アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【悠仁さまバドミントン屈辱デビュー戦を徹底解析でぶっちゃけ】筑附だけ厳戒態勢でスポーツ万能の嘘も発覚!Ⅰ部ではなくⅡ部で持ち上げ失敗で爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

悠仁さまバドミントン全て相方の得点
笑撃のデビュー戦ぶっちゃけます

悠仁さまがバドミントンでほろ苦デビュー戦と女性セブンで記事になっていましたね。

悠仁さまが今年の1月7日と8日に行われた東京都高等学校バドミントン冬季ブロック大会の団体戦予選リーグに参加されていたようですね。

東京都高等学校体育連盟が主催する団体の公式戦で決勝トーナメントへの出場をかけるだけでなくてチームの今の実力をはかり来年度に備える充当な位置づけの大会ということですね。

それで悠仁さまがこの大会に出場したわけですね。しかも普通は高校の部活の大会は会場への出入りが自由ですが悠仁さまが行われた会場に限り物凄い厳戒態勢で行われたようですね。

来場者名簿を受付に提出して保護者OBやOGは一斉に入場しなければいけないというルールが設けられたようです。

どうも学校単位で入場ということでばらばらに入場することはご遠慮くださいという案内がされていたようですね。

そして試合があったのは上野高校近くの都立高校とありました。それで試合会場を見てみると上野高校であることがわかります。

そしてタイムテーブルを見ると集合が11時50分でした。女子は8時30分に集合して恐らく試合が終わってから男子が始まるのが12時ごろなのかもしれませんね。

でも一斉に入場しなければいけないということで物凄いルールですよね。女子が8時30分集合で11時50分には終わっている計算だろうから3時間ぐらいで終わるんでしょうね。

だから3時間出入りが出来ないわけですね。かなり異常ですね。だから女子も試合が終わって男子の試合を見て帰る人もいれば試合の順番から言って少し遅れて応援に来る人もいますよね。

それが一斉入場しか受け付けないということで11時50分だから昼食べてから来る人も多いでしょうからね。でもその人は受付拒否されたわけですね。

悠仁さまは中学校を卒業してから卓球部だったと言われたけどもユニフォーム姿すら写真で取られたことがなかったわけですね。

それでバドミントンもやっているふりかなと思ったらここまで厳戒態勢なら試合には本当に出場したというのだけは逆に伝わってきますね。

高校生から本格的にバドミントンを始められて休み時間にも自主練習に励まれて躍動感あるプレーを見せられたということですが無理がありますよね。

休み時間に学校でバドミントンの自主練習って想像しただけでけっこうヤバい奴ですよね。体育館じゃない場所でバドミントンのラケットを振り回しているわけですからね。

ただ普通に考えてラケット持って体育館でない場所で練習していたらかなり危ないのでラケットなしで自主練習ということでしょうね。

想像するだけで近寄りがたい空気を出していますね。何を言われても僕はトンボが好きですというのも近寄りがたいし休み時間はエアバドミントンということで完全にヤバい奴ですね。

2年生になってからは新入生にもアドバイスをされることもあるということですね。まぁアドバイスしているではなくてアドバイスされることもあるというのがなんかポイントですね。

嘘はつけないレベルでアドバイスだから羽に拾いしようねという掛け声も一つのアドバイスでしょうからね。

しかもバドミントンを選ばれた理由としては学習院との戦いを避けるために学習院の男子にないバドミントンを選ばれたわけですね。

そして大会に出場できる部員は5人から10人で筑波大附属高校は25人ほどの部員がいるが試合に出場できるのは技術的に上位である必要があるということですね。

それで悠仁さまは3年生の6月頃には部活を引退されるということですね。だからタイムリミットが半年後に迫っている中での公式戦デビューだということですね。

そして試合はダブルス、シングルス、ダブルスの3試合で団体戦が2対戦行われて悠仁さまが出場されたのは2対戦目だということですね。

そして悠仁さまは1番手として出場したということですね。団体戦の一番手はチームに勢いを与えるポジションで重要だということですね。

まぁ普通に考えてシングルスが一番強い人を入れたら確実に1勝できるから一番重要なポジションだと思いますけどね。

それでこの日は筑附は1対戦目に負けているから勝たなくてはというプレッシャーを感じられたのではないかということですね。

試合は21点先取の3ゲームマッチで2ゲームを取ればチームが勝利するということですね。それで悠仁さまは床をけりラケットを振り時折スマッシュを打って光るプレーを見せられたということですね。

でも相手がブロック準優勝の強い競合だったこともあり悠仁さまのペアは12対21と9対21とストレートで負けてチームとしても1勝2敗で敗北して筑附は予選リーグ敗退したということですね。

それで悠仁さまはまだ2年生で3年生になれば春の公式戦シーズンを迎えられるということですね。文武両道のご活躍が期待できるということですが全く期待できないですね。

ただ悠仁さまが行われた試合を見てみると悠仁さまが行われた試合は男子団体Ⅱ部17ブロックで他のブロックは4チームでしたが筑波大附属高校は3チームしかなくて1試合が不戦勝でした。

これですね。

だから1勝2敗で敗北して予選リーグ敗退ということですがこの1勝とは不戦勝の1勝でもあるし悠仁さまと対戦した相手とも1勝2敗ですが、シングルスでは勝っているから1勝2敗になっているようです。

そしてまず一つ言えることはⅡ部だということです相手はブロック準優勝の強豪校ということですがそもそも本当の強豪校はⅠ部の試合に出ているわけです。

Ⅱ部は高校生からやりだしたとかそういう人が所属していてⅠ部は昔からやっていてかなり強い人たちが所属するわけですね。

だから弱い相手とやって勝ちたいなという人たちがⅡ部に出場するということですね。しかも通常は1ブロック4チームですがⅡ部の決勝トーナメントに行きたいから3チームにした可能性もありますね。

それで弱いと思ったはずが思ったより強くて負けたということでしょうね。ちなみに試合の成績を全て公表されていたので見てみると筑波大附属高校からは8人が出場していました。

それで2人が2試合目にも出場していました。ちなみに悠仁さまが対戦したチームは正則高校(せいそく)でシングルスでは2戦目の人が3セットまでもつれ込みましたが勝ちました。

この人は1試合目でもダブルスで勝利しています。だから体力も実力もあるんでしょうね。そして3戦目は21対14と22対20でおしくも負けました。

まぁだから悠仁さまの相方さんが頑張って恥ずかしくないレベルの点数まで持って行ったということかもしれませんね。

ちなみに上野高校では14日に行われた決勝トーナメントも行われてここでも学校ごとに入場してくださいということでやっていたようですね。

ちなみに学校に送付される来場者名を事前に提出してから当日受付に提出をしてくれということでなかなか事前に提出なんてしないですからね。

中には近くの人がバドミントンの試合やっているんだって感じで見に行く人もいるでしょうからね。

でもそれが入場したらダメだったんでしょうね。まぁほろ苦デビューというか一番弱いⅡ部でこれだからそりゃ悠仁さまのバドミントン姿は見せられないでしょうね。

まぁそれにしても東京はチームが多いからまずは悠仁さまの17ブロックで勝って16ブロックの勝者にも勝てば決勝トーナメントということでもしかすると悠仁さまのグループだけ弱いチームで固めていたから決勝トーナメントも考えていたかもしれませんね。

それで14日も事前に提出としていたのかもしれませんね。実際に悠仁さまに勝ったチームが16ブロックの1位にも勝って決勝トーナメントに行きましたからね。

悠仁さまではなくて1試合目にシングルで20ポイントぐらいとって負けた人がタッグだったら決勝トーナメントまで行ってたかもしれませんね。

それで決勝トーナメントまで行きましたと本当はやりたかったのかもしれませんね。まぁこれも箔付け失敗ですね。

もうなんか高校のⅡ部のトーナメントで弱い人が集まっているのにそこでもさらに弱いチームを集めて悠仁さまのグループだけ1チーム減らして最低でもグループ1位をと思ったのでしょうが負けたわけですね。

まぁでも悠仁さまは1得点も上げることが出来なかったのかもしれませんね。普通は1点でもとったらスマッシュを決める場面があったとか見事に逆を突いて得点をとか何か書きますからね。

それが床をけりラケットを振り時折スマッシュをうって光プレーですからね。つまり悠仁さまは0点で相方が全て得点して恥ずかしい得点にはならなかったということでしょうね。

悠仁さまが二人だったら20対3とかそんな相手がミスした得点だけで勝ったような成績になっていたんでしょうね。

余裕で勝っているときは練習でスマッシュしてみて失敗とかも普通にありますからね。それにしても悠仁さまの3年生は東京大学に向けてどんな生活になりますかね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました