アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【ゆず北川悠仁と悠仁さまと川嶋紀子と宗教】愛子さま帝王学マナーに絶賛:乃万さん眞子さん皇籍離脱の皇室典範解説が凄い!佳子さまに秋篠宮さまが衝撃発言:黒田清子と美智子さま

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

北川悠仁と悠仁さまと宗教

きょうはちょっと小ネタから昨日トレンドで悠仁くんと上がっていて悠仁さまの事かなと思ったらどうも呪術廻戦の話題でした。

それは関係ないですが歌手のゆずの北川悠仁さんは本当は悠仁というようです。そして母親は山梨県で宗教の教祖を立ち上げた人物です。

結婚相手のアナウンサーの高島彩さんも修行を受けたようです。ゆずの曲には安倍信者っぽいかなり宗教っぽい曲もあります。

山梨県に宗教団体があるようです。紀子さまが悠仁さまの名前を付ける時に関係はないと思いますが、祖母は山梨県で雲の絵美術館をしています。

創価学会が絡んでいるようです。紀子さまが悠仁さまと友達を連れて山登りに行く途中に車で事故したのも山梨県方面に向かう途中だったようです。

まぁこれは関係ないと思いますがいろいろ秋篠宮家だからこそ変な感じで何でも関係があるんじゃないかって思ってしまいますよね。

そんな小ネタでした。まぁでも熱狂的なファンになると北村さんの母親の宗教に入っている人とかもいるかもしれませんね。

まぁそんなひどい宗教なら問題になっているだろうからそういうのではないんでしょうけどね。ただいろいろ考えさせられますね。

長渕剛もいろいろ大麻所持かなんかで逮捕されたことあったり女優に性犯罪とかいろいろ疑惑があるけどファンはそんなことより基本的に歌を愛しているでしょうからね。

まぁ長渕さんはグレーというより限りなく黒に近い感じがしますが答えなければファンやスポンサーが減るだけで本当に問題があれば警察が動くしかないですからね。

本人に公開質問状を出したところで答える義務はないのかもしれませんね。まぁ長渕さんは文句があるなら名前出して訴えて見ろって感じで逆ギレみたいになっていましたね。まぁ難しい問題ですね。

犯罪していようが歌は好きとか犯罪していようが出ている映画に罪はないって感じで好きな人はいますね。これは別に現在進行形でヤバくても作品には罪がないってことでそれはそれでいいと思いますけどね。

まぁ逆に乃万さんとかがYouTubeでは皇室典範で例えばマルチの幹部だとしてもめっちゃ乃万さんのファンでそのマルチに入りたいっていうほどのファンは今後も現れないと思いますけどね。

まぁそんな感じで小ネタでした。

愛子さま帝王学のマナーがコレ:黒田清子と美智子さま

愛子さまが卒業されましたね。振袖姿も素敵だったし、色味も似合っていて良かったですね。作った笑顔ではなくて自然な笑顔というの分かりますからね。

なんかけっこう風がきつかったから髪が少し乱れたりしたけどもそれをあえて手で直さないところがなんか愛ささまらしいって感じでしたね。

普通だったら手で書き上げたりしますよね。秋篠宮さまなんかは空港とかで髪の毛がぼさぼさで最初から空港なんか風が強いのわかっているから髪型を固めてきたらいいののそれをしませんからね。

愛子さまはある程度髪型をセットしてきたけどもそれでも風が強くって少し乱れたって感じですからね。ただそれを手で書き上げなかったのはそういうマナーを教わったのかもしれませんね。

これが帝王学なのかは分かりませんが人前で話しかけられているときに自分の髪に手を触れる行為が失礼とマナーを教わっているのかもしれませんね。

天皇陛下もいつも髪型がびしっとしているイメージですよね。あれはそういった細かいことまで気を使っているんでしょうね。

まさに天皇陛下を見て育ったからでしょうね。愛子さまは4月から日本赤十字で公務とかでも活躍が期待できますね。

赤十字の方では芦田愛菜さんと顔を合わせる機会があるかもと期待されていますね。実際に昨年5月には名誉総裁の雅子さまがアンバサダーの上白石萌音さんと言葉を交わされたわけですね。

まぁ今年も上白石萌音さんかもしれませんがは芦田愛菜さんは皇族に一番近い、対面しても安心感がある若手俳優、著名人ナンバーワンに選ばれたようですからね。

まぁ一番不祥事とかそういうのがなさそうだし今年あえなくても公務が増えればいずれそういった機会があるかもしれませんね。

普通に皇族方は映画やコンサートやチャリティー関連の催しに招待されるのでそういった場でも面会されるかもしれませんからね。

映画とかの方が席が隣とかで長く話されたりするかもしれませんからね。芦田愛菜さんは映画では主演とか重要なキャスティングになるだろうからそういったことも考えられますからね。

ちなみに週刊現代ではちょっとびっくりしたことが書いていてこれまで皇族は非公式でご自宅に招くことも十分にあるということで、これまでも芸能人や著名人が皇族方に非公式で招かれ、ご友人になられた、という前例はあると指摘しています。

そしてその前例を紹介していました。それが過去には歌手で俳優の杉良太郎が秋篠宮家に非公式で御所に招かれたことがあるようです。

杉氏の社会貢献活動に興味を持った秋篠宮さまがお招きになったそうです。歓談され、ご友情を結ばれた書かれていました。

これは非公式だから当然、公になっておりませんが、こうしたケースはほかにもあると思われると書いていて秋篠宮家に関してはそんな感じで秋篠宮家に招待したりしているんですね。

ただ実は芦田愛菜さんと愛子さまはすでに面会されている可能性もあるようです。2019年11月に開催された『天皇陛下即位をお祝いする国民祭典』で芦田愛菜さんが祝辞を述べられたようですがこの時は芦田愛菜さんさんも当時15歳でしたが愛子さまもその場にいらっしゃったようです。

まぁお言葉をかけていなくても同じ場にいたら親近感を抱いているかもしれませんね。それにしても愛子さまはもうすぐ伊勢の神宮と神武天皇陵に参拝ですね。

3月26日に行かれるようですね。女性自身にも書かれていましたが1泊2日で三重県と奈良県を訪問されるわけですね。

天照大神と初代天皇の神武天皇に報告ってことで伊勢の神宮と奈良に参拝に行くということです。今回は成年の報告もあるし就職や卒業の報告も合わせてになりますね。

伊勢の神宮には2014年に行かれて神武天皇陵には2016年に参拝されたわけですがこれは天皇皇后両陛下と一緒だったわけですね。

それが愛子さま単独での訪問ということで地元では歓迎ムードが盛り上がりつつあるようです。1日目は神宮の内宮と外宮を参拝されてホテルに宿泊されて2日目は朝から奈良に向かわれるようですね。

まぁ伊勢の神宮では黒田清子さんが祭主を務めているわけですね。愛子さまとしたら叔母にあたるわけですが恐らくお会いになるだろうということですね。

黒田清子さんが祭主として御所に挨拶に来る機会があるのでそこで愛子さまと二人きりでお会いになるかもということですね。

秋篠宮ご夫妻も伊勢の神宮に参拝で行かれて内宮で玉串を捧げられていましたがこの玉串は黒田清子さんが供えたもののようです。

そして参拝後は秋篠宮ご夫妻と黒田清子さんが食事を共にされたようです。まぁ身分としては黒田清子さんが愛子さまの参拝に立ち会う必要はないようです。

でもここで立ち会わなかったら美智子様とかからの圧力とかそんな感じがしますけどね。ただ黒田清子さんも皇室を支えていくという思いで祭主になったのだろうし恐らくお会いするでしょうね。

そしてゆっくり話したいという気持ちがあれば愛子さまが宿泊されているホテルに泊まられるかもということですね。

黒田清子さんも学習院大学文学部を卒業されていてそういった話とかは合うかもしれませんね。ちなみに黒田清子さんはワインとかも好きみたいで愛子さまもケニア大統領ご夫妻との昼食会ではワインや日本酒を口にされたようですね。

愛子さまが日本酒とかワインも飲まれていたんですね。ちなみに天皇陛下の娘を皇女と呼ぶわけですが、黒田清子さんも皇女でこれまで歴史上の控除の中で多くの伝統を打ち破ってきた特別な皇女のようですね。

まず黒田清子さんは大学卒業後に山階鳥類研究所の非常勤研究助手になって初めて給料を貰った皇女のようですね。

そして戦後に皇室典範が制定されてから初めて一般人と結婚した皇女だということですね。まぁ今では女性皇族が一般国民と結婚するのは普通ですが皇女として初めて一般男性と結婚されたんですね。

しかも黒田清子さんは2005年11月に結婚されましたが2013年には招待客としてフランス大統領を迎えた宮中午餐会に出席したようです。

これは凄いですね。そんなことがあったんですね。だから普通にケニア大統領ご夫妻とかブルネイ皇太子夫妻の午餐会に黒田清子さんが出席していてもおかしくなかったということですね。

黒田清子さんは2度フランスに行ったことがあるようです。そういったこともあって招待客として出席されたんでしょうね。

ちなみに愛子さまの成年皇族のお祝いを記念してボンボニエールが数量限定で作られて関係者に配られました。

このボンボニエールとはフランス語でボンボンが砂糖菓子を意味してそれを入れる容器でボンボニエールというようです。

そう考えると愛子さまはフランスとかにも今後いかれる機会があるかもしれませんね。ちなみにこのボンボニエールはかなり少数しか作られていないようです。

天皇陛下即位の時は饗宴の儀で約2500個のボンボニエールが作られました。でも愛子さまが成年皇族になられた時にはコロナとかいろいろあったのでそんなに盛大なお祝いもないだろうし50個から100個くらいしか作られていないのではと言われているようです。

愛子さまのお印であるゴヨウツツジが上品にデザインされていて菊の御紋も入っているわけですが、これはかなり数量限定だから将来愛子さまが天皇陛下になったら超貴重なお宝になるでしょうね。

まぁそうでなくても超貴重なお宝ですが、小田部教授も黒田清子さんのことを評価していますね。品格もあるし皇室の権威に貢献しているということで黒田清子さんと愛子さまは、天皇の娘であり、国民の支持が高いという共通点があるということですね。

まぁ伊勢神宮で祭主をしていますからね。本当は眞子さんが結婚してから引き継ぐかとかそういう話もありましたからね。

伊勢神宮の祭主だからいろいろ神宮の歴史とか愛子さまの大学の研究とも関わってくる部分もあるだろうし学ぶことは結構あるかもしれませんね。

ちなみに皇族数の減少により、公務の担い手が減っていくなかで、黒田清子さんの待望論はいまだに根強いそうです。

まぁ女性宮家は元々は黒田清子さんの為に作ろうという感じで言われていた時期もあってこれは確か美智子さまが大きく関わっていた感じがしますけどね。

美智子さまのお気に入りだったように思えるけどもその割には洋服とか買って貰えていなかったみたいだしちょっとどういう関係なのかよくわからないですね。

ちなみに政府内で、結婚した元皇族女性に皇女の尊称を贈り、公務を担っていただくことが検討されたこともあったようです。

結婚されてからもそういう話が合ったんですね。宮中晩餐会などの行事に出席しているだけではなく、黒田清子さんは上皇ご夫妻のもとを頻繁に訪れているということでまぁ可愛がられてはいるんでしょうね。

まぁでも黒田清子さんが学習院を卒業されるときはみんな振袖だったのに黒田清子さんだけスーツだったんですよね。だから美智子さまに可愛がられているかは微妙ですね。でも上皇さまは結婚はまだ先にしてほしいというようなお言葉を述べられたことがあるようなので微妙な関係ですね。

愛子さまに関しては成年皇族の会見で、両陛下に向けて「これからも長く一緒に時間を過ごせますように」という言葉も添えたいと思いますと話されているわけですね。

愛子さまも、黒田清子さんから皇室を生涯支え続ける心得を受け継ぎたいとお考えなのではないでしょうかということですが、これだと祭主を受け継ぐって感じにも聞こえるしやっぱり立太子になって頂きたいですけどね。

それに愛子さまの参拝姿も楽しみですね。一人で参拝だからかなり緊張するでしょうね。そしてたくさんの参拝客が愛子さま見たさに待ち受けているかもしれませんね。

佳子さまショック父の一言:乃万さん眞子さん皇籍離脱ありえない

まぁ愛子さまはこれから活躍が期待されますが今年は30歳を迎えるということで佳子さまは結婚するのかという感じですが今のところ結婚相手に関する情報は出てこないですが上手くいってるというような報道はされていますからね。

これに関して女性自身では皇室典範改正が動き出そうとしていて佳子さまにも影響するかもということで記事になっていましたね。

神道学者で皇室研究者の高森明勅さんが現状の皇室典範について語っていて、今年の天皇陛下の誕生日の記者会見でも皇族数の減少について語っていてさらに高齢化が進んでいることにも触れて女性皇族は結婚すると皇籍を離脱するといった事情について触れているわけですね。

動きが本格化したのは昨年10月で額賀衆議院議長が、就任の会見で、『立法府としての考え方を整理していきたい』と発言したわけですね。

そして岸田首相も所信表明演説で語ったわけですね。岸田首相は実は「皇室典範の改正は私の代でしっかりやらないといけない」と語っていたようです。

岸田首相にとっては“レガシー”になるし愛子さま人気も日に日に高まっていて内閣支持率にも繋がるということですね。

まぁ安倍派閥からは反発あるけどもそれが今回の政治資金問題で流れが変わったわけですね。そういえば男系男子だというアキシンの意見も日に日に弱まっている感じがしますね。

しかも3月15日には“異例の人事”も発表されたようです。昨年9月まで、内閣官房参与と皇室制度連絡調整総括官を務めていた山﨑氏が両ポストで再任したようです。

同じ内閣で、わずか半年での復帰はきわめて異例で林官房長官は記者会見で、山﨑氏を改めて任命し他県について、国会の議論を受けた政府の対応に助言をいただきたいと語ったようです。

ちなみに女性宮家創設を主張していた立憲民主党最高顧問の野田元首相は、インタビューで女性宮家創設を実現するためには男系派が支持する旧宮家の男子の皇籍復帰案をあえて残すことも必要だと考えるようになったと語っているようです。

まぁ話し合ったらどうせ無理だからということでしょうね。高森さんは3カ月後には改正案が可決される可能性を指摘しているようです。

各党は3月中をめどに論点のとりまとめを終て4~5月には各政党各会派の意見が調整され、6月23日まで開かれる予定の通常国会の会期中に決着ということですね。

まぁこれが解散総選挙がなければの話でしょうね。そしたら4月の予備選挙で自民党が3連敗する可能性もあるということですね。

でも皇室典範改正で支持率回復したら選挙も戦えるのではと思っているのか戦えないから解散総選挙なのかどうなりますかね。

女性皇族が結婚後も残る案に反対意見はほとんどないようですが女性宮家の創設や結婚相手やその子を皇族とするかなどが今後の議論の争点だということですね。

佳子さまに関しては眞子さんと同じで結婚したら皇籍離脱したいという考えだろうということですね。そして愛子さまは長く皇室にいたいという考えだからそういう考えだろうということですね。

そして彬子さまも新聞のインタビューで女性宮家創設はお相手の方の将来にも関わってくる問題ですので、決めるのであれば早く決めていただきたい話しているようです。

まぁそりゃそうですよね。ただ佳子さまの心境は複雑ではということですね。秋篠宮さまは改修後の秋篠宮邸に佳子さまの部屋を設けなかった理由について、「いずれはこの家から出ていくであろう娘たちの部屋をそこに用意すること自体がある意味無駄」と、語られていたわけですね。

秋篠宮さまも当然皇室典範で今後女性皇族も結婚後に皇族として残る可能性は頭にあった中でのその対応でしょうからね。

だから結婚したら出て行けという考えだったのでしょうね。ただ乃万さんが皇室典範で興味深い解説をしていました。

これは皇室典範第2章 第11条の項目にある15歳以上の内親王、王及び女王はその意思に基づき皇室会議により皇族の身分を離れるとあるわけですね。

ここに眞子さんの結婚も入るわけですね。でも眞子さんはこの皇室会議なしに皇籍離脱されたようです。だからかなり異常な結婚だったわけですね。

皇室典範を破った結婚だったということです。本来であればここに皇室会議をして皇室を離れます、そこで行われる儀式が納采の儀や朝見の儀で両親に挨拶し天皇陛下に挨拶してから皇室を出ていくわけですね。

これはまず皇室会議が行われてから朝見の儀が行われるようです。順番的には皇室会議があって朝見の儀なんですね。恐らく納采の儀をしてから皇室会議をして朝見おぎになると思います。

納采の儀の1ヶ月前に結婚延期になりましたからね。まぁそれにしても皇室会議をせずに皇籍離脱した皇族は明治以降では眞子さんだけみたいですね。

国会議員もこの辺を追及すべきなんですけどね。まぁ国会では是非愛子さまを立太子へ動き出してほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/14 17:54:26時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました