アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【悠仁さま永野芽郁ドラマ意味深SOS】天皇陛下がトンボ論文に触れなかった理由:愛子さま皇太子へ!文化祭での衝撃発言とバドミントンの嘘

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

天皇陛下が悠仁さまを評価?高校生活の本当の姿暴露

週刊女性に悠仁さまのタイプが書かれていましたね。最初は悠仁さまを持ち上げるために天皇陛下も利用していましたね。

天皇陛下の誕生日の発言でトンボの話や野菜の栽培、またクラブ活動のバドミントンの話など生き生きと話してくれますので充実した日々を送っているのではないかと思いますという言葉ですね。

この言葉とトンボの論文を発表した事や沖縄県の修学旅行でしおりに時間があればトンボをみたいと綴られたように悠仁さまといえばトンボというイメージを抱く人は多いだろうということですね。

そして陛下がおっしゃるように青春を謳歌されているようですと皇室ジャーナリストの言葉が紹介されていましたが名前を名乗れない皇室ジャーナリストで悠仁さまを強引に持ち上げているのでこれは八幡和郎ですね。

悠仁さまを自分で持ち上げてこんな感じで週刊誌では褒められていますと自分の言葉を人の言葉のように紹介して一人何役も演じて持ち上げていますからね。

まぁ盗作作文で不正論文だと前科二犯になるから持ち上げるためには利用できるものは利用しようって感じで必死ですね。

それに陛下がおっしゃるように青春を謳歌していると言っても天皇陛下が語ったのは悠仁さまの言葉が真実であれば充実した日々を送っているのではないかと思いますということですね。

悠仁さまはトンボの研究で皇居に何度も来ている設定ですが天皇陛下が直接感じたのではなくて悠仁さまの言葉が正しければということですからね。

悠仁さまの事を判断することが出来たのは昨年の悠仁さまの誕生日1度だけです。その悠仁さまの誕生日の挨拶でのお言葉だけで天皇陛下は判断するしかなかったわけですね。

もし天皇陛下が悠仁さまのトンボを評価していれば少なくとも赤坂御用地のトンボ相について触れています。でも天皇陛下の誕生日の直前に不正を暴くスペシャリストが悠仁さまの論文の不正疑惑を報じました。

天皇陛下がこの話題を知らないわけがないです。国際問題になるので当然耳に入っているでしょう。青春を謳歌しているようだという割にはそれを裏付ける証拠が全くないですからね。

実際修学旅行もどんなトンボが見たいとかではなくてただトンボが見たいと漠然とした気持ちでいたことがわかりますよね。

それとボッチだったことも内部告発でバレてしまいましたよね。まぁあの暴露もある意味高校生からの優しさなのかもしれませんね。

嘘をつかない方がいいかもよというメッセージだったのでしょうね。ただそのメッセージも聞けなかったようでバドミントンの大会では新人戦には出してもらえず実質のデビュー戦が引退試合になったわけですね。

部員は25人で試合に出れるのは5人から10人で技術のある部員が選抜できるということですがガチのメンバーではなく同好会のようなもんですからね。

そのメンバーでも大会に選ばれなかったので引退試合に1試合だけ出してもらえたわけですね。しかもシングルスなら0点で終わってしまうのでダブルスで強い人とペアにしてもらって何点か取ってもらったわけですね。

しかも鳥織スマッシュを放つなど健闘されたそうですという言葉で分かるように悠仁さまは1点も取ることが出来なかったことがわかります。

1点でもとれていたらスマッシュを決めたとかそういう表現になりますよね。でも1点も取れていないからゆるゆるスマッシュをはなっていたのかもしれませんが返されていたんでしょうね。

もしそこでゆるゆるスマッシュに相手が攻撃を仕掛けてミスしてネットにあたっていたら悠仁さまのスマッシュが決まったと書けたのでしょうね。

でも残念ながら相手も悠仁さまのゆるゆるスマッシュにミスしてくれなくて返されたので健闘されたと書くのが精いっぱいだったのでしょうね。

2年生の終わりに初の公式試合で試合会場も厳戒態勢で後からの入場が出来ないという迷惑な会場だったようですからね。

そして文化祭ではベビーカステラを食べていて通りかかった女子生徒からおいしいと声をかけられたようで悠仁さまは少し照れたように目をそらしうまいと子たようですね。

ただ別の同級生がやってきてお腹いっぱいと聞かれたら悠仁さまはなぜかアツいと返されて同級生からなにそれとドン引きされて笑っていたことも書かれていましたね。笑っていたのではなくて笑われていたですね。

そして悠仁さまのクラスはRADWIMPS のなんでもないやを合掌されたわけですね。悠仁さまは口を大きく開けて歌ってらっしゃったのが印象的と悠仁さまの声は聞こえてこなかったのでしょうね。

ちなみにこの歌詞にはいつもしゃべららないあの子に今日は放課後また明日と声をかけたというフレーズがあるんですよね。

なんか意味深な歌詞も含まれていて流石筑附の生徒だなって感じの選曲でしたね。そしてクラスの出し物のジェットコースターに乗車されて楽しそうな笑顔を浮かべられる姿も拝見できたということで、楽しそうだっただけでいいのに無表情というイメージをなくしたいのか楽しそうに笑顔とかいたのでしょうね。

悠仁さま永野芽郁にメロメロ?重病のSOSで愛子さまを皇太子へ

そしてここからが新情報で最近ではトンボ以外にも推しが出来たということで、最近お気に入りなのが女優の永野芽郁さんのようですね。

2018年にNHK朝ドラ半分、青いでヒロインを務めた若手女優で悠仁さまも彼女に夢中だと秋篠宮家関係者が語っていますね。

それで現在永野芽郁さんは月9のドラマで放送中の君が心をくれたからで主演を務めているようですね。長崎を舞台にしたファンタジーラブストーリーということで悠仁さまは長野さんが出演する番組はチェックしているようです。

ドラマの番戦で出演したバラエティー番組も見るほど長野さんのファンのようです。月9のドラマもご覧になって胸をときめかせているのではってことですね。

ただこのドラマがちょっと意味深で永野さんの役は自分に自信が持てず人に心を開けなかった時に山田裕貴演じる朝野太陽に出会いパティシエの夢に挑戦することになるようですね。

相手の太陽は長崎で代々伝統を受け継ぐ老舗花火職人の跡取り息子のようですね。永野の母親はなくなっていて祖母と暮らしていたようですが祖母から太陽にあの子は母親から虐待を受けていたと明かされてあの子の心を変えてと頼まれるわけですね。

なんかかなり意味深なドラマですね。悠仁さまにだけ凄い刺さるドラマって感じですね。ちなみに太陽は色覚に支障があって赤が見えないようで交通事故にあったようです。

それでなんとか助けたいと永野が助けようとするけども助ける代わりに互換を失っていくというファンタジー要素もあるようですね。

しかも片耳の聴覚を失ったりなんか悠仁さまと被るところがあるので確かに悠仁さまが興味を持ったのも納得だし悠仁さまに障害があることをドラマを通じてSOSを出したのでしょうね。

まぁただドラマにはまるのは分かるけども視聴率も月9で平均が5.7%と昔は20%が当たり前でしたがやはり最近は低いんですね。

恐らく過去最低にはならないかなというレベルで今のところは過去3番目に低い月9の視聴率のようです。まぁファンタジー要素もあり現実と離れすぎてるのもあるかもしれませんが悠仁さまには現実的すぎてはまっているのでしょうね。

ただ番宣のバラエティーも見るってやはり勉強をしていないことがわかりましたね。さすがに2018年の朝ドラからはまっていたら全く勉強していないことがわかりますがこのドラマからだと思いたいですね。

でも受験勉強真っ最中にドラマにはまりだすってのもどうかと思いますけどね。まぁ永野演じる雨と山田演じる太陽が主演ということで雨と太陽が主演ということですね。

まぁ悠仁さまにとっては今の閉じ込められて無表情な自分から抜け出すためには太陽神である天照大神が現れてくれないかなと感じているかもしれませんね。

だから早く皇位継承問題で直系長子にして愛子さまを皇太子にして悠仁さまを解放してあげたいですね。

まぁただトンボ論文不正とか盗作作文とか後から不正が発覚するという最悪の展開なので悠仁さまは日本の象徴にはなれないしここから出来るとしたら自分を出していくしかないでしょうね。

成年皇族の記者会見で自分は生涯なんだということを告白して親から無理矢理箔付けされまくってある意味虐待を受けていたんだと告白したら皇籍離脱して自由にさせてくれるのではないですかね。

まぁ職員も秋篠宮家の不正とかどんどん暴露して悠仁さまを自由にさせてあげてほしいですね。永野さんが好きだというのは最後のSOSかもしれませんね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/17 17:56:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました