アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【悠仁さま不正に世界の心理学者が興味】紀子さまパワハラ秋篠宮さまカピバラBBQ:悠仁様トンボと愛子さまの決定的な違い

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

悠仁さまトンボ論文:世界の研究者が疑惑で閲覧数増加

エトさんがブログで悠仁さまのトンボ論文についていろいろっ記事を書いていますが、今回はいつもエトさんに情報を寄せてくれている西村先生が悠仁さまの疑惑を英語で発表したようです。

まず僕らが使うことがない世界中の研究者が集まるSNSがあるようです。ResearchGateというSNSでここに悠仁さまのトンボ論文の疑惑について英語版の論稿を3件発表されました。

そうするとアクセスが爆発したようですね。3件については閲覧数が1件目と2件目が5000件ほどで3件目も公開して2日で東京大学からも8件の閲覧があったようです。

このSNSはXとは違って基本的に実名の研究者だということですね。世界中の研究者だけが集まったSNSですね。

自分の研究分野で新しい発表がないかとかそういうのをへっくしたりしているんでしょうね。ニュースとかでは成果が出てからだけども出る前の情報も見れるでしょうからね。

このSNSは閲覧してくれた研究者がどんなジャンルの人かとかそういった情報も分かるようですね。それで基本的には生物学とか光工学とかバイオテクノロジーとかいろんなジャンルの人が見てくれているようです。

だから写真の捏造ということで光工学の人も何か写真に捏造がないかチェックしたくて閲覧しているのかなとかそういった情報も分かるわけですね。

この研究者SNSは世界190ヶ国で700万人が使用しているので海外の人もたくさん見ている可能性が高いですね。

英語で投稿しているのでむしろ海外の人の方が見ている可能性が高いかもしれません。そうなるとイギリス王室に絡んでいる人もそういう情報をチェックしている可能性はありますね。

ちなみに実際に悠仁さまのトンボ相の論文でも3点ほどコントラストと明るさを調整して明暗の差をハッキリとさせると自然に撮影したものでない可能性が高いものが3点見つかったようですね。

空を飛んでいるトンボの写真がどこかにおいて撮影したのではないかというようなものや一色に見えないとおかしい空にとんでいるトンボに影が確認出来たり矛盾点があるようですね。

まぁさらに悠仁さまのトンボ論文の疑惑を指摘したら研究者SNSの投稿では最近心理学者のアクセスが増えているようですね。

悠仁さまの論文がJ-Stageで閲覧数2位と褒めていたけどもある意味不正がないかのチェックで世界中から閲覧数が増えているのかもしれませんね。

悠仁さまの場合は前科がありますからね。中学生の時にも小笠原諸島を訪ねてという作文でコピペ問題があってご指摘に感謝と謝罪もしませんでしたね。

海外にも盗作作文と大々的に報道されて裏口天皇とも報道されたりしましたが高校生の論文でもそういった疑惑が発生したことで心理学者が注目しているのかもしれませんね。

悠仁さまは皇族という特殊な環境なので心理学者もいろいろな意見があるでしょうね。しかも父親の秋篠宮さまは皇族で唯一鬱である症状を自分で認めて発言しているようですからね。

まぁ育った環境というのはかなり子供に影響を与えるので秋篠宮家の場合は紀子さまが主に悠仁さまの子育てをしていたようですからね。

それで紀子さまはこれまで職員へのパワハラが何度も報じられてきたので職員には厳しいというのがわかりますね。さらに悠仁さまの為に提携校進学制度とか箔付けがされてきましたね。

悠仁さま不正論文とビオトープの嘘に心理学者が興味で大ピンチ

だから悠仁さまには甘やかしてきた可能性が高いですね。それと悠仁さまが大きな生物とかトンボとかに関心を持たれたのは秋篠宮さまの影響が大きいでしょうね。

家の中にたくさんの剥製があって大きな生き物に関心を持ったのでしょうね。そんななかでなぜトンボに興味を持ったのか興味を持った設定になっているのかはわかりませんが悠仁さまは7歳の時にトンボの標本を宮内庁文化祭で出品されています。

これはトンボが死んでからでは標本に出来なくなるので生きたまま薬品付けとかにして標本にしたわけですね。

本来そのぐらいの子供だと網で捕まえて逃がしてあげるとかそういう経験をするものですが薬品付けとかをしていたわけですね。

秋篠宮さまも生きたままの動物を殺害して秋篠宮邸にはいくつもの剥製がありました。そういった環境で育ったわけですね。

それで週刊文春では悠仁さまは解剖学がお好きと書かれていてコロナの時に注射の説明を受けられるときに図鑑を持ってきて興奮していた様子が報じられていました。

しかも秋篠宮邸ではカピバラやマーラを飼っていましたよね。カピバラもマーラもネズミの仲間で恐らくこの二匹が交尾したらどんな子供が生まれるかなという実験をしていたのかもしれませんね。

秋篠宮さまはニワトリも違う種類のニワトリを交配させたりとかそういう実験もしていたようですからね。しかも秋篠宮さまはBBQでカピバラを食べていたことも暴露されていましたからね。

飼育していたカピバラではないかもしれませんがそんな環境で育ったらどんな大人になるのかって感じですよね。

ちなみにチャットGPTにも親が怒りやす毛ども自分の子供には甘やかしたら子供はどんな大人になると思いますかと聞いていました。

まぁこれは親だけが要因ではなくて周りの影響もありますが自分の感情や行動を適切にコントロールする能力が育ちにくい場合があるようですね。

自己規制が不十分な子供はストレスがかかった時に適切な対処法を見つけることが難しいということで、悠仁さまのむひょうじょうは自分の感情や行動を適切にコントロールできていないのでしょうね。

自己規制の欠如ということで当たっている感じがしますね。そして自己中心性の傾向で甘やかされて育った子供は自分の欲求やニーズが常に優先されるという考えを持ちがちということですね。

それで他人との関係を築くうえで困難を生じさせる可能性があるということで悠仁さまが友達と仲良くしている話題を聞いたことがないですからね。

そして困難への体制の低下ということで朝鮮や困難に直面した時に簡単にあきらめたりストレスに弱い大人になる可能性があるということで困難に立ち向かうための精神的な強さや回復力が育たないことがあるわけですね。

例えば登山をしているときにめんどくさいからヘリコプターで頂上に行くとかそんな感じの感覚なのかもしれませんね。

ただ甘やかすといっても逆に親が子供に対して愛情深く子供のニーズに注意を払っている場合は子供は他人に対しても同様に思いやりを持つことが出来るようになって良好な人間関係を築けるかもということですね。

まぁ愛情深く育てられたという意味では愛子さまですね。それで他人に対しても同様に思いやりを持つことが出来るようになって人助けの日本赤十字社に勤務が内定したわけですね。

親が子供の問題を代わりに解決すると子供が自分で問題に取り組む機械を失って将来的に自立して問題を解決する能力に影響を与えるということで悠仁さまが公務をしてもしゃべっている映像は音なしでもNGで後から聞いた話ではって情報しか出てきませんからね。

ちなみにビオトープコンクールで秋篠宮さまが悠仁さまにキイトトンボは珍しいのと尋ねる場面があったようですね。これは朝日新聞も攻めてきましたね。

恐らく受賞者とのやり取りで、優秀賞受賞のうち3団体の取り組みを聞きながら生徒らと計約15分間懇談されたようです。

悠仁さまは「ミヤコタナゴを育てていく環境で、何か工夫した面はありますか」「ビオトープの広さはどのくらいですか」と質問したようです。

そして秋篠宮さまが悠仁さまに「キイトトンボは珍しいの」と尋ねる場面もあったというということですね。

ここが凄い重要ですね。秋篠宮さまが悠仁さまに聞いたわけですね。しかもその返答について書かれていませんね。つまり悠仁さまが秋篠宮さまの質問に何を答えたか書かれていないわけですね。

こういう場面もあったということでもしそういった情報があれば秋篠宮さまからキイトトンボは珍しいのというところではなくて悠仁さまの返しが一番話題になりますよね。

それが悠仁さまがその後に答えた内容がないわけですね。つまり特に何も答えなかったか適当に頷く程度だったというのがわかりますね。

一番悠仁さまが得意げに話せる場面なのにそのことについて全く書かれていないわけですね。なんかもうこれが全てを物語っていますよね。

まぁそれかトンボが好きですとかドン引きする回答をしたんですかね。それでなんて答えたか話を聞いたけどもそこまでは記事として書けなかったんですかね。

絶対にその後なんて言ってましたかって聞きますからね。もしかしたらまだ分かんないとか答えたんですかね。

高校の文化祭でもたこ焼きを食べているときに友達からお腹いっぱいと聞かれてあついと答えて何それって会話が成り立っていなかったですからね。

カブトムシの研究を聞いてトンボが好きですも会話が成り立っていないしいろいろやばい情報がでてきていますね。

愛子さまの場合は日本赤十字社の100周年特別企画展にいかれてから「アメリカから消毒用にウイスキーを取り寄せたのですか?」と質問されて職員が「それはあちらで説明しようと思っていました」というと愛子さま「先走ってしまいました」と話されて笑いに包まれる一幕もあったと報道されていましたよね。

愛子さまは会話のラリーが記事になるのに悠仁さまは質問内容だけで会話のラリーがないですからね。悠仁さまはトンボの論文に6歳ぐらいから執筆に関わってトンボの話を振られて答えすら記事が書けないわけですからね。

トンボに詳しい設定のはずなのに逆にトンボの質問がNGなのかもしれませんね。ビオトープの広さを聞く場面もあったけども内容には興味ないんですかね。

俺のビオトープの方が大きいぜとかいいたかったんですかね。でもその後の会話がないですね。キャッチボールが出来ていないんでしょうね。

返事されてもなるほど程度で終わりでしょうね。まぁ公務で受賞者決まっていて悠仁さまは資料を手に持っていたから
広さぐらいの情報は書いていると思いますけどね。

created by Rinker
弓立社
¥1,490(2024/03/05 12:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました