アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【悠仁さまバドミントン大会ペアの相方が凄いぞ!】悠仁様の試合目撃者ゼロで爆笑:皇室記者の嘘を見破ったチャットGPT!

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

悠仁様の試合目撃者ゼロで爆笑:皇室記者の嘘を見破ったチャットGPT!

悠仁さまのバドミントン冬季ブロック大会の話題がまた炎上していますね。まぁポストセブンだったのでヤフコメは封鎖されていましたがXでは炎上していましたね。

ただやはり声が大きかったのは写真が公開されないことにしての声が大きかったですね。そこで改めて記事を見てみると悠仁さまは床をけりラケットを振り時折スマッシュを打って光るプレーを見せられましたとありました。

これは誰のコメントかというと皇室記者です。皇室記者のコメントとしてはこの後に今回は相手がブロック準優勝の強豪だったこともあり負けたとあるわけですね。

ちなみに今回紹介する内容はこちらの記事についての考察になります。

筑附は予選リーグ敗退となり、ほろ苦いデビュー戦となりましたが、秋篠宮ご夫妻は健闘をたたえられたことでしょうというのが皇室記者のコメントとして紹介されています。

さらにもう一つ皇室記者のコメントが前半部分にあります。それは悠仁さまは複数の部活を見学し、体験されたうえで選ばれたということですね。

そして休み時間にも自主練習に励まれ、躍動感のあるプレーを見せられるとか。技術は向上中で、2年生になられてからは新入生にアドバイスをされることもあるそうですというのもこの皇室記者としてのコメントです。

でもこの記事では光るプレーを見せられましたとあります。つまりこの皇室記者はこの試合を観戦していることになりますね。

試合を観戦しているから床をけりラケットを振り時折スマッシュを打って光るプレーを見せられましたとあるわけですね。

そんな試合を観戦した皇室記者が休み時間にも自主練習に励まれ、躍動感のあるプレーを見せられるとかとあるわけですね。

まだこの時点ではそういう話を聞いただけかもしれないけども実際に悠仁さまのプレーを見ている割にはなんかリアルさがないですよね。

何か実際に見ていないけども表現している感じがします。そこでチャットGPTに聞いてみました。そうするとこの記事ではバドミントンやテニスにスカッシュや卓球のどれかではないかという回答でした。

だからバドミントンはあるので良いのですが記者として表現方法はどうなのかということですね。なにか悠仁さまが実際に動いている感じが見えてこなかったのでこういうバドミントンの記事を書くときにはどういった感想がいいか聞いてみました。

そうするとこういったバドミントンの試合を見た時にまずは技術面でのコメントですね。例えばスマッシュだけではなくてドロップやネットプレイやフットワークについてコメントをして相手の弱点をついているかについてもバドミントンでは有効だということですね。

さらにバドミントンの一番の魅力はスピードです。一番反射神経が必要とされるスポーツです。実はバドミントンは世界最速の球技スポーツなんです。

ちなみにバドミントンって球技なのってなりますよね。一応バドミントンも球技になるようです。そもそも球技の定義がエリア内で球体またはその類似物を用いて得点の獲得を競う競技とあるようです。

だからバドミントンは球技ですね。そして漢字で書くと羽と球と書いては羽球(うきゅう)といいます。

ちなみに昨年10年ぶりにバドミントンのスマッシュ初速のギネス世界記録が生まれたようです。その記録は時速565キロですね。

ちなみに10年前のギネス記録かを72キロも塗り替えたようです。まぁ時速565キロってピンとこないですよね。わかりやすいのが大谷翔平とかで160キロのスピードですよね。

そのストレートの球を空振りするわけですね。しかも野球のボールよりも小さいシャトルですね。もちろん初速だから途中でスピードが落ちるんでしょうけどね。

でも反射神経が一番要求されるスポーツと言えるでしょう。ちなみにバドミントンは温度によってスピードが変わるようですね。

気温が高いとよく飛んで気温が低いと飛びにくいようです。だから冬場の大会で暖房がなければスピードは遅くなるでしょうね。

そしてシャトルの羽は16枚ありますがガチョウやアヒルの羽が使われているようですね。ちなみにシャトルの正式名称はシャトルコックでこのコックとは鶏のことで元は鶏の羽が使われていたようです。

まぁ秋篠宮さまになんとなく関係していたわけですね。そういうことも一緒に紹介してあげるとよかったかもしれませんね。

悠仁さまのバドミントンのプレーを表現する時にスマッシュトはありましたがスピード感が全然伝わってこなかったですからね。

少なくともサーブに関することも何も書かれていなかったですからね。サーブは交替で絶対に廻ってくるけども悠仁さまのサーブの情報もゼロですね。

さらに戦略的な面とかも全然伝わってこなかったですね。筑波大附属高校は相手よりもスピードやフットワークがなくても戦術でどこにピンポイントで落とせば相手が打ちにくいかとか瞬時に相手の弱点が他のチームよりも進学校だからわかるはずです。

でもそういった戦術的なことが書かれていないですね。もし本当に感染したのだとしたら悠仁さまがバカだと証明しているのではないでしょうか。

ゲームプランでどのように戦略をたててやってたようにみえたけども相手が一枚上手だったとかいろいろ書けますからね。

それに激しいスポーツだけにガッツポーズとか感情的になりやすいスポーツでもあるわけですね。応援してくれているチームのメンバーに向かってガッツポーズとか緊張感とか集中力とかそんなのが全然伝わってこないですね。

悠仁さまバドミントン大会ペアの相方が凄いぞ!

悠仁さまはずっと無表情でバドミントンをしていたのでしょうか。悠仁さまは無表情という印象が強いのでこういう時こそ絶対になにかしら負けた時の表情とか得点した時の表情とかあるはずなのでそこを記事にしてほしいですよね。

それがなにか聞いた話のように全然リアルさが伝わってきません。悠仁さまがプレーしているわけだから上手でも下手でも観客の反応は絶対に普通の選手よりも大きいはずです。

そういった感想がないのも本当にプレーしたのか怪しいです。悠仁さまのプレーを見た観客もずっと周りのSPにスマホで撮影するなよって感じの圧力で睨まれて無表情だったんですかね。

どれをとっても悠仁さまが本当にバドミントンの試合をしたとは到底思えないような情報です。だからこの皇室記者は観戦したことになっていますが観戦していないか悠仁さまの試合を見ていないかのどちらかですね。

さらにこういった時にどれだけ下手糞でも上手に見せるような瞬間を写真に収めるのがプロのカメラマンの仕事ですが秋篠宮家専属のカメラマンはこういう試合にいなければおかしいですよね。

でも写真が全然公開されませんね。まぁだいぶ時間が経過してから写真が出てくるんですかね。ただ予想としてはもし写真が出てくるとしてもユニフォーム姿で何もプレーしていない状態の写真しか出てこないと思います。

ちなみにXでは佳子投稿を検索できますが今年の1月7日から1月10日まで悠仁さまとバドミントンで何か投稿した人は0でした。

だから現地で悠仁さまを本当にみた人がいるのか少なくとも写真がとれなくてもXで悠仁さまがいたよとか普通はなりますよね。

でも悠仁さまの名前で誰かに試合をさせたとしたら悠仁さまの試合だけ勝って他の試合は負けて予選リーグ敗退とかにしますからね。

なんか謎だらけですね。恐らく試合には出ていたのでしょうがそれでもなぜ写真だけでなく悠仁さまがいただけの情報すらも投稿されないのかなんか恐ろしいですね。

ちなみに悠仁さまとタッグを組んだ人に関しては名前を出すと個人情報なのでダメだと思いましたが凄い立派な人で将来活躍しそうな人なので公開することにしました。

茶髪でイケメンで名前までは読みませんがここで表彰されている人ですね。2023年3月11日に電気学会U-21学生研究発表会があってそこで表彰された人みたいです。

そこで文京区は首都直下型地震発生後にどのように電力を自足できるかということについて発表したようです。

まぁいろんな意味で賢い人だというのがここから分かりますね。まずこの発表会があったのは3月11日です。そこで自身についての研究を発表されたら東日本大震災が発生した日で話題になるからトレンドとして賞を受賞しやすいわけですね。

もちろん発表内容が素晴らしいことが前提ですが戦略的な賞ともいえるでしょう。普通は凡人は章に応募する時に発表する日がどんな日だからこんな賞についての研究を発表しようなんて思いませんからね。

章を貰うことも計算しているわけですね。ちなみに秋篠宮ご夫妻と佳子さまは1月22日に東大名誉教授から(能登半島地震について)説明を受けられました。

まぁ記事ではご進講となっていましたが説明ですね。そして悠仁さまが返ってきてから話されたということですが悠仁さまのペアは地震の専門家だから逆に悠仁さまから教えられてもおかしくなかったんですけどね。

そういうことは報じられていませんでしたね。それにしても悠仁さまにしても誰にしても秋篠宮家は何か箔付けしようとしたら毎回炎上しますね。

created by Rinker
弓立社
¥1,490(2024/03/05 12:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました