アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【佳子さま新彼氏と秋篠宮ご夫妻が超異例の面会それとも…】悠仁さま天皇誕生日に挨拶なし不敬は想定外!天皇陛下が愛子さま皇位継承へ決意!

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

佳子さま新彼氏と両親面会それとも献上依頼?

産経新聞の皇室の1週間の活動が書かれていましたが2月16日の活動に公務には書かれていないことが書かれていました。

秋篠宮ご夫妻と佳子さまが2月16日に石川県伝統産業振興協議会の岡能久(よしひさ)会長と面会されていたようです。

そして能登半島地震の影響について話を聞かれたとありますがこれがどうもおかしいです。どうも秋篠宮ご夫妻と佳子さまはこの岡氏と以前から面識があったようです。

それで岡氏が15日に都内を訪ずれた際にお住いに招かれたとあって、伝統工芸品の産地の被災状況やものづくりに及ぼす影響などについて聞いて被害状況を案じられたとあります。

16日と言えば紀子さまが第55回現代女流書100人展を鑑賞されていましたからね。何時ごろにあったのか分かりませんが佳子さまもこの岡氏と面会されたということで普段は秋篠宮ご夫妻と佳子さまは滅茶苦茶仲が悪いですからね。

それが佳子さまも一緒に面会されたわけですね。公務ですらなかなか一緒にならないしこないだ花の展覧会では秋篠宮ご夫妻と佳子さまが一緒になりましたがほぼ一緒の公務がないですからね。

それに現代女流書100人展は佳子さまも行ったことがあるから一緒に行くことも出来ましたからね。狂言でも佳子さま一人公務で紀子さまは欠席されました。

そんな秋篠宮ご夫妻と佳子さまが一緒に面会されているということでなんか怪しい人物ですね。16日に面会しているようですがこの面会した人は石川県の人なわけですね。

そして秋篠宮さまは2月14日に石川県金沢市の済生会病院に行っていますよね。だから石川県で全然会えたはずですからね。

だから何かあるのかもしれません。石川県と言えば輪島塗や珠洲焼(すず)が有名だから天皇陛下が復興の手助けになればと映像の中にも登場しましたね。

それで秋篠宮さまが面会された岡氏も漆器店をやっていて金沢漆器や輪島塗とかも扱っているようです。その会社の7代目が今回会われた方で8代目が今社長をしているようです。

そして8代目が岡能之(よしゆき)さんでもうじき創業250年を迎えようとしている老舗の社長さんなわけですね。

しかも秋篠宮ご夫妻と佳子さまが会われた7代目は大学時代に裏千家の茶道とかも習われて社団法人茶道裏千家の活動で全国代表者会議で議長の大役を務めたことがあるようです。

裏千家と言えば三笠宮家の容子さまが結婚されたところですからね。もしかしたら8代目と佳子さまが結婚するのかと思って調べてみたらもう結婚していました。

だから佳子さまが出席されたのは結婚相手の父親とかそういうことでもなさそうですね。ただこの8代目の岡氏は麗澤大学を卒業していました。

麗澤大学と言えば秋篠宮家を擁護して統一教会の機関紙でも何度も登場した八木秀次教授がいるところですね。まぁ何かいろいろ繋がりそうな感じもしますが不思議ですね。

ただ家でも別居するぐらい仲が悪い秋篠宮ご夫妻と佳子さまが私的に同席された相手ということで異例中の異例ですね。

ちなみに16日からいしかわ伝統工芸フェア2024があって18日まで開催されていて16日は11時半から15時過ぎまでけっこう体験イベントとかいろいろあったようなのでその時間は無理だろうから面会しているとしたら朝早くか夕方以降でしょうね。

もちろんこのフェアの為にきているだろうから営業時間の朝9時から夕方5時まではなかなか忙しかったはずなんですけどね。

それで18日までだからもう過ぎたし一緒に公務で行こうとしていたわけでもなさそうですからね。だからやはり佳子さまの彼氏絡みの可能性がありますね。

彼氏の就職先の相談なのかただ単に献上してほしいということなのか何かしら関係がありそうですね。まぁただ秋篠宮家は何をしても今は炎上しますね。

悠仁さま計画的インフルと予想外の展開:天皇陛下ついに愛子さま継承決意

それにしても天皇陛下の誕生日ですが悠仁さまが天皇陛下の挨拶へ行くというニュースもなかったですね。でも悠仁さまは上皇ご夫妻の誕生日には挨拶へ行きますよね。

それで過去の天皇陛下の誕生日を見てみました。令和元年は5月からなので令和2年からの誕生日ですが令和2年には悠仁さまが祝賀で挨拶しています。

ただこれも場所が赤坂御所だから上皇ご夫妻に天皇皇后両陛下が会いに行ってそこに悠仁さまが挨拶に来たものと思います。だから悠仁さまは挨拶にきていません。

そして令和3年からもずっと悠仁さまは天皇誕生日に挨拶へ来ていないわけですね。これはコロナもあったのでまだ昨年まではギリギリ分かりますが今年は来なければおかしいですよね。

ただそういえば今年はもしかしたら天皇陛下の誕生日に挨拶したくないからインフルエンザを発表したのかもしれませんね。

つまり計画的インフルの可能性が浮上しましたね。この計画的インフルには3つの理由があったのではないでしょうか。

まず1つ目が愛子さまのケニア大統領ご夫妻との午餐会に合わせて発表したことですね。これは2月6日に発熱で7日にインフルエンザが判明しました。

つまり8日の西村宮内庁長官の定例記者会見では共有できているので発表できます。共有できていなければ重大な事故です。西村宮内庁長官が悠仁さまの事なんて国民は関心がないから言わなくていいと思っていても重大な事故です。

そして翌週に関してもインフルエンザが治っていなくても普通は報道各社が悠仁さまの症状が気になって聞きますが全ての報道各社が悠仁さまに無関心で質問ゼロでした。それか報道統制で質問すら受け付けずそのことも報道するなと言ったかどちらかでどちらにしても重大な事故です。

まぁもう一つ理由があるとしたら2月14日はバレンタインデーです。昨年のバレンタインデーにチョコレートを貰えると思って紀子さまが悠仁さまを珍しく学校に行かせたら友達はチョコレートを貰っていたけども悠仁さまは義理チョコの一つも貰えなくて惨敗したのではないでしょうか。

それで今年はトラウマで休むために期間限定インフルを発動したのではないでしょうか。まぁこれも計画的インフルですね。

そして最後に3週目に天皇陛下の誕生日に挨拶に行きたくなかったということですね。不正論文を追及するスペシャリストが悠仁さまの論文の不正疑惑をブログで紹介して世界中の研究者に見られています。

現在進行形で世界中の研究者が悠仁さまの不正論文に注目して他に不正がないかとチェックをされている段階で悠仁さまも天皇陛下にそのことを質問されるのではないかとびくびくしていたのではないでしょうか。

昨年の悠仁さまの誕生日には生き生きと報告したということになっていますがこのお言葉も事前に皇族なら目にすることはできるでしょう。

つまりこの生き生きと報告してくれたという自分の内容を聞いてどの面さげて天皇陛下に挨拶に行けばいいのだという心境になったのかもしれません。

お母さんだったらこういう時でも狐と狸の笑顔で平気で挨拶に行けるかもしれないけども俺にはまだそこまでの心構えはないと感じたのかもしれませんね。

まぁ2月9日にスペシャリストがブログで紹介だから天皇陛下の誕生日はもしかしたら挨拶に行く予定が予定変更になったかもしれませんけどね。

それと庭園課長が亡くなったのも2月12日ですよね。あれもさすがに自分と関係があることぐらいは感じ取っているのではないでしょうか。

もしそうだとしたら流石に動揺していてもおかしくないですね。まぁ配属されて半年でしかも庭園課長ならトンボ論文に関わっていたら悠仁さまはもう何度も顔を合わせていて一番仲がいい職員であってもおかしくないですからね。

不正じゃなくても本来は悠仁さまのお言葉が発表されてもおかしくない相手です。まぁ鵜飼絡みなのかトンボ絡みなのか何絡みかわかりませんが配属されるときには健康でバリバリ庭園課で指導力を発揮してくれることを期待されていたことだけは間違いないですね。

まぁ昨年は5月からコロナ5類以降で今年は悠仁さまも天皇陛下に挨拶へ行くつもりだったのではないでしょうか。でも事情が変わったとみるのが普通でしょう。

そしてそもそもインフルエンザがどれぐらいかかるのかチャットGPTにも聞いてみました。そうするとだいたい1主観から2週間ですね。

だいたい最初に症状が出てそこから高熱が3日から4日続いてその後徐々に症状が改善していくことが一般的ということですね。

ただ悠仁さまに関しては6日に発熱で7日にインフルが発覚して9日に回復傾向にあるけども具体的にどれぐらい発熱しているかの症状は明かされていません。

ただ回復傾向なので高熱は回復したとみていいでしょう。ちなみに運動神経がいい人は免疫力もありそうだから回復も早いのか聞いてみました。

そうすると運動神経がいい人や体力がある人は免疫システムの強さにも影響を及ぼす可能性があって体力がある人や定期的に運動をしている人は全体的に健康状態が良好で病気からの回復も早い傾向にあるようです。

運動神経が良くて体力がある健康な人は回復も早いことが科学的には分かっているけども悠仁さまは9日に回復傾向にあったのにまだ回復していないとしたら運動神経がブッチギリのビリで健康状態も最悪の可能性が高いことが科学的には言えるのかもしれませんね。

ちなみに学校保健安全法ではインフルエンザが発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまでインフルエンザによる出席停止期間としているようです。

つまり悠仁さまはインフルエンザからの回復が滅茶苦茶遅いのかもしれません。それかずる休みをしているのか報道各社や宮内庁長官に皇嗣職大夫が全く悠仁さまに興味がなくて報道しないだけで治っているのかもしれません。

ただその場合は天皇陛下に挨拶に行かないというのは重大な事故になりますね。まぁどのケースでも重大な事故ですね。

まぁそれにしても悠仁さまが挨拶に行かないのは上皇ご夫妻の二重権威を物語っているし悠仁さまには即位が無理なことを物語っていますね。その辺を天皇陛下も感じ取っている感じの記者会見でしたね。

結局は日本で一番偉い人は天皇陛下ですからね。天皇陛下が国会開会宣言しなければ国会も開催できません。その天皇陛下が誕生日の記者会見で悠仁さまについて重大な発言をしていましたね。

悠仁さまの事について記者から成年になられる点と皇位継承順位2位の悠仁さまの成長についてと質問があったわけですね。

それで天皇陛下は悠仁さまの事について今年18歳になって青年を迎えます。小さい時から甥として成長を見守ってまいりましたとすごく親戚って感じの対応で皇位継承者としては見ていない感じがしますよね。

悠仁さまが即位したら皇室は終わりだと思っているのでしょうね。悠仁さまの事について皇室の一員という言葉しか使っていませんからね。

それで悠仁さまが自分の誕生日に挨拶で来た時には生き生き学校生活を送っているように思うと述べていますが大学への進路についても考えを深めていくことになると思いますと述のべていますね。

さらに本人が関心を持ち、学びたいこと、やりたいこともあると思いますので、自身の将来をしっかりと見つめながら実り多い高校生活を送ってほしいと願っておりますと述べたわけです。

実は天皇陛下の誕生日に悠仁さまに事について質問があったのは2回目なんです。それは悠仁さまが高校に入学が決定した令和4年ですね。

その時は関連質問としてあってこの時も皇位継承順位第2位の悠仁さまが筑波大学附属高校に合格されて進学される見通しになったことと、高校在学中には18歳の成年を迎えられることについて御感想と陛下御自身の体験を踏まえて今後皇位継承者としてどういったふうに過ごしてもらいたいかと質問があったわけですね。

それで天皇陛下は私の高校生活は充実していたし懐かしいと語って悠仁さまに関しては実り多い高校生活を送ってほしいというように心から願っておりますと述べたわけですね。

だから今回とほぼ同じですね。実り多い高校生活を送ってほしいという言葉は変わっていないわけですね。追加されたのは自分の将来をしっかりと見つめながらというお言葉はありましたが甥というお言葉や皇室の一員からは将来の天皇としての期待の言葉には聞こえませんでした。

まぁそもそも天皇陛下の誕生日の動画がテレ東BIZで公開されていましたが30分ほど会見があったわけですね。愛子sマの成年皇族も30分ほどの会見でほぼ原稿を見ずに話されました。

悠仁さまは成年皇族の1回だけの記者会見だけでも事前に何度も収録して編集ししてつなぎ合わせないと無理ではないかと心配されていますよね。

これまで一番長く話したお言葉も5秒ぐらいが最長ではないでしょうか。5秒しゃべることが過去最高記録なのに30分間もしゃべる続けることは悠仁さまにとって地獄ではないでしょうか。

あまり長くなれば紀子さまが狐と狸の笑顔で乱入して中断して強制退場させてもおかしくないのではないでしょうか。

そのぐらい悠仁さまが長時間会見で話している場面が想像できないですよね。悠仁さまは1年間に1度ぐらいしかまともに映像が公開されないから今年の誕生日の映像もだいぶ違った顔の人が登場するかもしれませんね。

成年皇族の記者会見に向けて全然別人が登場したらさすがに今の時代はバレると思いますがあまり登場しない分どうなるかって感じはしますが秋篠宮家ならそれをやりかねないですからね。

まぁ自分の進路は自分で決めようという天皇陛下の最後のメッセージにも聞こえましたが自分が行きたい進路とかそういったお言葉は聞こえてきたことがないですからね。

その前に推薦で行くだろう箔付けのトンボ論文は今大ピンチですからね。逆に愛子さまには凄く期待するお言葉を天皇陛下が述べていましたね。

これまでも愛子に温かいお気持ちを寄せていただいていることに、心から感謝しております。今後とも愛子を温かく見守っていただければ幸いに思います。

やはり日本の象徴は愛子さましかいないですね。メディアも皇室の真実を報道してほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/13 17:54:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました