アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【愛子さま卒業:テレビで女性天皇・女系天皇を言及凄いぞ】乃万さん皇室典範ココがどうなる!悠仁さまSDGs小室圭がブチ壊しで爆笑:小室佳代の驚愕行動と眞子さん無計画

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

愛子さま学習院卒業:凄いぞ乃万さん!河西准教授ついに女性女系天皇をテレビで

愛子さまが学習院を卒業されましたね。おめでとうございます。これから伊勢神宮の参拝や神武天皇陵の参拝もありますね。

そして就職してからもいろいろ公務での活躍が楽しみですね。ちちなみに今日は乃万さんのチャンネルから初耳情報で驚いたことを1つ紹介しようと思います。

それは皇室典範の再生リストの6つめで皇室典範第2章皇族の第11条から13条についての解説です。これはまさにこれからの議論で重要になってくる部分です。

皇室典範の改正についてこの位置づけがどうなるかですね。この第十三条で皇族の身分を離れる親王又は王の妃並びに直系卑属及びその妃は、他の皇族と婚姻した女子及びその直系卑属を除き、同時に皇族の身分を離れるとあるんです。

これはどういうことを図を使って解説していました。まず女性皇族で久子さまと信子さまと承子さまと彬子さまと瑶子さまは
三笠宮崇人親王(たかひと)の直系卑属になります。

それでこの崇人親王がなくなったらどうなるかというとこの直系卑属は皇族の身分を離れるようです。つまり皇族ではなくなるわけですね。

ここでは崇人親王の妃並びにとあるので100歳の百合子さまも皇族の身分を離れることを意味します。ちょっと驚きですよね。

つまりこの女性の6皇族は本来は皇族ではなくて一般人になっていたわけですね。でもこの皇室典範には続きがあって、正と書いてあるわけですね。

但し、直系卑属及びその妃については、皇室会議の議により、皇族の身分を離れないものとすることができるとあります。

だからこの崇人親王が亡くなった時にこの6人の女性皇族は本来であれば一般人になるけども皇族として残りたければ皇室会議をして残ることも可能とあるわけですね。

当然この皇室会議で残るな出て行けとなる可能性だってあったわけですね。全然皇室典範のことを知らなかったですね。

まぁ未だにこの直系卑属というのがよくわからないです。チャットGPTに聞くと男性の直系の子孫だけしか含まれていませんが皇室関係はチャットGPTも間違えることがあるのでよくわからないです。

でも百合子さまが100歳でいろいろ病状もよくなさそうだしもしこの百合子さまが亡くなった時もまた皇室会議でどうなるかとかそういう状態になると思います。

いろいろややこしいですね。ちなみに皇室典範改正に向けてメディアもいよいよ動き出しました。関西の方でやっている4ちゃんテレビでいつも秋篠宮家を擁護する河西秀哉准教授が重い口を開いて女性天皇と女系天皇について言及していました。

それはまず女性皇族を残すことと養子縁組を可能とする案についての解説です。ここで自民党から出ている報告書では女性皇族が残った案だと結婚した男性は一般人でそのお子さんも一般人だから根本的な解決になっていないよという問題ですね。

そして養子縁組に関しては男系継承が出来る点がいい点としてあげています。そして課題としては11宮家はそもそも血縁関係が離れすぎているし民間人として生まれた人だからその辺が問題があると語っています。

最後に河西秀哉教授の出した結論がそもそも安定的な皇位継承のためには女性天皇と女系天皇を容認することを検討すべきと訴えていました。

男系男子から攻撃を覚悟しながらだから選択肢としてはこれしか残っていないという感じで答えていましたね。

まぁ今の女性皇族が残っても結局は生まれてくる子供も一般人だからいずれいなくなるし養子もそもそも嫌がるだろうしそもそもいるのか分からないし国民から受け入れられるとは思わないという感じですね。

まぁ先ほど言ったように本来であれば6人の女性皇族も現在の皇室に残っていなかった可能性があるわけですね。皇室を支えるために残ってくれていたわけですね。

だから現在の皇室典範を改正するとしたらこの女性皇族がどういう扱いになるのかかなり難しい議論でしょうね。

普通ならもし女性皇族が結婚して相手の男性が皇族となるとするにしても対象は愛子さまと佳子さまだけになると思いますが皇族が少なすぎるので6人の女性皇族にも残ってもらわなければいけないのでそうなるとけっ婚相手もやはり皇族としなければおかしくなりますからね。

まぁ専門家を呼んでしっかり議論してほしいですね。ただテレビでもこういった問題を扱いだしたということは6月までに結論を出すかもしれないですね。

悠仁さまのSDGs小室圭がブチ壊し:小室佳代の驚愕行動と眞子さん無計画

デイリー新潮に宮内庁サイドから見た小室家に対するシビアな見方は6年間でどう変わったのかということで記事になっていましたね。

珍しく宮内庁サイドから見た小室家の感じ方ですね。まぁ婚約内定会見を終えて金銭トラブルが発生してからの宮内庁の感じ方ですね。

本当は婚約内定会見前から小室家のやばさを知っていたと思いますが秋篠宮家が事前に身辺調査した情報を聞き入れなかった感じでしょうね。

その前からも秋篠宮家の担当の皇嗣職は警察出身で固められていましたからね。まぁ知らなくてもすぐにいろんな情報を収集することが出来るでしょうね。

ちなみに婚約内定会見は2017年9月3日で小室圭と眞子さんが結婚に向けた行事を延期すると発表したのが2月6日でした。

恐らくまだこの段階では僕は小室圭の話題を扱っていなかったかもしれません。この辺から何が原因なのかということで気になりだしていろいろ動画をアップしだしたと思います。

あまりこの辺のことは知らなかったので改めて時系列でどんなことがあったのか調べてみました。まずは2018年1月23日に週刊女性が眞子さま義母が養っていた“彫金師の恋人”というタイトルの記事が出たようです。

これは元婚約者とはまた別の男性です。まだ一度もメディアでは登場していない人物です。まぁこの辺もメディアの闇を感じますね。

この報道で父親が2002年に自殺して小室佳代さんはアクセサリーなどに装飾を施す彫金師と2007年頃まで交際して彫金師の生活が苦しくなると自宅マンションにて住まわせていた時期もあったと報道したわけです。

小室佳代さんが金がないのに住まわせていたってよっぽどな感じですね。でもあれからあの時援助してやった生活費とかの金を返せって警察沙汰になるんですけどね。しかも小室圭と眞子さんが結婚してからですね。

この辺もメディアは報じていませんが一番最初の結婚延期になった原因はこの週刊誌の情報だったんですからね。ここでメディアもこの情報を扱っていたらまず結婚は無かったでしょう。

結果的に今でも彫金師の存在は皇室に関心がないほとんどの人が知らないです。それから1週間後の2月1日の女性セブンでは小室圭が仕事を急に何日かまとめて休んだようです。

同僚がわざわざ自宅まで仕事関係の書類を届けに行くほどだったということで、一応仕事はしていたようですが、特別待遇だったこともわかりますね。

仕事を休んだぐらいで仕事の書類を家まで同僚が届けに行かないですからね。この時も体調を崩したのか、それとも“報道”に関して何かあったのかという感じですね。

予定では3月4日に一般の結納にあたる納采の儀が行われて11月4日に結婚の儀が恐らく帝国ホテルで行われる予定だったんでしょうね。

ちなみに1月25日には週刊文春と週刊新潮も小室佳代さんの借金問題を扱っています。ここでは彫金師と交際した外資系商社マンのBに400万円以上の援助を受けたという情報ですね。

これが元婚約者です。しかもこの元婚約者だから婚約までして小室佳代さんは“圭の父親代わりになってください”とまで言っていたようです。

でもその後、婚約を破棄した後に元婚約者が返金を求めると、“贈与を受けたものだ”と小室佳代さんが主張して、小室圭も同様の考えだということですね。

そういや元婚約者との対応で小室家側の弁護士は奥野総合法律事務所ではなかったですね。今考えればなんで奥野総合法律事務所じゃないんだって感じですね。

自分が弁護士事務所で働いていたんだからそこの弁護士を雇えばいいんですけどね。普通によく働いてくれていた人なら無償で弁護とかしてくれそうですけどね。

奥野総合法律事務所としたら勘弁してくれって感じの案件だったんですかね。ちなみにその400万円以上のお金は小室圭のICUへの入学金や授業料、留学費用やアナウンススクールの授業料にあてられたと主張しているようです。

結構具体的にアナウンススクールとかのことも知っていたみたいだし主張通りだと思いますけどね。まぁそれで結果的に結婚を延期したわけですね。しかも再来年になる見込みと発表していました。

ちなみに宮内庁の加地皇嗣職大夫はまだこの時は宮務主管であくまで結婚後の生活の準備のために十分な時間がないという理由だということで説明していました。

そして小室圭と眞子さんの説明はこの年の5月に電車のデートとかそういったのが報じられて結婚の意思は固めていたので当初の予定を前倒しにして婚約内定会見をしたということですね。

まぁここで眞子さんが気の毒だと思うのと秋篠宮ご夫妻が悪いと思うのはこの婚約内定会見を発表した日に何があったのかということですね。

この9月3日は天皇皇后両陛下が皇太子時代に奈良県に国民文化祭で訪れていた時期でした。まぁそれを邪魔してやろうと突然婚約内定会見を前倒しにして発表したわけですね。どうせ発表するならこの日がいいということですね。

もし天皇皇后両陛下がこの国民文化祭の予定がなければ小室圭との婚約内定会見ももう少し遅らせてその間に元婚約者との金銭トラブルが報道されて婚約内定会見せずに結婚もしていなかったかもしれません。

全ては天皇皇后両陛下に嫌がらせをするために早めに準備せずに発表したことが問題だったわけですね。まぁ発表した時はパラリーガルで弁護士でもないのに大丈夫かいという感じでしたからね。

今の擁護報道が全て裏目と何か似ていますね。悠仁さまの伊勢神宮参拝も天皇皇后両陛下の国体にぶつけてきましたからね。悪い行いをしたら全てはブーメランで跳ね返ってくるんですね。

小室夫妻は延期の発表の際に色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思いますと反省しています。本来であれば婚約内定の発表をするまでに結婚の準備が出来ている次元に到達していることが望ましかったとは思いますが、それが叶わなかったのは私たちの未熟さゆえであると反省するばかりですと語っています。

でも司法試験の結果が出る3日前に結婚してまたも結婚の準備不足がその後の炎上に繋がるわけですね。まぁ司法試験に合格したのはいいけども試験当日に鉛筆を15本持参して準備が整いすぎてカンニング疑惑も出てしまったわけですね。

試験会場に15本物大量の鉛筆を持ち込んでいて休み時間はスマホを食い入るように見つめ見直していたということで鉛筆の答えとスマホに保存されているカンニングペーパーの答えがあっちるかのチェックですかね。

ちなみに合格した時の試験が終わった後に小室圭はNY総領事関係者に試験では聞いていた通りの問題が出たのでばっちりだった。今度こそ大丈夫だと指針満々に語っていたとテーミスで報じられていました。

つまりカンニングで不正行為ってことですね。弁護士を目指すのにカンニングで不正行為ってやばいし、しかもNY総領事関係者だから国が税金でサポートして試験問題をお金で入手して合格ってことですからね。皇室特権はヤバすぎますね。

ちなみにや悠仁さまは鉛筆が2~3センチになるまで使ってたんですかね。でも小室圭は1日の試験で15本も使う予定だったわけだから悠仁さまは義兄のことをどう思っているんでしょうね。

SDGsの観点ではあまり秋篠宮家と価値観は合わなさそうですね。まぁ眞子さんとの相性は抜群だったのでしょうけどね。ただここで今後の私たちの結婚について皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りましたと述べたわけですね。

でも一連の儀式をせずに結婚とコロコロ考えが変わっていますね。まぁこの頃は眞子さんは悪くなくて騙されていると思っていたんですけどね。

むしろこの時に眞子さんを叩いていたらみんなから非難されていましたね。叩いていいのは小室家だけって感じのムードの時でしたね。

まぁそれにしてもこの頃から宮内庁も小室夫妻も結婚の延期と金銭トラブルは関係ないと言っていたんですね。でも秋篠宮さまはその年の誕生日の会見で事実上金銭トラブルが原因と認めましたからね。

それでそれ相応の対応で多くの国民が理解を示す状況にならなければとなったわけですね。まぁこの時に宮内庁は小室家とどう向き合っていたのかということですね。

小室圭と眞子さんの結婚に関しては2018年11月4日に帝国ホテルで挙式が行われる予定だったようですね。それでその前の段階の納采の儀の1ヶ月前に急遽一連の儀式を延期したわけですね。

週刊女性が彫金師の話題を扱ったのが1月ですがその前年の暮れから小室佳代さんと元婚約者との間に金銭トラブルがあることは繰り返し報じられていたようです。

まぁ単なるトラブルではなくて金銭トラブルだから皇室としては深刻な問題だということですね。この年の誕生日で秋篠宮さまはいろんなところで話題になっていることについてきちんと整理して問題をクリアしていくことについても触れているわけですね。

国民にとって一大事となっている「元婚約者との金銭トラブル」について少なくとも説明をしない限り、結婚へのステップを踏むことは認められないということでしたがその説明でまた炎上したんですけどね。

ちなみに小室圭との婚約内定会見が行われた2017年の秋篠宮さまの誕生日会見に関しては動画が消えているんですよね。

さらにメディアもだいたい全文を公開しているところがあるのですが有料記事にしたりしていてそれ以前の誕生日は全文が見れたりします。

一応宮内庁のホームページには残っているんですけどね。紀子さまが小室圭のピアノの音色を聞きたいと言って快く応じてくれたとかまだこの時は小室圭を認めていた時ですね。

まぁ小室圭に関しては小室佳代さんにかなり影響されていてデートコースも小室佳代さんが考えたとか言われていましたよね。

ちなみに小室佳代さんはマイペースな方で前もってアポがなくても秋篠宮家の関係先を訪問したり連絡したりというようなこともあったようですね。

まぁかなりやばい奴ですがマイペースという表現を使っているのが違和感ですね。ただやはりこの小室家と秋篠宮家の間に入る宮内庁の対応は大変だったということですね。

もうすでにこの頃は小室佳代さんが眞子さんと直接連絡を取り合っていたようです。でも秋篠宮さまや紀子さまとのやり取りに関しては宮内庁が間に入って仲介ということですね。

しかもそのアポを覆したりすることもあって、秋篠宮家や宮内庁の悩みの種になっていたようです。さすが小室佳代さんですね。

相手が皇族でもやっぱり用事が出来たとかそんなレベルの対応をしていたんでしょうね。小室圭も同じような感覚だったら電話の対応とかどんな感じなんでしょうね。

金銭トラブルに関しても小室佳代さんと元婚約者が直接やっていたから余計にややこしい関係になっていったのか最初の段階で宮内庁が間に入っていたら上手くまとまってすぐに解決していたでしょうからね。

そういったことがあったので秋篠宮家は小室佳代さんとの人間関係について積極的になることが出来ないということでどうなりますかね。

まぁそれにしても小室圭が結婚は再来年になる予定と延期の時のお言葉では紹介されていましたがこの時にはすでに小室圭をフォーダム大学で考えていたかもしれませんね。

最初は日本の一橋大学大学院の国際企業戦略研究科を卒業してそれを法学部としてNYも日本の法学部を卒業しているからLLMコースの一年で弁護士資格の試験に受験できる予定だったのではないですかね。

ただ日本を出発する時には3年間留学予定と発表されていたのでその段階では諦めていたんでしょうけどね。でもそれなら普通にJDコースにいけばよかったのにやはりLSATの試験を受けれなかったのでしょうね。

2018年に再来年になる予定と発表して卒業予定は2021年だから学生で結婚予定ということですからね。どう考えても準備が出来ていないからそこでさらに延期の発表とかしておけばよかったのにいろいろ予定が狂いまくっているんでしょうね。

まぁ小室圭も最初はハワイの大学がいいとかいっていてそれは秋篠宮ご夫妻が行く予定があったので困るとフォーダム大学になったと言われていましたからね。

もういろいろよくわからないですね。金がないから金銭トラブルなのに学費が一番高いフォーダム大学に行って矛盾しまくりでしたね。

まぁいろいろと皇室典範も動き出して裏金議員も処分するみたいだし小室夫妻のサポートもそろそろ打ち切ってほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/21 17:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました