秋篠宮さま小室圭を語れない本当の理由!眞子さん特別国家公務員構想!櫻井よしこ岸田首相に統一教会存続訴え爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

月刊WILLの来年1月号が発売されていましたが最初のページからDHCの企業広告の記事が掲載されていました。虎ノ門ニュースが終了してすぐということでまぁわかりやすい記事ですね。


この月刊WILL自体が本来であればまだ12月号とかならわかりますが来年の1月号にすることで購読者を騙そうっていうのが伝わってきてわかりやすいですね。一度購入した人も今月号と思って購入したり騙される人を狙って1ヶ月以上前に来年1月号を出しているんでしょうね。
created by Rinker
¥980(2023/02/04 09:12:22時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに今回は櫻井よしこさんと岸田首相対談している記事が掲載されていました。櫻井よしこが岸田首相を叱咤激励という記事ですがまずは支持率下落の要因ということで国葬儀や統一教会が要因という声もあるがもっと根本的なことがあるんじゃないかということですね。

いきなり統一教会から話題をそらしていますが、支持率下落の要因は岸田首相が明確に何をやりたいかが国民に伝わってこないから支持率が低いんじゃないかってことですね。安倍さんはアベノミクスで国民の支持を集めたと相変わらず賞賛していました。

それと聞く力については優柔不断と受け止められているということでリーダーには聞く力に加えて決断力と実行力が必要だろうということですね。ただ拉致問題に関してはオーストラリアから帰国されたその日に拉致問題の国民集会に出席された点は評価していました。

横田早紀江さんらと面会して拉致問題への断固たる意志を感じたということですね。それで今回述べた言葉の中で時間的制約のある人権問題と表現したということでこれまで日本政府は北朝鮮の核・ミサイル・拉致を三点セットで考えていたようです。

それが核・ミサイル問題が解決しなくても拉致問題について双方が合意すればということでこれがこれまでの安倍さんとの考え方とは変わったようですね。拉致被害者もなんで核とミサイルと拉致問題が並べられるんだと安部さんの考えに違和感を持っていたようです。

それで次に統一教会の問題については櫻井よしこは特定の宗教を差別したり禁止したりすることはないはずだと統一教会の存続を岸田首相に訴えています。

法的の根拠なしに特定の宗教を差別したり禁止したりすることは出来ないはずだといって統一教会と関係を切ると言ったのは信教の自由に反すると訴えているようです。むしろ逆なんですけどね。櫻井よしこさんは韓国が大嫌いだったはずなのに韓国とズブズブでなぜ擁護するんでしょうね。

それで岸田首相統一教会に関しては相談窓口を設置して1か月余りで1700件もの被害相談があったことや佳子の不法行為についても語ると櫻井よしこさんが違法行為は許されないけども現在も違法行為をしているのであれば厳しく取り締まればいいとあくまで統一教会という宗教団体は許してあげてと岸田首相にお願いしていました。

岸田首相統一教会の問題について大きく分けて二つの論点があって一つは被害者をどう救済していくのかと二つ目が被害が報告されている団体との関係をどうするのかということですね。


それで櫻井よしこさんは自民党による統一教会の排除をやってほしくないとはっきり述べています。今後も天皇を侮辱して韓国にお金が流れている統一教会とお付き合いして下さいと懇願しているわけですね。

月刊Willもやばい雑誌ですね。これだけ統一教会ズブズブやりましょうと雑誌で書いても読者は櫻井よしこさんを支持しているわけだからこの雑誌を購入しているのは自民党の資金で購入したのと統一教会の信者ぐらいしかこの雑誌は読んでいないんでしょうね。

統一教会を排除しないでと訴える理由としては私のキリスト教の友人は統一教会のバッシングに恐怖を覚えるということで宗教を信じる自由は憲法で保障されているのだから統一教会の次に標的となるのは私たちのキリスト教の団体ではないかと友達は危機感を感じていたようです。

それで信教の自由を脅かすような行為は国際社会における日本の信頼を損ねるとしてパリを拠点とするNGO団体の良心の自由のための団体と個人の連携という団体が国連自由権規約人権委員会に報告書を提出したようです。

まぁこの団体は宗教の自由を擁護するフランスの非政府組織ということで2000年に設立されているから恐らく統一教会が作ったNGOでしょうね。つまりフランスの統一教会が国連に宗教の自由を保障しろっていってるから岸田首相フランスの訴えを聞いてくださいということですね。

岸田首相が宗教と政治家が付き合うことは違法ではないが統一教会が社会的に問題視されている団体であることは事実だとしてそのような団体と自民党の議員が関係を持たないようにチェックするということですね。

そしたら櫻井よしこは政治家と宗教団体の付き合いが違法じゃないならそれ以上踏み込んだらダメだということでそこまで統一教会を擁護する熱量があるなら自分が報道している日曜報道とかでも訴えてほしいですね。

それで統一教会を叩くなら創価学会も調査対象になるのではないかということでここに関しては正論ですけどね。まぁ自民党は統一教会の広告塔になったらダメだけども公明党の議員は創価学会の広告塔になっても問題ないだろうということですね。

国民世論の疑惑を煽っているのはメディアであたかも安倍晋三が統一教会とズブズブのように報道しているが安倍晋三は2013年に消費者裁判手続き特例法を作って霊感商法とかの被害者を減らし2018年には消費者契約法が改正されて契約が取り消しできるようになったと安部さんの功績をたたえていました。

それで最後はやはり台湾有事の話題で締めくくっていました。まぁ月刊Willと言えば右派の雑誌として有名ですがさらにもっと右派の雑誌が月刊Hanadaですよね。実はその月刊Hanadaに野田元総理の記事が載ったようですね。

もうやはり野田さんが新党を設立して自民党の岸田派閥とくっつくということでしょうね。自民党と新党の野田さんや枝野幸男さんとくっつくのか自民公明立憲民主党という大連立になるのかどんな展開になりますかね。公明党も創価学会を責められたくないから立憲民主党に弱みを握られていますからね。

ちなみにこないだから皇位継承問題を扱って16人の特集記事は終わりましたがまた別の記事で2016年8月のエコノミストという記事であのサンデー毎日で秋篠宮家擁護でお馴染みの森暢平の意見が載っていました。

この時は上皇さまの生前退位が発表されてこの生前退位問題に付随して早急に話し合われることが確定していた女性宮家を含む皇族減少への議論ですが2016年7月13日にNHKが生前退位をスクープしました。

それで15日に菅官房長官が生前退位よりもむしろ皇族減少への対応で内閣官房の皇室典範改正準備室で取り組んでいると述べたわけですね。この時期は眞子さんの結婚も迫っていて対応が遅れたら選択肢が減少するということですね。

これまでの議論では小泉首相が2005年委皇室典範改正議論をして皇位継承資格は女性・女系に拡大して継承順位は男女を問わない第一子優先とする報告書を作成したわけですね。

小泉首相の時は女系天皇を認めると黒田清子さんが結婚して黒田さんが婿入りしてその子供にも皇位継承権がついてしまうということだからということで反発があったようです。

それでこの女系に反発が強かったというのもあるし悠仁さまを妊娠したということもあってこの話が置き去りになったわけですね。それで野田首相の時に女性宮家だけ話し合いが行われたようです。

それで3案が提案されたわけです。女性皇族が結婚後も皇室に留まる場合には夫と子供に皇族の身分を与えるかどうかということで身分を付与する案と付与しない案を提示しました。

それで女性宮家を作らない場合には結婚後は国家公務員として皇室活動を支援する案も盛り込まれたわけですね。この時野田政権では女性皇族が結婚して皇族として残り夫と子供も皇族となる案を実現したがっていたようです。

まぁ現実的に考えて夫と子供だけ一般人はあり得ませんからね。そしてこの場合は子供には皇位継承権を与えないことになっていたようです。ただこの案というのは長期構想を最初から考えていたわけですね。

結局は愛子さまを天皇へという可能性を残すということでもし女性宮家が出来なければ女性皇族は結婚後皇室を離れます。つまり例えば40年後に悠仁さまは56歳の時に天皇陛下と秋篠宮さまがもういないとすれば悠仁さまと結婚相手の家族しか残らないわけですね。

それで後継ぎが生まれなければ悠仁さまの代で皇室が終わるわけですね。それで2012年に女性宮家で男性も皇族になる案が通っていたら皇位継承順位はそのままで眞子さんが小室圭と結婚しても小室圭が婿入りして皇室に残っていたわけですね。

それで愛子さまや眞子さんや佳子さまの子供は女系だから現時点では皇位継承順位を変えないで40年後に仮に悠仁さまに子供が生まれなければ制度を変えて愛子さまの子供や小室圭と眞子さんの子供や佳子さまの子供に皇位継承権が与えられた可能性があったわけですね。

そういう意味では佳子さまは今微妙な位置にいるわけですね。公務負担の分散という名目で当面の間は女性宮家を認めてさらにその先の皇位継承者のスペアを万が一に備えて確保しておこうという案ですね。

ただこの意図がバレて反対を受けたわけですね。結局は女系に繋がるではないかということですね。野田政権でも女性宮家の問題を検討している中で日本会議が中心となって皇室の伝統を守る国民の会が設立されたようです。

それでその設立総会の席上で安倍さんが小泉政権時に発足した皇室典範に関する有識者会議の結論は皇室の伝統と文化を合理主義で考える極めて間違った姿勢だといったようです。

それから第一次安倍内閣で戦後皇室を離脱した旧宮家の皇室復帰について選択肢として考慮しないのはおかしいといったわけですね。ただここに関しては散々600年もさかのぼらなければ現在の天皇家と共通の祖先はいないということでこっちの方がありえないという意見が有識者でも多かったわけですね。

すでに旧宮家の皇室復帰については話し合われたけどもありえないとなったわけですね。すでに皇室から離脱して70年以上経過して復活させようというのは側室制度復活と同じぐらい国民から支持されないということですね。

まぁ中には旧宮家の男系男子と眞子さんや佳子さまや愛子さまと結婚させて男系を守ろうとする考えもあるが現実的ではないということですね。だからそうなる前に女性宮家をということでしたが結局は女性宮家が消えた原因は小室圭の存在なわけですね。

女性宮家で眞子さんも皇族として残る場合は小室圭と子供が一般人のままにするか皇族にするかということで皇族として残るという案にしようとしていたわけですね。たださすがにまずいだろとなったわけですね。

しかももう一つあって眞子さんには国家公務員として皇室活動をしてもらって一般人だけども謝礼公務が発生する案があったわけですね。でもこれも相手が小室圭だからこの案もつぶれたわけですね。

まぁ眞子さん的には恐らくこの国家公務員案で皇室に関わろうとしていたのではないかと思いますがちょっと小室圭が問題だらけですからね。いくらなんでも理解が得られないということで女性宮家の話題を遅らせた結果最悪のタイミングで小室圭が登場したんですね。

まぁ特別国家公務員のような感じで眞子さんが皇室と関わっていたらなんでもやりたい放題でそれこそ宮内庁が保管している美術品とかの転売とかでメトロポリタンに売却とかもどうどうとできたかもしれませんね。

本当はその予定だったから当たり前のようにメトロポリタンと話が進んでいるのかもしれませんね。それに特別国家公務員のような立ち位置であればいろいろと小室圭にも皇室特権も使いやすかったかもしれませんね。

そういう意味ではいろいろと予定もくるっているのかもしれませんね。まぁ安倍晋三さんもいなくなったし皇位継承の議論も早く結論を出してほしいですね。ちなみに佳子さまが以前皇室を出られないなら自殺したいと記事も出ていましたがもしかするとこれは女性宮家が絡んでいるかもしれませんね。

当然佳子さまも女性宮家が出来たら皇室に残るという可能性もありますからね。もちろん選択は出来るでしょうが悠仁さまが小さい頃は障害とかもいろいろ噂されていたし眞子さんか佳子さまに男系男子と結婚させる動きとかも紀子さまならやりかねませんからね。

それで男系男子と結婚して皇室から出られないという恐怖で自殺したいという感覚になっていたのかもしれませんね。まぁでも生前退位の付随して女性宮家や皇族数減少への対策は早急にと言っていたのにもうあれから5年経過していますからね。

ちなみにフライデーデジタルでは今年の秋篠宮さまの誕生日会見では小室夫妻に関する質問はないよってことで記事になっていましたね。すでに質問内容は分かっているようですがどうもその中に小室圭に関する質問がなかったようです。

まぁ質問がなかったわけではなく質問させなかったんでしょうね。それで秋篠宮さまは質問があった中でどれに答えるかを選べることが出来るということでもしかしたら質問があったけどもその質問には答えなかったということなのかもしれませんね。

昨年は20分の予定が1時間の誕生日会見でそのほとんどが小室夫妻に関することだったということでよほど嫌だったんでしょうね。別に小室圭は司法試験に合格したんだしタブーにしなくてもよさそうですがやはりこれは外務省国際法務局長との面会も影響しているかもしれませんね。

普通に弁護士になれる予定が分かっていたらひとまずおめでとうとか余裕なコメントが出来ると思いますがもしかすると人物考査で落ちる可能性がけっこう高いこととかアメリカの司法ともめていることで今は余計なことは語れないからタブーってことかもしれませんね。

まぁここであ秋篠宮さまの懸念として小室圭が皇室利用で仕事を取ってくることということで眞子さんの夫として肩書をフル活用して収入を得ることがあったら一生秋篠宮家の敷居を跨がせない決断に至ることも考えられますという秋篠宮家の関係者の言葉が紹介されていましたね。

もうすでに皇室特権しまくってこれまで経歴を作っているんですけどね。しかもその経歴を見ればすべて秋篠宮さまのWWFの人脈とかテニス協会とかの人脈を利用して小室圭に経歴を与えたんじゃないかってことがわかりますからね。

それに週刊誌を見ていたら皇室特権使いまくって警備費用も8億円とか日本から警察官2名が派遣とかいろいろ報道されているわけでやましいことがないんだったら反論されたらいいんですけどね。

天皇陛下は家族のことだから家族で話し合うようにと言われたのにそれを聞かずに結婚は両性の合意と言うことで親族3人自殺した小室家との結婚を秋篠宮家として許可したわけですよね。

それで天皇陛下ですらも小室圭の結婚について聞かれたのに秋篠宮さまは忖度で聞かないってどういうことなんでしょうね。天皇陛下はネットの書き込みについても多様な意見を述べる社会を作っていくことは大切と答えていますよね。

まぁ他社に対して意見を表明する時はその人の心や立場を傷つけることもあることを常に心に留めておく必要があると思うということも言われていますが秋篠宮さまは言論統制で質問すらも受け付けませんからね。

ちなみにつげのり子さんは秋篠宮の本を書いた江森さんに小室圭のことを聞いたようですね。そしたらほっとした様子ということで小室圭の司法試験合格については二人の生活の基盤が今より安定するでしょうということで秋篠宮ご夫妻も安心されたのではないかということだったようです。

帰国をしてからきちんと報告してほしいという気持ちについては結婚に至るまでの経緯もあるからモヤモヤがまだ残っているのかもしれませんということでまだ眞子さんが直接会って再び仲の良い親子関係には時間がかかりそうだということですね。

それと佳子さまのお相手については多くの国民が喜んでもらえるような結婚が望ましいということで眞子さんのような失敗はしたくないということですね。まぁ今は悠仁さまの成績のことで頭がいっぱいでしょうね。

まぁ秋篠宮家は篠原常一郎さんが今度は川嶋舟さんの再婚相手やそのお兄さんについても触れていましたがもうやばいですね。やはりもう悪いことをした人たちはみんな裁いてほしいですね。あなたは誰が最初に逮捕されると思いますか。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました