アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

佳子さまギリシャで絶対NGお手振り全米サクラの女王と英語で懇談メディアの罪

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

エトさんが佳子さまのギリシャ訪問についてお手振りがNGだよと解説していましたね。そこでチャットGPTに聞いてみると確かにギリシャではお手振りはNGのようです。

ギリシャでは手を振る行為に注意が必要ということで特に、手のひらを相手に向けて手を振ることは、非常に失礼で侮辱的なジェスチャーと見なされるようです。

このジェスチャーは「モウツァ」と呼ばれているようです。侮辱の意味を持っているようですね。だからギリシャでの挨拶やコミュニケーションでは、手のひらを見せずに手を振るか、別の方法で挨拶することが望ましいようです。

まぁ手のひらを見せずに手をふるってなんかハンカチやタオルを持ちながら手を振るとかそんな感じですかね。ただ挨拶で安全な選択肢としては、微笑んで軽く頭を下げるか手を胸に当てる行為や握手をすることが良いでしょうということですね。

これにより、相手に対して敬意を示すことができるわけですね。ギリシャに行く前にけっこうご進講をされていましたがそういったことに関しては絶対に聞いているはずですけどね。

まぁ調べてみると写真を探すだけで結構手を振られている場面があったので実際にはかなりやらかしていそうですね。

アメリカで言う中指をたてるようなポーズのようですからね。まぁ本人は挨拶をお別れで印象をあげるためにお手振りして笑顔でやってるんでしょうけどね。

まさか笑顔で中指立てるようなポーズをやっているなんて本人はわからないでしょうね。ただこれは何度も手を振っていたから本来だったら通訳さんがお手振りはNGと言ってあげるべきなんですけどね。

まだ若い通訳さんだったけどもギリシャ語とかはできるけどもマナーとかは知っていたんですかね。まぁ知らなくても周りにはたくさんのお偉いさんやギリシャにいる日本の偉いさんもいるはずだから気付いて指示を出さないんですかね。

ちなみに手のひらを見せるポーズが駄目な理由はたくさんあるようですがお尻を連想させたり相手の顔に向けて売買すると下品で拒絶や虫や侮辱という意味になるということですね。

まぁ全米サクラの女王と面会されていてそこで英語と日本語を使い分けながら20分懇談と紹介されていましたがギリシャの首相とは英語が話せるのに日本語で話して慌てて通訳を探していましたからね。

こういう無理に持ち上げる報道が余計に秋篠宮家の炎上に繋がるからメディアも正直に嘘のない報道をすればいいんですけどね。

まぁ佳子さまに関しては学習院を退学して英語だけの授業のICUにAO入試で入学して今さら英語が話せないと言えない状況なんでしょうけどね。

悠仁さまの学力もどうなんでしょうね。報道統制でなかなかリアルな情報が出てきませんが今年はいろいろ大学の話題とかありそうですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,490 (2024/06/18 18:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました