アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

紀子さま持ち上げデマだらけ:愛子さまと正反対

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

プレジデントオンラインに秋篠宮ご夫妻の記事が書かれていましたね。千田有紀(せんだ)さんという人のようで武蔵大学教授のようですね。

宮内庁は、今年4月にはインスタグラムを使った情報発信を開始し最近は愛子さまの話題も多くて完璧な対応で大人気なのに対して、SNSなどでは、秋篠宮家についての記事は相変わらず否定的なコメントが多いということですね。

小室圭と眞子さんの結婚騒動から秋篠宮さまがSNSの誹謗中傷などのコメントの反論作りが必要といって広報室が出来たわけですね。

まぁ秋篠宮さまの発言から出来たしなぜか広報室には皇嗣職が兼務している人が入り込んでいますからね。まぁ秋篠宮家のイメージアップを意識していたのだろうということですね。

秋篠宮家の記事の特徴は持ち上げようと必死で書かされている記事って感じですからね。ただ愛子さまの場合は映像もコメントもあるしリアルが伝わってきますからね。

でも秋篠宮家は英語で通訳なしとかそういう持ち上げの記事は出るけど具体的なことが全然出てこないですからね。

それで逆効果になってSNSとかでは批判的な声は多いということですね。秋篠宮家も秋篠宮ご夫妻や佳子さまや悠仁さまの誰か一人でも人気があればいいのですがみんな無理矢理持ち上げた記事ばかりですからね。

そして最こないだは料理の話題でまた炎上したわけですね。SDGsをアピールで悠仁さまのお弁当は紀子さまの手作りで大根の葉もおかずにという記事ですね。

ただこれを読んだときには、「いやいや、以前会見で、お弁当を作っていると話された紀子さまに、秋篠宮が割って入って、『あなた、(作ってもらったおかずを)詰めるだけじゃないの』と発言されたよなぁ」という映像を思い出してしまったということですね。

いつの会見なのかはわかりませんが秋篠宮さまは会見でけっこう本音を漏らされますからね。平成時代には秋篠宮家に好意的な、優等生的で完璧な姿を映し出すような内容の記事はよくみられたということですね。

でも今ではむしろそれが逆効果になるように感じられるということですね。特にこの大根の葉を使うという記事はわざとらしいと感じられてしまうのではないかということですね。

さらに、子育てや公務にお忙しい紀子さまが、毎朝お弁当まで作られるのは、実際には大変であり非現実的であると思われるし、まさか好物でもないかぎり、大根の葉の炒め物を皇族が食べているとは信じがたいということですね。

つまりAERAが捏造記事を書いているのか紀子さまが嘘の情報を言ってるかのどちらかだろうということですね。

そこまで国民に懸命に寄り添おうとされている努力がむしろ、痛ましく感じられてしまうということですね。秋篠宮家がバッシングされるときに思い起こすのは、雅子さまへの人格否定発言があった後の2004年の秋篠宮と紀子さまの会見だということですね。

雅子さまの結婚後の「さまざまな苦労」について問われた際に、紀子さまは「不安や戸惑いなどもございましたが、その都度人々に支えられ、試行錯誤をしながら経験を積み、一つ一つを務めてまいりました」と答えられているということですね。

当時は雅子さまへの風当たりが強く、さすがは紀子さまという賛美が圧倒的に多かったということですね。まぁまだSNSがなかった時代ですね。

実は紀子さまも結婚後はなかなか大変だったという記事を目にしたということですね。秋篠宮邸から深夜に「お前はなにもわかっていない」という秋篠宮さまの怒号が聞こえたという記事もあったようですね。

さらに紀子さまが自室に引きこもって出てこられないといった記事も読んだ記憶があるということですね。つまり秋篠宮さまと紀子さまは昔から仲が悪かったということですね。

天皇ご一家は週刊誌とかで叩かれることはあったけども両陛下は少なくとも喧嘩するような記事は見たことがないですからね。

ただ紀子さまも嘘が丸わかりの持ち上げ記事ではなくて一般家庭に育った女性が皇族に嫁げば、想像もつかないような困難が待ち受けているだろうし、そうした大変さを素直に報じた方がいいのではということですね。

そういう記事が出ても国民は紀子さまを嫌いにならないだろうし、むしろ好感を持つのではないかということですね。まぁ今更ではありますがリアルを伝えた方がいいのは間違いないですね。

まぁ悠仁さまを東京大学へという記事に関しては何度も記事にされているしリアルなんでしょうけどね。2004年の記者会見での回答も私は克服したけど、雅子さまも大変でしょうといった共感を示していれば今の風当たりも弱かったのではということですね。

でも実際には雅子さまが公務に復帰しだした頃に私は御病気ではありませんのでと発言したことを暴露されていましたね。

そして今は悠仁さまがもうすぐ18歳で愛子さまは学習院大学を卒業されてこれからどんどん公務かということでどうしても比較されてしまうということですね。

平成の時代は同級生がいじめをしたりして週刊誌も愛子さまの登校を毎日密着取材してバッシングするネタを書いていたわけですね。

それと比べて秋篠宮家はとにかく挨拶を重視しているという感じで秋篠宮を持ち上げる記事が多かったようですね。でも当時の写真とかを見ても眞子さんと佳子さまが大股を広げて挨拶みたいなのもありますからね。

挨拶も出来ていたかどうか微妙ですけどね。ただ現在は、はじけるような笑顔を見せられる愛子さまに対し、悠仁さまはそうではないということですね。

まぁ無表情が多いですよね。それに悠仁さまは真逆ですからね。まだ小学生ぐらいの時は笑顔とかもありましたが中学生ぐらいから全く笑顔を見せていませんよね。

ただこないだの玉川大学では映像では無表情が多かったですが写真ではけっこう笑顔の写真も捉えていましたね。まだぎこちない笑顔だけども紀子さまがいないからなのか少し表情は和ら無かったですね。

でもやはり一番不自然だと思うのはやはりあの髪型ですね。あの髪型に関しては年々耳元が隠れていってますからね。普通だと滅茶苦茶気持ち悪いと思うでしょうからね。

ちなみにこの記事を書いている千田さんは秋篠宮さまの典型的な日本男児の振る舞いに遭遇している紀子さまに同情するということですね。

それは昨年5月に行われた、イギリスのチャールズ国王の戴冠式の際にも、紀子さまは着物を着て速くは歩けないのに、秋篠宮さまはすたすたと急いで足いていたということですね。

さらに飛行機のタラップで腕を組んで降りようとする紀子さまに対しても、気恥ずかしいのかなんとなくいつも不愛想だということですね。

まぁ紀子さまがこういう時だけ仲がいいアピールをしたいけども秋篠宮さまはそんなアピールは別にどうでもいいって感じなんでしょうね。

ちなみに以前にも、旅先でスナップ写真を紀子さまに撮ってもらい、今度は秋篠宮さまが紀子さまを撮ってあげるのかと思ったらそのまま無視して歩きだしたことがあったようです。

まぁ秋篠宮さまはかなり特殊ですね。宮内庁文化祭でも悠仁さまの明らかにゴーストな作品に目が行きますが、秋篠宮さまの出品している風景写真のタイトルもふざけていますからね。

普通はその風景を撮った時のどこを注目してもらいたいかとかを考えてタイトルとかを考えたりしそうですがいくつも出品した風景の写真のタイトルが散歩がてらに1とか2とかですからね。

まぁあれもゴーストで誰かに写真を撮ってもらって出品しただけでしょうが普通は作品のタイトルぐらいもっと考えますからね。

それが散歩がてらに3番とか4番とか愛情とかそういうのが感じられないですからね。紀子さまも秋篠宮さまのちょっと気が利かないところに苦労されているのだろうなと共感を感じるようです。

ただ紀子さまも立場上、「うちの夫は気が利かなくて」などと言うことはできないだろうけどももう少しリアルを出した方がいいのではということですね。

まぁ天皇ご一家は批判的な記事が出てもずっと家族は仲が良かったけども秋篠宮家は持ち上げ記事が出ていたけどもずっと仲が悪かったんでしょうね。

眞子さんも佳子さまも父親は短期だったと語っていましたが結婚前から仲は良くなかったのでしょうね。

ちなみに日刊ゲンダイでも悠仁さまがキリスト教の大学を選択することにナゼ違和感とこれまで東大推薦が最有力とみられていたけどもICUも視野と報じられて疑問の声が上がったということですね。

GHQが作った学校だからとか皇室がキリスト教の大学にということですね。ちなみに美智子さまが皇室で常陸宮さまにキリスト教の話をしたという件についてもデマだと美智子さまを擁護する話をしてICUは悠仁さまの進路として問題ないと終わっていましたね。

もうICU選ぶぐらいなら普通に学習院でいいと思うんですけどね。なんかやたらと悠仁さまの大学の進学先候補が出てきましたが9月には結論が出されるだろうしどうなりますかね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/05/21 18:16:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました