アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

佳子さま日本伝統工芸展も興味なしで陶器に驚愕質問!就職先の全日本ろうあ連盟が勤務実態なしを事実上の暴露で爆笑

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

佳子さま日本伝統工芸展も興味なしで陶器に驚愕質問

佳子さまが佐賀県の有田焼工房を視察されていたようですね。伝統工芸ということで今右衛門窯(いまえもんかまがま)の工房を訪れて人間国宝の今泉今右衛門(いまえもん)さんの案内でろくろで登記を型作り作業工程を視察されたようですね。

ちなみに眞子さんも2016年に有田町を訪れているようですね。眞子さんは有田焼の操業400年を記念する式典で訪れていてこの時は伊万里市の工房で絵付けなどを視察したようですね。

それで眞子さんから引き継いで佳子さまは昨年も鳥取県を訪れて昨年は日本伝統工芸展での総裁賞を自ら選ばれたということですがそもそも佳子さまについてはそういう興味とかを聞いたことがないですからね。

ちなみに眞子さんと佳子さまの宮内庁文化祭の作品を見たことがないなと思って過去の作品を探してみました。そうすると見当たらないんですよね。

アキシンとかで秋篠宮家の過去の宮内庁文化祭の作品とかを写真付きで報じているブログとかでも眞子さんと佳子さまだけ作品がないんですよね。

だからそもそも出品していない可能性が高いですね。昔はそもそもアピールとかもしていなかったようですね。まぁ秋篠宮ご夫妻と悠仁さまもゴーストだから眞子さんと佳子さまの分までゴーストに使うお金がもったいなかったんですかね。

ちなみに秋篠宮さまは風景の写真でタイトルが散歩がてらって感じで紀子さまも風景だけどもそれっぽいタイトルの作品でした。

でも紀子さまは本来絵がうまい設定ですからね。秋篠宮さまと鶏と人という本を出版していてそこでほぼ写真ぐらいの出来栄えのニワトリの絵を紀子さまが書いている設定だから紀子さまの書いた作品を出品すればいいんですけどね。

でもこれまで一度も趣味として報じられたことがない写真を宮内庁作品として出品しているわけですからね。まだ秋篠宮さまは悠仁さまにカメラとかを教える映像とかあるからわかりますが紀子さまのそういった報道はないですからね。

でも紀子さまは自分の描いた作品はなくて写真を展示ということですね。そして紀子さまはウサギの陶芸品を出品したことがありますがこれも購入した商品とそっくりとバレていたわけですね。

まぁ佳子さまも急に工芸品に興味がある設定にしたのでしょうね。それかただ単に献上で有田焼をおねだりしたのかもしれませんね。

結婚に向けて自分がおねだりしてもらったから結婚の時に持ち出そうとしているのかもしれませんね。ちなみに献上と言えば最近もあの例のおじいちゃんが献上していましたね。

村本さんで98歳ですね。しかも1月9日に公務には掲載されていませんが山階鳥類研究所の新年会があってそこで村本さんの話題が出たわけですね。

それで自身に心配していますとお見舞いの言葉を述べていましたが早速今年の第一弾の献上品であるフキノトウを2月6日に発送したよと記事になっていました。

100歳まで献上を続けるつもりと記事になっていました。地震で被災した地区なのに献上させるということで秋篠宮さまが心配していたのでは献上品は大丈夫だよねというメッセージだったようですね。

まぁ佳子さまも献上してもらったのかもしれませんね。今泉今右衛門(いまえもん)の作品は昭和天皇がアメリカに行かれた時にここの陶器をお土産として持っていかれたようですね。

ちなみに佳子さまは焼き物は医師を細かく砕いて作ったきめの細かい粘土から出来ていると説明を受けて実際に触って完食を確かめていたようです。

さらに職人には奇麗な滑らかな形にするために何か工夫されていることはありますかなどと熱心に質問されていたようです。

もうこれで事前に調べていかなかったことが丸わかりですね。ここの陶器の一番の特徴は色ですからね。色鍋島といって独特な技法が用いられているわけですね。

藍色の顔料で下絵を描いて本焼をした後に、赤色・黄色・緑色の3色で上絵をつけたものだということですね。だから普通は色に関する質問をすべきですが滑らかにする工夫ということで他の工芸品でも言えるようなことを聞いているわけですね。

他にも削る作業は繊細だと思いますが、気を付けていることはありますかという質問でまぁ興味がそもそもないからなのか引き出すのが下手だなぁという感じがしますね。

それにしても佐賀の有田町には午後4時ごろに到着されたということで凄いゆったりした日程ですね。別に1日で行けたんじゃないかっていう日程ですね。

ちなみにペルー北部の山間部でさんです文明の宗教的指導者の墓が最古となる紀元前1300年頃のものであることが分かったようですね。

この調査にあたった人は佳子さまがペルーに行く前に訪問していた大阪にある国立民族学博物館の調査で分かったようですね。

墓には儀礼の楽器用とみられるほら貝とかいろいろ見つかったようですね。普通はこういった話題にもふれたら持ち上げてくれるんですけどね。

佳子さま就職の嘘がバレ大ピンチ

女性自身に佳子さまの事が書かれていましたね。全日本ろうあ連盟に非常勤嘱託職員として就職されて今年5月で丸3年ということですね。

就職当時はコロナだったので週3程度で事務仕事をテレワークでする予定と宮内庁が発表されたわけですね。

ただそれ以来働いている様子がないということですね。まず全日本ろうあ連盟の本部事務所は新宿区内のビル内にあるけどもビルの関係者は佳子さまをお見掛けしたことがないようですね。

しかもろうあ連盟も人手が足りていないようで昨年11月から出不スポーツ関連・一般事務補助に携わるアルバイトを募集し続けているようです。

それでろうあ連盟に取材を申し込んだようです。そしたら女性職員がそのことについてはこちらでは一切お答えすることが出来ませんということだったようです。

つまり事務所に出勤することがあるのかどうかについてもお答えすることが出来ませんと言われたようです。

ちなみに宮内庁関係者によると佳子さまは1回か2回事務所に出勤されたことがあるようです。ただ仕事内容については宮内庁も私的なことを理由に答えないわけですね。

ただ佳子さまも手話の公務をしているので職場に来なくても大きなメリットと捉えてるのだろうということですね。

つまり仕事はしないけども手話の公務をしたら日本ろうあ連盟の宣伝にも間接的になるから文句ないよなってことですね。

ちなみに宣伝の仕方というのはいろいろあるようできぬた歯科という歯科医があるのですが全国に300ヶ所の看板を設置していたようです。

その看板というのが歯科医と院長の顔の宣伝と温度計です。看板設置に900万円で温度設置に400万円掛かって1つ1300万円掛かるようです。

そして冬場になると毎回テレビ局が温度計のところをリポートで指さしてくれるのでそこで宣伝ができるようです。

だから凄い広告効果ということですね。これが12年以上続いているようです。今は230ヶ所ぐらいに絞ったようですがそれでも維持費に2億円位かかっているようです。

だから1つで年間100万円位の維持費ですね。年間100万円ですね。まぁ1回CMが民放で流れるたびに15秒で60万ぐらい掛かるようだからそれを考えると長期で考えると安いですね。

まぁ賢い人は広告効果の考え方が違いますね。ただ佳子さまが手話の公務をしてもどうなのかというのはありますけどね。

一応全日本ろうあ連盟の大会とかにも秋篠宮ご夫妻が出席したりもしていますからね。ただ出勤している感じがないわけですね。

そして愛子さまは今年の4月から日本赤十字社に就職されますがもうすでに説明会で出社されていますからね。

それで佳子さまもヤバいと思ったのか方針転換を迫られているようですね。さすがにいつまでもテレワークの設定が通用しないということで入社してまともに出勤していないわけですからね。

愛子さまは週3日ほど出勤される見込みだけども佳子さまはなぜテレワークを続けるのかという疑問の声が上がることは間違いないということですね。

だから佳子さまも出勤に切り替えられることになるのではということですね。ちなみに初めて給与を得た女性皇族が黒田清子さんのようですね。

山階鳥類研究所に勤務していたわけですね。非常勤研究員で週に2日で初任給は8万円ほどだったようです。仕事内容も皇居や赤坂御用地のカワセミを主とした鳥類の生態研究のようです。

他にも鳥類の図鑑とかに掲載されている学名友っと新しい学名を照合して修正する作業もあったようです。

ちなみに皇居や赤坂御用地でカワセミのヒナがヘビとかにとられないように害虫駆除用の粘着板を素の廻りに取り付けてヘビの侵入を防がれたようです。

黒田清子さんはヘビは平気で出てくるたびに素手で捕まえられるようですね。ちなみに眞子さんは小室圭の職場の隣のビルのインターメディアテクで週3勤務だったけども外食が目撃されたことはなかったようです。

昼食はお弁当で済ませていたようだということですが午前中から言ってたのかどうかも疑問ですね。デートだけが目的でしょうからね。

ちなみに結婚の話題を集めていた2020年9月にはリレーコラムで眞子さんがコラムを投稿されましたがそこで電気も付いていない展示室を歩き回った時に不思議な感覚を覚えたということで丸で時計の針が再び動き出したかのような感覚と書いたわけですね。

このコラムに小室圭との結婚に進展があったのかとなったわけですね。結局それから1年後に結婚ということで3ヶ月後の歌会始でも今年結婚するぞというような歌でしたからね。

ちなみに彬子さまは連載コラムで私はいつの日か和菓子の人と思われている節があるとして自分の誕生日ケーキを担当の人に頼んだところ和菓子でなくて良いのでしょうかと聞き返されたようです。

皇族は和の物しか食べないと思われているのかと綴っているわけですね。彬子さまは6つの大学で客員教授などを務めていますが日本文化を伝える活動もしていて子供たちに稲作文化を知ってもらおうと田植えや稲刈りにも参加しているようですね。

泥まみれで作業することもありモットーは文化というのは日常生活の中で生かしてこそ残っていくもので保存するものではないというものだということですね。

瑶子さまは愛子さまと同じく日本赤十字社で常勤嘱託職員として2006年から2012年まで働いていたようですね。電話対応とかもしていたようです。

ただ人間関係に苦しまれたということで今でいうパワハラと捉え姉内高圧的な言動にも悩まされたことがあったようですね。

早朝に出勤して率先して職場の掃除をしたりお湯を沸かしたりしていたようです。そして承子さまは日本ユニセフ協会で常勤嘱託職員として就職されて10年を迎えられたようですね。

職場では高円承子と名乗られているようです。まぁこの辺が分かっている証拠ですね。秋篠宮家は悠仁さまの場合は秋篠宮悠仁と名乗って紀子さまも秋篠宮紀子と名乗って論文を書いていますからね。

そもそも宮号というのは秋篠宮さまが礼宮という称号がありましたが結婚されて秋篠宮という宮号になったわけですね。

それでこれはあくまでも秋篠宮さま単体の宮号でご家族全体の苗字のような性格は持たないわけですね。だから秋篠宮紀子妃殿下とか秋篠宮佳子内親王殿下という呼び方は、正しくないわけですね。

そんななかで秋篠宮紀子とか秋篠宮悠仁というのはおバカの象徴といっても過言ではないわけですね。こんなことを言ってこれは正しいと言えるジャーナリストはおバカな八幡和郎ぐらいしか存在しないわけですね。

まぁそれにしても4月から愛子さまが就職で佳子さまもテレワークから出勤風景を撮影してもらうのかどうなりますかね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/07/21 18:49:27時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました