アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

愛子さまと佳子さまが結婚後も皇室に残ったら女性宮家と内廷皇族でどうなる?女性皇族と配偶者や子供の扱い:お金と立場の問題を解説

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

週刊女性に佳子さまのことが書かれていましたね。現在ギリシャを外交関係樹立125周年を記念して公式訪問されていますが現在は国会の方でも皇室の未来を置きく左右する議論が本格化ということですね。

旧宮家の男系男子を養子に迎える案と女性皇族が結婚後も皇室に残す案が話し合われていて皇族数の確保だけが話し合われている感じですが女性皇族が結婚後も皇室に残る案は佳子さまにも関係してくる話なわけですね。

皇室に残す案が成立して佳子さまが結婚後に皇室に残った場合や配偶者に支払われるお金なども重要な論点になるでしょうということですね。

もし佳子さまが皇室に残られた場合はお金事情がどうなるかですね。現在の皇室経済法では、各宮家に支払われる年間の皇族費の金額が決まっているわけですね。

皇族には皇族費が支給されていますがこれは皇族としての品位保持充てるために、毎年支出されていて、さらに皇族が初めて独立の生計を営む際に一時金により支出するものということですね。

ただ女性皇族が結婚後に皇室に残った際に支払われる皇族費については規定がないわけですね。さらに女性皇族が結婚した際に支払われるお金についてもどうなるかということですね。

佳子さまが結婚して皇籍離脱すれば1億5000万円ほどが一時金として支払われるわけですね。ただ佳子さまが結婚後に皇室に残れば皇室を離れる際の一時金だから支給されないだろうということですね。

眞子さんも一時金を本当は貰えたのですが小室家の金銭トラブルで多くの国民に納得されなくて秋篠宮ご夫妻や天皇陛下からも皇族としての結婚の儀式の納采の儀や朝見の儀を認められず一時金を辞退したわけですね。

そもそも女性皇族が結婚後に一時金を受け取らなかったことも戦後初でかなり異例の結婚だったわけですね。まぁ佳子さまが普通に一般男性と結婚して皇籍離脱したら普通に一時金は支払われるでしょうけどね。

ただ女性皇族が結婚後に残る案が成立して佳子さまが残る選択をしたら男性がどうなるかですね。自民党の案では配偶者の男性と子供は一般国民ですがこれはどうか投げても無茶ですからね。

だから配偶者と子供も皇族になる可能性が高いと思います。そうなると一般の男性が皇族になり、その方にも皇族費が発生するわけですね。

紀子さまが結婚して皇族となられた時には当時秋篠宮さまに3050万円の皇族費がはらわれていてその半額の1525万円が紀子さまの皇族費だったわけですね。

だからこの例で行くと佳子さまが結婚され、独立した女性宮家が出来たら佳子さまには年間で1525万円が支払われるわけですね。

そして結婚相手の男性はその半額の762万5000円となって合計で約2300万円が佳子さま夫妻に支払われることになると説明していますね。

ただこれは違います。皇族費の規定では独立の生計を営む親王及び親王妃はお一方当たり年額3050万円となっています。つまり佳子さまが女性宮家の当主になり配偶者と一緒に生活することになれば通常であれば宮家当主なので3050万円が支払われるわけですね。

まぁそうなれば佳子さまにも宮号が付与されるわけですね。ただここでややこしいのが愛子さまが結婚した場合でしょうね。

愛子さまが結婚したらどうなるんでしょうね。天皇陛下の場合は浩宮徳仁(ひろのみやなるひと)だったわけですね。でも天皇陛下はずっと内廷皇族だったわけですね。

内廷皇族は独立した宮家を持たない宮廷内部の皇族を指します。つまり愛子さまはこの内廷皇族にあたりますね。だから愛子さまは女性宮家ではないということなのかややこしいところですね。

独立した宮家の当主に愛子さまがなったら内廷皇族ではなくなり皇太子には皇嗣家の悠仁さまが相応しいとなりかねないような気もします。

だから女性宮家が出来ても今後皇室典範改正で直系長子になれば愛子さまが皇太子になります。その前に結婚したら愛子さまは女性宮家当主で内廷皇族じゃなくなり次は悠仁さまで改正後に結婚したら愛子さまは皇太子とかなんか変な感じになりそうですね。

まぁだから今回女性皇族が結婚後に皇室に残るとかそれだけ結論を出してもややこしいし、でも今の国会議員ではそれが限界でしょうからね。

しかも急がないと女王のお三方も結婚できないし子供も産めなくなりますからね。国会議員も真剣に専門家を呼んで話し合てほしいですね。

ただ皇族費に関しても女性皇族が結婚後に支払われる皇族費は国民の税金からねん出されるわけで理解が得られるだろうかと紹介しているわけですね。

現在の皇室経済法は、女性皇族が結婚後も皇室に残ることや、女性皇族と結婚する男性が皇族になることを想定していないけども女性皇族が結婚後も皇室に残れば税金から支払われることになり、物価高に苦しむ国民からの批判的な意見は免れないでしょうと紹介しているわけですね。

自民党や公明党は女性皇族の配偶者は皇族とならない方針を主張しているが、皇族にならない場合でも前例がない問題がいくつか出てくると小田部教授が解説しているわけですね。

それはお住まいの問題だということですね。結婚した女性皇族は、現在の宮邸にそのままお住まいになるのが難しくなり新たな宮邸を造る場合も高額な公費を捻出する必要性が生まれるということですね。

さらに他にもその住居に皇族でない配偶者や子どもが同居するのであれば、住民税などの問題も出てきて法案が通過する前に、経済的基盤をどうするのか、国民に明示する必要があるだろうということですね。

まぁこれは自民党の案なら家賃とか光熱費もどうするかってことでしょうね。だから配偶者が皇族になるかどうかはしっかり議論をしなければいけないわけですね。

元宮内庁職員の山下晋司氏も男性皇族が結婚する場合、相手の女性は皇族になるけども一般の女性を皇族という特別な立場として迎え入れてもいいのかどうかなどを国として決めるために皇室会議が開かれるわけですね。

だから紀子さまも雅子さまも皇室会議が開かれたわけですね。でも逆に女性皇族が一般男性と結婚して皇籍を離脱される場合、皇室会議は開かれないわけですね。

だからそれもどうするかですね。男性皇族の結婚相手についてなぜ皇室会議をするかというと男性皇族は皇位継承の順位がありその変更などにも関わってくるからだということですね。

だから今回の法案が採用され、配偶者も皇族となった場合、一般男性を皇室に迎え入れるリスクは当然あって女性皇族の結婚相手が小室圭のような男であれば問題だということですね。

まぁそれは小室圭だけでなくて紀子さまの場合もそうだったんですけどね。喪中に婚約内定会見したりテニスでパンチラやノーブラジョギングとかいろいろありましたが当時はテレビも規制が緩かった時代ですからね。

テレビが紀子さまを持ち上げたら普通にそれが当たり前の間隔で多くの人からは受け入れられていたんでしょうね。まぁでも当時受け入れていた人も改めて今見てみるとヤバすぎたよねとかそういう感覚かもしれませんね。

今はSNSがあっていろいろ情報が出てきますからね。まぁ小室圭の問題を出すなら今は皇室会議でアウトでしょうね。どうしても結婚したければ皇籍離脱しなさいと言うことで男性女性関係ない問題で印象操作の記事ですね。

さらに一般の男性が皇族になれば、皇族費は莫大な金額になりそうだということですね。ちなみにここでは佳子さまのお相手が30歳だと仮定して平均寿命の80歳まで皇族だったら2人に支払われる税金は12億円位になると紹介していますね。

まぁ宮家当主だからもっと支払われるんですけどね。ただかなり悪意がある記事ですね。小田部教授も現在いらっしゃる未婚の女性皇族が全員、女性宮家を創設し、お相手を皇族としてしまえば、それだけ巨額な公費支出を国民に強いることになると苦言を呈してますね。

皇族数の増加よりもご公務の再検討、再整理、経費削減の問題が先にあるべきでしょうということですがその前に安定的な皇位継承が最優先だろうと思いますけどね。

皇族数を確保したところで次世代の皇位継承者が悠仁さまだけではもしものことがあれば皇室は終わりますからね。もしものことがないように安定的な皇位継承を話し合おうと上皇さまの付帯決議になったんですけどね。

しかもイギリスのロングボトム駐日英国大使の記事が紹介されていましたが、ロングボトム大使の長女が同棲パートナーとイギリスで結婚したようです。

性的少数者をめぐる日本の状況についてもLGBTの権利の議論が増えており、良いことだ。世論も大きく変わっていると語ったようですね。

性的少数者の権利についても、それが守られるためには法的根拠が重要だと指摘しどんな社会でも偏見はあると思うが、英国では今、多くの人々がLGBTの人たちを応援してくれていると語ったようです。

LGBTの人も日本にどれぐらいいるのかチャットGPTに聞いてみました。そうすると5%から10%ぐらいいるようです。結構な数でいますよね。

学校のクラスで40人いたら2人から4人ぐらいいるということですね。確かに学校のクラスとかで男子なのに女性っぽい人とかなんか最後まで明かすことは無かったけども実際にはという人はいたんでしょうね。

皇位継承の問題に関しては皇族数の問題ではなくはやく安定的な皇位継承の議論をしてほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,490 (2024/06/18 18:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました