悠仁さま東京大学へ紀子さま家庭教師変更も裏口入学!秋篠宮邸の延床面積が6878平米だった!秋篠宮さまが日本学生化学賞を授与で爆笑!

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

女性セブンに悠仁さまの成績不振のことが書かれていましたね。筑波大附属高校へ入学されて半年が経過しましたが一応バドミントンやクラスメートとは充実した生活を送られていると書かれていますね。

小室圭の司法試験が合格ということで眞子さんの将来にひとまず明るい話題ということですが秋篠宮ご夫妻の心配事は悠仁さまの成績ということですね。9月末の全期末試験が課目によっては成績が良くないということで特に現代の国語が悪いということですね。

現代の国語が赤点レベルということですが悠仁さま自体はあまり気にされていない様子ということですが、紀子さま派そういった報道がされたことで頭を抱えているようです。

つまり成績不振という報道が間違いないということでしょうね。紀子さまは悠仁さまに初めて東京大学を卒業した天皇へという気持ちがあったということで、これまでの寒冷であった学習院ではなくお茶の水から筑附へ裏口入学をされたわけですね。

ただその筑附といえどもその中でも成績上位に入らないと東京大学は難しいよってことですね。一応学校推薦型選抜というのもあって学校から推薦制度として悠仁さまも選ばれる可能性もあるということですが成績不振なわけですね。


まぁ成績不振というよりもそもそも自分の成績にあっていない高校に無理やり行かせただけなんですけどね。それで紀子さまはこれは家庭教師が悪いということで今は東京大学へ行かせることが出来る家庭教師を探しているようですね。

ただいくら家庭教師が良くても本人が頑張る気がなければどうしようもないですからね。これまで怠けてきたのは紀子さまの責任もあるでしょうしこれまで裏口で入学してきたから悠仁さまは勉強しなくても東京大学へなんとか行けるだろうって思っているでしょうからね。

まぁさすがに裏口入学のエキスパートの紀子さまでも東京大学断念が脳裏によぎってもおかしくないということで新しい進学プランを考えているのではないかということで今は別の大学も視野に入れているのではないかということですね。

その中で浮上したのが筑波大学ということでここなら昆虫の研究とかも出来るし稲の研究も盛んだし前身は東京教育大学というブランドもあって箔付け大好きな紀子さまも納得するだろうということですね。

ただ筑波大学は茨城県ということでこの問題をどうするかですね。他のケースとしては眞子さんと佳子さまと義理の兄の小室圭も通っていたICUですね。ここなら緑も多くて昆虫も多く生息しているということで可能性があるんじゃないかってことですね。

もう一つの可能性が京都大学ですね。ここも昆虫の研究ができる環境が整っていて特色入試の制度もあり日本初の昆虫生態学研究室があるということで皇宮警護のプロフェッショナルである皇宮警察が常駐する京都御所もあるから警備態勢でも問題ないだろうということですね。

まぁそもそも京都大学を舐めすぎていますね。京都大学と東京大学はほとんどレベルが変わらないですからね。むしろ学部によっては東京大学よりもハードルが高いでしょうからね。

しかもそういった昆虫生態学研究室があるということはその道を目指している人からしたら東京に住んでいる人も東京大学よりも京都大学を目指すでしょうからね。ちなみにエトセトラジャパンさんが推薦について指摘していましたね。

東大にしても京大にしても成績を提出することが必須のようですが何点以上とかは書いていないし賞受賞が大きく評価されて成績悪くても推薦で入学する可能性がありますからね。

そこで賞を受賞するとしたら日本学生科学賞じゃないかってことですね。まぁこの賞は内閣総理大臣賞とか文部科学大臣賞とか国が与えている賞もありますからね。しかもこの日本学生科学賞というのは読売新聞が主催していて旭化成が協賛しているんですよね。

だから国が選考しているというよりも企業が選考しているでしょうからかなり偏った選考になりやすいのではないかということですね。当然読売新聞が主催しているわけだから話題性があった方がいいわけですね。

そしたらやはり悠仁さまが作品を出品すると受賞確率は他の人よりもアップしますよね。それと過去にはトンボと私という作文で悠仁さまは佳作を受賞しましたがあれも読売新聞が主催だったんですよね。

盗作作文といえば北九州コンクールですがその前に読売新聞でも賞を受賞していたんですね。まぁそういった作文が評価されて提携校進学制度で筑附に入学されたわけですがこれもズルが判明したわけですね。

ちなみに日本学生科学賞というのは毎回日本科学未来館で表彰式が行われていてそこで表彰式に臨席されているのが秋篠宮さまなんですよね。もうズブズブで関係が成り立っているわけですね。

だいぶ前からこの賞を悠仁さまに与えたいからコネを作っていたわけですね。コネや謝礼が貰えなかったら参加する意味がないって感じでいろいろとここに関しては謝礼公務ではなく賄賂で賞を貰えるように動いていたのかもしれませんね。

悠仁さまのお茶の水幼稚園も紀子さまがお茶の水女子大学で心理学の研究とかで関わったことで特別に学校関係者の子供さんもお茶の水に行けるようにしましょうという特別入園制度が出来て第一号で悠仁さまが入園されたわけですね。

ちなみに秋篠宮さまは今年の6月に日本水大賞の表彰式に出席ということで水大賞の総裁とかもされているんですね。なんでも横取りしようとしているというかこの日本水大賞も実は科学未来館で表彰式が行われているんですよね。

ちなみに昨日も各界16人から皇位継承問題で次は愛子さまか悠仁さまかという記事を紹介しましたがその続きで皇學館大學教授で神道学博士の新田均(ひとし)さんの主張ですね。

この人の場合は悠仁さまが生まれた時に安心しましたということで小泉政権下では勢いだけで皇室典範の改正が決まってしまいそうだったので悠仁さまの誕生こそが男系男子を維持する神風と言っていいでしょうという考えです。

この人の考えではもし男子が生まれなかった場合は旧皇族の男子を養子として迎えるという形ででも男系の皇統を維持していたいと思っていたようです。男系維持は皇室の大原則だと確信しているようです。

一応万策尽きてそうしなければ皇室がなくなってしまうという土壇場になれば女系も認めるという考えですが今はそんな状況ではなく悠仁さまがいらっしゃるということで皇位は男系の継承原理によって脈々と受け継がれてきたということですね。

その皇室の伝統を中国の宋の時代の太宗皇帝(たいそう)は日本の天皇は同じ血統で現在まで続いていて君主に仕えるものも祖先の職を継いで天皇に仕えていると聞き遠い時代から理想的なあり方ではないかと羨ましがっているということです。

まぁ海外からの都合にいい情報だけ受け入れるという考え方ですね。男系の継承原理に対して時代に逆行しているという意見もありますがむしろ古代からの原理を維持していることにこそ皇室の存在感があるということですね。

これは例えるならば奈良や京都に残る歴史的建造物に価値があるように技術が発達して社会が変わってもそういうものが残っていることは大変貴重だということで男系の皇統を維持するのも非常に困難な状況でこれまで男系男子を維持してきたことこそ皇室の尊さがあると言えるのではないかということです。

まぁ皇族を物扱いしているわけですね。ただこの人は女性が皇位をお注ぎになることは必ずしも反対ではなく歴史的にも女性天皇はいるということですね。ただ悠仁さまが生まれた以上は男系の原則は覆す必要はないという意見のようです。

だからその原則をこれからも維持するためにはどうするべきかを皇室典範で考えるということで悠仁さまの後の皇位継承問題ということで悠仁さまがお世継ぎに恵まれない場合に備えて旧皇族の男子の方々に復帰していただくという考えのようです。

むしろこれこそが急務という考え方でした。ちなみにこの人はどんな人か調べたらやっぱり正論という雑誌や統一教会の世界日報なんかで記事を書いている人でした。やはりこの頃から男系男子派は統一教会に思想が入っていたんですね。

それで次は歴史学者の成清弘和(なりきよ)さんの考え方ですが古代史の研究者としては天皇が女性で行けない理由は存在しないということです。まず政治的な面で見てみると古代の女性天皇は重要な政治的決断を自ら下しているようです。

男性と変わらない役割を果たしてきたわけですね。つまり次の男性天皇が即位するまでの中継ぎではなかったということです。象徴天皇制に移行して女性の能力の高さが認められ始めている現在なぜ女性が即位をしたらダメなのだということですね。

祭祀についても同じことがいえるということです。この時に明治大学の原教授は女性天皇だと公務に支障が出ると主張されていたようです。これに対して女性の月経が祭祀を執行する障害になるという指摘です。

でも奈良時代の女性天皇は大嘗祭と呼ばれる即位儀礼など祭祀を男性天皇と同じように行っていたようです。時代によって祭祀の在り方も変わったりはしたようですが女性天皇には祭祀が務められないとは言い切れないわけですね。

男系のみによる皇位継承という考え方は日本古来の社会の在り方になじんでいないと考えているようです。この人は女帝の古代史という本も書いていますが古代日本社会では男女の格差があまりなかったことが明らかになっているようです。

つまり男女平等的な考え方がある程度成り立っていたようです。さらに考古学の資料からも4世紀から5世紀には数多くの女性リーダーが日本列島に存在したことも確認できたようです。

つまり当時の日本社会は女性の統治者が生まれやすかったということでそれが容認されていた社会だったわけですね。これが古代の日本の特徴の一つということでしたがこれが古代中国の男性優位性社会のなかで生まれた律令制度が入り込んだようです。

それで支配者がまずこれを率先して取り入れて男系の継承原理が浸透していって11世紀ごろには男性を中心とした家族制度が定着したようです。だから男系維持を主張するのは古代中国の価値観の受け売りということですね。

これが男女平等を旨とする現在の日本社会のほうが本来の日本の在り方に近いということで日本だから女帝は容認できないという考えは説得力を持たないということですね。

女系になると存在したと歴史的に証明できる例がないから微妙な問題ですが現在の皇室が一夫一婦制しかも生まれてくる子供が必ずしも男子とは限らないので女系を認めるべきということですね。

男系だけを一方的に重んずるのは日本の本来の在り方から離れてしまうという点と外国に目を向けても王位についている女性や女性のトップリーダーの実例が多々あるということですね。

オランダは3代続けて女王だしイギリスもエリザベス女王ということですね。さらにこの時はドイツもメルケル首相で日本に女性天皇が誕生しても不都合なことはないということでした。

次は元参議院議員の田島陽子さんです。男系か女系かという前に天皇という地位が国民の総意に基づくと憲法で定められていることを再認識すべきということで憲法は日本の最高法規で皇室典範よりも上位にあたる法律ということですね。

つまり天皇家に象徴という地位にいてほしいかどうかですら国民の意思によって決めることが出来るということですね。現在天皇は象徴天皇という立場ですが国家の象徴であるにもかかわらず天皇家は全くこの国の現状を象徴していないように思えるということです。

女性の社会進出が進むこのご時世に子供を産むことばかりを期待されて宮内庁に幽閉されている雅子さまは残念ながら哀れみの対象でしかないということです。天皇が1946年に人間宣言をして現人神であることが否定されました。

これは同時に天皇にも人権が保障されることを意味しているということですね。ただ選挙権や職業の選択などの自由もないということですね。今の皇族に人権が満足に保証されているようには思えないということですね。

つまり象徴の役割を既に果たせていない天皇制を存続させることは本当に国民の総意と言えるのかということでどうしても天皇制が必要であれば国民と同じように皇族にも権利を与えるべきということですね。

象徴天皇というものを一つの職業として捉えて給料を公示しつつ仕事とプライベートも分けられるようにするということですね。それで自分たちの相談役は天皇たちで選ぶことが出来る権利を持つということですね。

そうやって天皇と天皇家も国民の一人として自由に生きられれば宮内庁などという前時代的な機関は解体されることになるだろうということですね。まぁ確かに宮内庁はいらないけど相談役を自分たちで選べば秋篠宮家の例がありますからね。

それで国民の一人として愛子さまも含めてこれからの皇族は全てにおいてこれまでよりももっと自由に生きてほしいということで国民も皇族に寛容になってほしいいということですね。

恋愛にも開放的になっていろいろ失敗したり泣いたり笑ったりすればいいということで血の純潔なんてこだわるというのは極めて差別的で愛子さまがヘンリー王子と結婚してもいいじゃないですかということですね。

まぁヘンリー王子はこの後メーガン妃と結婚して大変なことになるんですけどね。それで恋愛に開放的になった眞子さん小室圭と出会うわけですね。まぁあれも出会ったまでは別にいいんだけども秋篠宮ご夫妻や宮内庁が全力で止めなければいけなかったですね。

まぁ止めないおかげで秋篠宮家の闇や美智子さまの闇もどんどん出てきたんですけどね。現段階では天皇制の即廃止は難しいだろうから当面は男系固持か女系容認選択になるでしょうということです。

田島陽子さんとしては愛子天皇が認められることは国民をすごく楽にすると思うということで地方とかでは家業を継ぐために職業を選べずに悔しがっている長男は多いからそういった状況で民主化された天皇家という模範が出来たら国民の意識も解放されるだろうということですね。

それでどうしても男系固持の世襲でというなら天皇家には象徴の座を降りてもらって一つの家族や歌舞伎の世界みたいに古典芸能の流宗家のような感じで残ってもらって象徴がなくては困るんであれば国民投票で選べということですね。

だから五輪代表とか選手とかが持ち回りでやればいいということで、天皇家が最終的にどうなるにしても国民一人一人自分の問題として考えて民主主義なんだから天皇家の未来は国民が決められるということですね。

まぁさすが田島陽子さん考え方がちょっと変わっていますね。よくそこまで言って委員会とかで舛添要一とケンカしていたイメージだけど舛添要一さんもサッカーのワールドカップで日本のサポーターがゴミ拾いしたら清掃を仕事としている人が失業するととぼけたツイートをしていましたからね。

まぁちょっと感覚が変わった人同士だからよくバトルしていたんですね。皇位継承問題に関してはいろんな意見があっていいと思いますがしっかりと専門家が議論して決めてほしいですね。

ちなみに日刊ゲンダイでは将来の皇太子の悠仁さまに引き継がれる妥当感ということで記事になっていましたね。ここでも延べ床面積が関連施設を含めずに2972平米と小さめの数字で印象操作をしていましたね。

今の建築基準に合った防火、省エネ対策が施されたと再利用できるものは生かしながらということで節約しているような記事でしたね。庶民感覚とかけ離れているという声もあるが将来は順当にいけば皇太子になられる悠仁さまがすむということで妥当なタイミングだと評価していましたね。

さらに眞子さんが里帰りで新しくなった実家を訪れる日はそう遠くなさそうだということで意味深なことも書かれていましたね。それにしても秋篠宮邸も改修工事して皇居よりも広い5500平米だということですが実はもっと広いんですよね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760(2023/02/01 06:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

だって使わなくなった御仮寓所(ごかぐうしょ)の広さが延べ床面積は約1378平米なんですよね。それでここが今後倉庫として使われるわけですよね。まぁ普通に考えたら秋篠宮家の荷物がそのまま置かれたりするでしょうね。

それで小室夫妻が里帰りした時に荷物の中から欲しいものがあったら勝手に持って帰ってもいいよという感じでお土産で持って帰るんじゃないかって勝手に想像しちゃいますね。

まぁとにかく御仮寓所の延べ床面積も含めたら6878平米なわけですね。もういい加減にしてほしいですね。それにしてもやはり悪いことをした人たちはみんな裁かれてほしいですね。あなたは誰が最初に逮捕されると思いますか。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました