アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

小室圭と眞子さんワシントン転勤で部署異動:弁護士から法務助手逆戻りで年収激減の背景がヤバイ!佳子さま節約と結婚願望の裏で岸田首相と裏金問題で予算ピンチ?

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

小室夫妻ついにワシントンへ:小室圭は法務助手へ逆戻り

週刊現代に小室夫妻のことが書かれていましたね。昨年10月中旬ごろから行方不明になっている小室圭と眞子さんについて現地のパパラッチも足取りがつかめていないようです。

以前年収4000万円と報じられた時に新しい写真家と思われる写真が掲載されて1ルームのマンションで暮らしているというような情報がでたから発見されたのかと思ったらまだ足取りが分かっていないんですね。

昨年11月にマンハッタンの高級マンションを引き払った後はどこにいるのかがわからない状態のようです。2億円の白亜の豪邸にも小室夫妻の気配はないようですね。

そして当然発見できないわけだからサンドラーの事務所にもあれから一度も顔を出していないようですね。つまり4か月間欠勤しているわけですね。

まぁ設定ではリモート勤務なんですかね。ただ日本の記者はそもそも現地に行こうとしても滞在費が高すぎて取材できないようですね。

往復の航空券だけでも30万円でホテルも1泊3万円以上で1週間滞在したら費用は70万円を超えるということですね。

だから物価高と円安によって小室夫妻は守られているということですね。まぁ現地のパパラッチも分からないということですが職場にも顔を出さないってことは遠くに引っ越した可能性も高そうですね。

ちなみに一部メディアが本腰を入れて捜索しているようですがサンドラーの関係者の話では小室圭はすでに部署を移動して今はワシントンで働いているという話が出回っているようですね。

ただ部署を移動してワシントンというのもよくわからないですね。ワシントンだと同じ部署だと思いますけどね。

まぁワシントンならまた法務助手へ逆戻りですね。なんか部署異動っていろんなところからコイツは使えないって感じで他部署に押し付けている感じですかね。

でも確かに日本の大企業とかでもそうだけども一度転勤させられた人っていうのは一度も転勤していない人に比べて転勤もさせやすいしけっこうちょこちょこ転勤させられる人は多いですよね。

まぁその中には使えないから転勤させられる人もけっこういるんでしょうね。小室圭は弁護士になってすぐにワシントンでの弁護士資格がいる部署に行って実質法務助手としての活動が再開しましたからね。

NYで弁護士試験に通ったのにまたワシントンで法務助手に逆戻りということで何がしたいのか意味が分かりませんね。

サンドラーとしては雑用係としてしか雇えないということですかね。つまり最近の政治資金問題とかで裏金が使いにくくなって日本政府がサンドラーに対して使える予算がなくなっているのかもしれませんね。

それで弁護士としての給料は4000万円にはねあがったといわれているけども生活費とかも実質政府が出しているからそんな裏金が使えなくなって年収は実は600万円のままということなんですかね。

確かにそう考えると佳子さまの最近の節約志向でお金をためていると報道されていたことにも連動してきそうですね。

佳子さまが節約というか眞子さんのお下がりとかを着始めて目立ったのが昨年11月のペルーに行きだした頃ですからね。

佳子さま節約術でお小遣い貯金:でも贅沢三昧で批判殺到

ちなみに佳子さま節約に関しては女性自身で報じられていましたね。佳子さまの最近の公務での衣装についてお下がりが多いということですね。

こないだ1月26日に秋篠宮ご夫妻と佳子さまが関東東海花の博覧会を一緒に鑑賞されていましたが、紀子さまはまだ全快とはいいがたい体調のようだと女性自身だけ紀子さまの体調について気を使った記事ですね。

でもお三方揃ってお出ましが出来てよかったということで、秋篠宮家は1年を通して多くの公務に出ているけども最近は佳子さまのお召し物にお下がりが多いことにも注目が集まっているということですね。

新年の講書始の儀でも佳子さまはお古でしかも紀子さまも眞子さんも着用されたことがあるブルーのドレスだったわけですね。

そして昨年12月のみどりのわ交流のつどいでも眞子さんがブータンに訪問していた時のワンピースだったわけですね。

これが眞子さんとの絆を示すためかとか物価高に苦しむ国民に対して節約アピールかと言われていたわけですね。

でも実利的な意味合いもあるのではないかと指摘する宮内庁職員もいるということで節約した分の一部が佳子さまのポケットマネーになっているのではないかということですね。

秋篠宮家の令和5年度の皇族費は4人で1億2000万円ですが佳子さまだけだと915万円ですね。悠仁さまは305万円ですが今年成年皇族で915万円になるわけですね。

秋篠宮さまが3050万円だったのが令和になるときに内廷皇族になることを断って皇族費だけ3倍になり謝礼公務は引き続き継続のいいとこどりを選択されたわけですね。

この皇族費というのが皇族としての品位保持のために国から各宮家に支出される費用で食費や洋服や学費や私的に雇う職員の人材費などに使われるわけですね。

まぁ秋篠宮家は私的に専属のカメラマンを雇っていますからね。お手元菌として使い方は自由で余っても返還する必要がないわけですね。

ちなみに佳子さまは915万円ですがそれぞれの口座に振り込まれるわけではないようですね。秋篠宮家の総額が宮家に一括で振り込まれるようですね。

でも所得税はかからないようです。ただ佳子さまは全日本ろうあ連盟に非常勤で勤務をしている設定になっていてここに関しては個人の収入になるから所得税などは一般国民と同じようにかかるようですね。

だから皇族費からも佳子さまのお手に渡る分ものだろうということで、衣服や公務に必要な経費の他にもダンスや趣味や買い物に使われるお小遣いが渡されるわけですね。

眞子さんは結婚した際に一時金が1億5000万円と言われたわけですが辞退して渡米したわけですね。それで小室圭も収入が少なかったので眞子さんの貯蓄が頼りだったわけですね。

これが2000万円だったとしても眞子さんが働いていたインターメディアテクは5年半務めましたが年間で100万円ほどと報じられていて残りの1500万円はお小遣いをためたものと言われたわけですね。

それが10年かかったとすると年間150万円で月12万円ずつ蓄えていたことになるわけですね。佳子さまは全日本ろうあ連盟に週3勤務の給与とかお小遣いを結婚資金としてへそくりしていて最低でも1000万円を超えているだろうということですね。

ただ黒田清子さんの頃に比べると東京の不動産価格も上昇しているわけですね。佳子さまは一時金の1億5000万円とお小遣い分も含めて結婚した時に持っていけるでしょうが東京都の新築マンション平均価格も1億円を超えたようですね。

黒さ清子さんは2005年に結婚して2006年2月にマンションを購入していますがその時は広さ110平方メートルで1億2戦万円ほどだったようですね。

それが今では売りに出された価格を見ると中古なのに販売価格は2億7800万円と2倍以上の値段をつけているようですね。

だから結婚相手に寄るけども黒田清子さんと同等のようなマンションを購入しようとするとそれだけで一時金が消えてしまうわけですね。

まぁこの辺は結婚されてからの一時金も上げてあげた方がいいと思いますけどね。ただ佳子さまに関しては一人暮らしとかそういったのがありますからね。

世論としては佳子さまに関してはあげなくて他の女性皇族はあげてあげてって感じかもしれませんね。まぁでもこれも上げるタイミングが難しいでしょうね。

私が結婚してすぐに一時金が2倍になったとかだったらなんか不公平さというのがあるでしょうからね。

まぁ佳子さまが最近洋服をお古ばっかり着ているのは結婚資金をためているのではってことですね。佳子さまは30歳で結婚かと言われていて相手もいるようですがどうなんでしょうね。

まぁ小室圭みたいな男はなかなかいないだろうし相手が税金に頼らない相手であれば誰でもいいんですがどんな相手を連れてきますかね。

created by Rinker
弓立社
¥1,490 (2024/06/20 18:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました