アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

雅子さまと紀子さまレティシア王妃の教訓!英国の次はスペインに天皇陛下と愛子さまもコラボ?

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

雅子さまの緊張と笑顔:英国の特別な歓迎と友情

女性自身に両陛下のイギリスのオックスフォードでのことについて書いていましたね。オックスフォード大学のパッテン総長から雅子さまは名誉法学博士号を授与されたわけですね。

それで赤いガウンをお召しになっていましたが凄いサプライズでしたね。天皇陛下も囲み取材で「思い出の地に戻ってきたという印象を強く持ったと語っていましたね。

そして多くの方にウェルカムバックお帰りなさいというふうに言っていただいたということですね、そして二人にとっての思い出の地に二人でもって立つことができたという、これは本当に大変幸せなことだというふうに思っていますと答えたわけですね。

雅子さまも予定されていた行事にはすべて望まれえましたがやはり25日の公式行事を迎える前には緊張もされていたようですね。

まぁ馬車のパレードだしいろんな意味で凄い緊張したでしょうね。宮内庁の嘘を守るためにマスクをしたりそもそも凄い規模のパレードだから普通に緊張しますからね。

昨年のインドネシアご訪問とは異なり、今回の訪英では主治医の大野医師が随行されて到着直後の23日・24日を休養日に充てられたわけですね。

これは万全を期して、もっとも重要な日に臨みたいという雅子さまのご決意の表れだろうというころですね。まぁ佳子さまの時のように飛行機トラブルで遅れることもありますからね。

でも25日は、歓迎式典と馬車パレードと無名戦士の墓への供花に晩餐会と物凄い詰め込んでいて普通に考えると2日に分けた方が良さそうなスケジュールですが雅子さま的には1日でハードスケジュールの方がいいんですかね。

日英両国が注目する公式行事は11時間にも及び、皇后になられてからの雅子さまにとって、もっとも長い一日だったといっても過言ではないでしょうということですね。

歓迎行事の会場に到着された際には、少しご表情も硬かったようですが晩餐会のころには、すっかりリラックスされていたようですね。

この日は晩餐会以外にもプライベートな食事会という位置付けで、午餐会も開催されたようですね。王室が昼と夜に食事っていうのもやはり特別な関係だというのが伝わってきますね。

プライベートな午餐会は取材設定がなくラウンドテーブルを囲む形式で行われて、雅子さまはチャールズ国王と同じテーブルに座られたようですね。

ちなみにこの午餐会に関しては26年前に上皇ご夫妻が国賓として訪英された際にはなかった行事のようです。だから日本の皇室との関係を特別視しているし特に令和になってから両陛下を温かく迎えてくれているのが伝わってきますね。

敢えて26年前の国賓と差をつけるという意味もあったのかもしれませんね。エリザベス女王の在位70年を祝うプラチナジュビリーでも日本の皇室を紹介する時に平成飛ばしで紹介されていましたからね。

イギリスは日本のジャニーズの問題にもズバッと言ってくれますからね。日本の皇室のことについてもズバッと言ってほしいですがそれだと少し間違えると雅子さまがいじめられる可能性もありますからね。

ただ平成時代と比べて明らかに歓迎していますよというのを見せつけたのかもしれませんね。ちなみに贈り物ですが陛下はチャールズ国王に輪島塗の漆器を贈られたわけですね。

そして雅子さまはカミラ王妃に佐賀錦のハンドバッグを贈られたわけですね。さらにチャールズ国王は金銀製のペアタンブラーとスコッチウイスキーでカミラ王妃からは雅子さまのお印である『ハマナス』を描いた特注の扇子がプレゼントされたようです。

手作りと言われていましたが雅子さまのお印が描かれていたんですね。凄いですね。ちなみに小和田家の知人の話も紹介されていましたね。

オックスフォード大学からの名誉学位授与は、雅子さまにとって、大変うれしかったことでしょうということで雅子さまは、外務省の研修生としてオックスフォード大学のベイリオル・コレッジに約2年間留学されたわけですね。

ハーバード大学では数理経済学専攻をしていてオックスフォードでは国際関係論を学ばれたようです。でも修士論文に取り組んでいる途中に帰国しなくてはならなくなって修了できなかったようですね。

そして修士論文の指導を担当したルーカス・チュカリス教授は週刊誌の取材にマサコは賢いだけではなく、非常に性格がよく、彼女が私の教え子でなければ『尊敬』という言葉に値する人物だと思います。と答えているようですね。

修士論文については『日本政府によるアメリカ製航空機の購入』というテーマだったようです。外務省から呼び戻されたため、断念しなければならなかったのは残念だったということですね。

呼び戻された背景としては当時は、日米貿易摩擦が課題となって日米間の経済関係に詳しい人材が集められて若手の雅子さまも注目された一人だったということですね。

まぁスーパーエリートですからね。修士論文を完成できないまま帰国された雅子さまが訪英の最終日にオックスフォードを訪問されると名誉法学博士号を授与されたということですね。

実はロンドンからオックスフォードへの高速道路が事故により大渋滞して同行取材団は3時間半も立ち往生して両陛下は高速道路を使わず一般道で向かわれたようですね。

まぁ今回はイギリスも選挙期間中で大変な時でしたがイギリス王室は凄い対応をしてくれましたからね。皇室と英王室の友情を確認し、未来につながるご訪問になったことで、雅子さまも自信を深められただろうということですね。

確かに今回の訪問は雅子さまにとっても凄いプレッシャーはあったと思いますが自信になったでしょうね。

雅子さまと紀子さま:レティシア王妃の対照的な姿

ちなみに愛子さまの話題も女性自身で書いていましたが愛子さまは日赤に常勤の嘱託職員として働いているわけですね。

愛子さまは天皇皇后両陛下が歓迎式典に臨まれていた25日の夕方の家路がふだんと少し異なっていたようです。愛子さまは皇居の通用門と呼ばれる乾門を使われることが多いのですが、この日は半蔵門から入られたようです。

この門は、天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻がおもにお使いになってきたもんで、いつも愛子さまは通られないのですがこの日はこの門をお使いになったということですね。

両陛下が英国ご訪問中で唯一の皇女として、両陛下がご不在の間も両親に代わり皇室の果たすべき使命を守り、国民を守るという、愛子さまのご決意が表れていたように感じたということですね。

両陛下がイギリスにいる間は皇居でもっともご身位が高いのは愛子さまでその強いご決意を抱かれていたのだろうということですね。

そして28日の夜、ご退勤時に日赤本社近くのバーを貸し切りにして同僚ら15人ほどの懇親会に参加されていたようです。ビーフシチューや餃子、ピザなどの料理を囲まれながら、お食事を楽しまれていたようです。

まぁ本当に仕事をされていたらこういうリアルな話が出てくるわけですね。2時間ほど談笑された後、愛子さまがお帰りになるときのご表情は、楽しげで晴れやかなものだったようです。

まぁ28日だったらイギリスの歓迎式典が終わって大成功したのを知っていますからね。しかも28日はオックスフォード大学に行った時ですね。

現地時間よりも8時間日本が進んでいて両陛下がオックスフォードを訪ねたのが朝11時半過ぎです。そこから8時間後だと午後7時半ごろですね。

だから食事会の頃に到着したぐらいですね。それで恐らく愛子さまには直接メッセージとか来るだろうから今からオックスフォードに行きますとかそういう連絡があったかもしれませんね。

それでオックスフォードに行く日も体調は良かったとかそういう情報も分かった上で食事会に行かれたんでしょうね。まぁ両陛下が帰国されてからはオックスフォードの話とかもたくさんされたんでしょうね。

ちなみに両陛下の次の海外訪問の候補地も書かれていましたね。英国に続き期待が高まっている国があってそれがスペインだということですね。

天皇陛下と雅子さまにとっても英王室と同等に深い関係のスペインが筆頭候補だろうということですね。天皇陛下は現国王のフェリペ6世と、英国留学以来の関係があるようです。

皇太子時代を含めて天皇陛下は5回もスペインを訪問され、フェリペ国王も即位前からたびたび来日しているということですね。

天皇陛下と雅子さまが出会われるきっかけも1986年10月に来日したスペインのエレナ王女の歓迎茶会で1998年に来日したフェリペ6世を、両陛下が鎌倉を案内してもてなされたようですね。

両陛下は2004年5月にデンマークやスペインなどを歴訪され、デンマーク皇太子と皇太子時代のフェリペ6世の結婚式に参列されるご予定だったようです。

でも前年末に雅子さまが著しくご体調を崩されてご療養に入られてしまって、両陛下は直前までご努力されましたが、雅子さまのご同行は叶わなかったということですね。

そして天皇陛下は訪問を終えて“いつの日か二人で”と綴られた感想を公表されたようです。2005年にもスペイン国王夫妻が来日して東宮御所に招き、夕食会を催されたようです。

その時に懐妊中だったレティシア王妃を気づかわれたメニューなどを雅子さまが決められ、愛子さまもおもてなしに加わられたようです。

愛子さまはまだ3歳の時ですね。さすがに記憶はないと思いますがこういう経験があったから愛子さまは6歳からスペイン語の勉強を始められ現在も継続されているのでしょうということですね。

まぁスペインの交流があるからというよりもスペイン語を公用語とする国はスペインだけです植民地とかも関係しているのかスペイン語を普通に話せる国はたくさんあるわけですね。

佳子さまがこないだ行ったペルーもスペイン語ですね。他にもアルゼンチンやボリビアやチリやコロンビアとか南米が多いんですかね。

メキシコやパラグアイやベネズエラとかスペイン語を話せる国は多いわけですね。だから英語の次に学ぶというとやはりスペイン語だったんでしょうね。

それでこれからのことを考えると愛子さまもスペイン語が話せるし今後のスペインとの国際親善に、愛子さまも深く関わってもらいたいと願われているはずだということですね。

雅子さまの体調の波との闘いは続きますがその困難を克服される答えが、天皇ご一家の家族で臨むスタイルにあるのではと河西秀哉准教授が解説していますね。

昔の家父長的な家族のあり方ではなく、天皇ご一家が仲むつまじくご養蚕やコンサートのご鑑賞に臨まれる形は、国民に近く、しかしどこかで憧れを抱かせる象徴天皇のお姿を示しているのではないでしょうかということですね。

まさに現代にあった象徴という感じですね。親子での外国への訪問も、各国の王室ではめずらしいことではなくなったようですね。

雅子さまのご負担が大きいときに、愛子さまも一緒に訪問されていれば、陛下と愛子さまが行事に臨まれるといった対応も出来るわけですね。

そして欧州では愛子さまの同世代が軒並み女王となって欧州王室との交流を深めるという点からも、愛子さまが同行されるメリットは大きいということですね。

まぁ確かにスペインは秋篠宮ご夫妻では絶対にダメですからね。天皇陛下と雅子さまの即位の儀式で饗宴の儀だったか分かりませんがフェリペ国王とレティシア王妃と秋篠宮ご夫妻が挨拶する場面でレティシア王妃が凄い怒っていましたからね。

雅子さまがカミラ王妃とチークキスをしていましたが基本的にチークキスは仲がいい関係じゃないとダメなわけですね。握手かカーテシーをして仲が良ければチークキスという感じですね。

それで紀子さまはフェリペ国王とレティシア王妃のどちらとも仲が良くないのに屈伸運動をしてからチークキスをしたわけですね。

本来は屈伸運動ではなくてカーテシーが正解でさらにチークキスは非公式な場や親しい間柄でするものですが公式の場で親しくないのにチークキスしたので怒らせたわけですね。

しかも紀子さまは最初にフェリペ国王と屈伸運動してチークキスで次にレティシア王妃と屈伸運動してチークキスでそれで終わりなのですが戻ってフェリペ国王とさらに話しかけたわけですね。

レティシア王妃が紀子さまとフェリペ国王の間を割り込んでいるように見えますがそもそも挨拶はそこで終わっているわけですね。それなのにまだ紀子さまが話そうとしたわけですね。

その後もレティシア王妃が怒っている感じの映像がありましたね。まぁスペインに関しては絶対に秋篠宮家に行かせたらダメだし是非両陛下と愛子さまでスペインに行かれてほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/24 18:51:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました