アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【乃万暢敏さん凄い分析:愛子さま赤十字就職と雅子さまの歌会始】悠仁さま東京大学と東農大の落差で爆笑!紀子さま節約アピール炎上

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

紀子さまのSDGsアピール逆効果で爆笑:秋篠宮家に矛盾だらけの擁護に批判殺到

AERAでツッコミどころ満載の記事がありましたね。秋篠宮家が物凄い節約アピールをしている記事ですね。

紀子さまは、昨年末から胃腸の不調が見られ、宮内庁によれば1月の検査でも医師から「療養し、自律神経の調整を図りながら過ごすように」と勧められたということでまだ体調不良の記事は継続中のようですね。

ちなみにこの記事は悠仁さまのお弁当は紀子さまの手作り「大根の葉もおかずに」秋篠宮家流のSDGsというタイトルでもうタイトル見ただけでヤフコメが大炎上って感じですね。

公務でも顔色が良いとは言えないご様子だが、そうした状況でも、30年ほど前から総裁を務める結核予防会とは絆が深く、2月に都内であった結核予防関係婦人団体中央講習会には出席されたということですね。

そして紀子さまが、環境への関心が高い秋篠宮家での「母」としての日常を見せた場でもあったということですね。

紀子さまは会場の後方の席で、熱心にメモを取っていたようです。耳を傾けていたのは、結核予防会の理事長を務める尾身茂氏の講演ということですね。

手元のメモを見返すなどしながら熱心に聞き入る紀子さまの姿があったということで講習会の休憩時には、能登半島地震の被害に遭った石川県からの参加者に、「大変でしたね」と声をかけ、各地からの出席者の席をまわって丁寧に話しかけていたようです。

ちなみにこの結核予防会は1月5日にこの尾身会長が能登半島地震にお見舞いの言葉をホームページに掲載しているんですよね。

そこで紀子さまも心を痛められているようですと発表されていて普通はこういうことは宮内庁が発表するのに結核予防会が私も心痛めているようなこと書いといてって感じで頼まれたんでしょうね。

この辺がダサいですね。普通に宮内庁の広報にお願いしてお気持ちを表明すればいいのになんでそれが出来ないんでしょうね。

まぁ1月5日に宮内庁ではなくて結核予防会で尾身会長が私の名前を出して心配しているようだと報じてくれたようだから大丈夫と思って6日に体調不良を発表されたんでしょうね。

しかも時系列的には5日にこの尾身会長とかから年末年始の挨拶があったわけですね。そこでお気持ちを結核予防会から言っといてとなったんでしょうね。

その前日も母子愛育会のご報告ということで公務が入っていますが2日連続公務の翌日に実は年末から調子が悪いっていうことで時系列がおかしいですからね。

ちなみに紀子さまは、腰をかがめて何人もの女性らと話し込んでいたため、周囲が「立たせてしまってすみません」と恐縮する場面もあったようです。

そしたら紀子さまは「わたし、若いですから」と応じ、その場が笑いに包まれるひと幕もあったようです。紀子さまの狐と狸の笑顔にみんなドン引きの笑顔を見せていたんですかね。

まぁ失笑ってやつですね。まぁ講習会の参加者は紀子さまについて「ご体調がよくないとのニュースで心配していましたが、熱心に学び、公務を続けておられました」といろいろ上げ記事も大変ですね。

一番間抜けなのはこんな記事を書けば逆効果だということが分かっていない点ですね。

ちなみに昨年の結核講習会では筑附に通う悠仁さまのお弁当も時間が許す限り自分で作るようにしていますと話されていたようですね。

その前に学校に行ってるかすらが怪しいですからね。2年生の終わりになってようやく弁当を持って行ってたことが判明したわけですね。

結核予防の講習会ではSDGsのテーマで班別討議が行われ、家庭生活のなかで環境や資源に配慮していくというSDGsのテーマに沿った話題があったようです。

そこで弁当の話題が出て家庭菜園で育てた大根の葉を油で炒めて、悠仁のお弁当に入れたり、漬物にしたりすることもありますと語ったわけですね。

ここでは悠仁が作った野菜とかそういう話はしなかったんですかね。同じ丸テーブルに座る女性の出席者らに「大根の葉は、どういう風に料理するのがおいしいでしょうかね」と尋ねられたようです。

そしたらワサビ漬けもおいしいですよと言葉が返ってきて「試してみます」と紀子さまは楽しそうに笑ったようですね。

もう一ヶ所が絶対に嘘だろってなると全部嘘に見えてくるし紀子さまの楽しそうな笑顔を見たことがないですからね。

ちなみに紀子さまは参加者たちが意見を交わす丸テーブルを順に回りながら、時折、話し合いに加わっていたようです。

やはりじっくり話すことは無理なのかもしれませんね。答えられない質問が来たら狐と狸の笑顔で別の席に移動している絵しか浮かばないですね。

ちなみに沖縄県から参加していた諸見里さんは、ご家族で実践されている環境への取り組みについて紀子さまは親指と人差し指を2~3センチほどの距離に近づけて、「殿下は、キャップを装着して鉛筆をこのくらい短くなるまで使っているのですよ」と話されていたようです。

秋篠宮家では、SDGsという言葉が社会に広がる前から、環境保護と節約の考えが宮家全体で徹底されていたと突然のアピールですね。

宮邸や事務所では、メモは使用済みの紙の裏を使っていたし、人がいない場所の電灯はすべて消されていたようです。

それで宮邸を訪ねた知人が、「おおい、電気つけてよ」と、暗い廊下で声をあげたこともあったようです。お客様を何だとおもっているんでしょうね。

やはり相手のことを思いやる気持ちがないんですね。けっこうまえからセンサーライトとかで人が通ったらライトが付くシステムの奴はあったし本当に節約しているならそういうSDGsが思いつくと思うんですけどね。

それに秋篠宮家の特徴は節約しているというアピールは分かりますが具体的に数字で示せとなると出せませんよね。

佳子さまの一人暮らしでどれだけ経費削減できたのか示すことが出来ませんからね。ちなみに今年2月に開催された講習会は、都内の老舗ホテルが会場で建物の近くにいた女性は、紀子さまの車と偶然すれ違ったようです。

紀子さまが体調不良だというニュースを耳にしていて、すこし心配だったから「紀子さま。頑張ってください」と紀子さまの車に向かって、大きな声で叫んだようです。

そしたら声に気づいたのか、車中の紀子さまは目線を女性に向けて、「ありがとう」と手話で応えてくれたようです。

偶然だから当然誰が出てくるか分からないわけですね。そして相手は車ですね。車が通る時に遅くても20キロから30キロのスピードは出ていますよね。

紀子さまと顔が判別して分かってから紀子さま―と叫んでそれに紀子さまが答えてありがとうと手話をして応える時間を計算したらどう考えても通り過ぎてから妄想でこんなことしてたのかなって感じでしか答えられないですよね。

まだ出てくる瞬間に紀子さまと分かっていたら叫んで目を合わせて手話でありがとうと伝えるならわかりますけどね。

それに手話が知らない人だったらそれがありがとうって意味か分からないですよね。なんとなくジェスチャーで分かるかもしれないのかもしれませんがありがとうと手話でってことはその人も恐らく手話を出来るんでしょうね。

もういろいろ設定がおかしいですね。最後は2月の午餐は欠席したものの3月にブルネイの皇太子夫妻を招いて催された午餐には出席されたということで一日でも早い体調のご快復を期待したいと終わっていましたね。

まだやっぱり回復していなかったようです。宮内庁も本当に秋篠宮家が節約を意識されているならもっと広報室が情報発信すればいいんですけどね。

ちなみにYouTubeにはどうも広報室の室長が発信されているようなチャンネルがあるようですね。エトさんのブログでも紹介されていましたね。

皇室徒然紀(つれずれ)と読むのかわかりませんが明らかに美智子さまと秋篠宮家を擁護で雅子さまを下げているチャンネルです。

報道では見たことがない珍しい写真も使用されていて広報室の室長の可能性が高いということですね。女性の声で年齢的にもそんな感じがするということですね。

まぁ適切な情報発信だからそんなくだらないことをしているのかってことですね。そういう動画は需要がないということが分からないんでしょうね。

ちなみにテレビではよく見る池上彰もYouTubeチャンネルを頑張っていますが1万再生も行かないことがほとんどです。

どうせテレビでは都合のいいことだけ言ってるんでしょって感じでYouTubeではテレビでは話せない踏み込んだ話があればまだ需要があるのでしょうが同じスタイルって感じの動画は伸びないわけですね。

悠仁さま学習院拒否を正当化で炎上:愛子さま赤十字就職に乃万暢敏さん凄い分析

秋篠宮家の教育について日刊ゲンダイで記事になっていましたね。学習院を選ばなかった理由を正当化するような内容でした。

愛子さまが卒業すると学習院には皇族が一人もいなくなってしまうということですね。それでこのまま、皇室と縁が切れてしまうかもしれないと学習院大学教授が嘆いているようですね。

ちなみに愛子さまが日本赤十字に就職されましたがこのことについて乃万さんは愛子さまを立太子へという一人語りの動画で凄いことを述べられています。

それは赤十字の歌です。婦人従軍歌という歌を紹介していました。1894年で明治27年に作られたものですが歌詞の中にも赤十字の名前が出てくるわけですね。

戦時中の歌で戦場の悲惨さや看護婦の勇敢さ、そして人間愛や平和への願いを表現していることで知られています。

第一節では戦闘の後の静寂と荒廃した風景を描写しているわけですね。そして戦争の悲惨さと虚しさを感じさせる冒頭だということですね

第二節では敵味方の区別なく戦場の恐怖と死の平等性を示して第三節と第四節では赤十字の看護婦が戦場に到着して兵士を看病しているわけですね。傷の手当てをする様子からは看護婦の純粋な奉仕と献身が感じ取れるということですね。

第五節と第六節では看護婦が敵味方の区別なく傷病兵を看護する様子を表していてこれは赤十字の精神である人道主義と無差別の愛を象徴しているということですね。

さらに文明社会の理想としての母性を看護婦に託し、彼女たちの行動が赤十字の精神によって導かれていることを強調しているということでまぁ世界平和を訴えている歌だということですね。

なかなかこんな視点で愛子さまの事を紹介できる人なんていないですからね。婦人従軍歌は、戦場における看護婦の無私の奉仕と人間愛を讃え、同時に戦争の悲惨さと平和への願いを歌った作品で愛子さまは中学校卒業の時に卒業文集で世界平和と題した作文を書いていますよね。

まさかこの時から赤十字ということは考えていなかったと思いますが、この卒業文集では、愛子さまが修学旅行での広島訪問体験と平和への深い思いを綴っているわけですね。

広島の原爆ドームや平和記念資料館の訪問を通じて、原爆の悲惨さと平和の大切さを実感されたことをかいていて、それが自身の意識に大きな変化をもたらしたことが記されています。

アメリカのオバマ大統領の広島訪問や平和の象徴としての折り鶴、平和の灯(ともしび)への言及を通して、平和への強い願いが表現されています。

愛子さまは、平和を当たり前と思わず、日常生活の中で他人への感謝と思いやりを持つことの重要性を訴え、平和は個々人の責任ある行動によって築かれるものであると強調しています。

また、唯一の被爆国としての日本の立場から、見聞きし感じたことを世界に発信し続ける必要性についても言及していて、核兵器のない世界の実現と広島の「平和の灯」が消える日を願って結んでいます。

中学生でこんな卒業文集が書けるんですからね。しかもその中学生に書いた世界平和に最も関係がある日本赤十字社に就職ということでこれが雅子さまと相談なされたのでしょうと乃万さんが語られていました。

恐らくそのように語った裏には雅子さまの今年の歌会始があると思います。雅子さまの今年の歌会始は愛子さまが初めて広島を訪れた時のことを語っています。

なかなか愛子さまを立太子へと語る動画でここまで考えて発信される方はいないから凄い貴重ですね。乃万さんは天皇陛下のご学友だということで流石ですね。

本来なら週刊誌とかで歌会始はこういう思いがあったのではとかそういう記事を書いてほしいぐらいですね。

でもこの乃万さんが紹介された内容を篠原さんがそのままパクってBUNKAタブーとかで記事にするのもちょっとどうかなと思うのでやはり天皇陛下のご学友と皇室利用という人がいるかもしれませんがこういった貴重な話は週刊誌やテレビとかの取材とかで報じてほしいですね。

乃万さんにしか出来ない独自の解説ですからね。ちなみに学封印の話題でもともと学習院は皇族の為に創設された大学だということですね。

でも愛子さまが卒業されると皇族がいなくなって悠仁さまもまず学習院という選択はないだろうということですね。

ちなみに天気は2009年に学習院女子高3年の眞子さんがICUに入学してここに皇族が入学するのは初めてだったわけですね。

まぁこれもそもそもICUというのはキリスト教の大学でGHQが設立に関わった大学ですからね。男系男子の人達はGHQが憲法を作ったから変えろとか言ってGHQを嫌っているのにGHQが設立に関わったICUに入学する秋篠宮家を支持していますからね。

そして小室圭と出会って結婚したわけですね。ちなみにこのICUに関しては眞子さんがオープンキャンパスに参加するなど眞子さん自身が希望して進路を決めたようです。

まぁでも誰かから言われないとICUに興味を持たないでしょうからね。まぁキリスト教だから美智子さまと関係しているのかもしれませんね。

だからNYでも美智子さまのコネでいろいろ支援しているのかもしれませんね。まぁただその最大の支援者だった伊勢会長も会社更生法適用の申し立てがあり夫妻総額はイセ食品とイセでトータル453億円の負債があるようです。

美術館を建てたようですがさすがに453億円だと全部美術品を売却してもマイナスでしょうね。でもよくそんあ赤字を抱えているのに自分の美術館を建てましたね。

まぁタイミングとかは分かりませんが途中で美術品とかを売却しながら対応していたら何とかなっていたかもしれないのでしょうけどね。

眞子さんのメトロポリタン就職も美術品を寄付してあげるから部長にしてあげてと伊勢会長がカーペンター氏にお願いしていたようだけどもどうなりますかね。

ただ怪しいのがやはり美智子さまですね。美智子さまは昨年毎週のように美術館を訪問していましたからね。あれは伊勢会長もまずいと思って眞子さんの為に美術館に営業活動していたんですかね。

美術品を寄付したリストを頂戴とかそういったデータとかを集めてコネづくりをしていたんですかね。まぁ美智子さまと言っても何号までいるのか分からないのでそういった役回りの人もいるかもしれませんからね。

ただ眞子さんがICUを決めて秋篠宮さまや紀子さまが主導したわけではないということですが、学習院にこだわる必要はないというお二人のスタンスが明らかになったということですね。

そして秋篠宮家の脱学習院が鮮明になるのはその1カ月後で悠仁さまが来春からお茶の水女子大付属幼稚園に入園するとの発表があったようです。

眞子さんが大学の時に悠仁さまはまだ3歳だからこれは悠仁様ではなく秋篠宮ご夫妻が決めたということですね。まぁその前に紀子さまがお茶の水の研究員で特別入園制度だから紀子さまが決めたんでしょうね。

一応この時は3年保育にこだわったからという理由だったようですがもうこの段階で小学校から学習院はないだろうと学習院関係者も感じていたようですね。

まぁその進路が判明した2009年に学習院では学校の教師がOGに学校の中で性的加害に尾t¥呼んだという容疑で警察沙汰になったようですね。

まぁ示談が成立で捜査は打ち切られたということですが、週刊誌が報じ事件が表沙汰になったということですね。

それで秋篠宮さまたちの耳にも入るところとなり、脱学習院の思いをより強めた気がするということですがそんなのは関係ないでしょうね。

むしろ加害者側で疑われている人ですからね。そして眞子さんと仲がいい佳子さまも一度は学習院大に内部進学したけども結局中退し、ICUに入学したわけですね。

ちなみにICUの生徒は入学する生徒が全員世界人権宣言をします。まぁチャットGPTで要約しましたが皇族だけども人権を主張ということで人権宣言自体は良いことだと思うけども皇室特権といいとこどり宣言にしか思えないですね。

そして今年は悠仁さまが大学進学に向けてどうするかですが候補として挙がっているのが東京大学、筑波大、東農大といったところということですね。

もうこの段階でおかしいんですよね。大学のレベルが明らかに違いますからね。東京大学と平均以下で偏差値50以下の東京農業大学が選択肢にあるわけですからね。

一応最悪の場合は東京農大もあるかもってことですね。まぁ東京農大でもレベルが足りなさそうですけどね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/13 17:54:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました