アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【小室圭が無能弁護士を眞子さん証明で爆笑】KK息子の顧客獲得は政府と暴露:小室佳代贈与税未納疑惑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

小室圭が無能弁護士を眞子さんが証明:年収アップも矛盾だらけ

週刊新潮に小室夫妻のことが書かれていましたね。3度目の司法試験で合格してNYで弁護士になり昨年3月から活動をスタートして法務助手から弁護士になり1年が経過ということですね。

当初は企業法務を担当するチームに所属していたけども3ヶ月で部署異動で国際貿易および国家安全保障の部門へと転属になったわけですね。

さらにその3ヶ月後にはクライアント企業との橋渡しをする『G-BRIDGE』という分野も担っているということですね。まぁ国際貿易および国家安全保障の部門のなかにこの分野があると思うんですけどね。

そして小室圭の勤務先の事務所が若手アソシエイト弁護士の給与をアップすると報じてここに小室圭も含まれるだろうと報じられたわけですね。

2021年から2023年までに入所した人が対象で、給与は22万5000ドルから26万ドルの範囲になるということですね。

だから小室圭は約3900万円ぐらいだろうということで1年目の給料よりも倍増して法務助手の時からは6倍になったということですね。

法律事務所がひしめく中で給与を上げなければ若い弁護士を確保できないと事情があるということでNYは石を投げれば弁護士にあたると言われるぐらい多いようですからね。

小室圭の勤めているサンドラーはニュージャージー州が本社のようになっていて、格付けは州内ではトップのようですね。

そして全米でも100位前後に位置する中堅どころということですね。それで企業との取引がメインで企業にアドバイスとかをしているということですね。

ただ小室夫妻は昨年10月中旬ごろから家賃55万円のマンションを引っ越しと言われてNY郊外にある白亜の豪邸に引っ越しかと報じられたわけですね。

ここの物件はもともとフォーダム大学の副学長が住んでいて昨年夏に中国出身ご夫妻が約2億円で購入したわけですね。

現在のオーナー中国出身夫婦が保有していたけどもその夫妻も住む気配がなくて、しかもこの物件の清掃も進んでいて引っ越し間近と言われていたわけですね。

だから中国出身ご夫妻が小室夫妻に貸し出しかとということで中国出身ご夫妻に聞くと誰にも貸し出す予定はないと語っていて小室夫妻とは何の関係もないと語っていたわけですね。

でも小室圭宛の郵便とかが届いたことがあるとも語っていたから小室圭のことは知っていたんでしょうね。でも改めて聞いてもバカげた憶測でもうこういう質問は終わりにしてくれといったようですね。

ただ売り出し価格は周辺よりも割高で本当に中国出身ご夫妻が住む目的だったのかそれとも日本政府の裏金問題とも関係しているんですかね。

まぁただ実際にNYの白亜の豪邸で小室夫妻が出入りした形跡もないしヘルズキッチンでも見かけないし事務所にも顔を出していないということですね。

だから別の場所に引っ越したかワシントンに行ったのではと言われたけどもサンドラーに聞いてもワシントンにはいませんと言われたわけですね。それでNYにいますと返事が返ってきたようです。

まぁ事務所には顔を出していないからリモート勤務でどこにいても一緒なんでしょうけどね。そもそもワシントンでのパートナー弁護士の取ってきた仕事の雑用で小室圭の仕事はM&Aの案件とか資料作成とか在宅でも問題ないから仕事も業務委託で小室圭が誰かに丸投げしていることも十分にあり得るということですね。

まぁ小室圭は順調の設定ですが眞子さんと秋篠宮ご夫妻の関係は今も悪いようですね。しかも日本のメディアや日本国民とも距離を置こうとしていて人目につくことを極端に嫌がって日系人の集まりにも顔を出さないということですね。

こうした関係になった原因にはやはり小室佳代さんにあるということですね。秋篠宮ご夫妻は少なくとも今でもそう強く思っているということですね。

NYに届け物をする時にも眞子さんと直接コンタクトが取れないから佳子さま経由でやりとりをしているようですね。つまり日本から何らかの形で仕送りをしているようですね。

そして秋篠宮ご夫妻はもう小室圭とは関わりたくないと拒絶しているようですね。小室佳代さんももちろん関係を拒絶ということですね。

これは結婚前からで秋篠宮さまの誕生日の言葉でも2018年11月の会見で人の家のことについて何か言うことははばかれますがと前置きしながらそれ相応の対応は大事と金銭トラブルの解決を提案したわけですね。

そして2020年には人の家の事なので詳しくは知りませんがと前置きして対応しているとしても見える形になることは必要とおっしゃったわけですね。

この人の家という他人行儀な言い回しにこそ秋篠宮さまの失意が凝縮されているということですね。小室圭と小室佳代さんは金銭トラブルを解決しようとせずに贈与という認識と的外れな弁明をしていたわけですね。

だから2017年暮れの最初にトラブルが報じられた直後から小室圭と小室佳代さんを全く信用していなかったようですね。

それで眞子さんは結婚会見でも語っていましたがこの金銭トラブルにも文書回答で元婚約者への対応について眞子さんが私がお願いした方向で進めてもらったとあるわけですね。

つまり金銭トラブルについて弁護士の小室圭は頼りにならずにほぼ眞子さんが解決するために助言をしたということですね。

しかも具体的な助言は数多くありますと文書回答をしているわけですね。これはどういうことかというと複雑性PTSDという重病を抱えている病人がお悩み相談窓口となっていたということですね。

本来は重病で病院通いをしなければいけない状況ですが人のお悩み相談窓口になっていたわけですね。このことからも小室圭は眞子さんの病気の事なんてこれっぽっちも考えていなかったことがうかがえますね。

まぁ眞子さんも秋篠宮さまよりも頑固と言われているから秋篠宮ご夫妻も眞子さんと何を話し合っても一緒だから話し合うことを辞めたんでしょうね。

それで秋篠宮ご夫妻も天皇陛下も認めない結婚だから納采の儀をせずにもちろ朝見の儀もしなかったわけですね。それで天皇陛下が2022年の誕生日に多くの方にご心配をおかけすることになったことを心苦しく思っていますと述べたわけですね。

秋篠宮家のことで天皇陛下が国民に謝ったということで秋篠宮さまとしても小室圭は金輪際許すことは無いということですね。ただ今後、小室圭の問題でまた頭を悩ますかもということですね。

小田部教授もアメリカの弁護士として連邦政府の意に沿った業務に就くのであれば、小室さんはいずれトランプのもとで働くことになるかもしれないということですね。

そうなると、場合によっては日本の経済政策、国益に反する仕事に携わる可能性もあるということですね。でも悠仁さまが即位したら将来的には『天皇の義兄』となるから、彼の仕事いかんでは秋篠宮家が再び苦境に陥りかねないということですね。

まぁ悠仁さまが即位したらその時点で皇室は終わりなんですけどね。最近は無理矢理小室圭を持ち上げてあたかも成功しているように思わせたいようですが無理がありすぎますからね。

そもそもICUを卒業するまで弁護士に興味がなかった奴が日本の法学部を出た設定になっていてNYで弁護士としてリモート勤務でバリバリ活躍しているなんて誰も信じませんからね。

何度も収入アップという同じような記事ばかり出していることには何かしらの意図があるのではと感じてしまいますね。行方不明の小室圭が収入6倍アップなんて報じても違和感しかないですからね。

こういう報道があると余計に政府が今でも支援しているんだなって感じる記事ですね。デイリー新潮でも2度試験に落ちた小室圭だけども皇室との繋がりを重要視して雇い続けたのだろうということですね。

それで皇室と距離を知事メタいと考えている企業は日本に限らず海外にも数多くあってそういった企業が小室圭を目当てにサンドラーにアプローチしているかもということですね。

だから4000万円とも言われているがいっせつには1億円も射程圏内なのだということで新人弁護士は顧客を開拓することは難しいが小室圭の場合は向こうからアプローチしてきてもおかしくないということですね。

獲得した顧問先の数や規模から報酬を受け取るのであれば、確かに1億円という金額は何ら難しいものではないと見られているということでリモート勤務で行方不明でも楽勝で1億円はいくのではということですね。

多忙を極めているからこそ目撃情報も劇殿しているのだろうということですがそんなに仕事が舞い込んできているならなんでうちの小室圭をよろしくって営業をかけているんでしょうね。

もう小室圭を持ち上げまくれという指令が出てそれぞれが想像の記事を出すから矛盾だらけになっていますね。いつまでも支援するのは辞めてほしいですね。

ただそれにしてもこれまではデイリーメールでも毎月のように撮影会がありましたが昨年10月中旬から行方不明で現地のカメラマンも撮影には成功していないから撮影会はなくなったのは間違いないですね。

まぁただ行方不明ってことは一応弁当士だけは卒業できたんでしょうね。それと最近行方不明なのは眞子さんの今後がどうなるかがわからないところもあるんでしょうね。

まだメトロポリタンでカーペンター氏のアシスタントとしてキュレーターをしているときはたまに図書館とかに出かけたりとかそういう報道がありましたからね。

だから就職したらある程度お出かけして働いているふりはしたいんでしょうね。ただ美術館とかが厳しくなって眞子さんの第二希望をうかがっているところですかね。

眞子さんも頑固だから一度決めたらいうことを聞かないということでまだメトロポリタンも諦めていないのかもしれませんね。それで職員もやれやれって感じかもしれませんね。

まぁ親から反対されたりこれまで眞子さんを応援していた人達からも小室圭との結婚は辞めとけと言われたのに30歳までに結婚するという頑固さで結婚しましたからね。

ただこれまでNY総領事が警備とか身の回りの世話とかずっとサポートしてきたので今の政府が世話をしていることは間違いないので政府は少なくとも小室夫妻の行方を知っているのだろうということですね。

まぁ引っ越しの理由が私生活の充実だとしたら行方不明でメディアに見つかっていないので目的の一つは達成しているんですかね。

ただワシントンでの弁護士資格がないとダメな部署でNYには属されたままとかどう考えてもサンドラーで役立たずでしょうからね。

NYにいる限りはパートナー弁護士の雑用でしかないですからね。パートナー弁護士はみんな4000万円以上年収があるんですかね。

それにしても政府は国がかりで小室夫妻の居所が見つからないようにサポートしているのではと考えてしまいますね。

まぁ政権与党も今は裏金問題を追及されて裏金を使いにくくてピンチになっていると思いたいですがどうなりますかね。

小室圭やはり政府が顧客獲得の証言:小室佳代贈与税未納疑惑

日刊ゲンダイに小室夫妻のことが書かれていましたね。小室圭がジェトロのニューヨーク事務所が公表した日本語の通じる法律事務所リストでサンドラーの中では唯一小室圭だけが日本語対応できる弁護士として紹介されていたわけですね。

ただワシントンは弁護士資格がないので弁護士としか明記されていなかったわけですね。これだけで非常に重要な立場にあることがわかるということですが、小室圭はまだ経験が浅いから当面は通訳兼アシスタントといったところではないかということですね。

まぁ主な弁護士には名前がなかったですからね。日本語可能な窓口として紹介されていたわけですね。ただジェトロには日本語が通じる法律事務所が35ヶ所もあるわけですね。

サンドラーよりも大きい法律事務所はあるし日本人ばかりの弁護士事務所もあるから司法試験に2回落ちたことで有名な小室圭に問い合わせをするメリットがあるのかということですね。

実際にNYには日本語が出来る弁護士がたくさんいるからサンドラーの弁護士が小室圭を売り込みに行ってるわけですね。でも小室圭は行方不明だから小室圭は同行せずに売り込みに行ってるわけですね。

実際に会社で会ったことは無いですが日本語が出来るうちの小室圭をよろしくとか言ってるんですかね。小室圭への期待の大きさは待遇面でも反映していて弁護士になってすぐは2000万円が1年で4000万円に倍増ということですね。

まぁアメリカの弁護士の新卒の待遇が良くなっただけでそこに小室圭は含まれていないんですけどね。ただ花形部署だから恐らく上がっちるだろうと勝手に持ち上げてくれているわけですね。

でも実際には花形部署はワシントンでの弁護士資格が必要だから小室圭はパラリーガルとして実質給料を貰っているようなもんだから600万円位の価値しかないんでしょうね。

まぁ足手まといだから600万円の価値もないんでしょうけどね。アメリカの弁護士は優秀な人材の引き抜き合戦が行われているから大幅に収入をアップということですが成果を出さなければすぐに解雇される世界でもあるわけですね。

だから小室圭に期待されるのは営業力だということですね。でもうちの小室圭をよろしくと言われて小室圭が不在だということでいかに営業力がないかがわかりますね。

営業力のない小室圭が来たら態度が悪いとかへまをすると思われているから邪魔で小室圭ぬきで小室圭の売り込みをされているのが現状だということですね。

ヘルズキッチンのマンションにはもう住んでいないようだから今はどこに雲隠れしているんでしょうね。まぁ実際には職場で戦力にならず飛ばされる場所を待ってどこかに待機しているんですかね。

レットイットビーでなすがままになるだろうということですが眞子さん次第なのでしょうね。眞子さんもメトロポリタンからは邪魔者扱いされてたくさんの美術関係者に売り込んだおかげでたくさんの場所からコイツはダメだという扱いになっているようですからね。

眞子さんは頑固だからここじゃないとダメだとか駄々をこねているんですかね。まぁ日本では小室佳代さんはブランド物の服を着ていて仕送り課とも言われていますがそもそも小室佳代さんは出歩きませんからね。

マンションの中だけで郵便を取ったりその程度でしか出ないのにブランドものだから見えを張って家の中で一番高い服を着ているだけなのでしょうね。

メディアも持ち上げることに必死のようですがそんな事したら余計に炎上することがわからないんですかね。バイト同然の法務助手から高額家賃のマンションでNYに拠点を作っていないのに政府に頼って税金が使われてきましたからね。

それにもし本当に小室圭が小室佳代さんに仕送りをしていてブランド物の服を着ているならそれこそをメディアは年間110万円以上の贈与税がないかとかそっちの方向で疑ってほしいですね。

仕送り送って金ある割には外には出歩かないし小室佳代さんも自分でやましいことをしている自覚があるから外出できないんじゃないですかね。

何もやましいことがなければ普通に出かけられると思いますけどね。近所付き合いすらもしていないようですからね。周りから煙たがられている現実とかそういうこともしっかりと事実を報じてほしいですね。

週刊誌に持ち上げ記事を書くのにも税金が使われているのではと感じてしまいますね。そもそも小室圭は母親の元婚約者の金銭トラブルも解決できなかったわけですからね。

まぁ小室圭の留学費用だから小室圭も大きく関係している金銭トラブルだったんですけどね。職場でも仕事が残っていて上司からお願いされても定時に帰りますからね。

それにどう考えても持ち上げるために記事を書かせているというのがわかりますがどうで持ち上げてほしいなら小室佳代さんが仕送りしてもらったお金で能登半島地震に募金とか報道したらいいんですけどね。

ブランド物の服買う余裕があるならそのぐらいのことを発表させたら擁護する皇室ジャーナリストも名前を出してイメージ回復の記事を書きやすいんでしょうけどね。

それにしても日本は報道統制で真実が報じられないから海外から真実を報道してほしいですね。結婚した時にはドイツのメディアに国際政治学者の島田洋一氏が小室圭の顧客獲得には日本政府が仕事を斡旋しているようだと報道していました。

いろいろ小室夫妻に関しては真実を報道してほしいですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/13 17:54:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました