アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

天皇皇后両陛下が石川県能登半島地震で被災地の穴水町・能登町へ:2度目の機材トラブルもしや…!イギリス訪問でガーター勲章?英王室と強い絆

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

天皇皇后両陛下が石川県被災地へ再訪:機材トラブル2度目もしや…

天皇皇后両陛下が被災地へ行かれていましたね。ただまた両陛下を乗せた飛行機が機材トラブルで出発が遅れていましたね。

すぐに代替え機に乗り換えて出発で1時間遅れ位になっていましたが分刻みのスケジュールでこういうことは無いようにしてほしいですね。

前回も石川県に行く時に機材トラブルで乗り換えていましたがこれも石川県に行く時でしたからね。両陛下の乗る飛行機だから少しでもトラブルがあれば一般の飛行機以上に厳しく対応して代替え機に乗り換えとかあるんでしょうけどね。

ただ少ない機会で半年で2度目で確率的には両陛下が乗った時は最近は50%ぐらいの確率で機材トラブルって感じですからね。

誰かが企んでいるとかでなければいいんですけどね。石川県行きの飛行機で特別機だから同じ機長が操縦しようとしていた可能性が高いですよね。

そしたらその機長が買収されていたら機材トラブルがなくて機材トラブルだとか言い出してわざと代替え機にさせて遅らせた可能性もありますからね。

まぁ単に機材トラブルを機長が見逃さず発見して安全を考慮して代替え機であってほしいですね。それに点検する人は雨でもないんだし数時間前に再度安全点検で念には念を入れてやっていたら最初から代替え機に乗って貰えたのだからしっかり対応してほしいですね。

ただ無事に石川県に着いたようで良かったですね。ちなみに昨年10月に両陛下が石川県にいっていしかわ百万石文化祭2023の開会式に出席した時は石川県に到着した時刻に雨が止んだようですね。

今日は天皇陛下はグレーのスーツで雅子さまは紺のジャケットで被災地だから動きやすいかっこにしたんでしょうね。

それにしても飛行機の遅れでまた食事の時間も削られて予定されていた被災者への訪問とかは全てこなされるようですね。

当然食事も前回と同じように持参みたいだし現地の負担とならないよう、日帰りの日程で、現地の移動には職員らと同じマイクロバスを利用されるわけですね。

素晴らしいですね。

両陛下イギリス訪問でガーター勲章どうなる?英王室と強い絆

週刊女性に両陛下のイギリス訪問について書いていましたね。イギリス王室は苦境を迎えているわけですね。

今年に入ってチャールズ国王もキャサリン妃も癌を公表されたわけですね。このような状態は過去の歴史を振り返っても珍しく異様な事態だということですね。

両陛下は6月22日から一週間の予定でイギリスを公式訪問される予定だということですね。国賓として歓迎行事もあり両陛下が結婚前に留学されていたオックスフォード大学への再訪も検討されているわけですね。

かなり痩せた感じで心配の声が上がったということですね。キャサリン妃は心や体や精神に必要なことに集中して毎日強くなっていますと言ってたようですが心配の声が上がったわけですね。

しかも今はプライベートが必要と自信の状況に理解を求めてしばらく公務とかは休む発言もされていたので6月のイギリス王室の方の状況も心配ですからね。

日本の方では4月からインスタグラムを開始して両陛下の活動を中心に投稿していて今のところは高評価でいい感じに運用できていますがアドバイスも貰うのではってことですね。

まぁイギリス王室はインスタグラムのフォロワーも1300万人いてイギリス王室は国民の反応から学んでいくスタイルでコメントも受け付けていますからね。

だから今は秋篠宮家の炎上があるからなかなか参考にはならないでしょうけど今後どうしていくかですね。

ただ今回のイギリス訪問に関してはキャサリン妃とチャールズ国王が癌を公表されているのでお見舞いの意味も含んでいるのだろうということですね。

それで雅子さまとキャサリン妃の会話内容にも注目だということですね。キャサリン妃と雅子さまは子育てに関する共通点があるわけですね。

キャサリン妃は3月22日に癌を公表されましたがその翌日から3人目のお子さんが春休みに入られたようです。日本に来ていたんですね。

全然そういった報道がなかったですね。まぁこのタイミングで公表されたのはお子さんが他の生徒から不必要な質問を受ける可能性を避けられたのでしょうということですね。

こういった子供を思いやる姿勢は雅子さまと重なるということですね。雅子さまも愛子さまがいじめで不登校になった時にも一緒に登校に付き添われたわけですね。

当時は過保護とか滅茶苦茶叩かれたわけですね。それでも愛子さまを守られたわけですね。だからお互い子育てについての話題でも盛り上がるだろうということですね。

まぁ天皇陛下もテムズ川の視察も検討されているということでイギリス訪問が上手くいってほしいですね。

ちなみにイギリスでは6月の第二土曜日に国王の誕生日行事が開催されます。ちなみにチャールズ国王の誕生日は11月14日です。

なぜ2回あるのかというと気候に関係しているようですね。6月は最もパレードに適している時期のようです。

1748年、当時のイギリス国王のジョージ2世は、毎年夏に行っていた軍隊のパレードと11月の自らの誕生日の祝賀行事を、同時に行うことを決めたようです。

11月は祝賀パレードを行うには寒いからのようです。それで自らの誕生日と一緒に祝うことにしたということですね。

エリザベス女王も2022年2月6日に在位70年を迎えました。でもその祝賀行事は6月2日から4日間に渡って行われたわけですね。

ちなみにイギリスの次の国王はウィリアム皇太子ですが、実際の誕生日が6月21日だから即位後も、お祝いをするのは年に一度だけに出来そうだということですね。

今年の6月第3週の月曜日には国王の権限でガーター騎士団のセレモニーが開催されるようです。そしてその翌日からイギリス王室主催の競馬が開催されるわけですね。

そうした一連の行事が終わるタイミングで天皇皇后両陛下が訪英されるわけですね。6月22日から1週間の日程で滞在されるわけですね。

バッキンガム宮殿での国賓としての歓迎式典やエリザベス女王の墓参をされたりオックスフォード大学の訪問も予定されているわけですね。

今回は元旦に能登半島地震がありお二人が癌公表で訪英もまた難しくなったかと言われていましたが実現しそうで嬉しいですね。

まぁこの実現しそうな背景としては天皇陛下とチャールズ国王の強い絆だということですね。チャールズ国王とキャサリン妃が同時期に公務を離脱してウィリアムズ皇太子も公務を制限しているわけですね。

チャールズ国王は週に1度の癌治療を受けているようです。それでも両陛下を招くということはそれだけ歓迎する気持ちが強いのだろうということですね。

天皇陛下は留学中にイギリス王室メンバーだけが利用しているスコットランドのバルモラル城に招かれて家族同然の歓迎を受けたようです。

天皇陛下はバーベキューに招かれたり11歳年上のチャールズ国王につれ垂れて釣りを楽しまれたりしたようですね。

エリザベス女王の夫のエジンバラ公も1984年に訪英中の中曽根首相に対して天皇陛下は完全にロイヤルファミリーの一員になっていますと語っているようです。

エリザベス女王の国葬にも参列されましたが外国の国王や願主の葬儀に天皇陛下が参列されるのは異例中の異例だということですね。

今回の訪英が実現すれば次の世代である愛子さまがイギリスを訪問しhウィリアムズ皇太子ご一家と面会されるというような将来も期待できるということですね。

それにしても6月22日までイギリス王室主催の競馬で最終日に行くのか終わってから訪問されるのかというのもあるしガーター勲章の式典は終わっていますが時期も近いし特別にそういった儀式もあるかもしれませんね。

まぁ両陛下の令和の皇室が長く続いてほしいですね。そして次は愛子天皇が実現できるように早く皇室典範改正してほしいですね。

created by Rinker
紀伊國屋書店
¥1,100 (2024/05/21 20:17:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました