学院大学の鈴木准教授が自民党と新聞はなぜ愛子天皇をタブー視するのかとプレジデントオンラインで記事を書いていましたね。

今国会では皇位継承の議論がされようとして与野党で意見がまとめられているわけですね。でもどの政党もそれを報じる新聞やメディアも全てが女性宮家の創設が論点かのように報じているわけですね。

そこでこの記事では皇位継承や女性宮家や旧宮家の皇族復帰ではなく愛子天皇についてですね。なぜ大手メディア宿の政党も愛子天皇を考えようとしないのかということですね。

週刊誌やネット上では愛子天皇を望む声があふれているわけですね。ただ大手新聞も愛子天皇を扱っていないわけではなくて過去には愛子天皇を否定する文脈で扱ったことはあるようです。

毎日新聞は2022年の年明けに年末年始の雑誌がこぞって愛子天皇待望キャンペーンをやっていると否定的に報じてその2か月後に日本経済新聞では秋篠宮家叩きの反作用なのか、悠仁さまを差し置いて愛子天皇論もさかんだと批判しているわけですね。

愛子天皇論を強く主張しているのは小林よしのり氏で漫画も出版しているわけですね。それで男系男子に固執している人達を論破しているわけですね。

でも逆にそれを反論する人達もいてそれが八幡和郎ですね。愛子天皇への期待を理解しつつも、「より広く、現実的な視点で皇位継承を議論していくことが必要だ」と女性宮家の創設も認めない声が見られるということですね。

ただ間違いなく愛子天皇を望む声も多数あるし反対する声もあるわけですが全ての政党と大手メディアは愛子天皇を無視する立場で報じているわけですね。

愛子天皇をめぐっては、それをタブー視する人たちもまた議論の対象で賛成であれ反対であれ、愛子天皇についてそういった声が現実としてあるわけだから無視をせずに議論する必要があるということですね。

でも愛子天皇を口にしてはいけないかのように大手メディアや各政党はNGワードになっているのではないかということですね。

その理由は、反発を恐れているからだということですね。女性天皇や女系天皇を口にすると河野太郎のように統一教会や日本会議のターゲットになり教祖からの指令によって必要以上に毎日攻撃されて落選運動が行われるわけですね。

それがわかっているから口に出せないのではないかということですね。読売新聞は、3月24日朝刊の社説でも自民党は、女性宮家の創設に慎重だと解説しているわけですね。

その理由として女性宮家に子供が生まれた場合、皇位継承権を与えるのかどうかといった議論が生じ、皇位継承は父方が天皇の血を引く「男系男子」に限る、という制度が揺らぎかねない、との懸念からだと解説しているわけですね。

つまり女性皇族が皇室に残ってほしいけども子供が皇位継承権を持たれたら困るということですね。新聞でも女性宮家を創設したら子供の扱いをどうするかということに慎重な姿勢を見せているわけですね。

まぁ愛子天皇は論外だけどもという記事の書き方だということですね。読売新聞も女性宮家を認めずに皇族女子に皇室に残ってもらう、とはどのような仕組みになるのか、イメージが定まらない。自民党は具体的な案を示す責任があると主張しているが愛子天皇とかそういう具体的なことは報じれないわけですね。

ネット上では、女性宮家の創設よりも愛子天皇をめぐって、さんざん言葉が交わされているわけですね。でも大手メディアはその愛子天皇というのがNGワードになっているわけですね。

まぁジャニーズ以上の闇ですね。朝日新聞の論座では2020年に愛子天皇について掲載されたことがあるが愛子天皇の文字は口にするのをためらう言葉と締めくくっているわけですね。

もちろん皇族のお一人おひとりも人間で本人の気持ちを、ないがしろにしてはいけないし皇族の気持ちを最優先にすべきだろうが問われているのは安定的な皇位継承の確保に対する議論なわけですね。

この安定的な皇位継承の確保をするためにはどんな議論をしなければいけないのかということで愛子天皇まで含めた議論をしなければ意味がないだろうということですね。

ちなみに乃万さんの見解ではGHQは最初に昭和天皇にも戦争責任を取らせるつもりだったけどもそれをすると日本がまとまらなくなるから天皇制を残したのだろうということですね。

ただアメリカとしては日本の皇室をなくしたいと考えているのだろうとも語っていました。だから崩壊しやすいようなシステムにしたのだろうということですね。

そして今天皇制が終わろうと危機を迎えているわけですね。まぁこのまま安倍政権で宗教政権が続けば潰すことが出来たけどもそれが宗教政権も変わろうとしているわけですね。

まぁ皇位継承の議論が再開しだしたのも安倍さんが亡くなったことが大きく影響しているでしょうがまだ安倍派の残骸が残っていて安倍信者も多いからその反発を恐れているのだろうということですね。

ただ良くも悪くも愛子天皇がネットや週刊誌で使われている現実に目を逸らし続けるのは、あまりに無理ではないかというこことですね。

そんなタブー視をやめ、天皇制そのものをどうするのか。あくまでも制度の問題としてとらえ、冷静にいろんなことをタブー視せずに議論を進めることが大事だということで終わっていました。

こういう記事が出てくることは素晴らしいですね。皇室を今後どうするのか決めるのは一部の政治家と信者ではなく国民ですからね。

しっかりと本当の専門家を呼んで話し合ってほしいですね。直系長子か男系継承か女性皇族に皇位継承権を与える場合はどこまでかとかいろいろ難しい議論もあるでしょからね。

まぁ取り敢えず宗教政権は早く終わって皇室典範も早急に改正してほしいですね。

created by Rinker
紀伊國屋書店
¥1,100 (2024/04/21 17:30:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました