アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

凄いぞ雅子さま名誉法学博士号で天皇陛下はオックスフォード大学でもユーモア留学中極秘計画が英国公文書で発覚

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

凄いぞ雅子さま:赤いガウン名誉法学博士号

天皇皇后両陛下がオックスフォード大学を訪ねられていましたね。ロンドンからは80キロほど離れた場所にあるようです。

そして両陛下がオックスフォード大学でガウンを着て行進されたようですね。帽子にアカデミック・ガウンを着てオックスフォードで有名なボドリアン図書館のそばを列をつくって行進されたようです。

オックスフォード大学の総長らに続いて両陛下は、並んでゆっくりと進まれたようです。ガウンの着用は特定の儀式やイベントの一部のようですね。

確かに彬子さまが書いた本のタイトルが赤と青のガウンです。これはオックスフォードで博士号を取得した人が着れるわけですね。

青いガウンは修士号の取得者ということですが赤のガウンに関してはチャットGPTに聞いてみると名誉博士号とか特別な貢献や功績を称える色となるようです。

ちなみに昔の写真とかを探してみてもやはり天皇陛下が留学時代の卒業する時なのかオックスフォード大学名誉法学博士博士号授与式の写真が見つかってやはり赤いガウンでした。帽子もちょっと違う帽子なんですね。

そして雅子さまに対しても名誉法学博士号の授与式が行われたから赤のガウンを着ていたようです。特別な貢献や功績ということで訪問するだけでもう特別な貢献ですからね。

構内の中庭では、お二人で桜を植樹したようですね。オックスフォードの中にも30あまりのコレッジに分かれていて2つとも最も古いコレッジの一つのようですね。

マートンコレッジの方が古いイメージですがベリオール・コレッジの方が1年古くて1263年設立のようですがこれもいろいろあるようですね。雅子さまが外務省から行かれていたように政治家が多いようですね。

最も人気があるコレッジで2005年は入寮希望者が全39カレッジの中で最多だったようです。4人の首相経験者を輩出しているようですね。そして5人のノーベル賞受賞者も輩出しているようです。彬子さまもここで博士号を取得されたわけですね。

マートンコレッジもノーベル賞を受賞した人とか学者が多いようですね。自然科学や人文科学の分野で多くの著名な学者や作家を輩出しているようです。

自然科学ということはまさか悠仁さまはこのマートンコレッジを目指していないですよね。まぁイギリスもお願いされても受け入れないでしょうね。

両陛下はこの後、オックスフォードの街を散策し、ヨーロッパ有数の伝統を誇る図書館など思い出の場所をめぐられたようです。

まぁ天皇陛下は留学中は自転車に乗っているシーンもありましたからね。現地を散策して懐かしそうに建物を見上げたり沿道にいる人たちに手を振って応えたりしながら、念願だったお二人でのオックスフォード散策を楽しまれたようです。

天皇陛下が暮らしていた寮の部屋も訪ねたようですね。そしてそのあと両陛下は、近くの空軍基地に向い、イギリス王室の関係者らに見送られて政府専用機に乗って、帰国の途につかれましたようです。

天皇陛下はオックスフォードの昼食会でまたスピーチしてそこで雅子さまと唯一オックスフォードでの話で避ける話題があるようでそれがマートンとベイリオルのどちらがオックスフォードで最古のコレッジかという問題ということですね。

まぁこの辺のユーモアも天皇陛下らしいですね。それにしても無事にイギリス訪問の全日程を終えられて良かったですね。

英公文書極秘計画:天皇陛下留学機密文書

週刊新潮が英公文書館で機密ファイル発掘と記事になっていましたね。昭和天皇崩御の緊急対応計画という記事ですね。

天皇皇后両陛下は英国訪問の全日程を無事に終えられ英国王室との長く深い関係に新しい歴史が刻まれるのは間違いないということですね。

天皇陛下はイギリスの印象について回顧録で新しいもの、古いものと一見矛盾するものを抱えながらそれを対立させることなく見事に融合させているイギリス社会の持つ柔軟性、面白みを肌で感じるのは私のみではないと書いているようです。

さらに私はイギリスの人が常に長期的視点にたって物事を考えているように感じている。常に差し迫った者のみでなくさらに先のことを考えながら焦ることなく遂行していく国民性があるように感じるということですね。

これはテムズとともにで書いているようです。まさにこの長期的視点というのが女性天皇や女系天皇を示しているように感じました。

対立させることなく見事に融合させているということで恐らく皇位継承のことについて書いていたのかなと感じましたがこの記事ではそうでないようですね。

40年前の昭和天皇の崩御に備えた英国政府が速やかに用意した緊急対応計画にまつわる逸話だということですね。イギリス国立公文書館を訪れて過去数年に新たに機密解除された文書を調べたようです。

そこでうかんだのが日本の皇室をめぐる水面下でのドラマだということですね。天皇陛下がイギリスに留学で入学したのは1983年10月ですがその1ヶ月前の9月29日にイギリス外務省で1通のメモが回覧されたということですね。

これを作成したのは日本を担当する極東部の幹部でその内容というのが昭和天皇は1989年1月7日に崩御されました。でも仮に天皇陛下が留学中に昭和天皇が亡くなったらという極秘計画ですね。

まだ天皇陛下が留学中は皇太子でもなかったわけですね。昭和天皇の孫として2年間イギリスを留学したわけですね。でも年齢的に80歳を超えて留学中に亡くなる可能性も十分にあったわけですね。

そうなると天皇陛下がイギリス留学中に皇位継承者になるわけですね。そうなるとチャールズ皇太子から天皇陛下に哀悼のメッセージをおくりのが適切なわけですね。

もうすでに1979年8月には昭和天皇で12月には香淳皇后がなくなった際の対応が考えられていたようです。外務省からバッキンガム宮殿に対してどのように伝えるかで昼間か夜での対応についてもすでに対応を決めていたようです。

確かにそう考えるとかなり長期的な視点で見ているんですね。日本ではイギリス王室のそういった対応なんて絶対関上げていなさそうですね。

だから秋篠宮ご夫妻ではなくて天皇皇后両陛下が行った方が良かったのではとかいろいろ炎上したわけですが事前にルールを決めてすぐさま発表したら炎上しなかったわけですね。

事前の準備が出来ていれば炎上しないのに皇室はルールがあやふやですからね。一般参賀とかもルールはその時によって臨機応変だから毎回炎上したりするわけですね。

そういう意味ではイギリス政府は凄いですね。すでにエリザベス女王とイギリス首相の哀悼メッセージも用意していたようです。

それでこの計画でエリザベス女王はある決定を下したということでそれは昭和天皇の大喪の礼(たいそう)といって天皇の葬式当日にロンドン市内で半旗を掲げるのを認めるという決定ですね。

これは当時は物凄く反発が予想されるリスクがあったわけですね。上皇ご夫妻の時ですらシュプレヒコールで元兵士が後ろ向きで歓迎していませんよというパフォーマンスをしたぐらいだから昭和天皇は戦争のトップと見られていたわけですからね。

凄い政治的リスクがあったわけですね。その反発の怒りの矛先はエリザベス女王に向けられる可能性があったわけですね。まぁ日本でいうところのA級戦犯を靖国神社に祀ることぐらいのリスクがあったわけですね。

日本がイギリスの捕虜を使ってがたくさん亡くなった事件があったのですがで日本は戦争でタイとミャンマーを結ぶ鉄道を建設してそこでイギリスやオランダ連合国の捕虜だったようです。

ただブラックな労働で命を落とすものが相次いで死の鉄道と呼ばれているようですね。ちなみに昭和天皇が危篤という報道があった時にイギリスの新聞は邪悪な天皇を地獄が待ち受けるや犯罪で罰せられずに死ぬことを悔やむような見出しだったわけですね。

どれだけ関係が悪かったかがわかりますね。それで昭和天皇が崩御した際にイギリスからは外務大臣と王室からはエリザベス女王の夫のフィリップ殿下が参列したようです。

そういえば最近もNHKの記事でフィリップ殿下が第2次世界大戦で日本軍の捕虜になった元兵士などの反対を背景に難色を示したと報じられ、フィリップ殿下が自らそうした報道を否定する声明を出す事態となりましたと記事になっていましたからね。

フィリップ殿下も凄い嫌な役目だったんですね。本当はエリザベス女王が行きたかったのでしょうが国民の怒りを考えてということでしょうね。

エリザベス女王とかは昭和天皇が戦争を指示したわけでなく日本政府がやったということを知っているでしょうからね。まぁそういうことがあるから天皇陛下は何が何でもA級戦犯が祀られた靖国神社は二度と参拝しなくなったわけですね。

参拝したらイギリス王室との関係が終わるぐらいの出来事なわけですね。ただフィリップ殿下が参列するとなって元兵士や家族から猛烈な反対が沸き起こってイギリス政府に抗議の手紙が殺到したようです。

ちなみに1971年の訪欧ではオランダで天皇の車にビンが投げつけられてフロントガラスが破損する事件も起きたようです。そう考えると天皇皇后両陛下と愛子さまのオランダ訪問は凄い出来事だったんですね。

オランダが一番最初にインスタグラムで相互フォローするのも頷けますね。単なる静養という意味じゃなくて静養するだけで国際親善になっていたんですね。

当時の入江侍従も今のことを日本の新聞や放送が大きく扱わないようにオランダやイギリスでのネガティブな事件を日本で大々的に報道したら親善は実を結ばないことになるということですね。

だからギリシャ政府も英語で話して日本語で返されて会話が通じてなくてもそんなくだらないことは記事にせずに良いことだけ国内ではニュースにして国際親善で日本とギリシャの友好関係をアピールするということですね。

まぁそういう意味では宮内庁が無能すぎるから秋篠宮家を海外に行かせるにしても何だったら佳子さまが発表するメッセージとか感想を事前に宮内庁が用意してあげてその場で起きたこととかを少し織り交ぜてとかそのぐらいのお膳立てで炎上しないようにという感じですね。

まぁ宮内庁には絶対にむるですけどね。ちなみに1966年の記録ではエリザベス女王が幹部に漏らした声として日本の天皇が訪英する時はバッキンガム宮殿ではなくてウィンザー城にすべきではという文書もあるようです。

バッキンガム宮殿はロンドン市内でウィンザー城は郊外だから安全という意味ですね。まぁそのぐらい関係が悪かったのに葬儀で半旗を掲げてフィリップ殿下が葬儀に参列したわけですね。

エリザベス女王は1971年の75年の2回昭和天皇と会って話をしているようですがそこでは君主という悩みを打ち明けていたようです。

当時はエリザベス女王の方が在位期間が短かったですからね。ちなみに天皇陛下がイギリス留学中にはサッチャー首相が天皇陛下をチェッカーズに昼食会で招待したようです。

ちなみにチェッカーズというのは首相の公式別荘のことをいうようです。まぁチェッカーズと言えば藤井フミヤさんですが名前の由来はイギリスから来たのかなと思ったのですがどうもメンバーがチェッカーフラッグでチェック柄の旗やチェスボードの模様を好んでいたことなど、ビジュアルやイメージに関連したものの可能性が高いようですね。

そういえばチェックの柄が多かったですね。ちなみにそのイギリスの首相別荘に天皇陛下が招待されてそこで昭和天皇の健康状態について聞き出すことについて触れているようです。

昭和天皇が崩御される直前の動きとしては1988年9月19日に発熱を出していた昭和天皇が大量の吐血をして誰もが覚悟したわけですね。

そして9月28日には国務省が葬儀に大統領も参列するように進言して国家安全保障会議もそれを支持したようです。日本の場合は天皇がなくなれば約40日後に葬儀が行われるようです。

それでこの時期から40日後だとアメリカ大統領選挙が11月8日だったようで選挙期間中にぶつかる可能性が高かったようです。

それでレーガン大統領がそんな大事な時に参列は難しいとかいろいろあったようですね。ただその頃にソ連のゴルバチョフ書記長は参列に乗り気という情報がありそうなれば日本で米ソ首脳会談が出来ると格好のチャンスでもあったわけですね。

天皇の葬儀までも政治利用されようとしていたんですね。ちなみに必要なら日本に葬儀を11月8日の後に行えないか慎重に提案するという文書も残っているようです。

まぁ天皇の葬儀の日程までアメリカの都合で変えさせようとしていたわけですね。ちなみに昭和から平成に変わる即位礼正殿の儀が行われ160ヶ国が参列しイギリスからもチャールズ国王とダイアナ妃が参列したわけですね。

ここで上皇さまは日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすとお言葉を述べましたがその模様を伝えた駐日英国大使の文書に上皇さまからある要請があったことが記されていたようです。

天皇は過去の軍事的な面を避けるのに敏感で外国の一部の参列者に軍服を着ないよう個人的に要請してきたようです。即位を宣言する場でかつての軍国主義を打ち消すかのように天皇が関与ということですね。

上皇さまは即位11年目の会見でも戦争のない時を知らないで育ったことを語り、戦争によってそれぞれ祖国のために戦った軍人、戦争の及んだ地域に住んでいた数知れない人々の一のが失われたことを語ったわけですね。

今の日本が平和と繁栄でいられるのはこうした多くの犠牲の上に築かれたものであることを心しないといけないと語っているようです。

まぁこういったいろいろなことがエリザベス女王が半旗を掲げたことへ繋がったのではということですね。ちなみに天皇陛下はテムズとともにでもイギリス製の国民性に触れているようです。

これは一つには家の建築方法と通じるものがあるのではないかとして巨大な大聖堂にしても数百年の歳月をかけて造られるものが多いようで最初に意思を積んだ人はその完成を見られないが彼らは完成を夢見て一つ一つ石を積んでいくという言葉ですね。

これも昭和から平成を経て令和へ今回の訪英もまたその無数の意思の一つなのだろうということですね。

まぁそれにしても週刊新潮は英国公文書館でたくさんの資料を一つにまとめて記事にしたわけですがこれぞジャーナリストって感じですね。

篠原常一郎さんは英国公文書の機密ファイルを解除と言いながら紀子さまの出自(しゅつじ)が怪しいとかそういう文書で何がどう怪しいのか詳しく書いているなら分かるけども怪しいよってだけで何も詳しくない一文だけであたかも凄いことを発見したかのように配信していますからね。

実は秋篠宮さまの父が安西さんでしたとか明確に書いているならインパクトあるけどなんか怪しいよって情報だけで凄いことが分かったよって感じの配信ですからね。

イギリスの公文書館で機密解除するならこれぐらい内容のある話題とかをやってほしいなと感じました。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/24 18:51:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました