アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【愛子さま明治神宮初参拝で大人気:日本赤十字も毎日張り込み】悠仁さまは不人気で取材なし?それとも不登校?敬宮愛子さま初海外はブラジルか!

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

愛子さま明治神宮初参拝で大人気

愛子さまが明治神宮を初めて参拝されていましたね。オフホワイトのロングドレス姿で午前中は日赤の勤務を休みとあるので午後から出勤されたんですかね。

もしそうだとしたら仕事を頑張りすぎですけどね。愛子さま流というのか、愛子さまは集まった人たちに笑顔で会釈し参拝の時にも集まった人たちに絵箔をしながら歩かれていましたね。

この辺が素晴らしいですね。明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后が祀られていて皇室にとってもゆかりの深い場所ですからね。

さらに今夏は昭憲皇太后が亡くなって110年を迎え昭憲皇太后は日本赤十字に寄付をされた方でもありますからね。

愛子さまとしてもかなり関係が深い場所ですね。きのうは両陛下と上皇ご夫妻と秋篠宮ご夫妻が参拝されましたが単独で参拝されたわけですね。

もう凄いですね。昨日は天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻や秋篠宮ご夫妻もまっすぐ歩かれていたし恐らく参拝を見るのも禁止で立ち入りも出来ないのかと思ったら愛子さまが会釈されていましたからね。

すばらしいですね。まぁ佳子さまも愛子さまの会釈しながら参拝するスタイルを真似するかもしれませんね。

愛子さま人気に便乗でやりすぎ取材

女性自身に愛子さまが日本赤十字で毎日出社ということで記事になっていましたね。朝9時前に愛子さまが乗られたワンボックスカーが静かに地下に入っていくということで今のところは毎朝張り込んでいるようですね。

なんか愛子さまが小学校に登校しているときのように毎朝記者が張り込んでいるって感じで気持ち悪い記事に感じましたけどね。

公務がない日は出社だから4月1日の月曜日から金曜日まで毎日出社したということですね。毎日出社している姿を報道陣が待ち構えていたらその周辺を通る人も何事だってなりますからね。

そしたら警備も増やさないといけないしメディアも愛子さま人気で何か記事を書きたいのは分かるけどもそれだったら悪い意味で目立っている悠仁さまの通学する姿を取材してほしいですね。

まぁ悠仁さまはほとんど登校したことがないんでしょうね。だから待ち構えても絶対に来ないからメディアも行かないんでしょうね。

国民からの人気はないけども炎上ネタとしてはいろいろあるわけだから登校風景を撮影したらいいのに愛子さまだけ毎日張り込んで悠仁さまはしないのはやはり悠仁さまが学校に行っていない証拠ですね。

愛子さまはしっかり公務がない日は毎日出社するとわかっているから待ち構えているわけですね。これまで宮内記者しかチャンスがなかったのが週刊誌も記事のネタが出来るから毎日服装とかチェックしているんですかね。

こういうことに関しては宮内庁も週刊誌やメディアに苦言をした方がいいですけどね。両陛下はメディアに対して圧力をかけれないので宮内庁がしっかりしてほしいですね。

例年4月3日には神武天皇祭が執り行われていて、昨年は愛子さまも『神武天皇祭皇霊殿の儀』に出席されていたから愛子さまは3日は祭祀を優先されるのではないかとささやかれていたということですね。

でも、その日も愛子さまは出社したということですね。なんか最近は週刊女性や女性自身は愛子さまにマイナスな記事を書こうと必死な感じがしますね。

神武天皇陵はこないだ参拝したばかりだし報告が終わったばかりなんだし別にいいと思うし今は就職して最初の1週間なんだし職場の方を優先して全然不思議ではないですからね。

まぁ日赤勤務への強い覚悟が感じられたと最後は持ち上げているので微妙な感じですが、ちょっと週刊誌も最近は見張っておかなければ怪しい感じがしますね。

ちなみに入社3日目から愛子さまはすでに残業までされているようですね。だいたい8時間勤務ですが残業もされているということですね。

ご精勤ぶりなのだ。ちなみに日赤に勤務されていた瑶子さまは、インタビューで会社員生活についてボランティア課で働いていたころは、土日に仕事をしたこともあると答えているようですね。

相手が学校の先生方と連携している人達だから平日に会議や打ち合わせをするのが難しいようですね。だから土日に会議とかをしたりするかもということですね。

モーレツ社員への道を歩み始められた愛子さまということで、雅子さまもバリバリ仕事をしていましたからね。今は愛子さまも国民と触れ合うことが出来て新鮮な状態でむしろ楽しいと感じている時期かもしれませんね。

まぁ結婚前の雅子さまはバリバリ働いていたようですからね。毎日深夜まで働いていたということですが、愛子さまには無理はしないで貰いたいですね。

ただ愛子さまは日赤に入社される日にコメントが紹介されていましたが、国民と苦楽を共にしながら務めを果たすことや困難な道を歩まれている方々に心を寄せるといったことも書かれていましたからね。

まぁ苦しんで、困難な道を歩んでいる方々はといえば、能登半島地震の被災者が今まさに厳しい状況で両陛下も再度被災地を訪問ということでこういう時に愛子さまも一緒に行ってる姿も見てみたいですけどね。

ただ被災地訪問も公務として単独になるのか日赤として関わることになるのか能登半島地震はボランティア不足とも言われていますからね。

でも今はボランティア不足と言ってもがれきの撤去とかいろいろあるのでそういったのを日赤職員として振り分けて派遣とかそういうこと今は勉強されたりしているのかもしれませんね。

だから今は通常よりも忙しいのかもしれませんね。日本赤十字社石川県支部の担当者は、地震の発生直後から、支援物資の運搬だけでなく医師や看護師の派遣や簡易トイレの設置とは別に、日本赤十字社が現地に派遣したボランティアは4月2日時点ですでに1688人いるようです。

ちなみに愛子さまの同期職員は7人いるようです。まぁ本社の動機職員ということでしょうね。4日には全国の日赤の支部から新入職員が集まって研修が行われたようです。

それで5日には、愛子さまは20時まで本社にいたようです。その1時間ほど前に、社屋に入るピザの配達員が目撃されていたから全国から集まった支部の職員と懇親会的なものがあったのかもしれませんね。

まぁ逆に言うと20時まで張り込んでいたってことですね。愛子さま人気を利用して取材が過激にならないように宮内庁も適切にメディアに指導してほしいですね。

愛子さま初海外はブラジルへ

愛子さまはこれから海外公務でも活躍されるだろうということですね。天皇陛下のお言葉からも愛子さまに海外で活躍してほしいという思いが感じられますからね。

そこで愛子さまの初の海外訪問についてはケニア大統領からも招待されていたしケニアもあるかもと思われていましたがブラジルではないかということですね。

これはテレ東で皇室の窓の放送作家をしているつげのり子さんの言葉ですね。天皇陛下の娘という愛子さまと同じ立場だった黒田清子さんも最初の海外訪問がブラジルだったようですね。

そして天皇陛下も秋篠宮さまも初の海外公務はブラジルだったようです。さらに2025年は日本とブラジルの外交関係樹立から130周年だということですね。

それで愛子さまがブラジルに訪問される可能性が高いということですね。節目ごとに皇族がブラジルを訪問しているので誰か皇族は行くだろうしそれが愛子さまになるのではってことですね。

ちなみにブラジルの人はポルトガル語が公用語のようですね。ポルトガルの統治下で独立したからポルトガル語ですがかなりなまりがあってブラジルポルトガル語と呼ばれているようですね。

ちなみにブラジルでポルトガル語の通訳をした人のことも紹介されていましたね。現在75歳の二宮さんという人で過去には上皇ご夫妻や天皇陛下や秋篠宮さまの通訳も務めたようですね。

上皇ご夫妻は1978年にブラジルへ行った時に通訳を担当して移動中の空き時間に上皇ご夫妻が話し相手になってと言われていろいろ聞かれたようですね。

その時は東京に住んでいたようで近いうちにお茶のお招きしたいと思いますと言われて本当に通訳をした翌年2月に東宮御所でのお茶会に招待されたようですね。

それ以降はコロナ前までは毎年お誘いしてくれたようです。でもこういう通訳とか1回だけの付き合いの人も招待するということだからお茶会も凄い人数かもしれませんね。

それか頻繁にそういったお茶会とかをしているのかもしれませんね。それで見方をどんどん作っていってもちろんその中でも一番力を入れたのが週刊誌の記者とかでしょうね。

まぁこんな感じで今回のような記事で美智子さまを持ち上げる記事を書いてくれる人を増やしていったわけですね。1回だけの通訳でこれだから凄い人脈がいるかもしれませんね。

しかも1979年から毎年ですからね。ちなみに秋篠宮さまは1988年に日本移民80周年の祈念式典に出席でブラジルに行ったようですね。

ちなみに秋篠宮さまは当時は口数が少なかったようですね。ブラジルの大統領の談話の際に話題に少し困った様子で秋篠宮さまがナマズに関心があるということでナマズ中心の会話で盛り上がったようです。

なんかブラジルの大統領にも気を使わせているんですね。さらに秋篠宮さまは2015年にもブラジルに訪問してるようですね。

そして2回目の時には秋篠宮さまは闘鶏用のニワトリに関心を示したようで大使館の庭で80センチか90センチのニワトリを見せてもらったけども秋篠宮さまはもっと大きいものが見たいといって後日110センチの物を見つけて剥製にしたものを贈ったようです。

昔から相手国に迷惑をかけていたんですね。それに悪趣味ですね。ニワトリを飼いたいとかではなくて殺したニワトリを飾っておきたいってことですからね。

それに剥製にして持っておきたいなら別に大きさとかそんなに関係ないと思うんですけどね。ニワトリが好きな人はニワトリを標本にしようとか思わないでしょうね。

昔の標本とかを見て参考とかにはするだろうけども標本にしようとは思わないでしょうからね。そういえば悠仁さまも小学校1年生だった時にトンボの標本を宮内庁文化祭で出品していますよね。

小学校1年生でトンボを標本にしようなんて思わないから大人が標本にしようかとかいわないとそういう考えになりませんからね。

だから秋篠宮さまが標本にしようとか言ったんですかね。もうその頃からけっこヤバい教育がされていたことがわかりますよね。

秋篠宮さまは頭が悪いから喋る話題もないし話題作りで珍しい生き物を殺して標本にして話題作りをするかもしれませんがそれを小学校1年生の悠仁さまにも教えていたんだとしたら最低ですね。

まだ普通にトンボを網で捕まえて喜んでいるのが普通なのに生きたまま殺して標本ですからね。やはり小さい頃からの積み重ねというのが今に至っているんでしょうね。

ちなみに眞子さんは2018年にブラジルに行ったわけですね。ブラジルに行く前にご進講で1920年代の移民政策についての話をしたようですね。

ブラジルのコーヒー農園に入植した移民の約3分の1がなくなったようですね。その話をもとにした森の夢というノンフィクションの小説を資料としてお持ちして話をしたようですね。

それで後日、眞子さんがブラジルに行った時にガイドがその本について説明を始めようとしたら眞子さんは読んできたので大丈夫ですと答えたようですね。

それでその場にいた人たちは感激したようですが普通は知っている話でも自分が読んだ本の知識だけで実際にどうだったのかとか現地の話を聞いて本当にそんなことがあったんですねとか話題が広がりそうなのにけっこうですって感じでふざけていますね。

自分よりも知識がある人が教えてくれているわけだから一度読んだ本でからだいたいは分かっていますが読んだうえでここが気になったのですがどうなんですかとかそういう質問とかをしていたら絶賛されてもいいと思いますけどね。

まぁこの辺が秋篠宮家の教育の結果で育ちの悪さが出ていますよね。ガイドにその話知っているわとドロップキックをくらわせていなければいいんですけどね。

ただ愛子さまが今度は期待されていて初めての海外訪問がブラジルではないかと言われているわけですね。ブラジルで日本文化の普及や移民資料の保存などを行っている中島エドアルド事務局長も愛子さまの訪問を待ち望んでいるようですね。

もう今はブラジルには日系人が6世までいるということで最初は1958年に三笠宮ご夫妻が初めてブラジルを訪れて以降、皇室の方が来たら大歓迎のムードに包まれるようですね。

そういえば眞子さんはブラジルから勲章を貰っていましたね。それなのに最初に訪問された三笠宮ご夫妻はブラジルから勲章を貰っていませんからね。

しかも結婚したのが10月26日で10月5日にパラグアイから勲章で10月12日にはブラジルから勲章をもらていましたからね。

まぁそれにしても愛子さまの初めての海外訪問はどこになりますかね。これから海外訪問や公務や日赤でのお仕事と大変ですが頑張ってほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/05/21 18:16:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました