アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【海外の反応】雅子さまマスクで馬アレルギーを英国暴露で物議!実は美智子さまが苦手?キャサリン妃と驚きの共通点

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

雅子さま馬アレルギー裏側:英国暴露で海外の反応

Expressというイギリスで広く知られているニュース媒体で雅子さまが馬アレルギーについて記事になっていました。

この記事はキャサリン・マイヤー・ファンネルさんが書いた記事でこの人は2022年2月にエキスプレス社に入社したオンライン王室記者のようです。

エキスプレスはしっかりした会社ですがオンライン担当だからSNSの声とかを聴いて記事とかにしているというのはあるのかもしれませんね。

彼女は王室を担当していてチャールズ国王の戴冠式などの大規模な王室行事について頻繁に記事を書いているようです。そして今回は馬の毛に対するアレルギーのため、カミラ王妃との馬車の乗車中にマスクを着用していたことを報じました。

雅子さまがカミラ王妃の隣でマスクを着用していることに皆が同じことを言っているとして雅子さまはカミラ王妃とともにロンドン市内を馬車に乗って移動する際にマスクを着用していたが、その理由は皆さんが考えるものとは違うかもしれないということですね。

カミラ王妃と雅子さまが馬車に乗られましたが雅子さまは馬車に乗車中マスクを着用されていたということですね。馬車に乗車する時だけマスクを着用するという決断を下したことにSNSで反響を呼んでいるということですね。

この件についてカミラ王妃と雅子さまは二人ともスタイリッシュでありながらクラシックな白い服を着ていたが、日本の皇族が着用していたマスクについて疑問を抱く人もいたということですね。

Xユーザーのあるユーザーは「雅子さまはなぜマスクを着けているのか不思議だ」とコメントし、別のユーザーは「雅子さまがなぜマスクを着けているのか?数分前までは着けていなかったのに」と付け加えたわけです。

まぁXで話題になっていることを紹介したのですがイギリスもXを利用している人は多いようですね。

日本では7340万人で人口の半分ですがイギリスも2560万人で人口の4割弱が利用している感じですね。それで雅子さまがなぜ急にマスクを付けたのかと疑問の声が上がったようです。

コロナでパンデミックの最中はマスクの着用が一般的な光景だったが、多くの西側諸国では再びマスクの使用が減っているということですね。

だからコロナが関係してマスクと勘違いしているイギリス国民も多かったようです。ただ雅子さまがマスクを着用していた理由は、やはり訪問中の健康と健康維持に関係するものではあるが、別の理由からだということですね。

雅子さまは馬の毛に対する慢性的なアレルギーを患っていることで知られており、オープンカーに乗った際に馬の毛にさらされたということですね。

まぁ馬アレルギーに関しては情報はこれだけで他はアン王女が欠席された理由や晩餐会のことが書かれていました。

ちなみにコメント欄にはいろんなことが書かれていましたがイギリスならではのコメントもけっこうあありました。

まず健康上の問題があるのなら、馬車ではなくオープンカーとかそういう方が良かったのではという意見ですね。

他にも馬の毛にひどいアレルギーを持つ人のためになぜ馬車を?誰かが台無しにしたんだというコメントですね。イギリス王室の対応を非難しているわけですね。

それとコロナとアレルギーとは別に、フェイスマスクを着用するもうひとつの日本の文化は、風邪やインフルエンザなど、今かかっているかもしれない感染症から身を守るためのものだとか馬アレルギーを信じていない人もいますね。

そして馬アレルギーのプリンセスのために馬車を提案したのは誰だといった感じでやはり馬アレルギーという報道になぜ馬車を提案したという反応になりますよね。

日本の嘘の馬アレルギーの報道の為にイギリス王室に迷惑をかけていますよね。他には馬の毛にアレルギーを持つ雅子さまには本当に同情するという声ですね。

馬アレルギーがあるなんて想像もできませんでした!私の娘がアレルギー体質だと分かった時は、とても悲しい日でした!と同情する声もあります。

他にはこのマスクは素晴らしいと思う。誰かメーガンに提案してくれということでこれはマスクで顔を隠せって意味があるんですかね。

それと彼女は、女王ではない人の息の匂いを嗅がずにすむようにマスクをつけていたということでカミラ王妃のにおいをかがなくていいようにマスクという声もありますね。

まぁ最近は好感度も少し回復しているようですがあまりよく思っていない人も多いんでしょうね。それとかカミラ王妃は馬ではありませんというストレートな意見ですね。

まぁ馬アレルギーでも馬車だったら馬に触れるわけでないしカミラ王妃という馬が真横にいるからかという感じのコメントでしょうね。

それとお気づきかどうかわかりませんが、馬の毛にアレルギーのある皇后のすぐ近くに、巨大な馬の尻がありましたとこれはカミラ王妃が馬の尻という意味なんですかね。

まぁ支持する声としては雅子さまが馬アレルギーにも関わらず馬車に乗られたのは、本当に素晴らしいことです。公務を全うする姿に感動しましたという声ですね。

他にも雅子さまはイギリスとの関係を大切にするために、あえて馬車を選んだのでしょうというコメントですね。

ただやはり健康の問題なので雅子さまの健康を考えると、オープンカーでも良かったのではないかと思います。アレルギーが悪化するリスクを避けるために、もう少し柔軟な対応があっても良かったかもしれませんという声ですね。

雅子さまの体調が心配です。健康第一で考えるべきではないでしょうかという声で、伝統を守ることも大切ですが、現代に合わせた柔軟な対応も必要ですというコメントですね。

ちなみに馬アレルギーについて解説しているブログがありましたが馬アレルギーについては大きく分けて4種類あるようです。

一つ目が花粉症とかアトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどでこれは馬のフケに反応してくしゃみや鼻水や目のかゆみと言った現象が起きるようです。

二つ目が抗体依存性の細胞傷害型で、血液型不適合輸血などが例として挙げられるようです。まぁこれは雅子さまとは関係ないですね。

三つ目が免疫複合体型で、血清病などが含まれるようです。そして四つ目が遅延型アレルギーで、接触性皮膚炎やツベルクリン反応が該当するようです。

この中で雅子さまは馬の毛が原因ということだから一つ目に紹介した現象ですね。症状としたら花粉症やアトピー性皮膚炎や食物アレルギーでくしゃみや鼻水や目のかゆみと言った現象が起きるということですね。

つまりイギリス王室の馬や日本の皇室の馬はしっかり手入されていてブラッシングもされているのでアレルギーが極めて起きにくいと思いますがそれでも馬アレルギーで反応するということですね。

馬アレルギーも軽度であれば花粉症のようなくしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出るだけですが、重度となればアナフィラキシーショックを起こして最悪の場合、亡くなるケースもあるわけですね。

それで宮内庁も公表したのだろうと解説しているブログがありました。ちなみにイギリスのウィリアム皇太子妃であるキャサリン妃も馬アレルギーのようです。

馬アレルギーの真実:本当は美智子さまが苦手?

パラリンピック馬術競技のイギリス代表リー・ピアソン選手が2012年、インタビューで、キャサリン妃とご対面した際のエピソードを所化してキャサリン妃は最近、乗馬の練習を始めたことを教えてくれたようです。

ピアソン選手も馬アレルギーなのですが自分の馬アレルギーを話したようで対処法として抗ヒスタミン剤を飲んでいることをお伝えしたようです。

馬アレルギーも花粉症と同様に、治療法や予防法があるようです。まぁ雅子さまは重度の馬アレルギーという設定ですがただこれは無理がありますよね。

そもそも雅子さまは今回オープンタイプの馬車にマスクを付けて乗ることが出来たという事実があります。そして慢性的な馬アレルギーだと報じられています。

つまり慢性的な馬アレルギーでも馬に直接触れるわけではないしマスクを付ければ馬に乗れたことを証明しました。これはどういうことを意味するかわかりますね。

日本の偽装馬車は屋根がついています。窓が付いています。密閉されています。馬の毛やフケとかが中に入ってくることがないです。

少なくともオープンタイプの馬車でマスク有りでいけたなら重度の馬アレルギーでも屋根付き窓付きタイプの日本の偽装馬車には確実に乗れるはずです。

マスクを付けなくても乗れるはずです。まぁマスクを付けたら確実に乗れるはずです。それなのに宮内庁は重度の馬アレルギーを理由に雅子さまを偽装馬車には乗せずにオープンカーにしたのです。

十二単にオープンカーで絶対に偽装馬車の方が似合うのにオープンカーに乗せたのです。それで今でも馬アレルギーという設定にしているわけですね。

確かに後から馬アレルギーになる人もいるでしょう。花粉症もある時からいきなりなってそれからは毎年花粉症に悩まされたりするようですからね。

でも雅子さまの場合は重度の馬アレルギーでもオープンカータイプの馬車にマスクを付けて乗れたのです。それなのに日本の窓付きで屋根がついている馬車に乗れないのはおかしいです。

これについて宮内庁は正式になぜ日本の屋根付き窓付きの偽装馬車に乗れなかったのか説明すべきです。そしてなぜイギリスでは馬車に乗れたのかも説明すべきです。

本当はマスク無でののれたのに宮内庁が炎上しないようにマスクをされたのではないでしょうか。そのせいでイギリス側にはなぜ雅子さまに配慮しなかったのだとまで言われています。

まぁ馬アレルギーというか馬が苦手と言えばどちらかというと美智子さまというイメージがありますね。美智子さまはご成婚パレードで投石事件がありましたからね。

少年に石を投げられて乗り込まれそうになりましたからね。けっこう怖い思いをしましたよね。さらに美智子さまは偽装馬車に乗る時には絶対に見られたくないと報じられれていましたからね。

これは浜尾侍従の記事で美智子さまは偽装馬車に乗り込むときに誰も見てはいけないという指示が通達されて馬車からお降りになる直前に侍従からハイ後ろを向いて下さいと徹底されていたようですからね。

まだ撮影しないでまでならわかりますが誰も見ないでということですからね。それで浜尾侍従からカメラを意識し過ぎで週刊誌も女性週刊誌は毎号と言っていいほどご覧になっていると指摘されていたわけですね。

皇后になってずっとそういう報道を気にするのもやはりよくないねということで浜尾侍従から指摘されたわけですね。これが普通の週刊誌なら否定できたかもしれませんが浜尾侍従の言葉ですからね。

まぁでも今回のイギリス訪問で何かに邪魔されて馬車のパレードに参加できなかったらどうしようとかそっちの方が心配だったのでとりあえずパレードに出席されて良かったですけどね。

マスクも衣装と合わせてファッションみたいになっていましたからね。天皇陛下も雅子さまもいい笑顔の写真がたくさんありましたね。

ちなみにイギリスの報道では今総選挙でスナク首相としたらもしかすると両陛下にお会いすることが出来たかもしれませんが選挙戦でアピールになるかもしれないから辞めたみたいに報じられていますね。

会うことで大々的に報じられてしかも本来であれば天皇陛下の横とかそういった上座のテーブルに座る予定だったようですね。だからそうなると大々的に報じられて有利になるとかそういうのがあったのかもしれませんね。

ただイギリス王室としては晩餐会の準備の時にもチャールズ国王とカミラ王妃が会場を視察するなど力を入れていたようですね。

ちなみに晩餐会に出席した日本人夫婦の話題も紹介されていましたね。最初はまさか招待されていると思わずに王室を語るメールは来ていたようですが詐欺メールと思っていたようですね。

そしたら本当に王室からで驚いたようですね。バッキンガム宮殿で行われたチャールズ国王夫妻主催の晩餐会には、日英両国のおよそ170人が出席したようです。

ロンドン市内のレストランで寿司のシェフを務める佐藤美穂さんは、チャールズ国王と個別に話をしたようです。国王がお話ししたいということで、個別に呼ばれたようです。

チャールズ国王はお寿司が好きでジャパニーズフードが好きなようです。夫が寿司職人で雅子さまとも話をしたようですね。天皇陛下と雅子さまがいらっしゃってその空間にいられることが、どんなに幸せなことかと喜んでいましたね。

まぁそれにしても今回イギリスに訪問で来たは本当に良かったですね。早く行きたいと思っていたでしょうからね。これからも宮内庁とかに邪魔されずにどんどん海外も行かれてほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/19 18:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました