アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

炎上目的?悠仁さま持ち上げ、トンボ論文と東大推薦!佳子さまICU編入の誤報!

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

佳子さまAO入試でICUに編入と誤報! 悠仁さまは本当に実力で進学できるのか?

日刊ゲンダイで悠仁さまの学校選びの記事が出ていましたね。悠仁さまの学校選びの期限が実質あと半年を切ったということですね。

最有力とされているのが東京大学と筑波大学の推薦入試で出願受付は11月初旬ということですね。だからもう迷っている時間はないということですね。

まぁ学習院とかなら反発は少ないけども一度も一般入試を受けずに難関名門校に入学したり本当に実力があるのかと思われているわけですね。

幼稚園も特別入園制度の第一号で入園して筑波大附属高校も最初は中学校から進学しようと提携校進学制度が出来たけども眞子さんと小室圭の結婚騒動で炎上を避けるために中学は見送ったけども炎上が収まらずに強引に提携校進学制度を使い高校に入学したわけですね。

だからたまたま提携校進学制度が出来たわけじゃなくて悠仁さまの進学のタイミングでこれまでの特別な制度が出来ているわけですね。

まぁただこれまでずっと親が敷いたレールの上を歩いている感じで悠仁さまが本当に何をしたいのかが見えてこないですからね。

トンボ論文に関しても東京大学の教授も専門の研究者にも引けを取らないと太鼓判を押しているようですが具体的にどの辺がとかその辺も書かれていませんからね。

トンボのことは詳しくないけどこれは素晴らしいって感じの褒め方ですからね。これも持ち上げて東京大学へ行けるように敷いたレールのように思えてしまいますね。

まだ玉川大学とかだったら笑顔とかも見れたし興味がある分野なのかなとか少しリアルが見えた感じがしますがトンボの話題では詳しい感じの話をしたことがないですからね。

ちなみにコメント欄では詳しそうな人がいて大学受験では筑波大は共通テストも成績の判定Aも不要で、論文一本で入れる枠があるようです。

筑波大は茨城県で筑附から推薦で進学する生徒も限定的だろうから悠仁さまと同じ学部学科の推薦を希望する生徒もいないだろうから筑波大学だったら今の制度なら実力がなくても行けてしまうかなってことですね。

まぁエスカレーター式ではないけども偏差値が高い大学だけど東京大学に比べたら炎上は抑えられるかなってことでしょうね。ただ東京大学はどう考えてもやりすぎということですね。

でも先週の記事では学習院大学という声も一部で出ていると紹介していましたね。それで学習院大学の文系教授がこの情報について歓迎しながらも秋篠宮家のプライドが許さないだろうということですね。

これまで避けてきて今さら学習院を選ぶのは屈辱的だろうということですね。まぁ学習院なら学力がなくても反発はないでしょうけどね。

眞子さんも学習院女子高校からAO入試でICUに入学したわけですね。そして佳子さまも学習院大を中退してAO入試でICUに入ったわけですね。

ちなみに佳子さまがICUに入学に関しては週刊女性プライムだけはずっと3年生に編入と報じていました。そして最近もフライデーが3年生に編入と紹介していました。

でも実際には学び直しで1年生からICUに入学しています。週刊女性プライムなんかでは同じ3年生の言葉が同級生として紹介されたりしていてあれがデマだったことが分かりますね。

リテラとかでは1年生から学び直しと紹介されていてその証拠として佳子さまは2015年4月に入学しえt2019年3月に卒業しているんですよね。

つまり週刊女性プライムの編入が本当であれば佳子さまは留年していたことになるわけですね。まぁそれでも眞子さんも佳子さまも途中までは学習院だったわけですね。

でも悠仁さまは幼稚園からお茶の水で一度も学習院での学園生活を経験していないわけですね。なぜ悠仁さまだけここまで避けるのかがわからないと学習院の教授は嘆いているようです。

まぁ学習院とかは愛子さまのように文集が公開されたり成績もオープンなようですからね。一応行かなかった理由として愛子さまが初等科2年の時に起きた不登校の問題だということですが眞子さんがICUを受験するのはその前だということですね。

まぁ学習院には3年保育がなかったからという理由にしているけどもそれは表向きの理由に過ぎず、この頃から紀子さまは学歴にこだわって高い水準の教育をと考えていたのかもしれませんね。

まぁその高い水準を求めてお茶の水から筑波大附属高校と順調に高学歴で来たかもしれないけども本当に学力があるのかが伝わってきませんからね。

筑波大附属高校へ入学したのも作文が評価されてと言われていますがこれも作文がそもそもガイドブックみたいで紀子さまと一緒に行ったのに紀子さまは登場せずに中身も引用忘れと言われましたが似たような文章で書き替えていましたからね。

ICUは9月にAO入試だし半年も時間がないというかもう推薦だろうし時間が立てば選択肢も少なくなって3ヶ月も時間はないですけどね。

これまで悠仁さまのリアルが伝わってくるような場面ではブータンに私的旅行に行った時に日本と似ている感じがすると言ってどの辺がと言われて草とか木とかという返答でそんな学力ないだろうなとなりますよね。

悠仁さまの学力がないのにこれまで持ち上げすぎたせいで報道統制しまくるしかなくなったというのかもしれませんね。

悠仁さまのリアルが出せる大学に行かせないと大学卒業後も親のレールでリアルを出せないままずっと苦しみ続けると思いますけどね。

炎上目的?悠仁さま持ち上げ! トンボ論文と東大推薦、真実の学力は?

デイリー新潮に悠仁さまの進学先について書かれていましたね。ここのところはやはり悠仁さまの進学先に関する記事が多くなってきましたね。

将来の天皇の進学先ということでまた炎上目的でこういう煽った記事の書き方をしているんでしょうね。

悠仁さまは推薦だろうから恐らく半年以内には進学先が確定しますが一応は共通テストもあるだろうから9か月以内にはきまるということですね。

もうすでに候補は絞られているのでしょうがこれまでかなりの数の候補が挙げられましたがどこに行くかわからないですね。まぁ強引に東京大学に行くのか無理だとしたら学歴優先で地方に行くのか東京の農学部なのかまだわからないですね。

これまで昭和天皇や上皇さまや天皇陛下や秋篠宮さまはずっと学習院だったからどこの大学かとか注目されることは無かったわけですね。

まぁそれだけにどこの大学に行っても話題を集めそうですね。仮に学習院大学でもここにきて学習院かって感じの話題にもなるし他の大学は恐らく推薦でしょうからね。

しかもこれまでお茶の水にしても筑波大附属高校に関しても特別なルートで進学しているわけですね。特別入園制度や提携校進学制度とまるで悠仁さまの為に出来たような制度で進学してきたわけですね。

お茶の水の時にはそこまで進学で炎上することもなかったのかもしれませんが小室圭と眞子さんの結婚問題から注目されだして提携校進学制度もいろいろ書かれたわけですね。

しかもその進学のタイミングで評価のポイントなった作文の佳作が盗作作文だと指摘されたわけですね。まぁ悠仁さまの学力が未知数ですがこれまでの悠仁さまが報じられた場面ではブータンで日本と似ているような気がすると言ってどこがと聞かれたら草とか木とかとどう考えても学力がなさそうですからね。

そしてこれまで進学先として一番報じられてきたのは東京大学でここに関してはどうも紀子さまの強い思いがあるようだと言われてきたわけですね。

実際に筑波大附属高校から東京大学に進学した職員を採用したりとここに関しては事実でしょうからね。だからやはり東京大学は狙っているのだろうということですね。

一応悠仁さまも紀子さまの後押しを受けて東京大学へという意欲があるようですが行くとしたら推薦制度を利用するだろうけどもこれまで国民に見える実績はトンボ論文だけなわけですね。

トンボ論文はかなり評価が高いようで東大推薦入試の切り札としてこれ以外にないと言われていると無理矢理持ち上げていますが推薦で行くにはこれしか実績がないという方が表現としてはあってると思いますけどね。

そしてこのトンボ論文を論文不正を暴くスペシャリストのエリザベスビク氏がいろいろおかしいよと指摘したわけですね。

まぁ東大推薦へトンボ論文以外の切り札や目玉になるようなものが用意されているのか、そもそも全く別のアプローチがあるのか。そう遠くないうちにハッキリとしてくることだろうということですね。

それにしてもこれまでの報道では誰も悠仁さまが東京大学にいけると思っていないだろうしはじめから学習院に行って隠さず報道しておけば悠仁さまの人気も出たんでしょうけどね。

それにトンボが好きなら普通はトンボ論文発表直後に一番トンボが発生していた菖蒲池を改修することもないでしょうからね。

のならば、本当に進学を有利にするためだけのトンボ好き設定だったんだと思われますよね。なぜ10年間調査したのかその理由が知りたいですよね。

トンボの住みやすい環境を作るために研究とかだったら一番トンボが発生していた池の改修工事に関してももっと慎重にするでしょうからね。

むしろトンボが住みやすくするために改修工事をした結果たくさんのトンボが住み着くようになりましたとかだったらなるほどこんな工夫をしてトンボが増えたんだとかトンボ研究者も参考になるかもしれないですけどね。

普通10年続けたことに意味があったらもっと継続して観察を続けようとなりますからね。上皇さまだってハゼで研究成果が出ても継続してハゼの研究をしているし天皇陛下もずっと水について関心を持たれていますからね。

本気で悠仁さまがトンボの研究がしたいという気持ちがあれば国民も応援するだろうし多少の学力が足りないぐらいではそこまで炎上もしないと思いますがトンボへの熱意とかも感じられないですからね。

小笠原諸島への旅行の時も作文にトンボの話題が書かれていなかったですからね。小笠原諸島にしか生息してないトンボに関心がなかったからその頃は別の実績で東京大学を考えていたんですかね。

まぁ結局はどこの大学に行くにしても自分の身の丈に合わない大学に進学したらついていけないし辛い思いをするだけなんですけどね。

これまで小学校から高校まででそれがわかったと思うんですけどね。これまでの学校生活をどう感じているんでしょうね。なんか無表情が物語っていますよね。

そういう意味では玉川大学では笑顔も見れたし大学選びは今後の悠仁さまの人生にも大きく影響してきそうですね。まぁ自民党総裁選で石破茂さんや河野太郎さんが総理になれば女系で愛子さまが立太子されて悠仁さまも炎上は収まると思うんですけどね。

created by Rinker
主婦と生活社
¥1,650 (2024/07/19 12:06:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました