アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

天皇皇后両陛下の英国絶賛訪問に八幡和郎が嫉妬で平成軽視も暴露で大爆笑!雅子さま馬アレルギー美智子さまがアレでどうなる

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

両陛下帰国後挨拶:大成功の英国訪問

天皇皇后両陛下がイギリス訪問を終えて上皇ご夫妻に挨拶をされていましたね。行く前に関しては異例の挨拶拒否ということで気にになっていましたがイギリス訪問を終えて報告に行ったようですね。

5日夕方に行かれたということで以前には令和も5年が経過したから挨拶はなくていいよということで今年の年初の挨拶もなかったとか挨拶拒否は異例で雅子さまの体調を考えられたtのかいろいろ記事が出たわけですね。

でも令和が5年経過したから挨拶しなくて良くなったというのは嘘のようですね。つまり体調が悪くなるから挨拶を拒否したのか挨拶に来るなかのどちらかなんでしょうね。

まぁ両方ともありそうですけどね。挨拶に行くとなんか嫌味なことを言われて体調を悪くする恐れもありそうだし、逆に挨拶に来られたらイギリス側にメッセージも聞かれそうですからね。

イギリス側には上皇ご夫妻も気に入られている感じがないし下手にメッセージを伝えたらイギリス側はストレートに意見を言いますからね。

イギリスも報道の自由度ランキングが滅茶苦茶高いわけではないですが特に日本に対しては厳しくものを言えますからね。ジャニーズ問題もイギリスだけが本気で追及している感じですからね。

イギリスのBBCが報道してそれをNHKが隠そうって感じですからね。まぁ馬アレルギーのことも真実を報道してほしいんですけどね。

この問題に関しては下手に報道すると雅子さまがまたイジメられるとかそういう問題もあるから逆に追及する報道が出来ないとかはありそうですね。

だから美智子さまが亡くなったらつっこんだ内容の報道をしてくれるかもしれませんね。イギリスに関しては天皇陛下と雅子さまは留学もしていますからね。

それに対して美智子さまはイギリスとの関係が他の皇族と倒して良好ではないと報じられていましたからね。そして今回の対応で雅子さまに対しても名誉法学博士号が授与されましたからね。

まぁ上皇ご夫妻もよく博物館とかに行ってメディアをあらかじめ呼んでアピールはするんだけども天皇皇后両陛下がきてお迎えする時は映像はないんですね。

二重権威という言葉にはかなり反応するようですがそれでもやはり自分たちから挨拶には来ないんですね。まぁ40分ぐらい滞在されたようですがどんな話をされたんでしょうね。

上皇ご夫妻とは英国訪問前に挨拶はなかったですが雅子さまは昼食会でチャールズ国王と同席した際、上皇ご夫妻の近況などを国王に伝えられていたと報じられていますね。

さらにこれまでのさまざまな機会での交流をいつも懐かしく思い起こし、その思い出を大切にしているなどと上皇ご夫妻の気持ちを伝えられていたということですね。

まぁ挨拶をしていないからざっくりと薄い内容鹿伝えられないですからね。ただ昼食会はプライベートなものだからかなり踏み込んだ話とかもしているかもしれませんね。

後でプライベートな昼食会で何言ったんだとか言われないようにあらかじめ上皇ご夫妻がイギリスのことを懐かしく思っていると無難なことを伝えたことにしているのかもしれませんね。

それにしてもイギリス訪問は大成功でしたね。チャールズ国王もユーモア交えて晩餐会で話をしていたし天皇陛下もユーモアを交えるシーンがいくつも見られましたからね。

そして両陛下は飛行機のタラップを降りて護衛の人にも一人一人に会釈をされて完璧な対応でしたからね。天皇陛下はロンドンにある王立音楽大学を視察され時にもモニターがフリーズする所長がたぶん、モニターも緊張していると話すと笑顔を見せられたとハプニングも楽しまれているようでしたからね。

さらに研究所で自己抗体の話があって、65歳以上の男性に多く見られることを説明されたら天皇陛下が64歳なんですけど、セーフですか?とユーモアで質問されたりする場面もあったようですからね。

ネガティブな話題もユーモアで笑いに変えることが出来るのが凄いですね。晩餐会では天皇陛下も贈られたばかりのガーター勲章を着用されて出席されていましたね。

天皇陛下はチャールズ国王とも釣りに行くぐらいの仲だし英国にお帰りなさいと晩餐会で言われていましたね。釣りに行ったのも一番その人の性格とかが出るからとかそういうのもあるかもしれませんね。

釣りは忍耐力がいるし長い時間待つことが必要でその時間を楽しむことができる人かとか見られていたんですかね。秋篠宮さまとかだったらせっかちだから釣りではなく網を使って捕まえているイメージですからね。

釣りは魚が釣れる瞬間の集中力が必要で小さな変化に気づいたり釣りを通じて自然とのつながりを感じながらリラックスして会話が出来るかとかいろいろ自然の中で相手を知るのに釣りは性格が出そうですからね。

まぁさすがに裸の付き合いでサウナってわけにはいかないですからね。二人とも晩餐会でユーモアをだしながら話される場面もありましたが二人ともユーモアがすきそうだしいい関係なんでしょうね。

チャールズ国王も晩餐会でハローキティのお誕生日をお祝いしたりユーモアを出していましたね。ちなみにキティちゃんもイギリスと関係があったんですね。

誕生日は1974年11月1日で実はロンドン郊外に生まれた設定のようです。これは日本お若い女性の憧れの地でロンドンが上位だったからそういう設定のようです。

キティちゃんがロンドン出身って初めて知りましたが身長はりんご5個分で体重はりんご3個分のようです。ちなみに天皇陛下は約14分間も英語でスピーチしたようです。

14分間英語でスピーチって凄いですね。戦争で友好関係が損なわれた悲しむべき時期があったとかネガティブなことにも触れながら今回の英国訪問を通じて両国の友好親善関係が、いっそう進化していけばと述べられたわけですね。

ただそんな大成功のイギリス訪問にまた苦言を呈したのが八幡ですね。でもそんな八幡も両陛下に苦言を呈するつもりがちょっとヤバい発言もしていましたね。

八幡和郎の偏った見解!だが平成軽視暴露

八幡和郎がプレジデントオンラインでまたよくわからない記事を書いていましたね。天皇皇后両陛下が6月下旬、国賓としてイギリスを公式訪問した話題ですね。

日本とイギリスの関係は半世紀以上続いているが日英君主の相互訪問で、日本の天皇陛下が6回訪英しているがイギリス国王(女王)の訪日はたったの1回ということですね。

つまり平成時代は一度も日本に来なかったわけですね。でもここでは不均衡な状態で日本の皇室が英国の王室にすり寄っている印象なのはよろしくないということですね。

まぁイギリスの捕虜を働かせたとか歴史を知らないんでしょうね。天皇皇后両陛下が英国を訪問され雅子さまは体調が心配だったが、ゆったりした予定が組まれたことで相変わらず嫌味な記事ですね。

しかも天皇陛下としての訪英が5回続いているということですが、これはイギリス王室のエリザベス女王が亡くなったりチャールズ国王の戴冠式と重要な行事ですからね。

文句を言いたければなぜ平成時代に一度もイギリスのエリザベス女王は来なかったんだとかその辺を指摘すべきだと思うんですけどね。

エリザベス女王は昭和の時代の1975年にたった1回の訪日の後、日本の天皇陛下が上皇さまを含んで5回連続して訪英するという現在の状況は普通では考えにくいということですね。

さらに1週間も滞在されたが、内容は薄かったとまたいちゃもんですね。今回は、チャールズ国王、キャサリン皇太子妃、雅子さまの体調面の不安があり、しかも、英国は総選挙の期間だったので、1週間という長い滞在にもかかわらず、内容は薄かったということですね。

もうここまで天皇陛下を批判できるって凄い人ですね。ちなみに八幡和郎は『英国王室と日本人 華麗なるロイヤルファミリーの物語』という本も出版しているようですね。

しかも昨年4月に出版しているようですね。日英国際親善の歴史を解説しているようですね。例えば訪英中にランチやディナーの機会は12回あったが、両陛下での参加は国王ご夫妻との内輪の会と公式晩餐会、それに、オックスフォード大学総長との昼食のみということですね。

ほかに陛下単独で歴史的な金融地区であるシティ・オブ・ロンドンで開かれた晩餐会への出席が1回あったものの、8回はホテルで両陛下など身内ですまされたという苦言ですね。

それなら平成時代はもっとひどくてプライベートな午餐会が無かったことも書けばどうなんですかね。そしてレッドカーペットがなかった理由としては国賓訪問開始より3日前に到着されたからということですね。

ちなみに1971年に昭和天皇が訪英した時にはレッドカーペットを敷いてマーガレット王女が出迎えたようです。雅子さまが休養されたことを強調する記事ですね。

相変わらず秋篠宮家は無理矢理持ち上げて炎上させて偏った記事を書きますね。4日目の国賓での歓迎式典ではホテルにウィリアム皇太子が迎えで来たということですね。

そして歓迎式典の後、バッキンガム宮殿までの花道「ザ・マル」をオープンエアの馬車でパレードされたが、雅子さまは馬アレルギーだから大きな白マスクをしたままでお顔が拝見できず、沿道の人々を失望させたとありますね。

失望したコメントを紹介してほしいですね。それにお顔が隠れて拝見出来ずとか皇族がコロナでマスクをされているときにそんなことを思っていたんですね。

まぁ秋篠宮ご夫妻や佳子さまや悠仁さまがマスク姿の時には確かに顔が見れなくて残念がっているコメントは無かった感じはしますけどね。

ちなみにここでイギリス王室に対して批判記事ですね。雅子さまは馬アレルギーと事前に分かっている話なのだからカミラ王妃と雅子さまには、屋根のある馬車を用意し、それを予告しておくべきだったのではないかと国際問題に発展させるように煽っていますね。

バッキンガム宮殿では午餐会が開かれ、チャールズ国王から天皇陛下に最高位のガーター勲章が授与されたということですね。

そして午後にはウェストミンスター寺院を訪れ、無名戦士の墓に献花され晩餐会には、選挙中のスナク首相と、次期首相のスターマー労働党党首も列席していたようですね。

面会できないとされていましたが列席されていたんですね。公式な会談は行われないとされていましたが晩餐会には出席されていたんですね。

そして最終日には両陛下でオックスフォード大学を訪問され、雅子さまは名誉法学博士号を授与されたということですね。

ただ王室も首相も歓迎できる時期ではなかったということですが歓迎していないのに押し掛けたみたいな見解ですね。それならプライベートな午餐会は無いと思いますけどね。

1日に2回も食事会があったわけですからね。ちなみに上皇ご夫妻が栄光訪問した時にはイベントがたくさんあったけどもプライベートな午餐会は一度もなかったということですね。

ちなみに今回は当初、英首相主催の食事会が予告されていたが、選挙で多忙を理由にキャンセルされたということですが違いますね。

選挙に利用されるからキャンセルされたということですね。ちなみに中国の習近平国家主席や韓国のユン大統領の訪英のときは、議会での演説もあったがそれもなかったということですね。

日本の天皇陛下は政治的発言が出来ませんからね。しかもイギリスのスナク首相は習近平との会談をドタキャンしたりしていますからね。

キャサリン妃は、癌で残念ながら天皇皇后両陛下の歓迎行事は欠席して、ちなみに国王の姉のアン王女も直前に馬との接触事故があり、欠席されたとありますが姉ではなくて妹なんですけどね。

このように振り返ると、やはりこんな時期に強行すべきであったかは疑問だということですが英国王室はガーター勲章は6月しかないのでこの時期しかないわけですね。

イギリスの歴史を勉強していたら分かると思うんですけどね。エリザベス女王は残念ながらコロナの期間中に亡くなって会えなかったわけですね。

チャールズ国王もお年で癌だから来年はどうなるかわからないわけですね。そんな中でチャールズ国王が歓迎してくれたわけですね。

ちなみに平成の間は両陛下が1998年、2007年、2012年と3回連続訪英されたが、エリザベス女王は一度も訪日されなかったようですね。

よっぽど嫌われていたんですかね。エリザベス女王が2022年に死去され、葬儀に両陛下が参列されたのだから、次はチャールズ国王が来るべき番だとか勝手にお前らが来いよって上から目線ですからね。

ちなみにチャールズ国王戴冠式に両陛下は招かれたが、慣例で秋篠宮ご夫妻が行かれて両陛下が行くべきだという声もあったが少なくともエリザベス女王はそういうことに非常に敏感で、失礼な扱いを受けたと思ったら、かなり手厳しい報復をする怖い女王だったと指摘していますね。

これは逆に平成の時代に日本に来日しなかったのはつまり上皇ご夫妻が報復をされて来日しなかったということですね。皇太子ご夫妻をいじめていた報復に来日しなかったと言ってるようなもんですね。

確かに在位70年のプラチナジュビリーでは報復ともとれる対応で敢えて平成飛ばしをしていますからね。あれは偶然ではなくて八幡和郎から言わせればわざと平成飛ばしをしたということですね。

エリザベス女王は上皇ご夫妻が雅子さまをいじめていたことを全てお見通しだったと八幡和郎がいいたいのかもしれませんね。

まぁ今回は両陛下が大歓迎されて嫉妬したんでしょうね。秋篠宮ご夫妻のイギリス訪問が散々でしたからね。ごにょごにょ会見で大炎上したから褒めるところがなくてなんとしても両陛下を叩いてやろうと必死な記事でしたね。

ただエリザベス女王がなぜ来日しなかったかの情報はナイスですね。当時雅子さまが苦悩されていた時にエリザベス女王から「しばらくこちらで療養されては」とのお手紙が届いたことがあったようですからね。

エリザベス女王も、天皇陛下が留学されていた時にお茶を自ら入れてくれたり交流されていましたからね。上皇ご夫妻が初めて招待されたのが平成10年ということで10年後だったんですね。

令和になって最初の年に国賓で招待されコロナがあって延期にはなりましたが平成時代は10年後に招待されたんですね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/19 18:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました