アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

【愛子さま10歳で悠仁さま5歳の夏休み意外なリアル】秋篠宮さまに動物拒絶反応で爆笑:紀子さま炎上で八つ当たりも矛盾だらけ!

ランキング

ランキングに参加中。
クリックして応援お願いします!

政治ランキング

悠仁さま5歳の意外なリアル:愛子さまやはり凄かった

2012年8月16日の文春の記事を取り寄せました。悠仁さまが5歳で愛子さまが10歳の時の記事です。そこでいろいろ意外なことも分かりました。

この頃は天皇ご一家の信頼が厚かった野本東宮侍従が11年間務めて退任される時期でもあったようですね。学習院は特別扱いとかがないというか運動会でも東宮侍従とかが朝早く並んで関取とかをしていたようですね。

11年間東宮侍従として仕えているので愛子さまが生れてからずっと校門から出られてしばらく一緒に下校されたりしていたわけですね。

1学期が終わって夏休みですが学習院は宿題がたくさん出されるようですね。国語と算数の夏休みの学習帳と作文や読書感想文とか社会科では新聞のスクラップとかもあったようです。

他にも○○の人達の暮らしというテーマのレポートや理科の自由研究とか家の手伝いをしてプリントに記入するといった家庭科の宿題もあったようです。

滅茶苦茶宿題が多いですね。そういったこともあって天皇陛下は海外に訪問した時にその暮らしや歴史や人々の暮らしとかを教えるわけですね。

さらにその国のおはようとかこんにちはといった簡単な言葉とかも愛子さまに教えていたようです。そういう意味ではこないだのケニアのスワヒリ語も事前にいろいろ簡単な言葉は知っていたかもしれませんね。

愛子さまは幼いころから国旗の図鑑が好きだったようです。そういえばこの記事は愛子さまが10歳ですが、愛子さまが8歳の頃もアフリカの木製パズルをされている写真とかもありましたね。

国旗の図鑑も好きだったんですね。国語と社会は愛子さまの得意科目だから○○の人達の暮らしというテーマはお手の物でしょうと書かれています。

昔からいろいろ優秀だったんですね。ちなみ天皇ご一家では犬と猫を飼われていますが、愛子さまが9歳の夏に赤坂御所に紛れ込んだねこを引き取られたようです。

その猫の名前がこの頃は公表されていなかったけどもニンゲンちゃんというようです。愛子さまが考えたようですね。

まぁ全国にたくさんのペットがいますがニンゲンちゃんという同じ名前のペットはいるんですかね。この辺も愛子さまのユニークさが出ていますね。

ちなみに僕には想像できないユニークなネーミングだったのでその時の愛子さまの気持ちをチャットGPTに考えてもらいました。

そしたら、この名前からは、愛子さまがその猫をただのペットとしてではなく、家族の一員、または友達のように大切に思っている感情が伺えるということですね。

猫を「ニンゲン」と呼ぶことで、猫と人間との間にある壁を取り払い、等しく接する意志が感じられるということですね。

さらに、子供が動物に名前を付ける際には、直感やその瞬間の感情が反映されることが多いので、愛子さまが9歳の頃にこの名前を思いつかれたのであれば、その瞬間に感じた猫の人間らしさや、特定の行動が「ニンゲンちゃん」という名前を思いつかせた可能性もあるということですね。

まぁあくびとかそんな感じが人間の表情に見えたとかそんなことかもしれませんね。さらに、ユニークな名前は、その動物に対する特別な愛情や記憶を長く保持する助けにもなるわけですね。

それで「ニンゲンちゃん」という名前は、愛子さまにとっても、聞く人にとっても、忘れがたい印象を与えるだろうということですね。

確かに聞いた人も絶対に忘れないネーミングですね。来客が来た時にペットについて名前を聞かれてニンゲンちゃんといわれたら絶対に名前を忘れないですね。

まぁ9歳でそこまで考えていたら凄すぎますけどね。ただ愛子さまが「ニンゲンちゃん」という名前を選ばれた背景には、深い愛情と独自の感性があったのだろうということですね。

愛子さまはこの10歳の夏に多くの体験をしていて天皇ご一家は品川アクアスタジアムに友達の家族とお忍びで訪れたようです。

愛子さまはアシカのバロン君に触れたり輪投げをしたり体験されイルカショーをしているバンドウイルカにも直接触れられたようです。

ちなみに秋篠宮さまは小さい頃にタヌキやイルカに噛まれたようですね。御所でタヌキを飼われていておとなしい狸だったので上皇さまが庭で放してお子様方に観察させようとしたようです。

そしたらタヌキが秋篠宮さまに飛びついて足や手に嚙みついたようです。他にも神奈川県にあるマリンパークでイルカと握手しようとしたらイルカから噛みつかれたようです。

歯が鋭かったのでその傷痕は今でも右手首にあるようです。まぁなんか秋篠宮さまは手の震えがあるのでもしかしたらこのイルカに噛まれた後遺症なのかやはりアルコール依存症なのかちょっと微妙ですね。

それにしても動物は本能でコイツはやばい奴だと見抜いてしまうのかもしれませんね。これは江森さんの秋篠宮さまという本に記載されているようですね。

他にもヘビに噛みつかれたことも書かれているようです。秋篠宮さまと言えば自由奔放でテニスもしていたイメージですがで意外とインドア派のようです。

黒田清子さんと天皇陛下は木登りしていたけども秋篠宮さまだけ出来なかったようです。ちなみに上皇ご夫妻もちょっと感覚がおかしいのですがまだ昭和天皇がご存命の頃に海外訪問のお土産にコモドドラゴンに次いで大きいトカゲを御所に持ち帰られてたようです。

まぁ秋篠宮さまを喜ばせるためだったのかわからないけども死んでからは少年時代の秋篠宮さまはそれを剥製にしたようです。少年の頃からそんなことをしていたんですね。

ちなみに成人後にもコモドドラゴンに関する研究をされているときに襲われたら蹴り飛ばして言うことをきかせろと教えられたということも書いていました。

これは秋篠宮さまがそう教えられたのか、周りの環境もどうかと思いますけどね。ただ家が好きで見知らぬ人と長い時間の会話が苦手で飲み会も苦手で大学時代もコンパは好きでなかったと書いていてこれはそういった記事が書かれたから反論ではないかということですね。

ちなみに料理とか家のことはしないけども掃除だけはするということでどんなことかと思ったらゴキブリが出た時につまんで捨てるようです。

まぁ掃除の具体的なエピソードがそれだけですからね。まぁ秋篠宮さまの生き物好きのエピソードもペットとしてという感じの好きではなさそうですからね。

愛子さまのニンゲンちゃんとえらい違いですね。さらに夏休みには子供たちのためのおもしろ狂言を天皇ご一家で鑑賞されたようです。

なかなか子供の頃に狂言なんて全く興味を持たないと思うけどもやはりそういった伝統的なことに少しでも興味を持ってもらおうという工夫をされていたのかもしれませんね。

ただ愛子さまにも面白さが伝わったようで口を手で押さえて笑っていたようです。そして英語も小学校4年生から習われていて学習院女子大学で体験型の学習イベントにも参加したようです。

イングリッシュセミナーで4日間セミナーがあって朝の9時からお昼も講師と一緒にお弁当を食べるようです。まぁゲーム感覚で英語を覚えたりするイベントもあったようですね。

なんか勉強を無理やりやらすのではなくて好きになってもらいながら賢くなってもらおうって感じで愛情も感じられますね。

ちなみに悠仁さまの5歳の夏休みの記事も書かれていましたが予想外にリアルな情報がでて今みたいに報道統制されていなくてまだこの頃なら優秀設定が十分に通用したなという感じの記事でした。

悠仁さまの夏休みで2012年7月20日に秋篠宮さまは北海道網走市内にある東京農業大学のオホーツクキャンパスで魚と人の多様な関係についての講義を2限に渡って授業をされていたようです。

それで紀子さまと悠仁さまも北海道に来ていたようですね。その頃に紀子さまと悠仁さまは網走から100キロ離れた釧路市動物園に行ってたようです。

エゾリスやタンチョウヅルやシマフクロウとか北海道の動物が飼われているゾーンを中心に回られていたようです。そして悠仁さまは動物が好きなようで、これはテンだとかこれは熊だと言ってたようです。

テンはイタチみたいな動物ですね。5歳でテンと分かっていたなら賢いですがどうなんでしょうね。秋篠宮さまと紀子さまと悠仁さまは阿寒湖で合流されてアイヌ村の劇場イコロに行かれたようです。

その人形劇でちんちんたまたまというセリフがあるようですがそこで悠仁さまは大笑いされていたようです。まぁこの辺も5歳らしいですね。

劇が終わってからも帰りの時間を延長されて人形を近くで見て実際に動かされていたようです。そして翌朝は同じく阿寒湖に浮かぶチュウルイ島でマリモや阿寒湖に生息する魚の水槽で秋篠宮さまが悠仁さまに説明されていたようです。

島に渡った際のモーターボートでも悠仁さまはハンドルを触ってみたいと仰っていたとリアルな情報も出ているわけですね。

そして近隣のスキー場では夏場なのであたりを散策して虫を捕まえていたようです、お父様カミキリムシです、オニヤンマですとおっしゃっていたようです。

まぁなんかこの記事ではリアルっぽい感じの情報は出ていますけどね。まだ嘘がなさそうな感じにもみえる情報ですね。

そして秋篠宮さまに悠仁さまはトンボは後ろから捕獲するんですよと教えていたようです。ちなみに捕獲したトンボは三角紙にいれて東京まで持ち帰ったようです。

トンボとかを生きたまま持ち帰ったりも出来るようですね。そしてその間に紀子さまはアイヌコタンの民芸品展を回られてアイヌ模様の刺繡の入った巾着袋や子供用Tシャツとか絵本などお土産を購入されていたようです。

他にも木彫りのキーホルダーや木彫りの手鏡も購入されたようで佳子さまへのお土産かと書いていますね。まぁこの頃は購入と書いてあるので実際に買われていたようですね。

そして悠仁さまに関してもそんなに無理に持ち上げてもいないし5歳にしては少ししっかりしているなという感じのレベルですね。

ただ怪しい点としては本当に虫の名前にお詳しいとして私が虫の名前を間違えるとおじさん違いますと指摘されたようです。

まぁここまでくるとちょっと怪しいなという点はありますがけっこうリアルな感じにも見える記事でした。ただそれでも持ち上げていたのかそれともこの時はリアルだったのか微妙ですね。

でもこの頃はオニヤンマですとトンボの具体的な名前が出てくるのに今はトンボが好きですしか情報が出てきませんからね。

むしろ5歳の時よりも情報が薄くなっていますね。

紀子さま炎上で八つ当たり:美談が矛盾だらけ

女性自身に紀子さまの美談までが大炎上と記事になっていましたね。あの例の結核のイベントですね。母親としての顔で大根の葉っぱを使う話題や電気節約や鉛筆を最後の方まで使う話題ですね。

鉛筆なんかはそんな短く使わなくていいから家の改修費を安くあげてほしかったといったコメントがたくさん並んだわけですね。

紀子さまが大根の葉っぱを炒めて悠仁さまの弁当に詰められたことがあるようですがそもそも悠仁さまが弁当という情報が2年生のこの段階で初めて出てきましたからね。

中学校の時は給食だったんですかね。それとも弁当だったんですかね。一応検索してみると2023年10月からスマートミール弁当を導入してオンラインで注文して家庭から持参いただく弁当と合わせて必要に応じてとありました。

だから基本はお茶の水女子中学校も弁当だったのでしょうね。でも中学校の時は弁当の話題が出たことがないですね。

しかも悠仁さまはキャップを装着して鉛筆が2~3センチになるまで使用されているということでSDGsに絡めた話題だったのでそういった話が紹介されたわけですね。

でもシャーペンは確かにほかすときに金属とプラスチックに分解とかありますがずっと使用できますよね。そういう考え方だとエコだしコストも圧倒的に安いですよね。

そして鉛筆だと主に北米のヒノキが使われているようです。だから森林伐採ですね。ちなみに割りばしなんかも森林伐採のイメージが強いですが国内の割りばしは捨てられる木を利用しているようですがほとんどが中国からの木で違法伐採のが多いようですね。

だからSDGsといっても鉛筆を短く利用するよりはシャーペンを長く使った方がいいような気もしますけどね。

まぁ鉛筆2~3センチもどう考えても嘘っぽいですからね。これまでの秋篠宮家がそういった活動をされてきたのであれば信じて凄いと賞賛されたかもしれませんが信用されていないですからね。

コメント欄は炎上して2000コメント以上のほとんどが批判的な内容だったようですね。何十億円もかけて改修工事をして何十円の細かい節約って言われても炎上しますよね。

広報室が新設されて1年になるけども一部の国民から秋篠宮家への批判は続いているということですが、これは全く逆ですね。

一部の週刊誌は相変わらず無理矢理秋篠宮家を持ち上げまくっているということですね。ちなみにこの広報室に最も期待を寄せられていたのは秋篠宮ご夫妻だったということですね。

まぁ秋篠宮家が炎上しだしたのがやはり小室圭と眞子さんの結婚騒動からだということですね。それでどうすれば批判が減るかと秋篠宮ご夫妻は苦悩されているようですね。

簡単なんですけどね。素直になればいいだけなんですけどね。イギリス何かはウィリアムズ皇太子ご夫妻らもインスタグラムやYouTubeに公務や家族の様子を投稿されたりSNSを活用しているようですね。

ちなみに宮内庁に広報室が発足した当時SNSの運用開始も期待されたけどもいまだに導入の動きもないようだと書いていますがまさにこの記事が出る日にインスタグラムを開始と報道されたようですね。

皇室担当記者はいまだに導入の動きもないようだと言いながら記事が出ているときはインスタグラムを開始と報道だから皇室担当記者のいい加減なコメントがわかりますね。

まぁイギリスはキャサリン妃が癌を公表して話題になりましたね。最初は写真を加工とかいろいろ言われましたが子供たちに癌を公表するために時間がかかったと説明して多くの国民も理解したでしょうね。

そういった理由でも謝罪コメントを出して素晴らしい対応ですね。ただ秋篠宮ご夫妻は人気回復を実現できない宮内庁に強い不満を抱かれているようですね。

まぁ八つ当たりですね。全ては自分たちが原因だということが分かっていないですね。インスタグラムもしばらくは天皇皇后両陛下の活動を紹介とあったのでそれが正解ですね。

秋篠宮ご夫妻の公務を紹介したら炎上しますからね。ちなみに3月7日に日本学術振興会賞の表彰式があってここで紀子さまは着物姿でしたが同行していた職員が取材陣のところにわざわざきて紀子さまは加賀友禅の着物ですと伝えに来たようです。

上げ記事書けよってことですね。そういうのは自分からアピールするのではなくて自然に気付いてもらうからいいんですけどね。

そういうところが炎上する原因だということが分かっていないんでしょうね。ちなみにその翌日のブルネイ皇太子夫妻との午餐会も加賀友禅だったのでしょうね。

2日連続同じ着物でそれを素晴らしいと記事で書いてもらえると思っていたんですかね。まぁ秋篠宮家は都合のいい情報だけアピールして都合の悪い情報は隠すということで炎上するわけですね。

知らしめたい情報ばかりを発信するイメージアップ戦略では秋篠宮家の人気回復はなしえませんとはっきり書かれましたね。

ちゃんと国民の声を受け止める度量こそが必要だとかかれましたね。まぁ最後は悠仁さまの進学問題で国民が心からお祝いできる日は訪れるだろうかと終わっていましたね。

まぁ悠仁さまの大学進学は東京農業大学ぐらいなら批判は起きないでしょうが筑波大や東京大学だと大炎上するでしょうね。

created by Rinker
弓立社
¥1,760 (2024/04/21 17:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました