アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

愛子さまに美智子さまスパイ職員:印象操作で悪意ある記事も作戦失敗

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

愛子さまに美智子さまスパイ職員が悪意丸出し記事

週刊女性にまた愛子さまをおとしめるために必死な美智子さまのスパイ職員の悪意丸出しの記事が書かれていましたね。

愛子さまが日本赤十字社に就職して社会人となって改めて公表された文書回答には称賛の声が上がったけどもと前置きして愛子さまを叩く記事が書かれていましたね。

4月2日に日本赤十字社を就職する愛子さまの文書を宮内庁が公表したということですね。3月下旬の伊勢神宮と神武天皇陵の参拝についても訪問にも触れたということですね。

言った先々で多くの方々に温かく迎えていただいたことに感激して非常に印象深い訪問となったことを心からありがたく思いましたと振り返り国民に感謝の意を伝えられたわけですね。

ただここで美智子さまのスパイ職員なのかこの文書回答は2回も提出期限を破っていたと声をひそめるいうことですね。

声をひそめるとは他人に聞こえないように声を小さくすることですね。まさにスパイ職員ですと自己紹介しているわけですね。

どうどうと相手のことを褒める時には声を細めないから周りに自分が愛子さまをおとしめるために潜入しているスパイ職員であることをバレないために声を細めたのでしょうね。

4月2日に文書回答された計4問の回答は3月20日の卒業に際しての文書回答と同時に提出する予定だったということですね。

しかもその後もう一度予定されていた期限に間に合わずに、計2回も提出が遅れたということですね。まぁこれはスパイ職員であることがもろにバレてしまう発言ですね。

国民は4月2日に文書回答されて称賛の声をあげているわけだからわざわざこういう発言をする必要がないわけで宮内庁職員は知りえた情報を表に出したりすることが出来ないわけですね。

まぁこれが公益性があるものならば表に出していいのだろうけども普段から愛子さまに苦しめられているとかそういうわけでもないだろうしおとしめることだけが目的と丸わかりの記事ですね。

しかも宮内庁関係者ということで宮内庁職員とも書いていませんね。この宮内庁関係者というのは別にメディアの記者も宮内庁関係者になりますからね。

この宮内庁関係者というのは都合のいい表現方法で宮内庁の職員が出入りする警備員も宮内庁関係者になるし宮内庁の職員がいる施設でトイレ掃除のおじさんとかも宮内庁関係者になります。

だからそこから仕入れた情報だったらかなり低レベルな情報も含まれているわけですね。そこら辺の掃除のおじちゃんやおばちゃんの言葉を紹介している可能性もあるわけですね。

まだせめて宮内庁幹部とか宮内庁OBとかそういう表現でもないですからね。ちなみに他に宮内庁関係者はどんな人がいるかチャットGPTに聞いていましたね。

そしたらもっと面白い回答を期待していましたが具体的に庭師とか料理人とか伝統工芸の専門家とか馬の世話人とか資料室の人とか通訳という感じですね。

まぁ確かに通訳だったらスパイとか送り込めるかもしれませんね。そして料理人と言っても食材を運んでくる人も宮内庁職員と接することが出来るので宮内庁関係者になります。

ここに接する人達も宮内庁関係者になるわけですね。馬の世話人だから幅を広げると紀子さまの弟も宮内庁関係者になるかもしれませんね。

庭師なんかは謎の死を遂げた職員が最近いましたからね。ちなみに文書の提出が遅れてしまった愛子さまに対して雅子さまも文書回答が遅れることがあったということですね。

名古屋大学の河西秀哉准教授が雅子さまは完璧主義な点もあったから国民やメディアにどう受け止められるかを気にされてお誕生日に際しての文書を誕生日には間に合ったけども遅れてしまったこともあるということですね。

まぁ雅子さまを必要以上に攻撃していたのは統一教会とか日本会議とか宗教の信者達ですからね。それでその宗教の信者から攻撃されないためにいろいろ考えられて時間がかかったのでしょうね。

質問もあれだけ攻撃されているときだし病気で公務を休んでいるのにいつ頃復帰できそうかとか悪意がある質問とかもあったのでしょうね。

ちなみにつげのり子さんの言葉も紹介されていて愛子さまの文書回答では文字数が多いだけでなくて天皇、皇后両陛下と書かれていましたが、結婚についてのプライベートな質問では両親と言葉を変えられていたようです。

そういった細かい点にも配慮して考え抜かれていたということですね。そうした気遣いにも時間がかかってしまわれた要因だと思うということですね。

確かに愛子さまの文書は凄かったですね。かなり時間をかけたのが伝わってきました。ちなみに河西秀哉は美智子さまにかなり気を使われてコメントしているのが伝わってきました。

河西秀哉准教授やAERAの取材でも愛子さまの文書回答が遅れたことについて触れていて、愛子さまの文書を読み、目配りの届いた文面に感心したと褒めながらも美智子さまに目配りの届いたコメントをしています。

コメントでは公務について述べた部分で、『両陛下や上皇、上皇后両陛下を始め、他の皇室の皆様のなさりようをお手本とさせていただき』と表現されておりとあります。

ここで全方位に気配りと配慮の届いた満点に近い文面で、両陛下や上皇ご夫妻、皇族方や国民といった、いろいろな立場の人が読んでどう感じるか、といった部分までよく考えて文書を練っていますと答えていますが全文読めば河西准教授が美智子さまだけを意識して書いたコメントだと分かります。

両陛下や上皇、上皇后両陛下を始めお手本とありますがこのお手本だけに注目すると文書回答では1ヶ所しかありません。

それは天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下を始め、皇室の皆様のなさりようをお手本とさせていただきとあるわけですね。

でもコメントでは天皇皇后両陛下を省いて両陛下と表現して上皇ご夫妻のことに関しては上皇、上皇后両陛下と上皇でくぎり上皇后両陛下と気を使っているのがわかります。

さらに公務について述べた部分とあるのでそれだと4問目の質問になります。そこでは天皇皇后両陛下や他の皇族方をお助けしていくことが出来ればと考えていますとあります。

つまり上皇ご夫妻は公務がないので公務面ではお助けすることがないから含まれていないわけですね。

だからやはり問2の天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下を始め、皇室の皆様のなさりようをお手本とさせていただきの部分のコメントを紹介したわけですが天皇皇后両陛下は両陛下と省略しているわけですね。

そして愛子さまは所作などで分からない点があれば、事前に両陛下や他の皇族方に伺い、アドバイスを頂きながら取り組んでまいりましたと続いています。

ちなみにここで皇族という表現には上皇さまは含まれていません。天皇陛下と上皇さまは皇族ではないわけですね。

でも美智子さまや雅子さまは皇族として含まれるわけですね。つまり他の皇族方には美智子さまも一応含まれています。

でも事前に両陛下や他の皇族方に伺い、アドバイスを頂きながら取り組んでまいりましたとあるので、ここに上皇さまが含まれていないので恐らくこれまで公務をする上で美智子さまからのアドバイスは含まれていないと思います。

ただ天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下を始め、皇室の皆様のなさりようをお手本とさせていただきとあるので、ここに美智子さまは確実に含まれているのでアドバイスではなくお手本なら悪いお手本も含まれます。

悪いお手本ならアドバイスにはなりません。つまりアドバイスにはなくお手本にはあるということは悪いお手本とも見方を変えれば取れますね。

この辺が何回読み返しても美智子さまやスパイ職員には読み解けないような東大クラスの文書の工夫がされているのかもしれませんね。

愛子さま大人気で美智子発狂:印象操作で下げ記事も大失敗

天皇皇后両陛下とかも式典のあいさつなどでお言葉を述べられるときはあらかじめひな型のような文書はありますが、そこに自分の言葉をあてはめながら文書を作成するわけですね。

ただ政治的な発言が出来なかったりちょっとした発言で炎上に繋がったりするので物凄く考えられたお言葉なわけですね。

まぁそれに疲れてしまったのか秋篠宮さまは開き直ってあと質問何でしたっけという感じでその場で考えたような発言をする皇族もいるわけですね。

でも今回の愛子さまの場合は成年皇族の記者会見とか今回の人生の節目での文書回答などはひな型がないわけですね

そういう意味では成年皇族の記者会見は30分間も自分の言葉で話し続けたわけですね。しかも完璧な会見でしたからね。

あれも恐らく雅子さまと会見前に何度も練習とかをしたんでしょうね。メモを見ずに完璧でしたからね。しかも天皇陛下からもアドバイスを貰ったことを会見でも語っていましたね。

どういったアドバイスがあったかなので父から聞いたのは、聞いてくださっている皆さんの顔、お一人お一人の顔を見ながら,目を合わせつつ,自分の伝えようという気持ちを持って話していくというのがコツだと語っていましたね。

まぁ他にもございますけれどもとほんの一例だけ紹介したわけですね。そうした愛子さまのお言葉を聞いて天皇陛下も誕生日会見で愛子さまの事を語っていましたね。

昨年2月の会見で私たちも、会見に向けて一生懸命準備をする様子を目にしていましたので、無事に会見を終えることができ、安堵いたしましたとのべたわけですね。

皇族が発言する場や文書回答する機会は少ないかもしれませんが、ご自身の人間性や考え方を国民に伝える貴重な機会でもあるわけですね。

だからどういう風に国民に伝わるかとかかなり意識して工夫を凝らし、誰が読んでも配慮に欠ける表現がない文章を考え抜かれているわけで、大変な作業だということですね。

ちなみに4月から愛子さまの仕事と公務の両立生活がスタートして、入社式の日、初出社に向かう愛子さまに陛下と雅子さまは、「頑張って行ってらっしゃい」と言葉をかけたと紹介されていましたね。

満点に近い文面だったということですが、特に結婚観などについて聞かれた時にも、これまでの出会い全てが心を豊かにしてくれたかけがえのない宝物であり、深く感謝しておりますと完璧な回答ですよね。

これからも様々な出会いに喜びを感じつつ、一つ一つの出会いを大切にしていきたいと思いますということで、22歳でこの文書は考えてもなかなか出てこないし愛子さまのこれまでの報道からも嘘くさくなくて素晴らしいですよね。

秋篠宮さまなんかは経費削減と嘘で逃げ切るために事前に皇嗣職大夫に発言させたり、考えてなさすぎでバレバレの嘘をつくから余計に炎上するわけですね。

愛子さまは卒業論文を提出する際にも締め切り直前まで粘って考え抜いたと言ってましたからね。まぁ完璧主義者というか皇族という立場だからいろいろ大変でしょうね。

解答一つをとっても真面目さと責任感の強さが感じられる愛子さまでその性格は雅子さま譲りだと言われるが、雅子さまは批判にも耳を傾けておられたということですね。

お世継ぎを産むことへのプレッシャーなどのストレスで適応障害になったということですね。まぁそうさしたのはこういった記事を書くメディアの責任なんですけどね。

メディアや美智子さまのいじめでいろいろ追い込まれて公務とかも休むようになったわけですね。でもまた同じことを繰り返したいのか、愛子さまも責任感が強い印象なので雅子さまの逃げ気が再び起こらないかと心配の声も上がっているということですね。

これは宮内庁OBの言葉が紹介されていて宮内庁時代に知りえた情報を外部に漏らしているわけですね。しかもまだ雅子さまのプラスになるようなことならいいけどもそうじゃないですからね。

雅子さまはストレス軽減のために薬物治療をされていたけども薬の副作用で日中に眠気を催されることもあって、その影響で深夜の散策が日課となったり昼と夜が逆転の生活を送られる時期もあったということですね。

これも薬物治療という表現がなんか悪意ありますよね。薬を処方されていたとかサプリとかいろいろ和らげる表現があるのに一番印象が悪くなるような悪意のある記事ですよね。

そして愛子さまも雅子さまと同じ昼夜逆転(ちゅうや)に似たシーンが目撃されていたということですね。

それが先週の記事でも紹介されていた悪意のある美智子さまのスパイ職員の記事が2週続けて紹介されているわけですね。

伊勢神宮を訪問するために乗った行きの新幹線で肘掛けに両方の肘を置き、ぐったりとした姿で眠っておられたそうですということですね。

これは先週も宮内庁関係者のの証言として紹介された言葉ですね。これでも先週も指摘しましたが新幹線なんてそんなに乗る機会もなかっただろうしリクライニングのレバーを引くときに両肘をついた可能性がありますからね。

その一部分だけを切り取って両肘を置きぐったりとした姿で眠っておられたということですね。この一文も長文に直すと両肘を置きリクライニングのレバーを引いて手を膝の上において眠っていたというのをぐっと縮めて悪意のある文章の書き方になっている可能性がありますからね。

これまでの文章からこの記事では愛子さまや雅子さまの印象を下げようとする箇所がいくつも見られるので悪意の書き方がされていることは間違いないですからね。

だから両肘を肘掛けに置いたままの状態で眠っていたとは書いていないのでリクライニングのレバーを引くために両肘を一瞬だけ置いたということかもしれませんからね。

まぁ置いたまま寝ていても何の問題もないんですけどね。わざと悪意のある書き方をしていますね。やはり美智子さまに書かされているんでしょうね。

恐らく美智子さまが愛子さまの卒業式の日にしか時間が作れないからと招待したけども愛子さまが卒業式の日は友達とも会話したいので時間が取れませんとかその日は断ったのかもしれませんね。

それで美智子さまがし返して週刊誌を使って意地悪な記事を書かせているのかもしれませんね。まぁある意味美智子さまが発狂している記事なのかもしれませんね。

愛子さまをおとしめたいけども世論は美智子さまに批判的な記事が増えて愛子さまを絶賛するコメントで溢れて美智子さまも怒り狂っているのかもしれませんね。

今まで週刊誌にいくら払ってきたと思っているのと死ぬ間際になって今までの美智子さまの週刊誌買収がバレて逆効果になっている現象に発狂した記事という感じにも読み取れますね。

愛子さまは成年皇族の会見でご自身の長所についてどこでも寝られるところとユーモアを交えて解答されましたがここを悪意のある記事に書き替えたわけですね。

初の単独公務での伊勢神宮参拝という緊張感の中、初日の朝から車中でぐっすりお休みになられているので生活のリズムが崩れていないか不安視する人もいるようだと同じスパイ職員ですね。

逆に同じことをチャットGPTに聞いてみました。そしたらこれは非常に自然な反応とも言えるでしょうと返答が返ってきました。

人は緊張やストレスを感じると、それを処理しようと体が自動的に反応して緊張が解けると深いリラクゼーション状態に入り、深い眠りにつくこともありますということですね。

愛子さまが新幹線に乗るまではお手振りとか緊張状態だったでしょうからね。その緊張状態が解けて深いリラクゼーション状態で次の参拝に向けて休まれたともとれるわけですね。

つまりこの記事を書く人が悪意のある書き方をするか褒めようとするかで書き方が全然変わってくるということで、今回は悪意のある書き方をしている人が執筆していることがわかるわけですね。

ちなみに雅子さまが適応障害になった理由として心理学に詳しい出口さんが適応障害はまじめで些細な事にもストレスを感じやすい人が陥りやすいということですね。

雅子さまは外務省から皇族になり大きく環境の変化があり適応しなければいけないと強い思いがあったからこそ多くの苦悩を抱えられたのだろうということですね。

でも愛子さまはこれから社会に出て環境が違う価値観や意見に触れることが増え、多角的に物事を考えることが出来るようになって様々なストレスに対処していけるだろうということですね。

ただ河西秀哉准教授は愛子さまも今は絶賛する声が大きいけれど目立つと批判的な意見も増えてくる可能性もあってそういったのを目にして気にしだすとストレスを感じてしまう可能性はあるということですね。

まぁかなり悪意のある記事でしたね。

created by Rinker
主婦と生活社
¥1,650 (2024/05/21 18:53:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました