アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

紀子さまストレス増大!悠仁さま東大へ悩ます3つの重大問題

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

悠仁さま筑波大か東大か?3つの対策ポイント

週刊女性に悠仁さまのことが書いてましたね。悠仁さまは3年生になって大学受験が迫っているということですね。

AC入試を利用した筑波大学か学校推薦選抜を利用した東京大学への進学か2つの大学が有力のようですね。まぁ推薦で行くのは間違いないでしょうね。

この夏から秋にかけてが紀子さまも気が気ではないだろうということですね。この夏が最大の山場ということで総合型選抜を受験する高校3年生は夏季に3つの対策をするようですね。

一つは大学へ提出する書類の作成ですね。そういえば東京大学は学校側には7月のはずですからね。将来の方向性を決めてからなぜ入学を志望するのかですね。

そしてなぜその大学でなければいけないのかといった志望動機を深めていく必要があるということですね。まぁ悠仁さまの場合は東京大学でなければいけない理由というのがよくわからないですからね。

トンボは東京大学では研究所がないし悠仁さまからは何かに対する熱意が伝わってこないですからね。でもこの東京大学じゃなければいけないという熱意が伝わらなければ書類審査でそもそも落とされるんでしょうね。

悠仁さまの場合はトンボの研究所がないから自然誌が学べる学科にとかそういうレベルですかね。筑波大学に関してはAC入試で提出する書類が特に多いようですね、

しかも筑波大学の昨年の倍率は10.7倍だったようです。推薦もかなり倍率が高いんですね。もちろん東京大学はもっと難易度が高いわけですね。

書類と面接と共通テストがあるということで共通テストでも8割ほどの点数が求められるということでこれは一般入試でも東京大学に入れるレベルの点数ということですね。

ちなみに筑波大学側には9月上旬で東大に関しては11月上旬に提出しなければいけないようですね。まぁそれまでにふるい落としをするから7月にとりあえず推薦の申し込みで提出するって感じですかね。

昨年の赤坂御用地のトンボ論文の時点で推薦への箔付けと言われていたけども今年8月には国際昆虫会議に名前がエントリーしていて更なる箔付けと言われているわけですね。

でも皇居の動物相だからその中で悠仁さまはどういった役割を担ったのかですね。トンボだけならほとんど関わっていないわけですが昆虫全般で関わったなら凄すぎるけども本当にゴキブリとかそういったのも調べたのかということですね。

まぁ明らかにそれを実績として推薦で行くしかないと思うのでどこに行くかでまた批判も凄いことになりそうですね。紀子さまも皇族としてそれが正しいのか悩んでおられるのではないでしょうかということですね。

悩んでいるというか紀子さまは悩んでいないと思いますけどね。どうやって東大に行かせるかしか考えてなさそうですけどね。

それに周りに職員が悩んでいる感じはしますけどね。国民から批判殺到して紀子さまが機嫌悪くなって職員に八つ当たりする流れが見えているでしょうからね。

ちなみに小室夫妻のことも書いていましたね。小室圭はまたポニーテールにしたようですね。6月13日にジャパンソサエティーの総会に出席した話題ですね。

小室圭が日米間連の公式の集まりに姿を現すのは渡米後初めてということですね。定期的に大規模な集まりがあるけども今回も約650人ほどが集まるイベントだったわけですね。

小室圭のもとに挨拶に来る人もいて小室圭は記念撮影にも応じていたようですね。夫婦で出席する人もいたけども眞子さんはいなかったということですね。

小室圭はお酌したりもしていたようですが眞子さんに関しては対照的な生活を送っているということですね。NY郊外に引っ越しをして外食する姿も見られましたが居場所がバレたからなのかほとんど外出をしていないようですね。

結婚後は両親との連絡も途絶えているということで佳子さまとの連絡の頻度もどうなんでしょうね。眞子さんは渡米してからの知り合いに関してもNY郊外に引っ越しをしてから関係を断っているようです。

まぁもともと日系人会の集まりにはあまり参加していなかったですからね。それがNY郊外に引っ越しをしてさらに関係を断ち切った感じですね。

逆に小室圭は積極的に日系企業の現地法人に営業をしているようですね。まぁただ予定が狂った感じでしょうね。引っ越す前はイセ食品の会長さんに頼りっきりが美術品を売らなければいけないような状況のようですからね。

まぁただサンドラーとしても小室圭に期待して2回試験に落ちても継続して雇用したということがあってその最大の理由が眞子さんの人脈を利用して日系企業から仕事をとって来いということでしょうからね。

まぁジャパンソサエティーに出席するような人は金も持っている人しか参加が出来ないしそこまで悪い人も近寄ってこないと思いますが利用しようと考えている人も中にはいるかもということで宮内庁も危機感を感じているということですね。

まぁただ収入が不安定な状況に紀子さまも心配されているのではということですが紀子さまはそれどころではないでしょうね。今は悠仁さまの子としか考えられないでしょうけどね。

まぁ余計な報道で悠仁さまの進学に迷惑をかけないでって感じの心配が大きいでしょうね。ただ他にも心配の種としては紀子さまの弟の川嶋舟さんの再婚相手ですね。

紀子さまストレス増大:弟夫妻と皇位継承と献上詐欺

女性セブンにも書かれていましたが川嶋舟さんと再婚相手の川嶋奈緒さんがこの弟夫婦もストレスの原因になってるでしょうね。まぁ病気の設定は最近は聞かないですがどうなんでしょうね。

これまで私は皇后になる人とかみなさん平民にといった発言が紹介されていたからかなりストレスには強そうですがそれでもさすがにいろんな悩みの種がありますからね。

批判的な記事では全然ダメージはないと思いますが家族から孤立するとかそういうことに関してはさすがにダメージがあるでしょうね。

眞子さんと小室圭の結婚問題から完全に流れが変わりましたからね。悠仁さまの盗作作文もそうだし佳子さまの結婚問題もあるし悠仁さまの進学もありますからね。

小室夫妻もそうですがさらに紀子さまの胃痛の種と言われているのが弟の再婚相手の川嶋奈緒さんだということですね。川嶋奈緒さんが40歳で川嶋舟さんが50歳のようですね。

2年前の2月に川嶋舟さんが再婚しました。しかも川嶋辰彦さんが亡くなって3ヶ月後に喪中再婚ですね。出会ってから1年で結婚でスピード婚ということですが、まぁ1年で結婚は珍しくないと思いますけどね。

ただ喪中結婚はやはり紀子さまの弟の再婚相手ということで話題にはなるので時期を考えてほしいというところでしょうが紀子さまも昭和天皇の喪中に婚約しましたからね。

まぁ奈緒さんは下着デザイナーですが経歴に関してはいろいろ怪しい点は指摘されていましたからね。秋篠宮ご夫妻が名古屋に来るタイミングにまさに同じホテルで下着販売会をしようとしていましたからね。

ただ家庭を持ちたいという願望は人一倍強いようで卵子凍結をYouTubeでも告白していますからね。36歳の時に卵子凍結したようです。

現在は不妊治療についても言及しているようですね。凍結した卵子を回答して不妊治療ということで40歳になると保険適用も範囲が変わってくるようですね。

採卵のためにホルモン注射をしたりしていろいろつらいようですね。まぁ本来はあまり公にはしたくないようなことをYouTubeで発信しているところが凄いですね。

紀子さまが苦手なタイプかもしれないですね。皇室が不妊治療で生殖補助医療にふれたことはないしもしそうした不妊治療で生殖補助医療を利用しても公表することは無いだろうということですね。

まぁ実際に皇室はかなり特別な環境で子供が出来るかどうかもそうだし男の子とあるかどうかも重要視されるので産み分けしたのではという疑惑も持たれやすいわけですね。

ちなみに川嶋舟さんのことについてもYouTubeで語っていて馬とか動物に関する仕事をしていて繁殖などに非常に詳しいんですと語っているようですね。

まぁ下着ブランドをやっていて女性の尊厳を守るというコンセプトでやっているから積極的に発信しているのでしょうが紀子さまとしたら悩みの種ということですね。

もう紀子さまの親戚はいろいろヤバすぎますね。まぁ川嶋辰彦さんが市場にやばかったんでしょうけどね。でも祖母も雲の絵美術館とかもそうだし着物の着こなしだったり怪しかったですからね。

ちょっと癖が強い親戚が多いですね。まぁそれにしても今まさに安定的な皇位継承の話題が行われている中であまり話題にしてほしくないかもしれませんね。

次世代の皇位継承者が悠仁さまだけで安定的な皇位継承と言われてもすでに無理になっていますからね。このまま皇室典範が改正されなければ結婚相手には出来るだけ子供を産んで出来れば男子をたくさん産んで後継者をとなりますからね。

統一教会のハンハクジャのように14人子供産めとまでは言わなくても物凄いプレッシャーになりますからね。そんな状態で結婚相手なんて来ないしこれまで無表情の悠仁さましかあまり見せていないのでお相手を見つけるのは難しいでしょうね。

愛子さまが皇太子になってもある程度プレッシャーはありますからね。ただそんな状況になっても麻生太郎さんがのんきなことを言ってましたね。

男系男子による皇位継承の維持を訴える「皇室の伝統を守る国民の会」で会長の山東昭子議員が総会で7月2日に、東京都内で開かれた会合で皇族数の確保と安定的な皇位継承をめぐり、男系男子孫の養子案の具体化などを柱とする活動方針を決定したということですね。

そして麻生太郎氏も挨拶で「静謐(せいひつ)な環境の中で、真摯(しんし)な協議を重ねて、立法府の総意を築き上げていくことこそ各党派に課せられた責任だ」と指摘したようですね。

立憲の野田議員もいたようで「丁寧な議論を通じて立法府の総意を作っていくことに貢献していきたい」と語ったようです。皇族数の確保が喫緊の課題ではなくて安定的な皇位継承が喫緊の課題なんですけどね。

ただ意見集約の鍵を握るのは立憲だということで3月にまとめた論点整理では前例がない「女系天皇」の誕生を促しかねない「女性宮家」創設に言及ということでそれに納得していないようですね。

自民党の考え方が多くの国民に受け入れられていないことを理解していないから意見がまとまらないんですけどね。まぁこれに関してはトップが変わらないといけませんがこの会合のトップが山東昭子議員で会長のようですからね。

皇室の伝統を守る国民の会の会長ということで山東昭子議員は統一教会とは一切関係ないと答えているようですね。だから自民党の総裁さえ変われば流れも変わりそうですけどね。

今の岸田政権は支持率も暴落して野党が対立候補を一人に絞ったら確実に自民党は負けちゃうぐらいの状態ですからね。養子の案に関しても、そもそも憲法違反になる恐れがありますからね。

国民は女性天皇を9割以上を願っていて直系長子は憲法も改正する必要がないのにそれが出来ませんからね。皇族数が減って喫緊の課題なら公務も精査して喫緊の課題でフジ産経グループの公務とかも見直した方がいいと思いますけどね。

そんなことするから無駄に速報とか秋篠宮家よりの報道になって国民を煽るようなかたちになって余計に炎上しますからね。生前退位して特例法の附帯決議で決まって7年経過してようやく出てきたのが安定的な皇位継承はどうでもよくて悠仁さままでの流れをゆるがせにしてはいけないという不安定な結論ですからね。

秋篠宮家に関しては皇位継承の話題もストレスの要因でしょうね。ただ嵐山の裁判でも秋篠宮さまの名前が登場したし他にもいろいろ問題が多いですからね。最近も献上詐欺の裁判があったようですがあれも詐欺は認めていないですからね。

宮内庁大膳課名義で献上依頼書を作成したのでこれに関しては偽造文書で加藤容疑者も認めているわけですね。でも詐欺ではなくて皇室から頼まれたのは間違いないと無罪を主張しているわけですね。

宮内庁は裁判で被告が桃などを宮内庁に送った形跡がないとの捜査結果をだしたようですが「警察官が伝票を見落とした可能性がある」などと反論したようです。

警察が調査したようですね。そりゃ宮内庁のトップは警視総監だから警察も宮内庁の言いなりですからね。まぁただ加藤容疑者が送り状とかの控えがなかったのがどうかと思いますけどね。

普通に運送会社に頼めばデータが残っているので宮内庁に送ったかどうかがわかりますがそれをしないのもよくわからないですね。運送会社も調べてくれないように圧力をかけているのかどうなんでしょうね。

まぁそれにしても秋篠宮家はいろんな悩みの種がありますね。もう愛子さまを皇太子にって言えば一番信頼が回復するしそれで東京大学でも炎上がだいぶ抑えられると思うんですけどね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/19 18:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました