アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

愛子さま天皇即位へ喜久子さま願い!佳子さまテニスの宮と英国王室の秋篠宮さまよりやばい歴史

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

佳子さまがテニスの宮さま?英国王室のヤバい歴史

佳子さまがテニスの宮さまと呼ばれる日とデイリー新潮で記事になっていましたね。テニス愛にあふれた佳子さまということでちょっと凄い持ち上げ方ですね。

皇室の中で天皇家を支える宮家には、代々、スポーツをこよなく愛し競技名の称号を付けた皇族方がいるということですね。

秩父宮さまも日本ラグビー協会名誉総裁を務め、秩父宮ラグビー場となってラグビーの宮さまとなったわけですね。

そして明治天皇の娘婿で東京ゴルフ倶楽部の名誉総裁だった朝香宮さまはゴルフの宮さまと呼ばれたようです。実はこれは町の名前も変えるぐらい凄いことが行われたみたいですね。

そしてイギリスとも関係しているようです。元々は昭和天皇がゴルフ好きだったようです。それでイギリスのエドワード8世王太子が来日した時に新宿御苑でゴルフ対決をしたようです。

それでエドワード8世が勝利してその時に王太子は銀製カップを東京ゴルフ倶楽部にあげたようでそれから皇太子だった昭和天皇も優勝カップをあげるようになったようです。

だからゴルフ人気は天皇とも結びつきがあるんですね。ちなみにこのエドワード8世というのは秋篠宮さまよりもヤバい人でその人がイギリスの王になったわけですね。

やばいエピソードとしては人妻と恋をして王を捨てて結婚したということですがそれだけじゃなくてかなりやばい経歴がいろいろあるようですね。

王太子だから王位継承1位でしたがジョージ5世が崩御して独身のまま即位したわけですね。実はこの即位式にはウォリスさんが同席しましたがこのウォリスさんはアメリカの既婚女性だったわけですね。

1931年頃から交際していてその頃は既婚者で離婚歴もあって不倫ですね。でもエドワードはウォリスを離婚させて王太子妃として向か入れようとしたわけですね。

即位する時にはただの友人扱いとして処理されたようですがそれからも交際は続いてパーティーでウォリスの夫がいる席でエドワード8世がウォリスの夫に対してさっさと離婚しろと恫喝して暴行まで加えたようです。

これがイギリスの王になってからですからね。ヤバいですね。そしてウォリスも正式に離婚したけども駐英ドイツ大使とも関係があったと言われていたようです。

つまりウォリスはエドワード8世を二股相手ということですね。しかもエドワード8世はヒトラーに親近感をあるような態度をとったり政治にも介入するようなヤバい王だったわけですね。

それで立憲君主制への重大違反と首相が発言して王からの退位を迫ったようです。しかもその時の文書でこれ以上新聞は沈黙を守り通すことはできないとして退位を迫ったわけですね。

だから報道では今みたいにテレビやSNSがなかったわけですね。イギリスは1936年にテレビが放送されたようですね。1922年からラジオですね。

エドワード8世が即位したころにテレビが開始したわけですね。まぁ退位してからエリザベス女王の父親でエドワード8世の弟のジョージ6世が即位したわけですね。

まぁ秋篠宮さまが安西さんの子供だとか暴露されたらそれ以上の衝撃ですが秋篠宮さまが天皇になるよりも衝撃的なことがイギリスでおきていたわけですね。

ちなみに昭和天皇がゴルフ好きの話題ですがそれよりもゴルフが好きだったのが朝香宮さまだったようです。東京ゴルフ倶楽部で名誉総裁を務めたようです。

東京も土地が上がり東京ゴルフ倶楽部も移転するわけですがその移転先として選ばれたのが埼玉県膝折(ひざおり)村です。ただゴルフをする上で町の名前が膝折だと縁起が悪いですね。

それで朝香宮さまにちなんで朝香村を使わせてくれと宮内省に許可を求めたけども無理で感じが異なる朝霞町になったわけですね。今ではそれが朝霞市になっているわけですね。

そしてサッカーの宮さまはJFAの名誉総裁として日韓W杯の成功に尽力した高円宮さまですね。そのサッカーの宮さまの愛称を受け継がれたのが久子さまということですね。

宮内庁からは秋篠宮さまを打診したけども英語が出来なければだめだと言って川淵三郎会長が断って久子さまが名誉総裁になったわけですね。

当時は英語が出来る人が名誉総裁になるだけで自慢だったわけですね。そして令和の今、テニスの宮さまと呼ぶに相応しい存在になり得ると言われているのが佳子さまだということですね。

まぁ2年ほど前に楽天オープンテニスの決勝で優勝した直後に退席して最悪のタイミングだと言われて炎上しましたが無かったことにしていますね。

こういうテニスの宮さまとかいうからまた炎上するんですけどね。やるならダンスの宮さまとかそういうのを探してあげればまだ分かりますけどね。

佳子さまがテニスをしているシーンを見たことがないし眞子さんの総裁を引き継いだだけで眞子さんもテニスというイメージがないですからね。

久子さまのサッカーはサッカーしているイメージはないけども応援している姿が印象的だしカメラマンとしての姿とかもプロ顔まけですからね。

ただ佳子さまは昨年10月、有明コロシアムで開催された、国内で唯一行われる男子プロテニス協会の世界ツアー「ジャパン・オープン・テニス」を観戦し拍手を送られたということですね。

ご公務として臨まれたものだが、熱心なご姿勢に協会関係者らからは「テニス愛にあふれていらっしゃった」と歓びの声が漏れパラリンピックにも関心を寄せられたということですね。

パリ五輪のテニス日本代表の大坂なおみ選手と錦織圭選手にも佳子さまは二人の活躍を、今から大変お心待ちにしているということですね。

そして日本テニス協会が昨年1月に開催した創立100周年記念式典で、佳子さまは現役引退を表明したばかりだった車いすテニスの国枝慎吾さんに「凄く応援していました」とお声がけされたということですね。

佳子さまらしいですね。おーという感じが凄いしますとか凄く応援していましたと語彙力のなさを発揮されていますね。誰かメッセージを事前に用意してあげればいいんですけどね。

その縁もあり、国枝さんの後継者・小田選手のパラリンピックでの活躍も、とても楽しみにされているということですね。

ちなみにダンスのこともかいていますね。6月16日、障害のある人たちにダンスや音楽を楽しんでもらう目的から障害者ダンス大会にご臨席され大会後には障害者ダンスチームのメンバーと懇談して「これからもすてきなダンスを続けてください」などと声をかけられたということですね。

そして聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会にも出席して能登半島地震で被災した人々をいたわる気持ちを手話で伝えられているということですね。

もう佳子さま愛が止まらないですね。競技への熱い想い、選手をリスペクトして応援されている真摯なご姿勢など自然と『テニスの宮さま』というイメージを構築させつつあるのではないでしょうかということですね。

テニスは上皇さまと美智子さまの出会いがテニスコートという設定になっているわけですね。婚約発表後に「テニスコートの恋」と呼ばれるようになり、国民が皇室への親近感を深めるきっかけとなったということですね。

ちなみに天皇陛下が園遊会で国枝選手と話をしたときにフェデラーの名前が出ましたが2006年10月に初来日した時に、皇太子時代の天皇陛下とプレーをしたことがあったようです。

フェデラーと天皇陛下が赤坂御用地のクレーコートでダブルスを組んで1セットプレーしているようです。そしてその様子は雅子さまと愛子さまも観戦されたようです。

凄いですね。そういうところをインスタグラムであっぷしてほしいですね。恐らく写真とかも撮っているんでしょうね。さりげなく言われて国枝選手も驚いていましたからね。

テニス界の皇帝とよばれたフェデラーと天皇がテニスってだけでなんか凄いですね。まぁ秋篠宮さまもテニスをしていて黒田さんもテニス仲間だったから大学のサークルとかそこから黒田清子さんとの結婚にも繋がったと言われているようですね。

佳子さまは幼い頃はアイススケートでダンスに打ち込まれるなどテニスの宮さまと呼ばれる日が来るのはそう遠い未来の話ではないのかもということですね。

愛子さま天皇即位:喜久子さまの願いと総裁選

まぁ結婚せずに皇室に残るか結婚して配偶者も皇室に残ればという話ですね。ちなみにこの記事を書いている人は朝霞保人(あさかやすひと)さんでまさにゴルフの町となった珍しい名前ですがやはりゴルフの町でしかこの名前はないようですね。

だからゴルフにちなんで出来た名前なのかもしれませんね。なかなか苗字は変えられませんが出来ないこともないようですね。

この朝霞さんはマスコミ記者として宮内庁担当を経験したということですが文春で面白い記事を書いていました。この人は天皇陛下の長女の愛子さまの天皇御即位の是非についてそろそろ真っ正面から検討を進めるべきという記事を書いています。

2021年4月で菅首相の時でまだ眞子さんが結婚する少し前の記事ですね。意外とここでは佳子さまを褒めている感じではないんですよね。

眞子さんのお姿を見ていると秋篠宮家の教育方針には誤りがあったのではないかという疑念がどうしても湧いてくるということですね。

公よりも私を優先されているという点では、眞子さまだけではなく、次女の佳子さまも同じような印象で次期天皇は、やはり天皇家から出すべきなのではないでしょうかという宮内庁関係者の言葉も紹介しています。

そしてここで喜久子さまの言葉を紹介しています。大正天皇と貞明皇后の第三皇子の高松宮さまと結婚したのが徳川15代将軍の慶喜(よしのぶ)の孫にあたる喜久子さまと結婚したわけですね。

喜久子さまは2002年に女性天皇容認のお考えを公表されています。愛子さまが誕生された1ヶ月後に発行された雑誌へ愛子さまの誕生を祝う手記を寄せ女性天皇は決して不自然なことではないと女性天皇即位を容認するお考えを示されています。

なかなか皇族がそういった考えを述べることが出来ないでしょうからね。いろいろ宗教政権が続いたせいで皇室も安定的な皇位継承が危機的状況なんですけどね。

喜久子さまは徳川幕府第15代将軍の息子と後の大正天皇の教育係を務めた有栖川宮さまの子女との間に生まれた方ですが、それにもかかわらず愛子天皇の実現に思いを馳せて、手記を寄せられたということだろうということですね。

ちなみに愛子天皇に反対する意見の中には、外交儀礼上は現在でも国家元首として処遇される天皇が、神道の祭司でもある点を大きな理由に挙げる人も多いようです。

宮中祭祀において女性が天皇では差し支えるという見解だということですね。神事には女人禁制の伝統があり2018年4月に行われた大相撲の春巡業で京都府舞鶴市長が土俵上で倒れた時に問題になったようですね。

市長の救命措置のため土俵に駆け上がった女性の看護師らに日本相撲協会側が、神聖であるとされることを理由に土俵を下りるよう求めるアナウンスを流して物議を醸した事件もあるようです。

人の命よりも伝統というのが男系男子の人達の考えということですね。ただ男性限定の祭祀にも女性皇族が参列できるようになったようです。

6月30日と大みそかの12月31日に行われる宮中祭祀『大祓の儀』(おおはらえ)に参列する成年皇族は、かつては慣例として男性に限られていたようです。

でも皇族の減少などを背景に2014年6月、女性の成年皇族も参列できるように慣例が改められたようです。まぁこれは男性皇族で秋篠宮さまが出来たけども嫌になったんでしょうね。

この儀式についてチャットGPTに聞いてみると茅の輪(ちのわ)くぐりといって神社の入口に大きな茅の輪が設置され、参拝者はこの輪をくぐることで穢れを祓うようです。

だから秋篠宮さまにはぴったりの儀式なんですけどね。まぁ今回は6月30日に佳子さまが行ったようです。実は1948年に特例で喜久子さまも参列されていてそれ以来、66年ぶりのご参列だったようです。

つまりこれまでは男性のみだったけども女性も出来るようになったわけですね。男系男子と同じように女性には無理とされていたのが出来るようになったわけですね。

そしてここでは菅首相が新型コロナウイルス対応に翻弄され、女性天皇の是非について議論を避け続けるのであれば、河野氏か石破氏に首相の座を譲るべきではないでしょうかと書いています。

まぁ女系まで持っていけるのはこの二人しかいないということですね。LGBT法案が強引に成立した時も大反対していた自民党の議員も賛成したように強引に行けば男系男子にこだわりのある議員はただ単に自分はどうでも良くてバックの支持者が気になるだけだから行けるだろうということですね。

女系天皇が決まる時だけトイレに逃げ込んで賛成票を投じないようにすればいいだけということですね。まぁ次の自民党総裁選は誰になりますかね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/19 18:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました