アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【佐々木麟太郎スタンフォード大学で世界一の監督へ】大谷翔平と父親が親戚なみの付き合いで恩人で強力コネで推薦か!小室圭と悠仁さま同じコネもここが違う

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

佐々木麟太郎の奨学金全額免除と小室圭の奨学金全額免除の違い

花巻東高校の佐々木麟太郎内野手がスタンフォード大学に留学と報道されていましたね。スタンフォード大学と言えば世界2位の大学ですからね。

物凄いことですね。東京大学で世界の大学ランキングで29位と言われているからそれよりも滅茶苦茶難しいということですね。

ちなみに東京大学の受験倍率は3倍ぐらいでスタンフォード大学は25倍ぐらいのようですね。倍率だけ見るとそこまで難しくなさそうですがそもそも成績が凄く優秀じゃないと東京大学に受験すら出来ないわけですね。

同じようにスタンフォード大学も受験できるだけで凄いわけですね。しかもそのハードルが東京大学よりも高いわけですね。

その中で倍率が25倍だということですね。さらに日本人が現役でというと余計に難しいからそれだけでどれだけ難しいかが想像もつかないレベルですね。

アメリカの学生はSATやACTのテストの点数で何点以上とかそういう基準が設けられてさらに際立った課外活動やリーダーシップに革新的な思考や社会貢献とかいろんな分野で卓越したスコアーが必要なわけですね。

さらに推薦状とか個別面接も求められるわけですね。当然現役でスタンフォード大学に行けるということは相当英語力もあるんでしょうね。

しかもスタンフォード大学で全額奨学金を受けるということで学費や寮費もかからないわけですね。これはそもそも全額奨学金を受ける生徒は極少数でしかも国際学生に対しては限られた財源の中でさらに厳しいわけですね。

学業成績はもちろんですがよっぽど現在の成績が評価されてさらに将来性に関してのポテンシャルも評価されたことを意味するわけですね。

まぁこれらの評価されたポイントとしてはやはり花巻東高校でアメリカでも有名な大谷翔平の後輩でもあり大谷選手よりも高校時代の本塁打が多かったわけですね。

スタンフォード大学としては大谷翔平とも近づけるチャンスというのも一つにはあったかもしれませんね。スタンフォード大学もドジャーズと同じカリフォルニア州ですからね。

だから佐々木麟太郎選手だったら大谷翔平選手から試合見に来たかったら招待してやるぞって感じで行きたいときにも行けるという特権がありそうですからね。

学業が優秀なのはもちろんですがいろいろ考えてスタンフォード大学としても授業料や寮非の全額免除で受け入れたんでしょうね。

まぁ全額免除と言えば小室圭も全額免除になりましたね。でも実際には2年目からは分かりませんが1年目は授業料が約660万円と寮費と書籍台で約1000万円が支給されました。

だから実質生活費しかかかっていないわけですね。でも大手留学サイトによると住居費を除いた生活費は年間最低でも120万円がかかるようです。

だから3年間で360万円ですね。つまり1年間で1120万円はかかり3年間それで生活するつもりでフォーダム大学を受けてたまたま全額奨学金免除になったわけです。

まぁ実際はたまたまではなくて皇族のフィアンセを売りにしたからフォーダム大学のホームページにも掲載されたんですけどね。

でも小室圭はフォーダム大学に行く前に少なくとも3360万円と余裕資金があることを証明して留学ビザを取得しています。

そして1000万円と2年目3年目に関しては全額ではないと思いますがいくらか奨学金で免除されていると思います。

つまり1000万円は最低でも全部浮いたわけですね。でも小室佳代さんと元婚約者の間でトラブルになっていた409万円については貰ったものだから返さないと言ってもめて結婚が延期になりました。

元婚約者は小室圭のアメリカのカリフォルニア大学の留学費用として409万円を貸してくれた命の恩人です。でも借りていない貰ったと言って返さなかったわけです。

返していたら普通に炎上もせずに結婚できていました。小室圭は金が有り余っていても命の恩人の元婚約者に金を返さなかったわけですね。

佐々木麟太郎の強力な大谷翔平とのコネと実績

ただ佐々木麟太郎さんもスポーツ推薦で行くのでしょうね。そもそも花巻東では成績もトップクラスのようですが花巻東が偏差値50もない高校ですからね。

ただ進学実績は東京大学にも進学している人が過去5年間で1人いるし賢い人はいるようですね。でもスタンフォード大学は卒業率が95%と高いです。

だから卒業するまでのサポートは徹底していそうですね。スポーツ面では一級品で今後世界でも活躍の可能性があるから勉強面は大学側もフルサポートする気かもしれませんね。

英語は苦手みたいだから今オンラインで勉強中のようです。偏差値50以下の高校で英語が苦手ってのがどのレベルなのかがよくわからないですが頑張ってほしいですね。

でもちゃんと情報が出てきますからね。平均は80点でクラスでもトップクラスだが英語が苦手ということで皇室の方では悠仁さまなんかは中学校も学年トップクラスで提携校進学制度を利用して毎年30人ぐらい東京大学に進学している超進学校の筑波大附属高校に行きました。

高校に行く時も作文が佳作に選ばれたことが評価されて提携校進学制度で入学と言われていました。でもその佳作を取った小笠原諸島を訪ねてという作文は世界遺産小笠原という小笠原の魅力を紹介したガイドブックの文章をパクっていました。

応募の注意には、他人の文章を勝手に使ってはいけませんと書かれています。だからここの文章は引用しましたと標記すれば問題はないです。

でも悠仁さまは引用を忘れたと報道されました。でも実際には引用忘れよりも悪質な行為をしていることが発覚しましたがメディアは全力でその悠仁さまの悪事を隠しました。

悠仁さまの文章では、あるものは風によって運ばれ、翼をもつものは自力で、あるいはそれに紛れて、三つのW、Wave(波)、Wind(風)、Wing(翼)によって、海を越えて小笠原の島々にたどり着きとあります。

そしてガイドブックには、あるものは海流に乗って。あるいは、翼を持つものは自力で、またはそれに紛れて。いわゆる3W、風(Wind)、波(Wave)、翼(Wing)により、数少ない生きものだけが海を越えて小笠原の島々にたどり着くことができたとあります。

これは丸パクリよりもひどい盗作行為になります。自分の言葉にアレンジしてほぼパクっています。丸パクリなら引用を忘れましたで逃げ切れる可能性がありますが、自分の言葉にしてパクっているので逃げ切れない悪質な盗作行為です。

でも逃げ切ってご指摘に感謝して盗作ではなくて引用行為として北九州作文コンクールの運営側にいって修正させました。

応募の注意には、他人の文章を勝手に使ってはいけませんとありますが勝手に使って仮に賞を受賞してしまったものに関しては修正も受け付けることにしますと運営側が発表して修正しました。

それでその実績で悠仁さまは筑波大附属高校に行きました。そもそも悠仁さまは小笠原諸島に行った時の写真が1枚もありません。

だから小笠原諸島に行ったことも嘘だという可能性がほぼ100%と言われています。少なくとも小笠原諸島に行ったのであれば島民にとって悠仁さまと出会ったことは何も嬉しいことではなく写真に収めるほどの出来事ではなかったということです。だから日本の象徴にはなれないことは確実視されています。

佐々木麟太郎選手の場合は誰が見ても分かる実績の高校通算134本塁打という高校歴代最高本塁打記録を更新しています。

だからドラフトでも1位が確実視されていましたがスタンフォード大学にスポーツ推薦でいけたのでしょう。

日本は野球でも世界一になっていて大谷翔平の後輩でもあるのでアメリカでも通用するとスタンフォード大学も見込んだのでしょう。

それになんといってもスタンフォード大学も大谷翔平とのパイプが間違いなく持てると思ったのでしょう。実は佐々木麟太郎さんの父親は菊池雄星や大谷翔平選手を育てた花巻東高校の監督でもある佐々木洋監督でもあります。

だから大谷翔平選手の恩人でもあります。佐々木麟太郎は中学校時代に大谷翔平選手の父親が監督をしているシニアリトルでプレーしています。

大谷翔平選手の魅力と言えばマンダラチャートとかで目標をたてたりそういうことも評価されていましたよね。そういった取り組みを佐々木麟太郎さんもだいぶ前からやっていてもおかしくありません。

つまり佐々木麟太郎さんは強力なコネと強力な実力を持っているからスタンフォード大学に行けたわけですね。

逆に悠仁さまも東京大学に行くのではと言われています。ただ成績面での実績はほぼありません。一つ実績になりそうなもので言うと赤坂御用地のトンボ相というトンボの論文で筆頭筆者になりました。

ただこれもトンボが死んでいる写真を生きているように撮影している疑惑とか赤坂御用地にいないトンボをいるかのように放虫した疑いがもたれ不正論文を暴く世界的に一番有名なエリザベス・ビク氏にもブログで紹介されてしまい絶体絶命です。

悠仁さまは実績として盗作作文という不正の実績があります。そして不正論文という実績が追加されようとしていますが強烈なコネだけで東京大学に行こうとしています。

まぁ悠仁さまに関してはごくごく一部の情報を紹介しました

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/14 17:54:26時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました