アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【愛子さまが皇太子へ歓喜:宮内庁がフライング】紀子さま絶体絶命で体調不良に納得で爆笑!眞子さん延期で佳子さま結婚タイミングの逃しどうなる?

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

愛子内親王殿下ついに皇太子へ宮内庁がフライング

宮内庁のサイトに愛子内親王殿下のご日程というページが2月1日に掲載されたようですね。今は見れなくなっていますがこれは本格的に成年皇族として活動されることを意味していそうですね。

3月で学習院大学を卒業されて4月からもしかするとこのページが再度登場するかもしれませんね。それで非公開にしておくつもりが公開してしまったのかもしれませんね。

でも少なくともページが一度作成されたことは事実ですね。秋篠宮家の佳子さまの情報に関しては秋篠宮家の活動の中に掲載されて単体のページがないですね。

でも愛子さまは独立したページは現在は存在しないとなっていますが作られたことは間違いないですね。これはやはり皇太子としてのご活動としてページが作られた感じがしますね。

もちろんこのページを作るにあたって宮内庁が独断でやったとは思えません。つまり天皇皇后両陛下や愛子さまや上皇ご夫妻にも確認を取った上で掲載したのではないでしょうか。

もしかすると秋篠宮ご夫妻にも確認を取ったのかもしれません。だからやはり愛子さまが皇太子になることを想定しているのではないかということですね。

ちなみに平成時代はどうだったかというと上皇ご夫妻のご日程が掲載されていたわけですね。そして当然その時に天皇皇后両陛下は皇太子ご夫妻としてご日程が書かれていたわけですね。

でも奇妙なことが起きるのは平成16年7月です。ここで突如として秋篠宮家の御日程が出てきます。これが謎ですね。

平成16年というと2004年です。だからこの時は悠仁さまは生まれていないですね。そして愛子さまは生まれていました。

そして雅子さまは1963年生まれなのでこの時に40歳でした。それで宮内庁としても雅子さまに子供はもう望めないと思ったのではないでしょうか。

それで秋篠宮家が皇太子の準備をしたのではないでしょうか。しかも上皇さまが1934年生まれなのでこの時に70歳です。

つまり上皇さまが70歳と雅子さまが40歳ということで上皇さまがもしもの時のことや雅子さまに男の子が生まれなくて皇室典範も改正されないことも考えて秋篠宮ご夫妻のご日程ページが登場したのではないでしょうか。

だからその時には天皇皇后両陛下のご日程と皇太子ご夫妻のご日程と秋篠宮ご夫妻のご日程があったわけですね。

これは秋篠宮さまが皇太子になる可能性を考えてご日程のページを作ったわけですね。それで皇室典範が改正されずに秋篠宮さまが皇嗣になったわけですね。

でも皇嗣というのは皇太子とは明確に違うので内廷皇族ではないわけですね。それで愛子さまは内廷皇族だけども皇太子ではないわけですね。

ただ今後皇室典範が改正して女性天皇・女系天皇の道が開けたら愛子さまが皇太子になるわけですね。

皇室典範第8条にも皇太子たる皇子を皇太子というとあるわけですね。それで 皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫というわけですね。

それでこの皇嗣というのが皇位継承1位をさすわけですね。さらに皇子というのがその子供を意味するわけですね。

皇太子が即位する時にこの皇嗣たる皇子がそのまま皇太子になりますが天皇陛下が即位する時に皇嗣たる皇子が不在だったわけですね。

それで秋篠宮さまに皇太子に変わる皇太弟の打診があったわけですね。でも秋篠宮さまはそれを断って皇嗣になったわけですね。

ちなみに皇嗣たる皇子の皇子というのは一般的には男性女性をとわないとあるわけですね。だから男系男子という項目だけを修正して直系長子にすれば愛子さまは皇嗣たる皇子になって皇太子になるわけですね。

皇子というのはそもそも天皇の子供という意味なわけですね。それで愛子さまを皇太子にすべく愛子さまのご日程のページが作られたのかもしれません。

実際に黒田清子さんも天皇陛下の子供でしたが天皇皇后両陛下のスケジュールには登場することはなかったです。

そもそも上皇ご夫妻が天皇皇后両陛下の時にはご日程には両陛下の二人しか登場しなかったわけですね。だからここに愛子さまが登場するということはかなり異例のことですね。

令和のタイミングで女系も考えていたら眞子さんと佳子さまの単独の日程ページが出来ていてもおかしくなかったわけです。

しかも皇室典範の改正を考えて愛子さまのご日程ができたのだとしたら別に佳子さまのページがそのタイミングで出来ていたもおかしくないわけですね。

普通に考えて女性天皇だけOKして女系天皇はダメということはないだろうから佳子さまの単独ページも同時に出来ていてもおかしくなかったわけですね。

つまり皇室典範の改正を前提にしてしかも愛子さまにも皇室に留まるのかどうかの意思確認をしている可能性が極めて高いですね。

佳子さまは前から皇室を出ていくと何度も報じられていましたからね。しかも愛子さまは皇室に留まるつもりだから皇室と関りが深い日本赤十字社に就職が内定したんでしょうからね。

ちなみに愛子さまに関しては入社予定の日本赤十字社本社を訪問されていましたね。それで内定者向け説明会に出席していたようです。

昼12時45分に日赤本社を訪問されて内定者向け説明会などがあって5時間ほど滞在されたようですね。けっこうガチで説明会があったようですね。

5時間の滞在って結構長いですよね。それにしても愛子さまの情報に関してはこうやってしっかりと報道されますよね・

ちなみに一度も佳子さまが出勤したニュースは流れたことがないですね。佳子さまのニュースはなんでもアピールのために流すのに会社に出勤したニュースはゼロですからね。

やはり入社してから一度も出社していないということは本当の情報のようですね。まぁ入社するタイミングというのがころなとかもあったしそのタイミングで出社できないのは分かるけども未だにその報道がないのは明らかにおかしいですからね。

まぁ本当は一番最初だけ出社して後は勤務している設定とかにしたかったのかもしれませんがコロナでそれすらも出来なくなった感じですね。

行くタイミングを逃してしまったんでしょうね。もし報道されるとしたらメディアもさすがに嘘はつけないから佳子さまが初めて全日本ろうあ連盟に出勤と報じるでしょうからね。

それを見た国民も初めて出勤通ってまた炎上しますからね。だから行くタイミングを逃してしまったのかもしれませんね。

佳子さま結婚タイミングしくじり:紀子さま体調不良の理由に納得

まぁ今回愛子さまがそういった入社説明会に行ったことで余計に行きづらくなりましたね。しかも調べてみたら佳子さまは2021年5月6日付で入社していました。

なかなかゴールデンウォーク明けに入社っていうのもきかないですが普通は4月からとかですからね。それかもっと切りのいいタイミングで入社しますがかなり中途半端な5月6日入社ですね。

ちなみに佳子さまは普段何をされていますかと言われてロイヤルニートと言われましたがこの質問をされたのは2019年7月25日の加地皇嗣職大夫の会見でした。

まぁこの年の3月に佳子さまはICUを卒業されていたわけですね。それで2019年なので本来であれば眞子さんが2017年に婚約内定会見をして2018年に結婚する予定だったわけですね。

それで佳子さまももしかしたら卒業と同時に結婚する予定だったから就職もしなかったのではないかということですね。

ただ眞子さんの結婚問題で佳子さまもとりあえず眞子さんの結婚まで待とうとなったんでしょうね。そしたら思ったよりも長引いて仲もいいし私先に結婚するねとはなかなか言えない雰囲気だったかもしれませんね。

まぁ小室圭の金銭トラブルまでは秋篠宮家の情報も周りはあまり関心がなくて佳子さまも大学の時は人気だったなぁという情報ぐらいしかなかったかもしれませんね。

ただそこから秋篠宮家の教育も問題があったのではと徐々に秋篠宮家のことが調べられ出したわけですね。

まぁそこまでは佳子さまも歯科医の彼氏とはうまく行ってたかもしれませんね。ただ秋篠宮家の情報がどんどん出てきて佳子さまの一人暮らしとか手話も横に手話通訳がいたり破談になった可能性はありますね。

ただお付き合いしている男性がいるようですがこの辺も実際のところはどうなんでしょうね。

まぁでも愛子さまは今年の4月から就職して公務も増えていくでしょうね。そしたら悠仁さまはどこの大学に行くかわからないけどもどうせ情報統制で写真すらも出てこないでしょうからね。

どんどん愛子さまに対する期待が高まって愛子さまが皇太子という可能性が高まっていきそうですね。やはり一番重要なのは日本の象徴ですからね。

まぁそれにしても紀子さまはもしかすると愛子さまの独立したページが作られることを知って皇太子になる可能性が極めて高くなることを知って体調不良になった可能性もありますね。

そりゃ悠仁さまを天皇へとこれまで箔付けしてきたわけですからね。それが箔付けも大学は難しくなって愛子さまは皇太子の準備で独立したページが作られて絶体絶命なんでしょうね。

それでパワハラがきつくなって加地皇嗣職大夫ももうダメだって感じで辞めたんですかね。それにしても早く愛子さま単独のページが正式に登場すると良いですね。

そして秋篠宮家の悪事を新しく入った吉田皇嗣職大夫がぶっちゃけてくれるといいですけどね。

created by Rinker
弓立社
¥1,490(2024/03/05 12:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました